close

Enter

Log in using OpenID

Soliton Smart Security V1.2.5 リリースノート

embedDownload
Soliton Smart Security V1.2.5
リリースノート
株式会社ソリトンシステムズ
2010 年 5 月
Microsoft、Windows は、米国 Microsoft Corporation の米国、およびその他の国における登録商標です。
その他、本書に掲載されている会社名、製品名は、それぞれ各社の商標または登録商標です。
本文中に ™、®、©は明記していません。
Copyright © 2006-2010, Soliton Systems K.K., All rights reserved.
目
目
次
次
1
本書について............................................................................... 6
2
概要 ............................................................................................. 7
3
Soliton Smart Security................................................................. 9
3.1 V1.2.5 からの新機能 ........................................................................................................................ 9
3.2 改善項目 .......................................................................................................................................... 9
V1.2.2 での改善項目 ........................................................................................................................................... 9
V1.2.1 での改善項目 ........................................................................................................................................... 9
3.3 制約事項 ........................................................................................................................................ 10
3.4 注意事項 ........................................................................................................................................ 11
4
e-Care ....................................................................................... 13
4.1 V4.4.4 からの新機能 ...................................................................................................................... 13
4.2 変更項目 ........................................................................................................................................ 14
V4.4.4 での変更項目 ......................................................................................................................................... 14
V4.4.3 での変更項目 ......................................................................................................................................... 15
V4.4.1 での変更項目 ......................................................................................................................................... 15
4.3 改善項目 ........................................................................................................................................ 15
V4.4.4 での改善項目 ......................................................................................................................................... 15
V4.4.3 での改善項目 ......................................................................................................................................... 16
V4.4.2 での改善項目 ......................................................................................................................................... 17
V4.4.1 での改善項目 ......................................................................................................................................... 17
4.4 制約事項 ........................................................................................................................................ 18
4.5 注意事項 ........................................................................................................................................ 20
5
InfoTrace ................................................................................... 21
5.1 V2.2.5 からの新機能 ...................................................................................................................... 21
5.2 変更項目 ........................................................................................................................................ 22
V2.2.5 での変更項目 ......................................................................................................................................... 22
V2.2.4 での変更項目 ......................................................................................................................................... 23
V2.2.3 での変更項目 ......................................................................................................................................... 24
V2.2.2 での変更項目 ......................................................................................................................................... 27
V2.2.1 での変更項目 ......................................................................................................................................... 28
5.3 改善項目 ........................................................................................................................................ 33
V2.2.5 での改善項目 ......................................................................................................................................... 33
V2.2.4 での改善項目 ......................................................................................................................................... 38
V2.2.3 での改善項目 ......................................................................................................................................... 41
V2.2.2 での改善項目 ......................................................................................................................................... 43
V2.2.1 での改善項目 ......................................................................................................................................... 45
5.4 制約事項 ........................................................................................................................................ 51
5.5 注意事項 ........................................................................................................................................ 69
5.6 OS標準のライティング機能で記録可能なログ .............................................................................. 73
6
Smart Policy Server .................................................................. 75
目
次
6.1 V2.2.5 からの新機能 ...................................................................................................................... 75
6.2 改善項目 ........................................................................................................................................ 75
V2.2.1 での改善項目 ......................................................................................................................................... 75
7
Smart Management Console .................................................... 76
7.1 V1.2.5 からの新機能 ...................................................................................................................... 76
7.2 改善項目 ........................................................................................................................................ 76
V1.2.4 での改善項目 ......................................................................................................................................... 76
V1.2.3 での改善項目 ......................................................................................................................................... 76
8
Smart Registration Manager ..................................................... 77
8.1 変更項目 ........................................................................................................................................ 77
V.2.0.2 での変更項目 ........................................................................................................................................ 77
8.2 改善項目 ........................................................................................................................................ 77
V.2.0.1 での改善項目 ........................................................................................................................................ 77
8.3 制約事項 ........................................................................................................................................ 77
8.4 注意事項 ........................................................................................................................................ 77
9
Smart Disk Management Console ............................................ 78
9.1 V1.2.5 からの新機能 ...................................................................................................................... 78
9.2 変更項目 ........................................................................................................................................ 78
V1.2.5 での変更項目 ......................................................................................................................................... 78
V1.2.4 での変更項目 ......................................................................................................................................... 78
V1.2.2 での変更項目 ......................................................................................................................................... 78
V1.2.1 での変更項目 ......................................................................................................................................... 79
9.3 改善項目 ........................................................................................................................................ 80
V1.2.3 での改善項目 ......................................................................................................................................... 80
V1.2.2 での改善項目 ......................................................................................................................................... 80
10
NALogon ................................................................................. 81
10.1 V2.2.3 からの新機能 .................................................................................................................... 81
10.2 変更項目 ...................................................................................................................................... 81
V2.2.3 での変更項目 ......................................................................................................................................... 81
V2.2.1 での変更項目 ......................................................................................................................................... 81
10.3 改善項目 ...................................................................................................................................... 84
V2.2.3 での改善項目 ......................................................................................................................................... 84
V2.2.1 での改善項目 ......................................................................................................................................... 84
10.4 制約事項 ...................................................................................................................................... 84
11
アップデート........................................................................... 85
11.1 アップデート手順 ........................................................................................................................ 85
11.1.1 Soliton Smart Security V1.2.4 からアップデートする場合 ............................................................... 86
11.1.2 Soliton Smart Security V1.2.3 からアップデートする場合 ..............................................................119
11.1.3 Soliton Smart Security V1.2.2 からアップデートする場合 ............................................................. 122
11.1.4 Soliton Smart Security V1.2.1 からアップデートする場合 ............................................................. 123
11.1.5 Soliton Smart Security V1.2.0 からアップデートする場合 ............................................................. 124
11.2 バージョンの確認 ...................................................................................................................... 126
11.2.1 e-Care .................................................................................................................................................. 126
11.2.2 InfoTrace ............................................................................................................................................. 129
目
11.2.3
11.2.4
11.2.5
11.2.6
11.2.7
12
次
Smart Policy Server ............................................................................................................................. 130
Smart Management Console ................................................................................................................ 131
Smart Registration Manager ................................................................................................................ 132
Smart Disk Management Console ....................................................................................................... 133
Soliton Smart Security Agent .............................................................................................................. 134
ドキュメントの訂正について ............................................... 136
Soliton Smart Security V1.2.5
1
リリースノート
本書について
いつも、株式会社ソリトンシステムズ「Soliton Smart Security」をご利用いただき、誠にありがとうござ
います。
Soliton Smart Security は、お客様のネットワークのセキュリティを独自に 3 つのレイヤ(ユーザー、ネッ
トワーク、アプリケーション)に分類し、これらのすべてのレイヤにマルチ対応するソリトンシステムズ
オリジナルの製品群の総称です。
本書は、Soliton Smart Security V1.2.1~V1.2.5 で変更した機能の内容、V1.2.5 へのアップデート方法につ
いて説明するリリースノートです。
Soliton Smart Security V1.2.0~V1.2.4 をご利用いただいている場合は、本書をお読みいただき、必ずアッ
プデートを行ってください。
なお、アップデートパック 5 は、過去のすべてのアップデートパックの内容を含んでいます。
-6-
2
2
概要
概要
Soliton Smart Security V1.2.1~V1.2.5 の概要について説明します。
Soliton Smart Security V1.2.5 では、
以下のコンポーネントおよびモジュールがアップデートされています。
z
z
z
z
z
z
e-Care
InfoTrace Enterprise(以降、InfoTrace)
Smart Policy Server
Smart Management Console
Smart Disk Management Console
NALogon
Soliton Smart Security V1.2.4 では、
以下のコンポーネントおよびモジュールがアップデートされています。
z
z
z
z
z
e-Care
InfoTrace
Smart Management Console
Smart Registration Manager
Smart Disk Management Console
Soliton Smart Security V1.2.3 では、
以下のコンポーネントおよびモジュールがアップデートされています。
z
z
z
z
z
e-Care
InfoTrace
Smart Policy Server
Smart Management Console
Smart Disk Management Console
Soliton Smart Security V1.2.2 では、
以下のコンポーネントおよびモジュールがアップデートされています。
z
z
InfoTrace
Smart Disk Management Console
Soliton Smart Security V1.2.1 では、
以下のコンポーネントおよびモジュールがアップデートされています。
z
z
z
z
z
e-Care
InfoTrace
Smart Registration Manager
Smart Disk Management Console
NALogon
詳細については、各コンポーネントおよびモジュールの章を参照してください。
-7-
Soliton Smart Security V1.2.5
リリースノート
‰ コンポーネントまたはモジュールのバージョン
Soliton Smart Security 各バージョンでのコンポーネントおよびモジュールのバージョンは、以下のとおり
です。
表 2.1 コンポーネントおよびモジュールのバージョン
Soliton Smart Security
e-Care
InfoTrace
Smart Policy Server
Smart Management Console
Smart Registration Manager
Smart Disk Management Console
Net'Attest SecurityFilter
Soliton Smart Security Agent
e-Care Agent
InfoTrace Agent
LogAgent
NALogon
※
1.2.0
4.4.0
2.2.0
2.2.0
1.2.0
2.0.0
1.2.0
2.0.7
1.2.0
4.4.0
2.2.0
1.2.0
2.2.0
1.2.1
4.4.1
2.2.1
←
←
2.0.1
1.2.1
2.0.8
1.2.1
4.4.1
2.2.1
1.2.1
2.2.1
バージョン
1.2.2
1.2.3
←
4.4.2 ※
2.2.2
2.2.3
←
2.2.1
←
1.2.3
←
←
1.2.2
1.2.3
←
←
1.2.2
1.2.3
←
4.4.2
2.2.2
2.2.3
1.2.2
1.2.3
←
←
1.2.4
4.4.3
2.2.4
←
1.2.4
2.0.2
1.2.4
2.2.0
1.2.4
4.4.3
2.2.4
1.2.4
←
1.2.5
4.4.4
2.2.5
2.2.5
1.2.5
←
1.2.5
2.2.4
1.2.5
4.4.4
2.2.5
1.2.5
2.2.3
Manager、Console のみ 4.4.2
‰ 各バージョンの公開年月と提供方法
Soliton Smart Security 各バージョンの公開年月と提供方法は、以下のとおりです。
Webは、ソリトンサポートサービスページ(http://www.soliton.co.jp/support/index.html)で公開されたこと
をあらわします。
表 2.2 各バージョンの公開年月と提供方法
Soliton Smart Security
公開年月
提供方法
V1.2.0
2007/9
CD-ROM
V1.2.1
2008/3
Web
V1.2.2
2008/5
Web
V1.2.3
2008/7
Web
V1.2.4
2009/2
Web
V1.2.5
2010/5
Web
‰ 各バージョンから V1.2.5 へのアップデート方法
Soliton Smart Security 各バージョンから V1.2.5 へのアップデート方法は、以下のとおりです。
z
Manager 系コンポーネント
V1.0.0~V1.0.4 をお使いの場合は、V1.2.0 へアップデートしてから V1.2.5 へアップデートしてく
ださい。
V1.2.0~V1.2.4 をお使いの場合は、直接 V1.2.5 へアップデートしてください。
z
Soliton Smart Security Agent
該当する Manager 系コンポーネントおよび Smart Disk Management Console を V1.2.5 へアップデー
トしてから、発行した Soliton Smart Security Agent のインストールディスクで V1.2.5 へアップデ
ートしてください。
-8-
3
3
Soliton Smart Security
Soliton Smart Security
Soliton Smart Security V1.2.1~V1.2.5 での新機能、改善した項目、制約事項および注意事項について説明
します。
なお、制約事項および注意事項については、Soliton Smart Security V1.2.0 ドキュメント CD-ROM の「Soliton
Smart Security V1.2.0 リリースノート」もあわせて参照してください。
3.1 V1.2.5 からの新機能
1.
Soliton Smart Security Agent のサポート対象 OS に Windows Server 2008、Windows 7 を追加
Soliton Smart Security Agent のサポート対象 OS に Windows Server 2008、Windows 7 を追加しました。詳
細については、各コンポーネントの章を参照してください。
表 3.1.1
コンポーネント
e-Care
e-Care Windows Agent
e-Care Windows Server Agent
不正端末検出 Agent
Import Agent
InfoTrace
InfoTrace Agent
共有フォルダオプション
共有プリンタオプション
NALogon
Soliton Smart Security Agent のサポート対象 OS
Windows Server 2008
Windows 7
○
○
○
○
○
-
○
○
-
-
-
-
○
-
-
○
○:サポート対象、-:サポート対象外
※1
32 ビットバージョンのみサポート対象となります。
3.2 改善項目
V1.2.2 での改善項目
1.
アンインストールパスワードが設定された Soliton Smart Security Agent をサイレントモードでアンインス
トールするとき、パスワードを入力せずにアンインストールできてしまう
アンインストールパスワードが設定された Soliton Smart Security Agent をサイレントモードでアンインス
トールするとき、パスワードを入力せずにアンインストールできてしまう問題を修正しました。
V1.2.1 での改善項目
1.
InfoTrace の各サーバーのライセンス数が足りているにもかかわらずライセンス数を超過したとしてサー
バーが起動できない場合がある
InfoTrace の各サーバーのライセンス数が足りているにもかかわらず、ライセンス数を超過したとして、
InfoTrace の各サーバーが起動できない場合がある問題を修正しました。
-9-
Soliton Smart Security V1.2.5
2.
リリースノート
Soliton Smart Security Agent のセットアップ完了時にエラーメッセージが表示される
Soliton Smart Security Agent のセットアップ完了時に「"0x67e126b5"の命令が"0x7c04923c"のメモリを参照
しました。メモリが"read"になることはできませんでした。」というエラーメッセージが表示される問題を
修正しました。
3.
環境変数に「Version」という名称で値が設定されていると e-Care Agent のバージョンの値が不正になる
環境変数に「Version」という名称で値が設定されているコンピュータに Soliton Smart Security Agent をイ
ンストールすると、e-Care Agent のバージョンの値が不正になる問題を修正しました。
3.3 制約事項
1.
スタートアップスクリプトを使用して Soliton Smart Security Agent をインストールまたはアンインストー
ルする場合、サイレントモードでないと失敗する
スタートアップスクリプトを使用して Soliton Smart Security Agent をインストールまたはアンインストー
ルする場合は、サイレントモードで実行してください。
2.
Windows Vista 以降の OS に Soliton Smart Security Agent をインストールした場合、イベントビューアの[シ
ステム]にエラーが記録される
Windows Vista 以降の OS に Soliton Smart Security Agent をインストールした場合、イベントビューアの[シ
ステム]に以下のエラーが記録されます。
「$1」サービスは、対話型サービスとしてマークされています。しかし、システムは対話型サービスを許
可しないように構成されています。このサービスは正常に機能しない可能性があります。
「$1」には以下のサービス名が表示されます。
z
Soliton e-Care Agent
z
Soliton Guard Agent
z
Soliton InfoTrace Agent
z
Soliton LogAgent
このエラーは、Soliton Smart Security Agent や OS の機能に影響を与えないため、無視してください。
3.
Windows Vista 以降の OS に Soliton Smart Security Agent をインストールした直後に、イベントビューア
の[アプリケーション]にエラーが記録される
Windows Vista 以降の OS に Soliton Smart Security Agent をインストールした直後に、イベントビューアの
[アプリケーション]にエラーが記録される場合があります。
Soliton Smart Security Agent や OS の機能に影響を与えないため、無視してください。
4.
Soliton Smart Security Agent のアップデートに失敗することがある
以下の条件をすべて満たしている場合、OS 起動後すぐにログオンすると、Soliton Smart Security Agent
のアップデートに失敗することがあります。
z
OS が Windows XP Professional である
z
アップデート前の Soliton Smart Security Agent の構成が、e-Care Agent(有償版、無償版)、NALogon、
InfoTrace Agent である
z
Soliton Smart Security Agent のインストールまたはアップデートにスタートアップスクリプトを使
用している
上記の条件で Soliton Smart Security Agent のアップデートを行う場合は、OS 起動後、30 秒ほど待ってか
らログオンしてください。
- 10 -
3
5.
Soliton Smart Security
Soliton Smart Security V1.2 環境に最新のアップデートパックを適用後、過去のアップデートパックが実行
できてしまう
Soliton Smart Security V1.2 環境に最新のアップデートパックを適用後、過去のアップデートパックを実行
しないでください。もし、実行してインストールしてしまった場合は、再度最新のアップデートパックを
実行してください。
6.
ターミナルサーバー環境でのサポート範囲
ターミナルサーバーとして運用している Windows Server 2003 に e-Care Agent および InfoTrace Agent をイ
ンストールした場合、リモートデスクトップ接続クライアントからの同時アクセス数は 50 ユーザー(セッ
ション)までがサポート対象です。51 ユーザー以上が同時アクセスしている環境はサポート対象外です。
7.
シトリックス・システムズ社の Citrix XenApp 環境でのサポート範囲
シトリックス・システムズ社の Citrix XenApp 環境で、Windows Server 2003 の Citrix サーバーに e-Care
Agent および InfoTrace Agent をインストールした場合、ICA クライアントからの同時アクセス数は 50 ユー
ザー(セッション)までがサポート対象です。51 ユーザー以上が同時アクセスしている環境はサポート対
象外です。
8.
タスクトレイに Soliton Smart Security Agent のアイコンが表示されない場合がある
Windows XP/2003 で「Terminal Services」サービスが開始されていない状態のとき、OS 起動後すぐにログ
オンすると、タスクトレイに Soliton Smart Security Agent のアイコンが表示されない場合があります。
また、同一状態のときに、Soliton Smart Security Agent をインストールまたはアップデートすると、タス
クトレイに Soliton Smart Security Agent のアイコンが表示されません。この現象が発生した場合は、ログオ
ンしなおすと、Soliton Smart Security Agent のアイコンが表示されるようになります。
3.4 注意事項
1.
ウイルスバスターとの共存について
ウイルスバスター2007 以降の「不正変更の監視」や「不審ソフトウェア警戒システム」という機能で、
追加されたサービスとして Soliton Smart Security Agent が検出されることがあります。このときに「変更を
元に戻す」機能を使用して Soliton Smart Security Agent を削除してしまうことがないように注意してくださ
い。
もし、Soliton Smart Security Agent を削除してしまった場合は、以下の手順で復旧することができます。
1)レジストリエディタを起動して、以下のレジストリ情報を削除してください。
HKEY_LOCAL_MACHINE¥SOFTWARE¥Soliton Systems K.K.¥Soliton Smart Security¥Agent 以下すべて
また、削除された Soliton Smart Security Agent を構成していたモジュールの各レジストリ情報も削除し
てください。削除するレジストリ情報は以下のとおりです。
z
e-Care Agent
HKEY_LOCAL_MACHINE¥SOFTWARE¥Soliton Systems K.K.¥Soliton Smart Security¥e-Care¥Agent
以下すべて
z
InfoTrace Agent
HKEY_LOCAL_MACHINE¥SOFTWARE¥Soliton Systems K.K.¥Soliton Smart Security¥InfoTrace¥Agent
以下すべて
z
LogAgent
HKEY_LOCAL_MACHINE¥SOFTWARE¥Soliton Systems K.K.¥Soliton Smart Security¥Common¥
LogAgent 以下すべて
z
NALogon
HKEY_LOCAL_MACHINE¥SOFTWARE¥Soliton Systems K.K.¥Soliton Smart Security¥NALogon¥Agent
- 11 -
Soliton Smart Security V1.2.5
リリースノート
以下すべて
2)Soliton Smart Security Agent をインストールしてください。
このとき、削除された Soliton Smart Security Agent よりモジュール構成が少ない Soliton Smart Security
Agent をインストールしないでください。
3)Soliton Smart Security Agent をアンインストールしてください。
4)改めて Soliton Smart Security Agent をインストールしてください。
レジストリエディタの使い方を誤ると、深刻な問題が発生することがあります。最悪の場合、OS の再
インストールが必要になることがあります。弊社は、レジストリエディタの誤用により発生した問題に関
しては、一切責任を負わないものとします。レジストリエディタは、自己の責任において使用してくださ
い。
2.
Soliton Smart Security Agent インストール/アップデート時のウイルス対策ソフトウェアとの共存について
ウイルスバスター2007 以降で「不正変更(ウイルス/スパイウェア)の監視」、
「不審ソフトウェア警戒シ
ステム」などの機能が有効になっている場合、Soliton Smart Security Agent のインストールやアップデート
を行うと、疑わしい動作として検出されます。ソフトウェアの詳細情報と処理(
「許可」または「拒否」)
を選択するメッセージが表示されますので、
「許可」を選択して処理を続行し、インストールやアップデー
トを完了させてください。
また、その他のウイルス対策ソフトウェアで同様の機能を持つ製品の場合も、正常にインストールやア
ップデートが完了するようにしてください。
3.
Windows 7 に Soliton Smart Security Agent をインストールする場合
Windows 7 に Soliton Smart Security Agent のインストールする場合は、「Remote Desktop Services」サービ
スを起動してください。起動していない場合は、Soliton Smart Security Agent のインストーラが自動でサー
ビスを起動します。
- 12 -
4
4
e-Care
e-Care
e-Care V4.4.1~V4.4.4 での新機能、変更および改善した項目、制約事項および注意事項について説明しま
す。
なお、制約事項および注意事項については、Soliton Smart Security V1.2.0 ドキュメント CD-ROM の「e-Care
V4.4.0 リリースノート」もあわせて参照してください。
4.1 V4.4.4 からの新機能
1.
e-Care Agent のサポート対象 OS を追加
z
e-Care Windows Agent、Import Agent
サポート対象 OS に Windows Server 2008、Windows 7 を追加しました。エディションおよび Service Pack
は、以下のとおりです。
z
z
z
z
z
z
z
Windows Server 2008 Standard(SP なし/SP2)
Windows Server 2008 Enterprise(SP なし/SP2)
Windows 7 Home Premium
Windows 7 Professional
Windows 7 Enterprise
Windows 7 Ultimate
※1
32 ビットバージョンのみサポート対象となります。
※2
Windows Server 2008 については、Server Core の環境はサポート対象外です。
※3
Windows 7 については、Windows XP Mode はサポート対象外です。
e-Care Windows Server Agent
サポート対象 OS に Windows Server 2008 を追加しました。エディションおよび Service Pack は、以下の
とおりです。
z
z
Windows Server 2008 Standard(SP なし/SP2)
Windows Server 2008 Enterprise(SP なし/SP2)
※4
32 ビットバージョンのみサポート対象となります。
※5
Server Core の環境はサポート対象外です。
- 13 -
Soliton Smart Security V1.2.5
z
リリースノート
不正端末検出 Agent
サポート対象 OS に Windows Vista、Windows Server 2008、Windows 7 を追加しました。エディションお
よび Service Pack は、以下のとおりです。
z
z
z
z
z
z
z
z
z
z
z
Windows Vista Home Basic(SP2)
Windows Vista Home Premium(SP2)
Windows Vista Business(SP2)
Windows Vista Enterprise(SP2)
Windows Vista Ultimate(SP2)
Windows Server 2008 Standard(SP2)
Windows Server 2008 Enterprise(SP2)
Windows 7 Home Premium
Windows 7 Professional
Windows 7 Enterprise
Windows 7 Ultimate
※6
32 ビットバージョンのみサポート対象となります。
※7
Windows Server 2008 については、Server Core の環境はサポート対象外です。
※8
Windows 7 については、Windows XP Mode はサポート対象外です。
不正端末検出 Agent については、
「Soliton Smart Security V1.2.5(e-Care V4.4.4) e-Care 不正端末検出 Agent
インストールガイド」もあわせて参照してください。
4.2 変更項目
V4.4.4 での変更項目
1.
ウイルス対策ソフトウェア情報のサポート対象を追加
ウイルス対策ソフトウェア情報のサポート対象に、以下の製品を追加しました。
z
z
z
z
z
z
z
z
z
z
z
McAfee Total Protection Service 5.0
McAfee Total Protection 2010
McAfee VirusScan Enterprise for Windows 8.7i Patch2
Norton AntiVirus & Norton Internet Security 2010
ノートン 360 Version 4.0
ウイルスバスター 2010
ウイルスバスターコーポレートエディション 10.0
エフセキュア インターネット セキュリティ 2010
エフセキュア クライアント セキュリティ 9.00
エフセキュア アンチウイルス ワークステーション 9.00
エフセキュア アンチウイルス Windows サーバー 9.00
- 14 -
4
e-Care
V4.4.3 での変更項目
1.
不正端末検出機能で検出された不正端末の登録方法を変更
不正端末検出機能で検出された端末は、e-Care Manager の論理マップの「IP 機器」カテゴリ直下に登録
されていました(図 4.2.1 の左図)が、不正端末検出 Agent が登録されているグループ構成と同じグループ
構成を「IP 機器」カテゴリ以下に作成して登録するようになりました(図 4.2.1 の右図)。不正端末が検出
されたセグメントが特定しやすくなりました。
不正端末 1
不正端末 2
不正端末検出 Agent 1
不正端末検出 Agent 2
図 4.2.1
不正端末検出
V4.4.1 での変更項目
1.
UNIX Server Agent のサポート対象に Red Hat Enterprise Linux 5 を追加
V4.4 から、UNIX Server Agent のサポート対象に Red Hat Enterprise Linux 5 を追加しました。
2.
ウイルス対策ソフトウェア情報のサポート対象を追加
ウイルス対策ソフトウェア情報のサポート対象に以下の製品を追加しました。
z
z
z
ウイルスバスター2008
Symantec Endpoint Protection 11.0
ノートン 360 Version 2.0
4.3 改善項目
※e-Care Agent に関する改善項目は、Windows 2000 以降の OS が対象となります。
V4.4.4 での改善項目
1.
ウイルス対策ソフトウェア情報に表示されない場合がある
以下のウイルス対策ソフトウェアが、ウイルス対策ソフトウェア情報に表示されない問題を修正しまし
た。
z
z
Norton Internet Security 2009
ノートン 360 Version 3.0
- 15 -
Soliton Smart Security V1.2.5
2.
リリースノート
e-Care Agent として登録されているにもかかわらず、不正端末として検出され重複して登録される場合が
ある
重複して Manager に登録された場合、e-Care Agent と同じ MAC アドレスを持つ不正端末を、e-Care Agent
起動時に削除するように修正しました。
3.
Windows ログオン時にタスクトレイにアイコンが表示されない場合がある
タスクトレイに Agent アイコンを表示する設定にしている場合でも、Windows ログオン時に e-Care Agent
が起動しているにもかかわらず、タスクトレイに Soliton Smart Security Agent のアイコンが表示されない場
合がある問題を修正しました。
4.
Soliton Smart Security Agent の画面のインベントリ情報が空で表示される場合がある
タスクトレイの Soliton Smart Security Agent アイコンを右クリックし[Agent 情報(A)]をクリックして表示
される画面で、[システム]、[ネットワーク]、[ドライブ/メモリ]タブの情報が空で表示される場合がある問
題を修正しました。
5.
ジョブが正常に完了しているにもかかわらず「TCP 接続に失敗しました」のエラーで失敗となる場合があ
る
Agent のアップデートジョブやファイル転送ジョブなどが正常に完了しているにもかかわらず、ジョブ詳
細画面で、ステータスが「失敗」になり、詳細には「○○に失敗しました(TCP 接続に失敗しました)」と
表示される場合がある問題を修正しました。
V4.4.3 での改善項目
1.
リモートデスクトップ接続を同時に行うと CatAgtUI.exe のアプリケーションエラーが記録される
e-Care Agent または InfoTrace Agent をインストールしたコンピュータに複数のリモートデスクトップ接続
クライアントから同時に接続すると、CatAgtUI.exe のアプリケーションエラーが記録される問題を修正し
ました。
2.
同一内容のトラップが多数通知される場合がある
同一内容のトラップが多数通知される場合がある問題を修正しました。
3.
統合 DB 作成時に「統合データベースのイベントリ情報設定に失敗しました(TCP 接続に失敗しました。)」
というエラーで失敗する
統合 DB 作成中に「統合データベースのイベントリ情報設定に失敗しました(TCP 接続に失敗しまし
た。)」というエラーメッセージが表示されて、統合 DB 作成に失敗する問題を修正しました。
4.
Catfish.exe が落ちる場合がある
まれに Catfish.exe が落ちる場合がある問題を修正しました。
5.
Norton Internet Security 2009 が「Symantec AntiVirus」と表示されてしまう
Norton Internet Security 2009 がインストールされている場合、インベントリ情報の[ウイルス対策ソフトウ
ェア]の一覧で「Symantec AntiVirus」と表示されてしまう問題を修正しました。
6.
MIB アクセスポリシーの SNMP サポートバージョンの設定が正しく保持されない
[MIB アクセスポリシー設定]で指定した SNMP サポートバージョンの設定が正しく保持されない問題を
修正しました。
7.
統合 DB 更新時に一つの論理グループに多くの Agent が登録されているとエラーで失敗する場合がある
統合 DB 更新時に一つの論理グループに多くの Agent が登録されていると、エラーが発生し更新に失敗
する場合がある問題を修正しました。
- 16 -
4
e-Care
V4.4.2 での改善項目
1.
DB エラーでインベントリ情報取得と統合 DB 作成に失敗する場合がある
「インベントリ情報取得動作において予期せぬエラーが発生しました
( DB_E_INTEGRITYVIOLATION )。」というエラーで、インベントリ情報の取得に失敗する場合がある問題
を修正しました。
「統合データベースのインベントリ情報設定に失敗しました
( DB_E_INTEGRITYVIOLATION )。」というエラーで、統合 DB 作成に失敗する場合がある問題を修正しま
した。
2.
V4.4.1 の e-Care Manager で V4.0.x の e-Care Agent を管理すると、e-Care Manager のサービスが停止し
てしまう
V4.4.1 の e-Care Manager で V4.0.x の e-Care Agent を管理すると、e-Care Manager のサービスが停止してし
まうという問題を修正しました。
3.
ターミナルサーバーにリモートデスクトップ接続を使用してログオンすると、ユーザーの移動プロファイ
ルが適用されない場合がある
移動プロファイルを使用するユーザーがリモートデスクトップ接続を利用して e-Care Agent がインスト
ールされているターミナルサーバーにログオンすると、移動プロファイルが適用されない場合がある問題
を修正しました。
4.
オペレーティング名称が正しく表示されない場合がある
「Windwos Vista UnLicense」を「Windows Vista UnLicense」に修正しました。
ただし、V4.4.2 より前のバージョンで設定した DB 検索条件のオペレーティング名称に Windows Vista が
含まれるとき、名称が正しく表示されない場合があります。この場合、動作には問題ありません。V4.4.2
の e-Care Console で再度設定しなおすと、正しく表示されるようになります。
V4.4.1 での改善項目
1.
参加しているドメイン名の論理グループに登録されない
ローカルエリア接続などのプロパティで[Microsoft ネットワーク用ファイルとプリンタ共有]がインスト
ールされていない e-Care Agent がドメインに参加している場合、そのドメイン名の論理グループに登録さ
れない問題を修正しました。
2.
DHCP を使用している e-Care Agent のインベントリ情報で「DHCP 未使用」と表示されてしまう
DHCP を使用している e-Care Agent のインベントリ情報で「DHCP 未使用」と表示されてしまう問題を修
正しました。
3.
「DHCP 使用中」と表示されているネットワークアダプタの IP アドレスの設定値が取得できない
e-Care Agent のインベントリ情報で「DHCP 使用中」と表示されているネットワークアダプタの IP アド
レスの設定値が取得できない問題を修正しました。
4.
NAT を経由する e-Care Agent が登録されている場合にインベントリ情報の再取得ができなくなる
NAT を経由する e-Care Agent が e-Care Manager に登録されている場合、NAT を経由する e-Care Agent、
NAT を経由しない e-Care Agent ともにインベントリ情報の再収集ができなくなる問題を修正しました。
5.
一度もインベントリ情報の収集に成功していない e-Care Agent が自動削除機能によって削除されてしまう
一度もインベントリ情報の収集に成功していない e-Care Agent が自動削除機能によって削除されてしま
う問題を修正しました。
- 17 -
Soliton Smart Security V1.2.5
6.
リリースノート
ウイルス対策ソフトウェアをアンインストールしても e-Care Manager に反映されない場合がある
e-Care Agent でウイルス対策ソフトウェアをアンインストールしても、e-Care Manager に反映されない場
合がある問題を修正しました。
7.
Windows Agent 以外の e-Care Agent がインベントリ情報有効期限超過の状態になっても e-Care Console
で正しく表示されない
Windows Agent 以外の e-Care Agent がインベントリ情報有効期限超過の状態になっても、e-Care Console
で正しく表示されない問題を修正しました。
8.
Windows Vista で Norton Internet Security 2008 が「Symantec AntiVirus」と表示されてしまう
Windows Vista に Norton Internet Security 2008 がインストールされている場合、インベントリ情報の[ウイ
ルス対策ソフトウェア]の一覧で「Symantec AntiVirus」と表示されてしまう問題を修正しました。
9.
Windows Management Instrumentation サービスが無効になっていると e-Care Agent サービスが停止して
しまう
e-Care Agent で Windows Management Instrumentation サービスが無効になっている場合、e-Care Agent が
e-Care Manager に正しく登録されず e-Care Agent サービスが停止してしまう問題を修正しました。
ただし、Windows Management Instrumentation サービスが無効になっている場合、e-Care Agent はインベン
トリ情報の収集が行えません。Windows Management Instrumentation サービスは、Windows 起動時に自動で
開始するように設定してください。
10. すべての条件を満たしていないにもかかわらず条件を満たして検索されてしまう場合がある
DB 検索で AND 条件を設定し検索したとき、すべての条件を満たしていないにもかかわらず、条件を満
たしているとみなされて検索されてしまう場合がある問題を修正しました。
11. 未応答回数集計情報一覧を連続して出力した場合に直前に出力したレポートの値が出力されてしまう
レポート出力で、未応答回数集計情報一覧を連続して出力した場合、直前に出力したレポートの値が出
力されてしまう問題を修正しました。
4.4 制約事項
1.
Windows 7 でネットワークアダプタのドメインサフィックス情報が取得できない
Windows 7 でネットワークアダプタのドメインサフィックス情報が取得できません。
2.
通信していない状態のネットワークアダプタの IP アドレスの設定値は取得できない
e-Care Agent がインストールされているコンピュータ、または Import Agent を実行したコンピュータのネ
ットワークアダプタが通信していない状態ではインベントリ情報で IP アドレスの設定値を取得することは
できません。通信していない状態とは、LAN ケーブルが接続されていない LAN アダプタや、アクセスポ
イントと通信ができていない状態の無線 LAN アダプタなどです。
3.
無線 LAN を使用している場合にネットワークアダプタの情報が重複して表示される場合がある
e-Care Agent のインベントリ情報で、無線 LAN を使用しているクライアント端末の[ネットワークアダプ
タ]の情報がまれに重複して表示される場合があります。
4.
複数のネットワークアダプタを持つコンピュータが e-Care Agent として登録されているにもかかわらず、
不正端末として登録される
e-Care Agent 起動時に、いずれかのネットワークアダプタが無効、またはオフラインの状態になっている
場合、e-Care Agent 起動後しばらくしてから、ネットワークアダプタを有効にする、またはオンラインにし
たタイミングで不正端末として登録されます。
- 18 -
4
5.
e-Care
修正プログラムの情報が[Windows Update]の一覧に反映されない場合がある
以下のいずれかの方法で修正プログラムをインストール、アンインストールした場合、e-Care Agent のイ
ンベントリ情報の[Windows Update]の一覧に反映されません。
z
z
手動で修正プログラムをインストールした場合
インストールされている修正プログラムをアンインストールした場合
e-Care Agent のインベントリ情報の[Windows Update]の一覧に表示される修正プログラムは、Windows
Update または Microsoft Update の[更新履歴の表示]から取得しているため、Windows Update または Microsoft
Update の機能を使用せずに修正プログラムをインストール、アンインストールした場合は表示されません。
手動でインストール、アンインストールした場合は、[インストールされているソフトウェア]の一覧で確
認してください。
6.
実行ユーザーを指定してファイル転送を行うと、指定したユーザーの移動プロファイルが適用されない
移動プロファイルを使用するユーザーをファイル転送スクリプトの実行ユーザーに指定してスクリプト
を実行した場合、そのユーザーがリモートデスクトップ接続を利用して e-Care Agent がインストールされ
ているターミナルサーバーにログオンすると、移動プロファイルが適用されません。
この現象は、ファイル転送スクリプトの実行直後のみ発生します。ログオンしなおすと、移動プロファ
イルが適用されるようになります。
7.
Windows Server 2008 に関する Agent のイベントログの設定
Windows Server 2008 の Windows Server Agent に関する Agent のイベントログの設定は、以下の点に注意
してください。
z
[最大ログサイズ(M)]を 1088KB 以下に設定しないでください。
z
[イベントログの処理]で、[イベントを上書きする(E)]を設定しないでください。
z
Windows Server 2008 のイベントビューアの[イベントログサイズが最大値に達したとき]の[イベ
ントを上書きしないでログをアーカイブする(A)]は、Agent のイベントログの設定に項目がない
ため設定できません。
Agent のイベントログの設定画面は、e-Care Console で対象となる Windows Server Agent を右クリックし
て、[リモートモニタ(N)]-[イベントビューアモニタ(V)]をクリックし、表示されるリモートイベントログモ
ニタ画面で<ログの設定(O)>ボタンをクリックすると表示されます。
8.
Windows Vista 以降の OS で拡張されたイベントログの情報をリモートモニタで参照したり、イベントログ
監視設定で監視対象にしたりすることはできない
Windows Vista 以降の OS で、Windows Eventing 6.0 により拡張されたイベントログの情報をリモートモニ
タで参照したり、イベントログ監視設定で監視対象にしたりすることはできません。Windows Server 2003
で出力されるイベントログと同等のログのみ、対象となります。
9.
[ドライブ/メモリ]や[メモ]タブの検索条件を指定して DB 検索した場合、期待する結果と異なる検索結果が
表示されることがある
DB 検索の検索条件を異なる項目で検索を行う場合、それぞれの検索結果の AND 条件で検索されるため、
[ドライブ/メモリ]や[メモ]タブの検索条件を指定すると、期待している検索結果と異なることがあります。
DB 検索の検索方法は、同一項目の検索条件同士は OR 条件で検索します。また、異なる項目の検索条件
は、それぞれの検索結果を AND 条件で検索します。ただし、[ソフトウェア]タブ内の項目では、AND、OR、
NOT の指定ができます。詳しくは、各タブの説明を参照してください。
例として、
「ドライブ名:C ドライブ」、
「使用率:空き容量 50MB 以上」の条件で Agent を検索したとき、
C ドライブの存在する Agent の検索結果と、C ドライブ以外でも空き容量 50MB 以上のドライブが存在す
る Agent の検索結果の AND 条件で該当した Agent が検索結果として表示されます。
- 19 -
Soliton Smart Security V1.2.5
リリースノート
10. サーバー監視設定のプロセス監視の指定
サーバー監視設定のプロセス監視の指定で、[プロセスがダウンしたときにプロセスの再起動を行う(R)]
を有効にしたとき、[再起動コマンド(M)]には、ウィンドウを開くようなアプリケーションは指定しないで
ください。
4.5 注意事項
1.
不正端末検出 Agent の割り当て
不正端末検出機能を利用される場合、不正端末検出 Agent には、固定 NIC、固定 IP を持ち、ネットワー
ク内で常時稼動しているコンピュータを割り当ててください。
無線 LAN の NIC などはサポート対象外になりますので、注意してください。
2.
不正端末検出 Agent の起動時
不正端末検出 Agent がインストールされているコンピュータを、リンクダウン(LAN ケーブルが接続され
ていない状態)で起動すると不正端末の検出が行われません。起動時にリンクダウンなどしていた場合は、
通信が正常にできる状態で OS を再起動してください。
- 20 -
5
5
InfoTrace
InfoTrace
InfoTrace V2.2.1~V2.2.5 での新機能、変更および改善した項目、制約事項および注意事項について説明
します。
なお、制約事項および注意事項については、Soliton Smart Security V1.2.0 ドキュメント CD-ROM の
「InfoTrace V2.2.0 リリースノート」もあわせて参照してください。
5.1 V2.2.5 からの新機能
1.
InfoTrace Agent のサポート対象 OS に Windows 7 を追加
InfoTrace Agent のサポート対象 OS に Windows 7 を追加しました。エディションは、以下のとおりです。
2.
z
Windows 7 Home Premium
z
Windows 7 Professional
z
Windows 7 Enterprise
z
Windows 7 Ultimate
※1
32 ビットバージョンのみサポート対象となります。
※2
Windows XP Mode は、サポート対象外です。
※3
共有フォルダオプション、共有プリンタオプションはサポート対象外です。
データベース異常時にエラーを出力する機能を追加
DatabaseServer に接続できない、または接続できてもデータベース破損など何らかの原因でログを格納で
きない状態が 30 分以上継続した場合、イベントビューアの[アプリケーション]にエラーを出力する機能を
追加しました。
また、DatabaseServer のメンテナンス処理が 12 時間以上継続した場合も異常であるとみなし、同じエラ
ーを出力します。一旦エラーを出力した後も、エラー状態が継続していれば、1 日に 1 回(午前 0 時 5 分
頃に)、繰り返してエラーを出力します。
出力されるエラーの内容は下記のとおりです。
種類
:エラー
ソース:Soliton InfoTrace LogServer
説明
:データベースにログデータを格納できません。データベースへ接続するネットワークに異常が
あるかもしれません。データベースが停止しているかもしれません。データベースが破損して
いるかもしれません。
- 21 -
Soliton Smart Security V1.2.5
リリースノート
5.2 変更項目
V2.2.5 での変更項目
1.
InfoTrace Agent の除外プロセスにソフトウェアを追加
InfoTrace Agent のファイルイベントの除外プロセスに、以下のセキュリティ対策ソフトウェアを追加し
ました。また、既にプロセスが登録済みの場合は、プロセスの備考に名称を追加しました。
2.
z
ウイルスバスターコーポレートエディション 10.0
z
ウイルスバスター 2009
z
ウイルスバスター 2010
z
McAfee VirusScan 2009
z
McAfee VirusScan Enterprise 8.5i
z
McAfee VirusScan Enterprise 8.7i
z
Norton AntiVirus & Norton Internet Security 2009
z
Norton AntiVirus & Norton Internet Security 2010
z
エフセキュア クライアント セキュリティ 7.12
z
エフセキュア クライアント セキュリティ 8.01
z
エフセキュア インターネット セキュリティ 2009
Windows Server 2003 のサポート対象 Service Pack を変更
InfoTrace Agent でサポートしていた Windows Server 2003 の動作環境として、「SP なし」はサポート対象
外になります。今回、性能改善のためにドライバの修正をしているため、「SP なし」の環境では正しく動
作しません。
Windows Server 2003 で、サポート対象となる Service Pack は以下となります。
z
Windows Server 2003, Standard Edition(SP1/SP2)
z
Windows Server 2003, Enterprise Edition(SP1/SP2)
※Windows Server 2003 R2 については、変更ありません。
3.
LogServer が使用するスレッド数を変更
LogServer では、DatabaseServer へのログの格納速度を高めるため、複数のスレッドから平行して格納処
理を行っています。これまでは、6 個のスレッドを使用していましたが、複数の LogServer が稼動する環境
でより効率のよい、2 個のスレッドを使用するように変更しました。
4.
データベース異常とみなす時間を変更
DatabaseServer のメンテナンス処理、または保管日数の過ぎたログを削除する処理が一定時間継続した場
合は、異常であるとみなし、イベントビューアの[アプリケーション]にデータベース異常のエラーを出力し
ます。この異常とみなす一定時間を、6 時間から 12 時間へ変更しました。
データベース異常時に、イベントビューアの[アプリケーション]にエラーを出力する機能は、「InfoTrace
V2.2.4 LogServer 修正モジュール」で追加した機能です。
- 22 -
5
InfoTrace
V2.2.4 での変更項目
1.
InfoTrace Agent の除外プロセスにソフトウェアを追加
InfoTrace Agent のファイルイベントの除外プロセスに、以下のソフトウェアを追加しました。
z
SmartOn 指紋情報登録ツール
z
Windows Search
また、以下のセキュリティ対策ソフトウェアのプロセスは既に登録済みのため、プロセスの備考に名称
を追加しました。
z
2.
F-Secure アンチウィルス Windows サーバ版 8.0
InfoTrace Agent の監視ゾーンに Windows Vista の標準ライティング機能で使用する一時フォルダのパスを
監視する設定を追加
InfoTrace Agent のファイルイベントの監視ゾーンに、Windows Vista の標準ライティング機能で使用する
一時フォルダのパスを監視する設定を追加しました。
3.
シンクライアント環境への対応
シンクライアント環境のサポート範囲を変更しました。
Citrix XenApp
InfoTrace Agent をインストールする Citrix サーバーの動作環境は以下のとおりです。
z
Citrix サーバー
Citrix Presentation Server 4.5 および Citrix XenApp 5.0 がサポート対象となります。Citrix XenApp のシ
ステム要件は、シトリックス・システムズ社に確認してください。ここでは、InfoTrace に関する動作
環境についてのみ説明します。
※SP:Service Pack、R2:Release 2 の略称
※32 ビットバージョンのみサポート対象となります。
表 5.2.1
InfoTrace Agent の動作環境
項目
機種
OS
CPU
メモリ
ハードディスク
z
内容
PC/AT 互換機
日本語
Windows Server 2003, Standard Edition(SP1/SP2)
Windows Server 2003, Enterprise Edition(SP1/SP2)
Windows Server 2003 R2, Standard Edition(SP なし/SP2)
Windows Server 2003 R2, Enterprise Edition(SP なし/SP2)
Citrix XenApp のシステム要件に準拠したスペック
Intel Pentium または Xeon ファミリのプロセッサ以上の環境
Citrix XenApp のメモリ使用量と InfoTrace Agent のメモリ使用量の合計値
は、1 セッション当り 40MB~45MB で算出してください。
そのうち、InfoTrace Agent のメモリ使用量は 1 セッション当り約 11MB で
す。
4MB 以上の空き
Citrix クライアント
Citrix Presentation Server 4.5 付属の「ICA クライアント(Citrix Presentation Server クライアント
v10.0)」以降、および Citrix XenApp 5.0 付属の「ICA クライアント(Plugin for Hosted Apps v11.0)」以
降がサポート対象となります。ICA クライアントの動作環境(OS 含む)は、シトリックス・システ
ムズ社に確認してください。
※Citrix サーバー環境をサポートする InfoTrace のバージョンは、V2.2.1 および V2.2.3 以降です。V2.2.2
はサポート対象外です。
- 23 -
Soliton Smart Security V1.2.5
リリースノート
V2.2.3 での変更項目
1.
共有フォルダオプションの処理を変更
フォルダを識別する処理を改善したことにより、共有フォルダオプションを使用して共有フォルダを監
視しているコンピュータの CPU と入出力の負荷を軽減しました。
2.
シンクライアント環境への対応
シンクライアント環境のサポート範囲を変更しました。
Citrix Presentation Server 4.5
InfoTrace Agent をインストールする Citrix サーバーの動作環境は以下のとおりです。
z
Citrix サーバー
Citrix Presentation Server 4.5 がサポート対象となります。Citrix Presentation Server 4.5 のシステム要件
は、シトリックス・システムズ社に確認してください。ここでは、InfoTrace に関する動作環境につい
てのみ説明します。
※SP:Service Pack、R2:Release 2 の略称
※32 ビットバージョンのみサポート対象となります。
表 5.2.2
InfoTrace Agent の動作環境
項目
機種
OS
CPU
メモリ
ハードディスク
z
内容
PC/AT 互換機
日本語
Windows Server 2003, Standard Edition(SP1/SP2)
Windows Server 2003, Enterprise Edition(SP1/SP2)
Windows Server 2003 R2, Standard Edition(SP なし/SP2)
Windows Server 2003 R2, Enterprise Edition(SP なし/SP2)
Citrix Presentation Server 4.5 のシステム要件に準拠したスペック
Intel Pentium または Xeon ファミリのプロセッサ以上の環境
Citrix Presentation Server 4.5 のメモリ使用量と InfoTrace Agent のメモリ使用
量の合計値は、1 セッション当り 40MB~45MB で算出してください。
そのうち、InfoTrace Agent のメモリ使用量は 1 セッション当り約 11MB で
す。
4MB 以上の空き
Citrix クライアント
Citrix Presentation Server 4.5 付属の「ICA クライアント(Citrix Presentation Server クライアント
v10.0)」以降がサポート対象となります。ICA クライアントの動作環境(OS 含む)は、シトリックス・
システムズ社に確認してください。
※Citrix サーバー環境をサポートする InfoTrace のバージョンは、V2.2.1 および V2.2.3 です。V2.2.2 はサ
ポート対象外です。
- 24 -
5
InfoTrace
NEC VirtualPCCenter
弊社で動作確認した VirtualPCCenter の動作環境は以下のとおりです。VirtualPCCenter の詳細な動作環境
とシステム構成に関しては、NEC 社に確認してください。
※SP:Service Pack の略称
※32 ビットバージョンのみサポート対象となります。
表 5.2.3
NEC VirtualPCCenter の動作環境
項目
機種
仮想 PC の OS
接続する端末
内容
VirtualPCCenter 1.3
この製品に含まれる各ソフトウェアのバージョン
・VMwareVirtualCenter 2.0.1
・VMwareESXServer 3.0.1
・SigmaSystemCenter 1.3
・クライアント管理オプション 1.1
日本語
Windows XP Professional(SP2)
Windows Vista Business(SP なし)
Windows Vista Enterprise(SP なし)
専用端末 US100 15 型 LCD セットモデル(型番:N8120-004CP02)
通常の PC(リモートデスクトップ接続クライアントが稼動する Windows
XP)
Windows リモートデスクトップ
Windows リモートデスクトップ V5.x、V6.x がサポート対象となります。
※SP:Service Pack、R2:Release 2 の略称
※32 ビットバージョンのみサポート対象となります。
表 5.2.4
InfoTrace Agent の動作環境
項目
機種
OS
CPU
メモリ
ハードディスク
※1
内容
PC/AT 互換機
日本語
Windows XP Professional(SP1/SP2/SP3)
Windows Vista Business(SP なし/SP1)
Windows Vista Enterprise(SP なし/SP1)
Windows Vista Ultimate(SP なし/SP1)
Windows Server 2003, Standard Edition(SP1/SP2)※1
Windows Server 2003, Enterprise Edition(SP1/SP2)※1
Windows Server 2003 R2, Standard Edition(SP なし/SP2)※1
Windows Server 2003 R2, Enterprise Edition(SP なし/SP2)※1
各 OS が動作する環境
各 OS が動作する環境
4MB 以上の空き
Windows Server 2003 の場合、サーバー管理用に「mstsc /console または/admin」による接続のみ
サポート対象となります。
- 25 -
Soliton Smart Security V1.2.5
リリースノート
端末側のリモートデスクトップ環境について、検証済みの環境は以下のとおりです。
表 5.2.5
リモートデスクトップの動作環境
RDP バージョン
5.x
6.x
△
△
Windows 2000
◎
△
Windows XP
-
◎
Windows Vista
△
△
Windows Server 2003
△:未検証、◎:検証済み、-:なし
OS
日本ヒューレット・パッカード社の CCI(Consolidated Client Infrastructure)システム
InfoTrace Agent をインストールする CCI システムの動作環境は以下のとおりです。
CCI システム
z
CCI システムのシステム要件は、日本ヒューレット・パッカード社に確認してください。ここでは
ブレード PC 上で動作する InfoTrace Agent に関する動作環境についてのみ説明します。
※SP:Service Pack の略称
※32 ビットバージョンのみサポート対象となります。
表 5.2.6
InfoTrace Agent の動作環境
項目
機種
OS
CPU
メモリ
ハードディスク
接続ソフトウェア
※1
内容
PC/AT 互換機
日本語
Windows XP Professional(SP1/SP2/SP3)
Windows Vista Business(SP なし/SP1)
Windows Vista Enterprise(SP なし/SP1)
各 OS が動作する環境
各 OS が動作する環境
4MB 以上の空き
RDP V5.x/V6.x
RGS(Remote Graphics Software) V5.1 ※1
RGS 接続の場合、以下の制約事項があります。
z
RGS 接続、切断時にリモート接続、切断サブイベントは記録されません。
z
RGS 接続時に、ログオンサブイベントは記録されません。
z
ローカルコンソールと異なるユーザーで RGS 接続した場合、ローカルコンソールがロックアウ
トすることなく、以降の操作もローカルコンソールのユーザーの操作として記録されます。
- 26 -
5
InfoTrace
V2.2.2 での変更項目
1.
InfoTrace Agent の除外プロセスに「ウイルスバスター コーポレートエディション 8.0」を追加
InfoTrace Agent の除外プロセスに「ウイルスバスター コーポレートエディション 8.0」を追加しました。
2.
「直前と同じファイルアクセスは除外する」機能でプログラム名を直前と同じか確認する要素に追加
「直前と同じファイルアクセスは除外する」機能が有効な InfoTrace Agent で、異なるプログラムが同一フ
ァイルへ同じ操作を連続して行った場合、最初に行った操作のみを記録していました。
例 1)
1)プログラム A が c:¥test.txt の内容を読む動作をする。
2)プログラム B が c:¥test.txt の内容を読む動作をする。
この場合、1)の操作のみ記録します。
これは、プログラム名の情報を直前と同じか確認する要素としていなかったためです。
V2.2.2 では、プログラム名も直前と同じか確認する要素に追加しました。
例 2) 直前と違うと判断するパターン
1)プログラム A が c:¥test.txt の内容を読む動作をする。
2)プログラム B が c:¥test.txt の内容を読む動作をする。
この場合、1)、2)の両方の操作を記録するようになりました。
例 3) 直前と同じと判断するパターン
1)プログラム A が c:¥test.txt の内容を読む動作をする。
2)プログラム A が c:¥test.txt の内容を読む動作をする。
この場合、1)と 2)は同じプログラム名であるため、1)の操作のみを記録します。
3.
ログ一覧の検索結果表示部分で、リモートデスクトップコンピュータ名およびリモートデスクトップ IP ア
ドレスの表示位置を変更
ログ一覧の検索結果表示部分で、リモートデスクトップコンピュータ名、およびリモートデスクトッ
プ IP アドレスの表示位置を変更しました。また、CSV 出力した場合も同様に変更しました。
z
z
リモートデスクトップコンピュータ名:コンピュータ名の右隣
リモートデスクトップ IP アドレス:IP アドレスの右隣
- 27 -
Soliton Smart Security V1.2.5
リリースノート
V2.2.1 での変更項目
1.
シンクライアント環境への対応
以下のシンクライアント環境に対応しました。
z
z
z
z
z
Citrix Presentation Server 4.5
NEC VirtualPCCenter
Windows ターミナルサーバー
Windows リモートデスクトップ
Windows リモートアシスタンス
各シンクライアント環境の詳細を説明します。
Citrix Presentation Server 4.5
InfoTrace Agent をインストールする Citrix サーバーの動作環境は以下のとおりです。
z
Citrix サーバー
Citrix Presentation Server 4.5 がサポート対象となります。Citrix Presentation Server 4.5 のシステム要件
は、シトリックス・システムズ社に確認してください。ここでは、InfoTrace に関する動作環境につい
てのみ説明します。
※SP:Service Pack、R2:Release 2 の略称
※32 ビットバージョンのみサポート対象となります。
表 5.2.7
項目
機種
OS
CPU
メモリ
ハードディスク
z
InfoTrace Agent の動作環境
内容
PC/AT 互換機
日本語
Windows Server 2003, Standard Edition(SP1/SP2)
Windows Server 2003, Enterprise Edition(SP1/SP2)
Windows Server 2003 R2, Standard Edition(SP なし/SP2)
Windows Server 2003 R2, Enterprise Edition(SP なし/SP2)
Citrix Presentation Server 4.5 のシステム要件に準拠したスペック
Intel Pentium または Xeon ファミリのプロセッサ以上の環境
Citrix Presentation Server 4.5 のメモリと InfoTrace Agent の動作メモリが必要
1 セッション当り 40MB~45MB で算出してください。
4MB 以上の空き
Citrix クライアント
Citrix Presentation Server 4.5 付属の「ICA クライアント(Citrix Presentation Server クライアント
v10.00.52110)
」がサポート対象となります。ICA クライアントの動作環境(OS 含む)は、シトリッ
クス・システムズ社に確認してください。
- 28 -
5
InfoTrace
NEC VirtualPCCenter
弊社で動作確認した VirtualPCCenter の動作環境は以下のとおりです。VirtualPCCenter の詳細な動作環境
とシステム構成に関しては、NEC 社に確認してください。
※SP:Service Pack の略称
※32 ビットバージョンのみサポート対象となります。
表 5.2.8
NEC VirtualPCCenter の動作環境
項目
機種
仮想 PC の OS
接続する端末
内容
VirtualPCCenter 1.3
この製品に含まれる各ソフトウェアのバージョン
・VMwareVirtualCenter 2.0.1
・VMwareESXServer 3.0.1
・SigmaSystemCenter 1.3
・クライアント管理オプション 1.1
日本語
Windows XP Professional(SP2)
専用端末 US100 15 型 LCD セットモデル(型番:N8120-004CP02)
通常の PC(リモートデスクトップ接続クライアントが稼動する Windows
XP)
※InfoTrace Agent をインストールする仮想 PC の動作 OS については、この製品(VirualPCCenter 1.3)
がサポートしている OS のうち、InfoTrace V2.2.1 がサポートしている InfoTrace Agent の動作環境の
範囲がサポート対象となります。
Windows ターミナルサーバー
z
Windows ターミナルサーバー
Windows ターミナルサーバー V5.2 がサポート対象となります。Windows ターミナルサーバーのシ
ステム要件は、マイクロソフト社に確認してください。ここでは、InfoTrace に関する動作環境につい
てのみ説明します。
※SP:Service Pack、R2:Release 2 の略称
※32 ビットバージョンのみサポート対象となります。
表 5.2.9
項目
機種
OS
CPU
メモリ
ハードディスク
InfoTrace Agent の動作環境
内容
PC/AT 互換機
日本語
Windows Server 2003, Standard Edition(SP1/SP2)
Windows Server 2003, Enterprise Edition(SP1/SP2)
Windows Server 2003 R2, Standard Edition(SP なし/SP2)
Windows Server 2003 R2, Enterprise Edition(SP なし/SP2)
Windows ターミナルサーバーのシステム要件に準拠したスペック
Intel Pentium または Xeon ファミリのプロセッサ以上の環境
Windows ターミナルサーバーのメモリと InfoTrace Agent の動作メモリが必要
4MB 以上の空き
- 29 -
Soliton Smart Security V1.2.5
リリースノート
Windows リモートデスクトップ
Windows リモートデスクトップ V5.0、V6.0 がサポート対象となります。
※SP:Service Pack の略称
※32 ビットバージョンのみサポート対象となります。
表 5.2.10
項目
機種
OS
CPU
メモリ
ハードディスク
InfoTrace Agent の動作環境
内容
PC/AT 互換機
日本語
Windows XP Professional(SP1/SP2)
Windows Vista Business
Windows Vista Enterprise
Windows Vista Ultimate
各 OS が動作する環境
各 OS が動作する環境
4MB 以上の空き
端末側のリモートデスクトップ環境について、検証済みの環境は以下のとおりです。
表 5.2.11
リモートデスクトップの動作環境
RDP バージョン
5.0
6.0
△
△
Windows 2000
◎
△
Windows XP
-
◎
Windows Vista
△
△
Windows Server 2003
△:未検証、◎:検証済み、-:なし
OS
Windows リモートアシスタンス
サポート対象となる OS は以下のとおりです。
※SP:Service Pack の略称
※32 ビットバージョンのみサポート対象となります。
表 5.2.12
項目
機種
OS
CPU
メモリ
ハードディスク
InfoTrace Agent の動作環境
内容
PC/AT 互換機
日本語
Windows XP Home Edition(SP1/SP2)
Windows XP Professional(SP1/SP2)
Windows Vista Home Basic
Windows Vista Home Premium
Windows Vista Business
Windows Vista Enterprise
Windows Vista Ultimate
各 OS が動作する環境
各 OS が動作する環境
4MB 以上の空き
- 30 -
5
InfoTrace
端末側のリモートアシスタンスで使用するリモートデスクトップ環境について、検証済みの環境は以下
のとおりです。
表 5.2.13
リモートデスクトップの動作環境
RDP バージョン
5.0
6.0
◎
△
Windows XP
-
◎
Windows Vista
△:未検証、◎:検証済み、-:なし
OS
2.
InfoTrace Agent のライセンスとして同時接続ライセンスを追加
シンクライアント環境への対応により、InfoTrace Agent のライセンスは「PC ライセンス」と「同時接続
ライセンス」になりました。
「PC ライセンス」は、従来と同様のライセンス数の数え方で、1OS あたり 1 ライセンスが必要です。
「同時接続ライセンス」では、サーバーに接続するセッション数分のライセンスが必要です。同時接続の
最大数のライセンスを購入していただく必要があります。
各シンクライアント環境で使用されるライセンスは、以下のとおりです。
表 5.2.14
シンクライアント環境で使用されるライセンス
シンクライアント環境
Citrix Presentation Server 4.5
NEC VirtualPCCenter
Windows ターミナルサーバー
Windows リモートデスクトップ
Windows リモートアシスタンス
ライセンス種別
同時接続ライセンス
PC ライセンス
ただし、接続する仮想 PC の台数分のライセンスが必要です。
同時接続ライセンス
PC ライセンス
PC ライセンス
価格など詳細については、弊社 営業部へ問い合わせてください。
3.
InfoTrace Agent の除外プロセスにウイルス対策ソフトウェアを追加
InfoTrace Agent に以下のウイルス対策ソフトウェアを追加しました。
z
z
z
z
z
z
ウイルスバスター2008
McAfee トータルプロテクション with サイトアドバイザプラス
Norton Internet Security 2008
Norton 360
Symantec Client Security 3.1
Symantec Endpoint Protection 11.0
また、以下のウイルス対策ソフトウェアのプロセスは既に登録済みのため、各プロセスの備考に名称を
追加しました。
z
z
z
z
z
z
z
z
ウイルスバスター2008
ウイルスバスターコーポレートエディション 7.0
ウイルスバスターコーポレートエディション 7.3
McAfee トータルプロテクション with サイトアドバイザプラス
Norton Internet Security 2008
Norton AntiVirus 2008
Symantec Endpoint Protection 11.0
F-Secure Internet Security 2008
- 31 -
Soliton Smart Security V1.2.5
4.
リリースノート
共有フォルダオプションのログの取得方式を変更
共有フォルダオプションのログの取得方式を変更しました。
これにともない、共有フォルダオプションを設定している InfoTrace Agent のコンピュータ処理の負荷が
軽減されました。また、ログの取得精度が大幅に向上しました。
Sniffer、Wireshark、Ethereal などのパケットキャプチャソフトウェアと同等の精度で共有フォルダへの操作
を記録します。パケットキャプチャソフトウェアで取得できないような操作は記録できません。
また、共有フォルダオプションの共有フォルダを提供するコンピュータの動作環境として、Windows NT
4.0 Workstation、Windows Vista がサポート対象外になりました。ただし、Windows Vista においては一時的
な制約とします。
Windows NT 4.0 Workstation、
Windows Vista で共有フォルダオプションを使用する場合は、V2.2.0 の InfoTrace
Agent を使用してください。
5.
InfoTrace V1.6.8 の共有フォルダオプションのログを SHARE サブイベントに変換してログ移行するように
変更
InfoTrace V1.6.8 では、共有フォルダオプションで CLOSE、RENAME、DELETE サブイベントを記録で
きるようになりましたが、InfoTrace V2.2.1 の共有フォルダオプションではすべて SHARE サブイベントと
して記録されます。InfoTrace V1.6.8 から InfoTrace V2.2.1 にログ移行する場合は、共有フォルダオプション
の CLOSE、RENAME、DELETE サブイベントを InfoTrace V2.2.1 にあわせて SHARE サブイベントに変換
するように変更しました。
6.
同一のプロセス名であっても起動プロセス数分のアプリケーションイベントを記録できるように変更
InfoTrace V2.2.0 までは、同一のプロセス名のアプリケーションが同時に複数起動している場合、以下の
ように 1 レコードでアプリケーションイベントを記録していました。
「アプリ起動日時」=最初に起動したアプリケーションの起動日時
「アプリ終了日時」=最後に終了したアプリケーションの終了日時
V2.2.1 からはプロセス ID で判断するように変更しました。これにともない、起動していたプロセス数分
のログレコードが作成されます。
7.
e-Care に通知されるアラート条件のメッセージを見やすく変更
e-Care に通知されるアラート条件のメッセージの内容を改行して見やすくしました。
- 32 -
5
InfoTrace
5.3 改善項目
V2.2.5 での改善項目
1.
AnalysisServer が使用する送信サーバーの MTA が qmail の場合、AnalysisServer によるメール通知ができ
ない
AnalysisServer が使用する送信サーバーの MTA が qmail の場合、AnalysisServer によるメール通知ができ
ない問題を修正しました。
2.
AnalysisServer の CSV 出力機能が、PHP の問題によって正常に機能しない場合がある
AnalysisServer の CSV 出力機能が、PHP の問題によって正常に機能しない場合がある問題を修正しまし
た。
3.
CSV 出力したファイルの末尾に HTML コードが出力される
AnalysisServer で、CSV 出力したファイルをダウンロードするとき、AnalysisServer で設定しているログ
検索の[最大問い合わせ時間]以上の時間がかかると、ダウンロードしたファイルの末尾に HTML コードが
出力される問題を修正しました。
4.
DatabaseServer メンテナンス処理の終了直後に、データベース異常時のエラーが誤って出力される場合が
ある
午前 5:00 の DatabaseServer メンテナンス処理の終了直後に、イベントビューアの[アプリケーション]にデ
ータベース異常時のエラーが誤って出力される場合がある問題を修正しました。
データベース異常時に、イベントビューアの[アプリケーション]にエラーを出力する機能は、「InfoTrace
V2.2.4 LogServer 修正モジュール」で追加した機能です。
5.
データベース異常時のエラーが LogServer のサービス停止時にも出力される
DatabaseServer に接続できない、または接続できてもデータベース破損など何らかの原因でログを格納で
きない状態が 30 分以上継続した場合、データベース異常時のエラーが出力されます。このエラーが出力さ
れたあとに、LogServer のサービスを停止させると、同様のエラーが再度出力される問題を修正しました。
データベース異常時に、イベントビューアの[アプリケーション]にエラーを出力する機能は、「InfoTrace
V2.2.4 LogServer 修正モジュール」で追加した機能です。
6.
データベース異常時にログが消失する場合がある
DatabaseServer のテーブル破損などが原因で、データベースが異常な状態のとき、通常 LogServer はスプ
ールフォルダ内の「#invalid」フォルダにログを退避しますが、ログを退避せずに消失させる場合がある問
題を修正しました。ただし、この問題により消失したログを復旧することはできません。
7.
DatabaseServer のサービス停止時に、サイト番号異常のログが誤って出力される
サーバー起動時など LogServer が起動したときに、DatabaseServer へ接続できない状況が発生する場合、
イベントビューアの[アプリケーション]に以下のメッセージが誤って出力される問題を修正しました。
「サイト番号が異常です。DB へのログ格納を延期します。サイト番号を正しく設定してください。」
この問題が発生しても、動作に影響はありませんでした。
8.
DatabaseServer メンテナンス処理失敗時、次回のメンテナンス処理が正常に終了するまで、ログがログ保
管用データベースへ格納されない
DatabaseServer メンテナンス処理が失敗した場合、次回のメンテナンス処理が正常に終了するまで、ログ
がログ保管用データベースへ格納されない問題を修正しました。
- 33 -
Soliton Smart Security V1.2.5
9.
リリースノート
LogServer の動作ログに、エラーメッセージが過剰に出力される場合がある
「 InfoTrace V2.2.4 LogServer 修 正 モ ジ ュ ー ル 」 を イ ン ス ト ー ル す る と 、 LogServer の 動 作 ロ グ
「logdbstore_sql_error_X.debug.log(X:連番)」に、以下のエラーメッセージが、過剰に出力される場合があ
る問題を修正しました。
「24000, [Microsoft][ODBC Driver Manager] カーソルの状態が無効です。」
このエラーメッセージは、実際にはエラーをあらわすメッセージではなく、ログ保管用データベースに
各コンピュータ情報が最初に格納されるときに出力されていました。
10. コンピュータの電源が切れるなどで LogServer が正しく停止しなかったときに作成されたスプールファイ
ル「~.log_unfix.log」内のログレコードは、ログ保管用データベースへ格納されない
コンピュータの電源が切れるなどで LogServer が正しく停止しなかったとき、ログ保管用データベースへ
書き込み中だったログのスプールファイルが「~.log_unfix.log」というファイル名の形式で残ります。
InfoTrace V2.2.4 以前のバージョンでは、このスプールファイル内のログレコードがログ保管用データベー
スへ格納されることはありませんでしたが、格納可能なログレコードは格納し、格納できないログレコー
ド(多くの場合、末尾のログレコード)は、ログスプールディレクトリ内の「#invalid」フォルダの
「~.log_ufx_recover.log」というファイル内へ移動するように修正しました。
11. LogServer のスプールフォルダに、ファイル名が「~.log_unfix.log」という形式のスプールファイルが存
在すると、イベントビューアの[アプリケーション]にエラーメッセージが誤って出力される場合がある
LogServer のスプールフォルダに、ファイル名が「~.log_unfix.log」という形式のスプールファイルが存
在すると、イベントビューアの[アプリケーション]に以下のエラーメッセージが誤って出力される場合があ
る問題を修正しました。
「データベースにログデータを格納できません。」
ファイル名が「~.log_unfix.log」という形式のスプールファイルは、コンピュータの電源が切れるなどで
LogServer が正しく停止しなかったときに発生する場合がありました。
12. MAC アドレスが記録されていないログレコードは、ログ保管用データベースへ格納されない
ログ移行ツールを使用して、InfoTrace V1.4/1.6 のログを InfoTrace V2.x に移行する場合、移行元である
InfoTrace V1.4/1.6 のログの中に、MAC アドレスが記録されていないログレコードが存在すると、そのログ
レコードはログ保管用データベースへ格納されない問題を修正しました。この修正により、MAC アドレス
が記録されていない場合は、仮の MAC アドレス「00:00:00:00:00:01」で、ログ保管用データベースへ格納
するようにしました。
13. 数百台以上の LogAgent からの接続時にログ格納速度が低下する
LogServer が何らかの原因で長時間停止してしまった場合、LogServer 復旧後に同時に数百台以上のコン
ピュータからログを受信します。このような場合に、LogServer から DatabaseServer へのログ格納速度が大
幅に低下する問題を修正しました。
この修正により、LogServer でログを受信してから DatabaseServer への格納が開始されるまで、約 10 分
かかります。受信速度が格納速度を越えるときは、それ以上かかる場合があります。
14. 数百台以上の LogAgent からの同時接続時にログ受信するとログを受け付けなくなる場合がある
数百台以上の LogAgent から同時に接続されている状態でログを受信すると、LogServer がログを受け付
けなくなる場合がある問題を修正しました。この修正により、同時接続セッション数は、最大 500 セッシ
ョンとなります。
15. 期限切れログ削除機能が誤動作する
LogServer の期限切れログ削除機能において、期限が切れていない一部のログを対象として、コンピュー
タに関する情報(コンピュータ名や IP アドレス、MAC アドレスなど)を誤って削除する問題を修正しま
した。ただし、この問題により、既に発生した以下の現象については復旧することはできません。
- 34 -
5
InfoTrace
z
コンピュータに関する情報が削除されたログが検索結果に表示されない
z
デイリーレポートと同じ条件で検索した結果の件数が一致しない
z
バックアップしたログをリストアした際、コンピュータに関する情報が削除されたログが、ログ
スプールディレクトリ内の「#invalid」フォルダに退避される
16. バックアップリストアツールで、コマンドラインから範囲を指定してログを削除したときに、動作ログに
終了を意味するログが記録されない
バックアップリストアツールで、コマンドラインから範囲を指定してログを削除したときに、動作ログ
に終了を意味するログが記録されない問題を修正しました。また、全ログ削除時と範囲指定削除時でメッ
セージの形式が統一されていなかったので、以下のように統一しました。
(修正前)
全ログ削除時
:「データベースから~テーブルの削除を完了しました。」
期間指定削除時:「~テーブルを削除しました」
(修正後)
全ログ削除時
:「データベースから~テーブルの削除を完了しました。」
期間指定削除時:「データベースから~テーブルの削除を完了しました。」
17. バックアップリストアツールで、コマンドラインから範囲を指定してログ情報を削除しても、コンピュー
タに関する情報が削除されない
バックアップリストアツールで、コマンドラインから範囲を指定してログ情報を削除したとき、削除対
象となるログ情報のコンピュータに関する情報が削除されない問題を修正しました。
18. ログレコードの IP アドレスが「0.0.0.0」の場合、アラートのチェック対象にならない
ログレコードの IP アドレスが「0.0.0.0」の場合、アラート条件で IP アドレスの条件を指定しても、アラ
ートのチェック対象にならない問題を修正しました。
19. アラート条件で、IP アドレスの範囲指定をした場合、IP アドレスの条件を正しく判定できないことがある
アラート条件で、IP アドレスの範囲指定をした場合、ネットワークバイトオーダーで判定をしていたた
め、IP アドレスの条件を正しく判定できないことがある問題を修正しました。判定はホストバイトオーダ
ーで行うように修正しました。
20. Windows XP 以降の OS で、監視ゾーンで使用する<USERPROFILE>リダイレクタが、OS インストール
時に指定したユーザーアカウントのパスに変換される
Windows XP 以 降 の OS で 、 ロ グ オ ン し て い る ユ ー ザ ー に か か わ ら ず 、 監 視 ゾ ー ン で 使 用 す る
<USERPROFILE>リダイレクタが、OS インストール時に指定したユーザーアカウントのパスに変換される
問題を修正しました。
21. 同一ドライブレターに対して異なるデバイスを接続したとき、ごくまれにブルースクリーンが発生する場
合がある
同一ドライブレターに対して異なるデバイスを接続したとき、ごくまれにブルースクリーンが発生する
場合がある問題を修正しました。
例えば、E ドライブに USB メモリを接続し、その後 USB 接続の CD-ROM ドライブを同じ E ドライブに
接続します。この状況で、USB メモリと CD-ROM に対してファイルアクセスが発生している状態のときな
どが該当していました。
22. 多数の CPU を搭載したコンピュータで、大量のファイルアクセスが発生すると、ファイルアクセスの性能
が低下したり、CPU 使用率が異常に上昇したりする
多数の CPU を搭載したコンピュータで、大量のファイルアクセスが発生すると、ファイルアクセスの性
能が低下したり、CPU 使用率が異常に上昇したりする問題を修正しました。
- 35 -
Soliton Smart Security V1.2.5
リリースノート
23. コピー検知処理で使用する非ページプールメモリの使用方法を変更
InfoTrace Agent は、COPY サブイベントを記録しない場合も非ページプールメモリを使用していましたが、
COPY サブイベントを記録しない場合は、非ページプールメモリを使用しないように変更しました。
COPY サブイベントの設定を変更した場合は、OS を再起動してください。
24. Windows Vista で、かつマルチコア CPU が搭載されているコンピュータ上で、同一ファイルへの名前変更
処理が短時間に複数のプロセスから行われると、ブルースクリーンになる場合がある
以下の両方の条件を満たすコンピュータ上で、同一ファイルへの名前変更処理が短時間に複数のプロセ
スから行われると、ブルースクリーンになる場合がある問題を修正しました。
z
Windows Vista がインストールされている
z
マルチコア CPU が搭載されている
25. ネットワーク上の、共有名を含むパスがコンピュータ名よりも短いファイルまたはフォルダの名前を変更
すると、ブルースクリーンが発生する
以下の両方の条件を満たすファイルまたはフォルダの名前を変更すると、ブルースクリーンが発生する
問題を修正しました。
z
ネットワーク上のファイルまたはフォルダ
z
共有名を含むパスがコンピュータ名より短いファイルまたはフォルダ
例)コンピュータ名:ServerName
フォルダ名
:¥Share¥a
26. ファイルイベントの監視を有効にしてある InfoTrace Agent がインストールされたコンピュータで、ブルー
スクリーンが発生する場合がある
ファイルイベント監視のために、フィルタドライバを使用しています。通常は、このフィルタドライバ
からフォルダ名やファイル名が「¥」で区切られたフルパスの形式で伝わってきますが、
「/」で区切られた
フルパスの形式で伝わってくることがあり、このときブルースクリーンが発生する場合がある問題を修正
しました。
27. ファイルイベントのファイル名のパスが正しく記録されない場合がある
他のコンピュータの共有フォルダ内のファイルを操作したとき、ファイルイベントのファイル名のパス
が正しく記録されない場合がある問題を修正しました。
例えば、
「¥¥[コンピュータ名]¥[共有フォルダ名]¥xxx¥yyy¥zzz.txt」のファイルを操作したとき、ファイル
イベントのファイル名が「¥yyy¥zzz.txt」などとパスの一部が欠落した状態で記録されてしまう場合があり
ました。
28. Windows Vista で、共有フォルダ内のファイルを別のコンピュータから名前変更されたときに記録される
RENAME サブイベントの新しいファイル名が正しくない
InfoTrace Agent をインストールした Windows Vista で、公開している共有フォルダ内のファイルを別のコ
ンピュータから名前変更された場合、RENAME サブイベントの新しいファイル名には、
「¥」が欠落したパ
スが記録される問題を修正しました。
29. ゾーン除外の設定で、パスとプロセスの両方が指定されていると、設定が有効にならずに、除外したプロ
セスのログが記録される場合がある
InfoTrace Agent のファイルイベントの監視ゾーンで、パスとプロセスの両方を除外設定しても、除外し
たプロセスのログが記録される場合がある問題を修正しました。
- 36 -
5
InfoTrace
30. 共有フォルダをネットワークドライブに割り当てているとき、ファイルイベントのファイル名のパスが正
しく記録されない場合がある
他のコンピュータの共有フォルダのサブフォルダをネットワークドライブに割り当てている状態で、サ
ブフォルダ内のファイルを操作したとき、ファイルイベントのファイル名のパスが正しく記録されない問
題を修正しました。
例えば、
「¥¥[コンピュータ名]¥[共有フォルダ名]¥[サブフォルダ名]」を Z ドライブに割り当てているとき、
「Z:¥yyy.txt」を操作すると、ファイルイベントのファイル名には、
「Z:¥[サブフォルダ名]¥yyy.txt」と記録さ
れてしまう場合がありました。
31. 多数のコンピュータによるファイル操作が繰り返されたときの共有フォルダオプションによるログレコー
ドは正しく記録されない場合がある
共有フォルダオプションを使用して監視している共有フォルダが、多数のコンピュータから同時に接続
され、さらに共有フォルダ内のファイルに対してファイル操作が繰り返されると、共有フォルダオプショ
ンによるログレコードの以下の情報が取り違えて記録される場合がある問題を修正しました。
z
クライアントコンピュータ名
z
クライアントユーザー名
z
クライアント IP アドレス
z
クライアント MAC アドレス
32. 共有フォルダオプションで記録したログレコードの共有のリンク先の値が、別のクライアントの接続先の
情報で記録されてしまう場合がある
共有フォルダオプションで記録したログレコードの共有のリンク先の値が、別のクライアントの接続先
の情報で記録されてしまう場合がある問題を修正しました。
33. IP アドレスからコンピュータ名を逆引きできない環境で、共有フォルダオプションにより記録されるログ
レコードのクライアントユーザー名が「[-UNKNOWN-]」と記録される場合がある
IP アドレスからコンピュータ名を逆引きできない環境で、共有フォルダオプションにより記録されるロ
グレコードのクライアントユーザー名が「[-UNKNOWN-]」と記録される場合がある問題を修正しました。
ただし、同時にコンピュータ認証とユーザー認証の 2 つのネットワークセッションが存在した場合は、
どちらのユーザー名がクライアントユーザー名に記録されるかは不定です。
例)コンピュータ認証とユーザー認証の 2 つのネットワークセッションが存在していて、
コンピュータ名が「PC-A」、ユーザー名が「admin」の場合
クライアントユーザー名には、コンピュータ認証のネットワークセッションから取得した「PC-A$」、
またはユーザー認証のネットワークセッションから取得した「admin」のどちらかが記録されます。
34. プリントサーバー経由で印刷すると、ファイル名に「print$」を含むファイルイベントが多数記録される場
合がある
共有プリンタオプションを使用して共有プリンタを監視しているプリントサーバーを経由して印刷する
と、ファイル名に「print$」を含むファイルイベントが多数記録される場合がある問題を修正しました。
35. ウィンドウタイトルの長いアクティブウィンドウサブイベントのログレコードは、LogServer へ送信され
ない
ウィンドウタイトルの値が 513 バイト以上のアクティブウィンドウサブイベントが記録された場合、そ
のログレコードが LogServer へ送信されない問題を修正しました。
- 37 -
Soliton Smart Security V1.2.5
リリースノート
36. Internet Explorer を起動して、しばらくウィンドウ操作を行わない状態だったあとで、操作を再開した場合、
再開後のウィンドウ操作がアクティブウィンドウサブイベントとして記録されないことがある
Internet Explorer を起動して、しばらくウィンドウ操作を行わない状態だったあとで、操作を再開した場
合、ごくまれに再開後のウィンドウ操作がアクティブウィンドウサブイベントとして記録されないことが
ある問題を修正しました。
37. 弊社の SmartOn シリーズとの共存時、ログオン・ログオフを繰り返すとアクティブウィンドウサブイベン
トがまれに記録されなくなる場合がある
InfoTrace Agent と弊社の SmartOn シリーズが共存したとき、ログオン・ログオフを繰り返すと、アクテ
ィブウィンドウサブイベントがまれに記録されなくなる場合がある問題を修正しました。この問題は
InfoTrace V2.2.4 以降で改善されています。
38. ドメインユーザーによる初回ログオン時に、デスクトップ上でのファイル操作が正しく記録されない
ドメインユーザーによる初回ログオン時に、デスクトップ上でのファイル操作が正しく記録されない問
題が InfoTrace V2.2.0 でありました。この問題は InfoTrace V2.2.1 以降で改善されています。
39. セーフモードサブイベントのイベント発生日時が正しく記録されず、前後にずれる場合がある
セーフモードサブイベントのイベント発生日時が正しく記録されず、前後にずれる場合がある問題を修
正しました。
40. Windows Server 2003 上に分散ファイルシステム(以降、DFS)の共有フォルダが存在する環境へ、
Symantec AntiVirus Corporate Edition 10.x と InfoTrace Agent がインストールされたコンピュータが接続し
た場合、共有フォルダ内が参照できない
Windows Server 2003 上に DFS の共有フォルダが存在する環境へ、Symantec AntiVirus Corporate Edition 10.x
と InfoTrace Agent がインストールされたコンピュータが接続した場合、共有フォルダ内が参照できない問
題を修正しました。
41. 任意のフォルダにボリュームをマウントすると、Windows 上での操作ができなくなる場合がある
InfoTrace Agent がインストールされているコンピュータで、任意のフォルダにボリューム(ハードディ
スクなど)をマウントすると、Windows 上での操作ができなくなる場合がある問題を修正しました。
V2.2.4 での改善項目
1.
ゾーン除外しているプロセスのログが記録される場合がある
InfoTrace Agent のファイルイベントの監視ゾーンで除外したプロセスのログが記録される場合がある問
題を修正しました。
例:監視ゾーンにプロセス「excel.exe」、かつ拡張子「.tmp」の除外設定をする
このとき、「excel.exe」が拡張子「.tmp」のファイルにアクセスしたことがログに記録されてしまう
場合がありました。
なお、Symantec AntiVirus Corporate Edition と InfoTrace Agent が共存した場合に、この問題が発生するこ
とを確認しています。
2.
InfoTrace Agent、LogAgent のモジュールやログファイルに対してファイル操作を行うと、まれにブルース
クリーンが発生する場合がある
InfoTrace Agent や LogAgent のファイル保護対象のファイルに対してファイル操作を繰り返し行うと、ま
れにブルースクリーンが発生する場合がある問題を修正しました。
- 38 -
5
3.
InfoTrace
実際のファイルおよびフォルダ操作と異なるログが記録される場合がある
InfoTrace Agent がインストールされているコンピュータで、操作したファイルやフォルダのパスにチル
ダ(~)が含まれるとき、実際の操作と異なるログが記録される場合がある問題を修正しました。
チルダ(~)を含むパスの例:C:¥PROGRA~1(C:¥Program Files をあらわしています)
4.
複数のコンピュータから監視対象の共有フォルダに対して同時にファイル操作が行われたとき、InfoTrace
Agent が不正処理を起こす場合がある
共有フォルダオプションが有効な InfoTrace Agent がインストールされたファイルサーバーに対して、複
数のコンピュータから監視対象の共有フォルダへ同時にファイル操作が行われたとき、まれに InfoTrace
Agent が不正処理を起こす場合がある問題を修正しました。
5.
ターミナルサーバー環境にて、最後に接続したユーザーのデスクトップ上でのファイル操作が記録されな
い場合がある
ターミナルサーバー環境にて複数のユーザーが接続されていると、最後に接続したユーザーによるデス
クトップ上でのファイル操作が記録されない場合がある問題を修正しました。
この問題は InfoTrace V2.2.2、V2.2.3 で発生します。
6.
Windows XP/2003/Vista で数十ページのドキュメントを印刷すると、spoolsv.exe のハンドル数が増加し続
ける
プリントイベントを記録する設定の InfoTrace Agent をインストールした Windows XP/2003/Vista で、数十
ページのドキュメントを印刷すると、spoolsv.exe のハンドル数が増加し続ける問題を修正しました。
7.
Windows 9x 系でメモ帳からの印刷枚数が正しく記録されない場合がある
Windows 9x 系で Windows 付属のメモ帳(notepad.exe)からローカルプリンタまたはネットワークプリン
タへ印刷した場合、印刷枚数が正しく記録されない場合がある問題を修正しました。
8.
シトリックス・システムズ社の Citrix XenApp 環境で Citrix Access 管理コンソールが起動していると、ア
クティブウィンドウサブイベントが記録されない
シトリックス・システムズ社の Citrix XenApp 環境で、Citrix Access 管理コンソールが起動している状態
で複数のユーザーがリモートから接続している場合、アクティブウィンドウサブイベントが記録されない
問題を修正しました。
9.
シトリックス・システムズ社の Citrix XenApp 環境でウィンドウ切り替えを繰り返し行うと、アクティブウ
ィンドウサブイベントが記録されない場合がある
シトリックス・システムズ社の Citrix XenApp 環境で、ウィンドウ切り替えを繰り返し行うと、アクティ
ブウィンドウサブイベントが記録されない場合がある問題を修正しました。
10. Windows XP Professional SP3 MUI 環境でウィンドウがアクティブなままタイトルを変更するような操作
を行うと、アクティブウィンドウサブイベントが記録されない場合がある
Windows XP Professional SP3 MUI 環境でウィンドウがアクティブなままタイトルを変更するような操作
(エクスプローラで参照するフォルダを次々と変更していく、Internet Explorer でネットサーフィンを行う、
など)を行うと、アクティブウィンドウサブイベントが記録されない場合がある問題を修正しました。
11. 電源オンサブイベントおよび Agent 起動サブイベントの端末管理 ID が「0」で記録される
電源オンサブイベントおよび Agent 起動サブイベントの端末管理 ID が「0」で記録される問題を修正し
ました。
12. Windows Vista でコンピュータに接続されているネットワークアダプタがすべてリンクアップしていない
状態の場合、MAC アドレスが「000000000000」で記録される
Windows Vista で、コンピュータに接続されているネットワークアダプタがすべてリンクアップしていな
い状態の場合、MAC アドレスが「000000000000」で記録されてしまう問題を修正しました。
- 39 -
Soliton Smart Security V1.2.5
リリースノート
13. OS の一時フォルダの場所をデフォルトのユーザープロファイルフォルダから変更している場合、
InfoTrace Agent が不正処理を起こす
InfoTrace Agent がインストールされているコンピュータで、OS の一時フォルダの場所を OS デフォルト
のユーザープロファイルフォルダ以下にあるフォルダから別のフォルダに変更している場合、監視ゾーン
の<TEMP>リダイレクタを正しいパスに変換できず、InfoTrace Agent が不正処理を起こす問題を修正しまし
た。
14. InfoTrace Agent がインストールされているコンピュータで切断状態のネットワークドライブが存在すると、
DFS のネットワークドライブへのアクセスに時間がかかる場合がある
InfoTrace Agent がインストールされているコンピュータで分散ファイルシステム(以降、DFS)のルート
フォルダ、および共有フォルダにネットワークドライブが割り当てられている場合、割り当てたネットワ
ークドライブのいずれかに切断状態のものが存在すると、DFS のネットワークドライブへのアクセスに時
間がかかる場合がある問題を修正しました。
15. LogServer 稼動中に LogServer が起動したことを示すログが記録される場合がある
LogServer が既に稼動している状態で、LogServer が起動したことを示すログが Windows のイベントログ
に記録される場合がある問題を修正しました。
16. OS シャットダウン時に LogAgent がログレコードを正しくファイルに書き込めない場合があり、ログファ
イルが送信できなくなる
OS がシャットダウンするときに、ごくまれに LogAgent がログレコードを正しくファイルに書き込めな
い場合があり、そのログファイルが送信できなくなる問題を修正しました。
17. 1 つの MAC アドレスに対して 2 つの IP アドレスを割り当ててあるコンピュータのログレコードをログ保
管用データベースに格納できない
1 つの MAC アドレスに対して 2 つの IP アドレスを割り当ててあるコンピュータのログレコードをログ
保管用データベースに格納できない問題を修正しました。
この問題が発生していたときに格納できなかったログレコードは、LogServer のログスプールディレクト
リ内の「#invalid」フォルダに退避されています。
「#invalid」フォルダに退避されているログレコードを復旧する手順は以下のとおりです(手順 6 以外は
すべて LogServer での操作になります)。
1)InfoTrace V2.2.4 にアップデートしてください。
2)管理ツールの[サービス]で、[Soliton InfoTrace LogServer]のサービスの状態を確認してください。
サービスが開始している場合は、停止してください。
3)ログスプールディレクトリ内の「#invalid」フォルダ以下のすべてのフォルダとファイルを(適切な場
所にコピーすることで)バックアップしておいてください。
4)ログスプールディレクトリ内の「#invalid」フォルダの名前を「primary」に変更してください。
既に「primary」フォルダが存在している場合は、「primary」フォルダに「#invalid」フォルダ内のすべ
てのフォルダとファイルをコピーし、「#invalid」フォルダを削除してください。
5)管理ツールの[サービス]で、[Soliton InfoTrace LogServer]のサービスを開始してください。
6)AnalysisServer ですべてのログが表示されることを確認してください。
7)確認後、手順 3 でバックアップしておいたフォルダとファイルを削除してください。
18. Windows2000 でカーネルメモリの使用量が増加し続け、Windows の動作不良を引き起こす場合がある
Soliton Smart Security V1.2.3(InfoTrace Agent V2.2.3)を Windows 2000 で使用している場合、カーネルメモ
リの使用量が増加し続け、Windows の動作不良を引き起こす場合がある問題を修正しました。
- 40 -
5
InfoTrace
V2.2.3 での改善項目
1.
拡散トレースまたはバックトレースが途切れてしまう
InfoTrace Agent がインストールされているコンピュータで他のコンピュータをまたがったファイル操作
を行った場合のログレコードが、拡散トレースまたはバックトレースでツリー状につながって表示されな
い問題を修正しました。
この問題が発生していた条件:
・拡散トレースの場合
①[新しいデバイス種類]が「ネットワーク」
②[サブイベント]が「COPY」または「RENAME」
上記の条件を満たす場合に、次のログレコードにツリーがつながりませんでした。
([新しいファイル名]の値が UNC パス、ネットワークドライブのパスのどちらの場合でも発生します。)
・バックトレースの場合
①[デバイス種類]が「ネットワーク」
②[サブイベント]が「COPY」または「RENAME」
上記の条件を満たす場合に、次のログレコードにツリーがつながりませんでした。
([ファイル名]の値が UNC パス、ネットワークドライブのパスのどちらの場合でも発生します。)
例)
・ファイル 1:c:¥work¥個人情報.doc
・ファイル 2:¥¥fileserver¥share¥個人フォルダ¥個人情報.doc
・ファイル 3:¥¥fileserver¥share¥個人フォルダ¥あいうえお.doc
または、
・ネットワークドライブを Z:、割り当て先を¥¥fileserver¥share として、
・ファイル 1:c:¥work¥個人情報.doc
・ファイル 2:Z:¥個人フォルダ¥個人情報.doc
・ファイル 3:Z:¥個人フォルダ¥あいうえお.doc
上記の設定で、InfoTrace Agent がインストールされたコンピュータ上で以下の操作を行います。
1)ファイル 1 からファイル 2 へのファイルコピーを実施する(COPY サブイベントが記録される)。
2)ファイル 2 からファイル 3 へ名前変更する(RENAME サブイベントが記録される)。
3)ファイル 3 を削除する(DELETE サブイベントが記録される)。
1)の操作ログを起点に拡散トレースを実施すると、1)-2)-3)と続くツリーが作成されるはずが、1)と 2)の
間のログレコードが途切れてしまう問題がありました。
3)の操作ログを起点にバックトレースを実施すると、3)-2)-1)と続くツリーが作成されるはずが、3)と 2)
の間のログレコードが途切れてしまう問題がありました。
2.
共有フォルダ内のファイルを Mac OS 10.2 または 10.3 で参照したときの操作が記録されない
V2.2.0 以降の共有フォルダオプションを使用して監視している共有フォルダ内のファイルを Mac OS
10.2 または 10.3 から参照したとき、その操作が記録されない問題を修正しました。
ただし、Mac OS 10.4 または 10.5 から参照した場合は記録されません。
この内容はあくまで参考情報で、Mac OS からの操作をサポートするわけではありません。
- 41 -
Soliton Smart Security V1.2.5
3.
リリースノート
共有フォルダを提供するコンピュータに対して、プリントサーバーから共有フォルダ内のファイルを操作
した場合、共有フォルダオプションで記録したログレコードのクライアントユーザー名が「[-UNKNOWN-]」
と記録される
以下の条件をすべて満たす場合、共有フォルダオプションで記録したログレコードのクライアントユー
ザー名が「[-UNKNOWN-]」と記録される問題を修正しました。
z
共有フォルダを提供するコンピュータにネットワークプリンタが登録されている
z
上記ネットワークプリンタを提供しているプリントサーバーから共有フォルダを提供するコン
ピュータの共有フォルダ内のファイルを操作する
この問題は、ネットワークプリンタがプリントサーバーと通信するときに使用するユーザー名とプリン
トサーバーが共有フォルダに接続するときのユーザー名が異なるために発生していました。
4.
ログオフした後に印刷が完了したとき、プリントイベントのユーザー名が空白になる場合がある
ログオンしている間に印刷を開始し、ログオフした後に印刷が完了(紙が出力されプリントスプーラか
ら印刷ジョブが消える)したとき、プリントイベントのユーザー名が空白になる場合がある問題を修正し
ました。
5.
Windows Server 2003 ドメインに参加しているコンピュータで、ログオンまたはログオフサブイベントの
ユーザー名が空白になる場合がある
Windows Server 2003 ドメインに参加しているコンピュータで、同一のドメインアカウントでログオン・
ログオフを繰り返すと、ログオンまたはログオフサブイベントのユーザー名が空白になる場合がある問題
を修正しました。
また、この問題が発生するとアクティブウィンドウおよびクリップボードサブイベントが記録されなく
なる問題も修正しました。
6.
ターミナルサーバー環境で、InfoTrace Agent が不正処理を起こす場合がある
ターミナルサーバー環境で、十数ユーザーがログオンしているときに、コンソールの接続および切断を
すると、InfoTrace Agent が不正処理を起こす場合がある問題を修正しました。
7.
共有フォルダ内の数千個のファイルを貼り付けられるまでに時間がかかる
エクスプローラで共有フォルダ内の数千個のファイルのコピー&貼り付けを行う場合、貼り付けが開始
できるようになるまでに時間がかかる問題を修正しました。
8.
弊社の SmartOn または SmartOn ID との共存時、[ファイル/フォルダ制限]機能が無効になる
弊社の SmartOn または SmartOn ID と InfoTrace Agent が共存したとき、上書きインストールを開始してか
ら OS が再起動をするまでの間、SmartOn または SmartOn ID の[ファイル/フォルダ制限]機能が無効になる
問題を修正しました。
この問題が発生する SmartOn および SmartOn ID のバージョンは以下のとおりです。
z
z
9.
SmartOn ID V2.6.0.3
SmartOn V1.6.0.4
シトリックス・システムズ社の Citrix Presentation Server 4.5 の「Citrix Client Network」サービスが起動し
なくなる
シトリックス・システムズ社の Citrix Presentation Server 4.5 がインストールされている Windows Server
2003 に InfoTrace Agent をインストールすると、
「Citrix Client Network」サービスが起動しなくなる問題を修
正しました。
- 42 -
5
InfoTrace
10. SHARE サブイベントのみがオンになっている場合、コンピュータの動作が遅くなることがある
InfoTrace Agent で、
「ファイルイベント]-[監視するファイル操作]の SHARE サブイベントのみがオンにな
っている場合、監視ゾーンのチェックをしていたためにコンピュータの動作が遅くなることがある問題を
修正しました。
11. アクティブウィンドウの切り替わりが短時間に大量に行われると、OS の動作が遅くなる場合がある
アクティブウィンドウの切り替わりが短時間に大量に行われると、OS の動作が遅くなる場合がある問題
を修正しました。
12. ハミングヘッズ社のセキュリティプラットフォームで暗号化されたファイルを復号したとき、OS の動作が
遅くなる場合がある
ハミングヘッズ社のセキュリティプラットフォームで暗号化されたファイルを復号したとき、OS の動作
が遅くなる場合がある問題を修正しました。
13. バックアップ処理でテキスト情報の先頭および末尾に「'」がある場合、正しく変換されない
バックアップリストアツールのバックアップ処理で、テキスト情報の先頭および末尾の「'」が「''」に変
換されない問題を修正しました。
V2.2.2 での改善項目
1.
デスクトップ上のファイルをコピーまたは FTP でアップロードするとき、CLOSE サブイベントが記録さ
れない場合がある
デスクトップ以外の場所からデスクトップ上にコピーしてきたファイルを、さらにデスクトップ以外の
場所にコピー、または FTP でアップロードするとき、デスクトップ上のファイルに対する CLOSE サブイ
ベントが記録されない場合がある問題を修正しました。
2.
リモートデスクトップ接続・切断を繰り返すと、リモート接続およびリモート切断サブイベントが正しく
記録されない場合がある
InfoTrace Agent をインストールしたコンピュータに、連続してリモートデスクトップ接続・切断を繰り
返すと、リモート接続およびリモート切断サブイベントが記録されない場合がある問題を修正しました。
3.
弊社の SmartOn ID との共存時、ログが記録されない
弊社の SmartOn ID と InfoTrace Agent が共存したときの以下の問題を修正しました。
z
ログがほとんど記録されない
z
InfoTrace Agent のファイル保護機能が有効にならない場合がある
この問題が発生していた InfoTrace のバージョン:
z
V2.2.1(Soliton Smart Security V1.2.1)
この問題が発生していた SmartOn ID のバージョン:
4.
z
V2.6.0.0
z
V2.6.0.1
チェック・ポイント・ソフトウェア・テクノロジーズ社の Pointsec Media Encryption との共存時、ブルー
スクリーンになる場合がある
チェック・ポイント・ソフトウェア・テクノロジーズ社の Pointsec Media Encryption 2.6.2 と InfoTrace Agent
が共存した場合、ブルースクリーンとなり、OS が起動しない場合がある問題を修正しました。
- 43 -
Soliton Smart Security V1.2.5
5.
リリースノート
設定ファイルを連続して何回も更新すると InfoTrace Agent が不正処理を起こして停止する場合がある
InfoTrace Agent の設定ファイルを連続して何回も更新すると、InfoTraceAgent.exe が不正処理を起こして
停止する場合がある問題を修正しました。
この問題は、InfoTrace V2.2.1 で修正しましたが、修正が不十分だったため、再度修正しました。
6.
共有フォルダオプションの解析処理内でバッファーオーバーフローし、InfoTraceAgent.exe が不正処理を
起こして停止する場合がある
共有フォルダオプションの解析処理内でバッファーオーバーフローし、InfoTraceAgent.exe が不正処理を
起こして停止する場合がある問題を修正しました。
7.
共有フォルダ内のファイルをクリップボード経由でコピーしたとき、InfoTrace Agent でエラーメッセージ
が表示される場合がある
InfoTrace Agent をインストールしたコンピュータで、別のコンピュータの共有フォルダ内のファイルを
クリップボード経由でコピーしたとき、以下のエラーメッセージが表示される場合がある問題を修正しま
した。
Microsoft Visual C++ Runtime Library Buffer overrun detected
8.
LogAgent からログが送信されない場合がある
まれに、ログレコードが不正な形式で保持され、LogAgent からログが送信されない場合がある問題を修
正しました。
9.
[送信時間帯(Z)]で設定した時間帯以外に、Windows のシャットダウン時にログを送信してしまう
LogAgent 設定で、[送信時間帯(Z)]の設定は[シャットダウン時に送信する(S)]の設定より優先されるはず
が、[シャットダウン時に送信する(S)]が有効な場合、[送信時間帯(Z)]で設定した時間帯以外に、Windows
のシャットダウン時にログを送信してしまう問題を修正しました。
10. LogAgent が不正処理を起こして停止する場合がある
アラート条件の設定ファイルの更新時、LogAgent が不正処理を起こして停止する場合がある問題を修正
しました。
11. 全角文字が含まれているログレコードをログ保管用データベースに格納できない場合がある
以下の条件をすべて満たす場合、ログレコードをログ保管用データベースに格納できない問題を修正し
ました。
z
記録するログレコードに全角文字が含まれている
z
全角文字の直後に「'」(シングルクォーテーション)がある
z
シングルクォーテーションの後続(直後とは限らない)に「{」
(中カッコの始まり)が含まれて
いる
「V2.2.1 での改善項目」の 36 と類似の問題ですが、さらに別の条件(記録するログレコードに全角文字
が含まれている)が重なった場合に発生するものです。
この問題が発生していたとき、格納できなかったログレコードは、LogServer のログスプールディレクト
リ内の「#invalid」フォルダに退避されています。
「#invalid」フォルダに退避されているログレコードを復旧する手順は以下のとおりです。
1)InfoTrace V2.2.2 にアップデートしてください。
2)管理ツールの[サービス]で、「Soliton InfoTrace LogServer」のサービスを停止してください。
3)ログスプールディレクトリ内の「#invalid」フォルダ以下のすべてのフォルダとファイルを(適切な場
所にコピーすることで)バックアップしておいてください。
4)ログスプールディレクトリ内の「#invalid」フォルダの名前を「primary」に変更してください。
- 44 -
5
InfoTrace
既に「primary」フォルダが存在している場合は、「primary」フォルダに「#invalid」フォルダ内のすべ
てのフォルダとファイルをコピーし、「#invalid」フォルダを削除してください。
5)管理ツールの[サービス]で、「Soliton InfoTrace LogServer」のサービスを開始してください。
6)AnalysisServer ですべてのログが表示されることを確認してください。
7)確認後、手順 3 でバックアップしておいたフォルダとファイルを削除してください。
12. リモート接続またはリモート切断時に表示されるアラートが正しく表示されない
アラート内のサブイベントの値がリモート接続、リモート切断だった場合、サブイベントが日本語表記
されない問題を修正しました。
また、リモートデスクトップコンピュータ名、リモートデスクトップ IP アドレスの値がアラートに表示
されない問題も修正しました。
13. アラート条件で、特定のイベントでのみ条件指定可能なフィールドに対して条件を指定したとき、誤認し
てアラートをあげる場合がある
アラート条件で、特定のイベントでのみ条件指定可能なフィールドに対して条件を指定したとき、誤認
してアラートをあげる場合がある問題を修正しました。
例)以下の条件を指定します。また、Microsoft Word で「顧客情報.doc」を開き、印刷を行います。
z
z
プログラム名 :「notepad.exe」 完全一致
ドキュメント名:「顧客情報」
部分一致
プリントイベントのログレコードにはプログラム名の情報は記録されず、条件に一致しませんが、ド
キュメント名に「顧客情報」という文字列が含まれているため、アラートをあげていました。
14. 拡散トレースおよびバックトレース結果画面の表示項目に、リモートデスクトップコンピュータ名、リモ
ートデスクトップ IP アドレス、SSS ユーザー名がない
拡散トレースおよびバックトレース結果画面で以下の表示項目がない問題を修正しました。
z
z
z
リモートデスクトップコンピュータ名
リモートデスクトップ IP アドレス
SSS ユーザー名
また、CSV 出力した場合も同様に修正しました。
V2.2.1 での改善項目
1.
Windows XP 上で弊社の SmartOn NEO との共存時、ファイルイベントが記録されない場合がある
Windows XP 上で、弊社の SmartOn NEO V2.4.0.6 のクライアントと InfoTrace Agent V2.2.0 が共存したとき、
ファイルイベントが記録されない場合がある問題を修正しました。
2.
共有フォルダの下の階層のフォルダを監視する共有フォルダに指定した場合、SHARE サブイベントが記録
されない
InfoTrace Agent で、共有フォルダの下の階層のフォルダを監視する共有フォルダに指定した場合、SHARE
サブイベントが記録されない問題を修正しました。
3.
InfoTrace Agent が監視処理のために使用しているウィンドウをアクティブウィンドウサブイベントとして
記録してしまう場合がある
InfoTrace Agent が監視処理のために使用しているウィンドウをアクティブウィンドウサブイベントとし
て記録してしまう場合がある問題を修正しました。
- 45 -
Soliton Smart Security V1.2.5
リリースノート
該当するウィンドウのタイトル
4.
z
lagent9x
z
InfoTrace Application Monitor Window
アクティブウィンドウサブイベントが記録されない場合がある
以下のウィンドウタイトルを取得できないため、アクティブウィンドウサブイベントが記録されない問
題を修正しました。
z
z
5.
セカンダリログオンの機能によりログオンしているユーザー以外のユーザーで起動されたアプ
リケーションのウィンドウタイトル
Windows Vista のユーザーアカウント制御により管理者特権で起動されたアプリケーションのウ
ィンドウタイトル
キーボードサブイベントが記録されない場合がある
以下のウィンドウがアクティブなとき、キーボードサブイベントが記録されない問題を修正しました。
z
z
6.
セカンダリログオンの機能によりログオンしているユーザー以外のユーザーで起動されたアプ
リケーションのウィンドウ
Windows Vista のユーザーアカウント制御により管理者特権で起動されたアプリケーションのウ
ィンドウ
コマンドプロンプトがアクティブなウィンドウの状態でキー操作したとき、キーボードサブイベントが記
録されない
コマンドプロンプトがアクティブなウィンドウの状態でキー操作したとき、キーボードサブイベントが
記録されない問題を修正しました。
7.
Windows XP Professional SP2 でリモート接続またはリモート切断サブイベントが重複して記録される場
合がある
InfoTrace Agent をインストールした Windows XP Professional SP2 にリモートデスクトップ接続、切断した
とき、リモート接続またはリモート切断サブイベントが重複して記録される場合がある問題を修正しまし
た。
8.
Windows Vista でネットワークプリンタへの印刷操作が記録されない場合がある
InfoTrace Agent をインストールした Windows Vista でネットワークプリンタへ印刷したとき、プリントイ
ベントが記録されない場合がある問題を修正しました。ただし、正しく監視するには以下の条件を満たす
ようにしてください。
9.
z
プリントサーバー側 OS 上で、Guest アカウントが有効になっていること
z
プリントサーバー、クライアントコンピュータ上の Windows ファイアウォールの設定で、[ファ
イルとプリンタの共有]を例外として登録してあること
z
クライアントコンピュータ上の「ネットワークと共有センター」内の[共有と探索]の設定で[ファ
イルの共有]が有効になっていること
Windows Vista でネットワークプリンタへの印刷操作が重複して記録される場合がある
InfoTrace Agent をインストールした Windows Vista でネットワークプリンタへ印刷したとき、プリントイ
ベントが重複して記録される場合がある問題を修正しました。
10. Windows Vista でネットワークプリンタに設定されているブラザー社の HL-5040 へ印刷したとき、
InfoTrace Agent が停止してしまう場合がある
InfoTrace Agent をインストールした Windows Vista で、ネットワークプリンタに設定されているブラザー
社の HL-5040 へ印刷したとき、InfoTrace Agent が停止してしまう場合がある問題を修正しました。
- 46 -
5
InfoTrace
11. 共有プリンタに設定されているブラザー社の HL-5040 を共有プリンタオプションで監視していると、
InfoTrace Agent が停止してしまう場合がある
共有プリンタオプションが有効な InfoTrace Agent で、共有プリンタに設定されているブラザー社の
HL-5040 を監視していると、InfoTrace Agent が停止してしまう場合がある問題を修正しました。
12. 数回しか使用していないプロセスのアプリケーションイベントが数百レコードになる場合がある
アプリケーションイベントで監視するプロセスを数回しか使用していない状況にもかかわらず、記録さ
れているアプリケーションイベントが数百レコードになる場合がある問題を修正しました。
13. 設定ファイルを更新した場合、設定ファイルを更新する前までのアプリケーションイベントが記録されな
い
アプリケーションイベントで監視するプロセスが起動している状態で InfoTrace Agent の設定ファイルを
更新した場合、設定ファイルを更新する前までのアプリケーションイベントが記録されない問題を修正し
ました。
14. 終了していないプロセスのアプリケーションイベントが記録されてしまう場合がある
アプリケーションイベントで監視中のプロセスが終了していないにもかかわらず、そのプロセスのアプ
リケーションイベントが記録されてしまう場合がある問題を修正しました。
15. Windows XP でマルチバイト文字を含むプロセスのアプリケーションイベントが正しく記録されない
InfoTrace Agent V2.2.0 をインストールした Windows XP で、マルチバイト文字を含むプロセスを監視する
場合、アプリケーションイベントが正しく記録されない問題を修正しました。
16. V2.x.x から V2.y.y へ InfoTrace Agent をアップデートした場合、Agent インストールサブイベントのインス
トールの種類が「アップデート」でなく「上書き」と記録される
V2.x.x から V2.y.y へ InfoTrace Agent をアップデートした場合、Agent インストールサブイベントのイン
ストールの種類が、異なるバージョンの Agent ディスクを使用してインストールしたときの「アップデー
ト」でなく、同一のバージョンで発行回数の異なる Agent ディスクを使用してインストールしたときの「上
書き」と記録される問題を修正しました。
17. Windows XP でマルチバイト文字を含むログオンユーザー名が正しく記録されない
InfoTrace Agent をインストールした Windows XP で、ログオンユーザー名にマルチバイト文字を含む場合、
Windows XP の問題によりユーザー名が正しく記録されない問題を修正しました。
18. ログレコードが重複して送信されることがある
LogAgent がログの出力先に指定してある LogServer に以下の流れでログを送信した場合、LogServer が受
信できない状態のときに送信したログレコードの一部を重複して送信してしまうことがある問題を修正し
ました。
1)LogAgent がログ送信タイミングでログの出力先に指定してある LogServer にログを送信する
2)LogServer が受信できない状態が 2 回以上連続する
3)LogServer が受信できる状態になり、再び LogAgent がログを送信する
「LogServer が受信できない」とは以下のような状態です。
z
ネットワークが断線している
z
LogServer が停止している
z
LogServer がライセンス違反等で受信拒否する
- 47 -
Soliton Smart Security V1.2.5
リリースノート
19. LogAgent のログスプールファイルを喪失する場合がある
LogAgent が保持するログスプールファイルを初めて送信するとき、ログの出力先に指定してある
LogServer が受信できない状態だった場合、送信しようとしたログスプールファイルを喪失する場合がある
問題を修正しました。
「LogServer が受信できない」とは以下のような状態です。
z
ネットワークが断線している
z
LogServer が停止している
z
LogServer がライセンス違反等で受信拒否する
20. アプリケーションイベントのプロセスを監視しない設定に変更すると InfoTrace Agent がメモリリークす
る場合がある
アプリケーションイベントでプロセスを監視している InfoTrace Agent に対して、プロセスを監視しない
設定の設定ファイルを適用すると、InfoTrace Agent がメモリリークする場合がある問題を修正しました。
21. [email protected] の Web インターフェイス上のファイルをコピーした場合、CPU 使用率が 100%になる
ソレキア社の [email protected] の Web インターフェイス上のファイルをコピーしたタイミングで InfoTrace
Agent の CPU 使用率が 100%になる問題を修正しました。
22. プリントイベントの監視処理で InfoTrace Agent が不正処理を起こす場合がある
プリントイベントの監視処理で、ネットワークプリンタのプリントスプーラから情報が取得できないと
き、InfoTrace Agent が不正処理を起こす場合がある問題を修正しました。
23. 設定ファイルを連続して何回も更新すると InfoTrace Agent が不正処理を起こす場合がある
InfoTrace Agent の設定ファイルを連続して何回も更新すると、InfoTraceAgent.exe が不正処理を起こす場
合がある問題を修正しました。
24. InfoTrace Agent を上書きインストールまたはアップデートしたとき、エラーが発生する場合がある
InfoTrace Agent V2.2.0 に対して上書きインストールまたはアップデートしたとき、ITAgentSub.exe がエラ
ーを起こす場合がある問題を修正しました。
25. コマンドプロンプトで RENAME または DEL コマンドを使用した場合、ITAgentSub.exe のアプリケーショ
ンエラーが発生する場合がある
コマンドプロンプトで、RENAME または DEL コマンドを使用してファイル操作を行った場合、
ITAgentSub.exe のアプリケーションエラーが発生する場合がある問題を修正しました。
26. InfoTrace Agent でエラーメッセージが表示される場合がある
InfoTrace Agent をインストールしたコンピュータで、ごくまれに以下のエラーメッセージが表示される
場合がある問題を修正しました。
Microsoft Visual C++ RunTime Library Buffer overrun detected
27. Windows Vista でプリントイベントを監視している場合、警告ログが大量に記録される
InfoTrace Agent をインストールした Windows Vista で、プリントイベントを監視している場合、イベント
ビューアの[システム]に「SpoolerWin32SPL」の警告ログが大量に記録される問題を修正しました。
InfoTrace V2.2.0 の場合、レジストリエディタを起動して以下のキーを作成することで回避できます。
HKEY_USERS¥S-1-5-18¥Printers¥Connections
- 48 -
5
InfoTrace
レジストリエディタの使い方を誤ると、深刻な問題が発生することがあります。最悪の場合、OS の再イン
ストールが必要になることがあります。弊社は、レジストリエディタの誤用により発生した問題に関して
は、一切責任を負わないものとします。レジストリエディタは、自己の責任において使用してください。
28. 除外プロセスを追加した設定ファイルの内容は OS が再起動されるまで反映されない
Smart Disk Management Console の[InfoTrace 設定]-[デスクトップイベント]-[アクティブウィンドウ]-[プロ
セスで除外(E)]で除外プロセスを追加した設定ファイルを InfoTrace Agent に適用した場合、OS が再起動さ
れるまで設定が反映されない問題を修正しました。
29. InfoTrace Agent のサービスのスタートアップの種類が「自動」に自己復旧しない
InfoTrace Agent のバージョンと OS の組み合わせが以下のいずれかの場合、InfoTrace Agent サービスのス
タートアップの種類が変更されても「自動」に自己復旧しない問題を修正しました。
z
InfoTrace Agent V2.0.x、OS が Windows NT4.0/2000/XP/2003 の場合
z
InfoTrace Agent V2.2.0、OS が Windows NT4.0/2000 の場合
30. Microsoft Word 2000 または 2003 のオートシェイプで図形を作成したあと、その図形のコピー&貼り付け
を行うと、貼り付けられる位置がずれる
InfoTrace Agent がインストールされているコンピュータの Microsoft Word 2000 または 2003 のオートシェ
イプで図形を作成したあと、その図形のコピー&貼り付けを行うと、貼り付けられる位置がずれる問題を
修正しました。
31. ファイル保護機能により保護されているファイルが削除できてしまう場合がある
ファイル保護機能により保護されているファイルが、コマンドプロンプトからの操作で削除できてしま
う場合がある問題を修正しました。
32. ファイル保護機能により保護されている project フォルダが削除できてしまう場合がある
LogAgent のインストール先フォルダ以下の project フォルダ内に LogAgent に関係のないファイルが存在
すると、project フォルダごと削除できてしまう問題を修正しました。
33. Windows Vista でファイル保護機能が有効にならない
InfoTrace Agent をインストールした Windows Vista で、ユーザーアカウント制御によりログオンしたユー
ザーとは別のユーザーで管理者特権に昇格した場合、ファイル保護機能が有効にならない問題を修正しま
した。
34. 拡散トレースまたはバックトレースが途切れてしまう場合がある
AnalysisServer で、拡散トレースまたはバックトレースが途切れてしまう場合がある問題を修正しました。
35. IP アドレスが複数存在するログレコードに対して 2 個目以降の IP アドレスを範囲指定で検索することがで
きない
AnalysisServer で、IP アドレスが複数存在するログレコードに対して 2 個目以降の IP アドレスを範囲指
定で検索することができない問題を修正しました。
- 49 -
Soliton Smart Security V1.2.5
リリースノート
36. ログレコードをログ保管用データベースに格納できない場合がある
以下のどちらかに該当するとき、ログレコードをログ保管用データベースに格納できない場合がありま
した。
z
記録するログレコードに「'」
(シングルクォーテーション)、および「{」
(中カッコの始まり)が
含まれている場合
z
記録するログレコードにマルチバイト文字が含まれていて、さらにマルチバイト文字の途中で、
格納先であるログ保管用データベースのフィールドの長さの上限に達している場合
この問題を修正しました。
この問題が発生していたとき、格納できなかったログレコードは、LogServer のログスプールディレクト
リ内の「#invalid」フォルダに退避されています。
「#invalid」フォルダに退避されているログレコードを復旧する手順は以下のとおりです。
1)InfoTrace V2.2.1 にアップデートしてください。
2)管理ツールの[サービス]で、「Soliton InfoTrace LogServer」のサービスを停止してください。
3)ログスプールディレクトリ内の「#invalid」フォルダ以下のすべてのフォルダとファイルを(適切な場
所にコピーすることで)バックアップしておいてください。
4)ログスプールディレクトリ内の「#invalid」フォルダの名前を「primary」に変更してください。
既に「primary」フォルダが存在している場合は、「primary」フォルダに「#invalid」フォルダ内のすべ
てのフォルダとファイルをコピーし、「#invalid」フォルダを削除してください。
5)管理ツールの[サービス]で、「Soliton InfoTrace LogServer」のサービスを開始してください。
6)AnalysisServer ですべてのログが表示されることを確認してください。
7)確認後、手順 3 でバックアップしておいたフォルダとファイルを削除してください。
- 50 -
5
InfoTrace
5.4 制約事項
1.
データディレクトリおよびログスプールディレクトリへのアクセス制限によりログが蓄積できない
データディレクトリおよびログスプールディレクトリに指定したフォルダへのアクセス制限(セキュリ
ティ機能での書き込み禁止、フォルダ属性の読み取り専用など)は設定しないでください。
また、アクセスする権限のうち、データディレクトリおよびログスプールディレクトリ、またすべての親
フォルダに対して「SYSTEM」(「LOCAL SYSTEM」)がアクセス(フルコントロール)する権限を剥奪し
ないでください(アクセス禁止に設定しないでください)。剥奪すると、ログを保管できなくなる、ログを
検索できなくなるなど、InfoTrace が正しく稼動できなくなります。ここでいう「アクセスする権限」とは、
Windows のセキュリティ機能で設定する、
「X(具体的にはユーザー名)に対するアクセス許可」のことで
す。
2.
AnalysisServer で同一項目に対して複数の条件が NOT で指定された場合、その項目に対して条件が指定さ
れていない場合と同じ結果になる
AnalysisServer で同一項目に対して複数の条件が指定された場合、OR 条件として検索されます。このと
き、その項目の条件がすべて NOT で指定された場合、必ずいずれかの条件に当てはまるため、その項目に
対して条件が指定されていない場合と同じ結果になります。
例)AnalysisServer のログ検索で以下の条件を指定
・ファイル名
NOT「aaa.txt」
・ファイル名
NOT「bbb.txt」
ファイル名が「aaa.txt」以外(「bbb.txt」を含むログレコード)、またはファイル名が「bbb.txt」以外(「aaa.txt」
を含むログレコード)となり、結果としてすべてのファイル名のログレコードが検索されます。
3.
ドメインコントローラかつターミナルサーバーの構成のコンピュータに AnalysisServer をインストールし
た場合、AnalysisServer にログオンできなくなる
ドメインコントローラ、かつターミナルサーバーの構成のコンピュータに AnalysisServer をインストール
した場合、AnalysisServer にログオンできなくなります。
以下のいずれかの手順でインストールすると回避できます。
[change user]コマンドを使用する:
1)AnalysisServer をインストールする前に、コマンドプロンプトで[change user /install]コマンドを実行して
ください。
2)AnalysisServer をインストールしてください。
インストール手順は、InfoTrace ユーザーズガイド「2.3.1 InfoTrace Server のインストール」を参照し
てください。
3)AnalysisServer をインストールした後に、コマンドプロンプトで[change user /execute]コマンドを実行し
てください。
「プログラムの追加」を使用する:
1)コントロールパネルの[プログラムの追加と削除]をクリックしてください。
2)画面左の[プログラムの追加(N)]をクリックしてください。
3)<CD またはフロッピー(F)>ボタンをクリックしてください。
4)「フロッピーディスクまたは CD-ROM からのインストール」画面が表示されます。
<次へ(N)>ボタンをクリックしてください。
5)「インストールプログラムの実行」画面が表示されます。
<参照(R)>ボタンをクリックして、[開く(O):]に Manager 系コンポーネントのディスク発行で発行した
「SolSetup.exe」を指定してください。
- 51 -
Soliton Smart Security V1.2.5
リリースノート
6)<完了>ボタンをクリックしてください。
7)「Soliton Smart Security セットアップ」が表示されますので、AnalysisServer をインストールしてくださ
い。インストール手順は、InfoTrace ユーザーズガイド「2.3.1 InfoTrace Server のインストール」を参
照してください。
4.
AnalysisServer をドライブ直下にインストールすると、正常に動作しない
AnalysisServer のインストール先を「c:¥」などのドライブ直下に指定した場合、AnalysisServer は正常に
動作しません。ドライブ直下へは、インストールしないでください。
5.
AnalysisServer で Task Scheduler サービスが開始状態でない場合、CSV ファイルが出力できない
AnalysisServer では、ログ検索の各画面で<CSV>ボタンがクリックされると、Windows のタスクスケジュ
ーラにファイル出力処理を行うバッチプログラムを登録します。そのため、タスクが動作しない環境では
登録したバッチプログラムが起動せず、CSV ファイルを出力することができません。
6.
Google Chrome で AnalysisServer に接続すると、AnalysisServer のサービスが停止してしまう場合がある
Google Chrome の Web ブラウザで AnalysisServer に接続すると、AnalysisServer のサービスが停止してし
まう場合があります。AnalysisServer に接続する際は、Google Chrome を使用しないでしてください。
7.
バックアップした設定情報は、異なるバージョンの InfoTrace Server にはリストアできない
バックアップリストアツールでバックアップした設定情報は、バックアップしたバージョン以外の
InfoTrace Server にはリストアできません。
この制約は InfoTrace V2.0.2 以降が対象となります。
8.
LogServer の保存期限超過ログ削除機能では、大量なログを削除できない
LogServer は、AnalysisServer で設定した「InfoTrace ログのデータ保存期間」を経過したログを自動的に
削除します。これは 1 日に 1 回行われるため、通常は前日の削除処理から本日の削除処理までに期限切れ
になる 1 日分のログを削除することを想定しています。そのため、「InfoTrace ログのデータ保存期間」を
既存の設定より小さな値に変更した場合などで保存期間を経過したログが大量に発生すると、処理ができ
なくなります。
保存期限を経過したログが大量に発生するような場合は、バックアップリストアツールのログ削除機能
を使用して、削除するようにしてください。
9.
LogServer が出力する Windows イベントログの中に、異なる事象にもかかわらず、種類、分類、イベント
ID が同一のログがある
LogServer が出力する Windows イベントログの中に、異なる事象にもかかわらず、種類、分類、イベン
ト ID が同一のログがあります。
例)種類 = 情報
分類 = なし
イベント ID = 0001
メッセージ = InfoTrace LogServer が起動しました。
種類 = 情報
分類 = なし
イベント ID = 0001
メッセージ = サイト番号が異常です。DB へのログ格納を延期します。サイト番号を正しく設定し
てください。
- 52 -
5
InfoTrace
10. LogServer が停止したことをあらわすイベントログが出力されない場合がある
LogServer がインストールされているコンピュータをシャットダウンしたとき、LogServer が停止したこ
とをあらわすイベントログが出力されない場合があります。管理ツールの「サービス」で「Soliton InfoTrace
Enterprise LogServer」を停止したときには、出力されます。
11. Windows 7 では、シャットダウン時のログ送信ができない
Windows 7 では、LogAgent のログ送信タイミングの設定で、[シャットダウン時に送信する(S)]を有効に
し、シャットダウン時のタイムアウトを指定しても、指定したタイムアウトの秒数分、OS のシャットダウ
ンを遅延できないため、シャットダウン時のログ送信ができません。
12. イベント固有情報の項目をアラート条件に指定する場合は、該当するイベントも指定しないと、アラート
のチェック対象にならない
イベント固有情報の項目をアラート条件に指定する場合は、該当するイベントも指定するようにしてく
ださい。イベントを指定しないと、アラートのチェック対象になりません。
「イベント固有情報の項目」とは、イベント・サブイベントに依存して記録されるログレコードの項目を
あらわしています。各イベント・サブイベントで記録される項目については、InfoTrace V2.2 ユーザーズガ
イド「5.2.4.2 ログ一覧-検索結果表示部分」を参照してください。
13. ログ送信中にネットワーク断線が発生すると、ログレコードがごくまれに重複する場合がある
LogAgent がログ送信中に LogServer との間でネットワーク断線が発生した場合、ごくまれにログレコー
ドが重複して送信されてしまう場合があります。
14. e-Care Agent のサービスの起動が完了する前に発生したアラートは、e-Care へトラップ通知されない
e-Care Agent のサービスの起動が完了する前に、アラート条件に一致する操作が行われた場合、e-Care へ
トラップ通知されません。ただし、ログレコードの e-Care トラップは、
「Yes」
(アラート発生)で記録され
ます。
15. e-Care へのトラップ通知ができない場合がある
OS 終了時および e-Care Agent 停止時の処理中に記録される操作をアラート条件に指定しているとき、
e-Care へのトラップ通知ができない場合があります。
例)
イベント:アプリケーション
プログラム名:svchost.exe などのサービスプロセス
16. アラート条件に指定できないサブイベント
以下のサブイベントは、Smart Disk Management Console の[LogAgent 設定]-[アラート条件]で、アラート
条件として指定できますが、動作しません。
z
InfoTrace イベント
・Agent 終了サブイベント
・Agent インストールサブイベント
・Agent アンインストールサブイベント
z
デスクトップイベント
・電源オフサブイベント
17. Windows Vista/7 の「ピクチャ」「ビデオ」等のフォルダがデフォルトで監視されない
InfoTrace Agent のファイルイベントの監視ゾーンには、「マイ ドキュメント」フォルダの監視がデフォ
ルトで設定されています。Windows XP では「マイ ピクチャ」
「マイ ビデオ」等のフォルダが「マイ ドキ
ュメント」フォルダ以下に存在していたため、これらのフォルダもデフォルトで監視されていました。
- 53 -
Soliton Smart Security V1.2.5
リリースノート
Windows Vista/7 では「ピクチャ」
「ビデオ」等のフォルダが「ドキュメント」フォルダと同じ階層に存在
するため、これらのフォルダはデフォルトの設定では監視されません。
Windows Vista/7 で「ピクチャ」「ビデオ」等のフォルダを監視/除外したい場合は、以下のようにそれぞ
れのフォルダについて、監視ゾーンに監視/除外の設定を行ってください。
・<USERPROFILE>¥Pictures
・<USERPROFILE>¥Videos
また、ユーザーがフォルダの位置を変更した場合は、変更先のフォルダを監視ゾーンに設定する必要が
あります。
18. Windows 7 では、ファイルイベントの監視ゾーンに 15 文字のプロセスが監視または除外対象として設定
されていても、監視または除外されない
Windows 7 では、ファイルイベントの監視ゾーンに 15 文字のプロセスが監視または除外対象として設定
されていても、監視または除外されません。
Windows 7 以降の OS では、プロセスは 14 文字以下で指定してください。
19. メモ帳で同一ファイルを複数回開いた場合、ファイルイベントが記録されない
メモ帳(notepad.exe)で、同一ファイルを開いて閉じる、を繰り返した場合、2 回目以降の操作(編集)
が記録されません。
20. ファイルの COPY サブイベントが記録されない場合がある
InfoTrace は OS が検知可能なファイルイベント(RENAME、DELETE、CLOSE、SHARE サブイベント)
は検知できるため、ファイルアクセスの有無を確認することができます。しかし、InfoTrace Agent が独自
に検知している COPY サブイベントに関しては、精度、感度が完全ではありません。コピーを検知できず
見逃してしまう場合もあります。この問題は、順次改善していく予定です。
21. 同一内容のデータを 2 つ以上のファイルに書き込むと、一方のファイルを他方にコピーしたという COPY
サブイベントが記録される場合がある
同一内容のデータを 2 つ以上のファイルに書き込むと、一方のファイルを他方にコピーしたという COPY
サブイベントが記録される場合があります。
例)
1)
2)
c:¥work に abc.txt というファイルを作成する
c:¥work¥Sub に 1)の abc.txt と同一内容の abcsub.txt というファイルを作成する
このとき、c:¥work¥abc.txt から c:¥work¥Sub¥abcsub.txt への COPY サブイベントが記録されます。
22. COPY サブイベントの日時が、実際のコピー操作よりも遅い日時で記録される
共有フォルダ内のファイルを他のコンピュータからコピーしたとき、実際にコピーした日時よりも遅い
日時で COPY サブイベントが記録されます。
23. Microsoft Security Essentials との共存時、リアルタイム保護が有効な設定になっていると、COPY サブイ
ベントまたは CLOSE サブイベントが正しく記録されない場合がある
Microsoft Security Essentials と InfoTrace Agent が共存したとき、Microsoft Security Essentials のリアルタイ
ム保護が有効な設定になっていると、COPY サブイベントが記録されなかったり、間違って記録されたり
する場合があります。
また、CLOSE サブイベントのプログラム名が「svchost.exe」と記録される場合があります。
24. ファイル名の変更が実行できなかったにもかかわらず RENAME サブイベントとして記録される
既に存在するファイル名と同一のファイル名へ名前変更を行った場合、エラーになり名前変更が失敗し
ますが、RENAME サブイベントとして、この操作が記録されます。
- 54 -
5
InfoTrace
25. RD コマンドを使用して削除したフォルダ内のファイルがロングネームであっても、DELETE サブイベン
トのファイル名はショートネームで記録される
RD コマンドを使用してフォルダを削除したとき、そのフォルダ内のファイルがロングネームであっても、
DELETE サブイベントのファイル名は、ショートネームで記録されます。
26. Windows Vista で CD および DVD にファイルをコピーすると、コピー元のファイルの DELETE サブイベン
トが記録される場合がある
Windows Vista で CD および DVD にファイルをコピーすると、コピー元のファイルの DELETE サブイベ
ントが記録される場合があります。
27. OS 付属の ftp.exe を使用してファイルをダウンロードしたときの CLOSE サブイベントが記録されない場
合がある
OS 付属の ftp.exe を使用して、ファイルをダウンロードし、システムドライブへ保存したとき、CLOSE
サブイベントが記録されない場合があります。
28. Windows NT 系で除外設定されている監視ゾーンでの COPY サブイベントが記録される場合がある
Windows NT 系で、各プロセスのファイルアクセス時に CLOSE サブイベントが発生しないことがありま
す。そのため、独自に CLOSE サブイベントを探知(推測)する場合があります。この処理の影響でまれに
監視ゾーン以外への COPY サブイベントが記録される場合があります。
29. Windows XP 以降で CLOSE サブイベントが正しく記録されない場合がある
InfoTrace Agent をインストールした Windows XP 以降の OS のコンピュータで、CLOSE サブイベントを
記録するとき、その操作を行ったプログラムが終了してしまっている場合、ユーザー名やリモートデスク
トップコンピュータ名、リモートデスクトップ IP アドレスが正しく記録されません。
30. CLOSE サブイベントのプログラム名に「System」と記録される場合がある
CLOSE サブイベントのプログラム名に、ファイルにアクセスしたプログラム名ではなく、
「System」と
いうプログラム名が記録される場合があります。
31. McAfee VirusScan Enterprise 8.7i との共存時、Excel ファイルに対する CLOSE サブイベントが記録され
ない場合がある
McAfee VirusScan Enterprise 8.7i と InfoTrace Agent が共存したとき、そのコンピュータ上の Excel ファイ
ルにアクセスしても、CLOSE サブイベントが記録されない場合があります。
32. Firefox でファイルをダウンロードして保存したとき、ファイルイベントが記録されない場合がある
Firefox 2 または 3 の各バージョンでファイルをダウンロードして保存したとき、ファイルイベントが記
録されない場合があります。
33. Windows Vista 以降の OS で、セッション 0 で動作するプログラムにより発生したイベントのユーザー名
が空白になる
Windows Vista 以降の OS で、セッション 0 で動作するプログラム(主に OS のプロセスやサービスプロ
セス)により発生したイベントのユーザー名は空白で記録されます。
34. ファイルイベントのプログラム名は半角 14 または 15 文字しか記録されない
ファイルイベントのプログラム名は、Windows Vista 以前の OS の場合は、先頭から半角 15 文字、Windows
7 の場合は、先頭から 14 文字しか記録されません。InfoTrace Agent はドライバレベルでファイルイベント
を監視しています。この制約は Windows 上、ドライバレベルでプログラム名を取得するときの制約です。
- 55 -
Soliton Smart Security V1.2.5
リリースノート
35. 管理者特権に昇格してファイル操作を続行すると、ファイルイベントのプログラム名には「explorer.exe」
ではなく「dllhost.exe」と記録される
ユーザーアカウント制御が有効な環境で、Windows フォルダや Program Files フォルダのようなユーザー
アカウント制御対象フォルダ内のファイルに対してファイル操作を行うときは、管理者特権に昇格する必
要があります。
こ の よう な場合 、 昇格 してフ ァ イル 操作を 続 行す ると、 フ ァイ ルイベ ン トの プログ ラ ム名 には
「explorer.exe」ではなく「dllhost.exe」が記録されます。
36. Windows 7 で、ファイルイベントのプログラム名が「explorer.exe」で記録される場合がある
Windows 7 で、アプリケーションに関連付いたファイルをエクスプローラ上からダブルクリックして開
いたとき、開く操作に対応したファイルイベントのプログラム名が「explorer.exe」で記録される場合があ
ります。
例)
JPEG ファイルを OS 付属のペイントで開く関連付けがされている環境で、エクスプローラ上から無
題.jpg をダブルクリックして開いた場合、該当するファイルイベントのプログラム名が「mspaint.exe」
ではなく、「explorer.exe」で記録されます。
37. ドライブレターを変更しても、再起動を行うまでは、ファイルイベントのファイル名、新しいファイル名、
デバイス種類、新しいデバイスの種類が正しく記録されない
ハードディスクのドライブレターを変更した場合、再起動を行うまでは、ファイルイベントのファイル
名や新しいファイル名は、変更前のドライブレターで記録されます。また、このとき、デバイス種類や新
しいデバイス種類は空白で記録されます。
例えば、D ドライブのドライブレターを「F」に変更して、そのドライブ内の「aaa.txt」というファイル
を操作した場合、ファイルイベントのファイル名は「F:¥aaa.txt」と記録されるはずが、再起動するまでは、
「D:¥aaa.txt」と記録されます。
38. シンボリックリンクを設定したフォルダ内でファイル操作を行った際に記録されるファイルイベントのフ
ァイル名、および新しいファイル名のパスが変動する
シンボリックリンクを設定したフォルダ内でファイル操作を行った際に記録されるファイルイベントの
ファイル名、および新しいファイル名のパスが、シンボリックリンクを設定したフォルダのパスであった
り、リンク先フォルダのパスであったりと、一定ではありません。
39. Windows Vista/7 でファイルイベントが記録されない場合がある
Windows Vista/7 に共有フォルダを作成し、他のコンピュータからその共有フォルダのファイルを操作し
た場合、ファイルイベントが記録されない場合があります。
40. 分散ファイルシステム(以降、DFS)の共有フォルダ内で、Windows Vista/7 が行ったファイル操作が記録
されない
DFS の共有フォルダ内で、Windows Vista/7 が行ったファイル操作が記録されません。
41. 共有フォルダオプションは、パケットキャプチャソフトウェアで取得できないような操作は記録できない
共有フォルダオプションは、Sniffer、Wireshark、Ethereal などのパケットキャプチャソフトウェアと同等
の精度で共有フォルダへの操作を記録します。パケットキャプチャソフトウェアで取得できないような操
作は記録できません。
42. 共有フォルダオプションの監視処理が実行される前から存在したセッションを使用した共有フォルダへの
操作は記録されない場合がある
共有フォルダオプションの監視処理が実行される前から存在したセッションを使用した共有フォルダへ
の操作は記録されない場合があります。
- 56 -
5
InfoTrace
43. ファイルサーバーへの接続に IPv6 を使用した場合、共有フォルダオプションで操作を監視することはでき
ない
ファイルサーバーへの接続に IPv6 を使用した場合、共有フォルダオプションで操作を監視することはで
きません。
44. リソースが枯渇していると、共有フォルダオプションによるログレコードが記録されない
共有フォルダオプションが有効な InfoTrace Agent がインストールされているコンピュータでリソースが
枯渇する状況が発生した場合、パケットデータを保持できないため、共有フォルダオプションによるログ
レコードが記録されません。
45. Red Hat Enterprise Linux から共有フォルダのファイルを操作した場合、共有フォルダオプションによるロ
グレコードが記録されない
V2.2.0 以降の共有フォルダオプションを使用して監視している共有フォルダ内のファイルに対して、以
下のバージョンの Red Hat Enterprise Linux から操作しても共有フォルダオプションによるログレコードが
記録されません。
z
Red Hat Enterprise Linux ES 3
z
Red Hat Enterprise Linux ES 4
ただし、Red Hat Enterprise Linux EL 5.1 からの操作は記録されることを確認しています。
46. 共有フォルダ内のファイルを Mac OS 10.4 または 10.5 で参照したときの操作が記録されない
V2.2.0 以降の共有フォルダオプションを使用して監視している共有フォルダ内のファイルを Mac OS
10.4、または 10.5 から参照した場合、共有フォルダオプションによるログが記録されません。
ただし、名前変更および削除の操作に対する SHARE サブイベントは記録されます。
47. 共有フォルダオプションにより記録されるログレコードのクライアントユーザー名が「[-UNKNOWN-]」と
記録される
共有フォルダを提供するコンピュータに対して NTLM 認証を行わないクライアントからのアクセスや、
NTLM 認証に関するパケットが取得できない場合、共有フォルダオプションにより記録されるログレコー
ドのクライアントユーザー名が「[-UNKNOWN-]」と記録されます。
48. ルーターを越えて共有フォルダを使用したコンピュータのクライアント MAC アドレスは「000000000000」
と記録される
ルーターを越えて共有フォルダを使用された場合、共有フォルダオプションにより記録されるログレコ
ードのクライアント MAC アドレスは「000000000000」と記録されます。
49. インテリジェントウェイブ社のウイルスチェイサーとの共存時、ファイルイベントのファイル名がドライ
ブレターのない形式で記録される場合がある
インテリジェントウェイブ社のウイルスチェイサーと InfoTrace Agent が共存したとき、ファイルイベン
トのファイル名がドライブレターのない形式で記録される場合があります。
50. シトリックス・システムズ社の Citrix XenApp 環境で、ICA クライアントが動作するコンピュータのドライ
ブ上でのファイル操作が記録されない
シトリックス・システムズ社の Citrix XenApp 環境では、ICA クライアントを使用して Citrix サーバーに
接続し、ICA クライアントが動作するコンピュータ上のドライブを Citrix サーバー上で認識させ、操作可
能な状態にすることができます。
このドライブ上でのファイル操作を、Citrix サーバー側にインストールされた InfoTrace Agent では記録す
ることができません。
上記ファイル操作を記録するには、ICA クライアント側のコンピュータに InfoTrace Agent をインストー
ルしてください。ICA クライアント側のコンピュータにインストールされた InfoTrace Agent で、プログラ
ム名「wfica32.exe」のファイルイベントとして記録されます。
- 57 -
Soliton Smart Security V1.2.5
リリースノート
51. エフセキュア社のセキュリティ対策ソフトウェアとの共存時、COPY および RENAME サブイベントが記
録されない場合がある
エフセキュア社の以下のセキュリティ対策ソフトウェアと InfoTrace Agent が共存したとき、COPY およ
び RENAME サブイベントが記録されない場合があります。
z
F-Secure Internet Security 2007
z
F-Secure Internet Security 2008
z
エフセキュア インターネット セキュリティ 2009(※)
z
エフセキュア インターネット セキュリティ 2010(※)
z
エフセキュア アンチウイルス Windows サーバ 7.0
z
エフセキュア アンチウイルス Windows サーバ 8.0
※
OS が Windows 2000/XP の場合のみ
各セキュリティ対策ソフトウェアの[ウイルスとスパイウェア防御]を OFF にすることで回避可能です。
52. プリントサーバーのプリントスプーラに印刷ジョブが存在する状態でシャットダウンした場合、その印刷
ジョブは記録されない
プリントサーバーのプリントスプーラにクライアントコンピュータからの印刷ジョブが存在する状態で
クライアントコンピュータをシャットダウンした場合、その印刷ジョブは記録されません。
53. プリントスプーラを表示した状態で IP アドレスを変更した場合、プリントイベントが記録されない
プリントスプーラを表示した状態で IP アドレスを変更した場合、プリントイベントが記録されません。
54. プリントサーバーとの認証にログオンしているユーザーとは違うユーザーを必要とする場合、そのプリン
トサーバーが提供するネットワークプリンタへのプリントイベントが記録されない
クライアントコンピュータからネットワークプリンタを使用する場合、プリントサーバーとの認証にロ
グオンしているユーザーとは別のユーザーでの認証が必要な場合があります。この場合、以下の理由によ
りクライアント(印刷)サブイベントは記録されません。
z
印刷ジョブのユーザー名はクライアントコンピュータにログオンしているユーザーではなく、プ
リントサーバーとの認証に成功したユーザーの名前になる
z
InfoTrace Agent はログオンしているユーザー名と印刷ジョブのユーザー名を比較し、一致した場
合のみログを記録する形で監視している
例えば、ユーザー名:「USER_A」でログオンし、プリントサーバーとの認証をユーザー名:「USER_B」
で行った場合、印刷ジョブのユーザー名は「USER_B」となります。InfoTrace Agent は、ログオンユーザー
名の「USER_A」と印刷ジョブのユーザー名の「USER_B」を比較し、ユーザー名が一致していないため、
ログを記録しないと判断します。
55. 他のドメインのプリンタへ印刷した場合、プリントイベントが正しく記録されない
InfoTrace Agent がインストールされているコンピュータが所属しているドメインと違うドメインのネッ
トワークプリンタへ印刷した場合、プリントイベントが記録されない、またはプリントイベントの印刷枚
数が「0」枚になることがあります。
56. プリントサーバーとしてクライアント OS のコンピュータを運用している環境で「コンピュータへの接続
数が最大値に達しているため接続できません」とメッセージ表示されアクセス拒否されることがある
クライアント OS(Windows NT 4.0/2000/XP/Vista)で共有プリンタを設定しプリントサーバーとして運用
している場合、そのコンピュータへアクセスすると「コンピュータへの接続数が最大値に達しているため
接続できません」とメッセージ表示されアクセス拒否されることがあります。
InfoTrace Agent は印刷情報を取得するため、コンピュータに登録されているプリンタへのセッションを
張り続けます。しかし、OS の仕様により、クライアント OS での共有資源への同時アクセス数は 10(Windows
XP Home Edition は 5)に制限されています。
- 58 -
5
InfoTrace
このためアクセス数を超過するとアクセス拒否されます。回避方法には、以下の方法があります。
z
プリントイベントを監視しない
z
プリントサーバーに使用しているコンピュータをクライアント OS からサーバーOS に変更する
z
共有プリンタを使用するコンピュータの台数を減らす
z
プリントサーバーに InfoTrace Agent をインストールし、共有プリンタオプションで共有プリンタ
を監視し、共有プリンタを使用するコンピュータの InfoTrace Agent の設定を「ローカルプリンタ
を監視する」に変更する
57. ネットワークプリンタを多数登録してあるクライアント OS のコンピュータで、印刷行為が正しく記録さ
れない場合がある
クライアント OS(Windows NT 4.0/2000/XP/Vista/7)でネットワークプリンタが多数登録してあると、印
刷行為が正しく記録されない場合があります。
InfoTrace Agent は印刷情報を取得するため、コンピュータに登録されているネットワークプリンタへの
セッションを張り続けます。しかし、OS の仕様により、クライアント OS での共有資源への同時アクセス
数は、以下のとおり制限されています。
z
Windows XP Home Edition:5
z
Windows 7:20
z
上記以外の場合:10
このためアクセス数を超過するとアクセス拒否されます。回避方法には、以下の方法があります。
z
プリントイベントを監視しない
z
ネットワークプリンタの登録数を減らす
z
プリントサーバーに InfoTrace Agent をインストールし、共有プリンタオプションで共有プリンタ
を監視し、ネットワークプリンタを使用するコンピュータの InfoTrace Agent の設定を「ローカル
プリンタを監視する」に変更する
58. マルチユーザー環境を提供するコンピュータで接続ユーザー数が多いと、プリントイベントが正しく記録
されない場合がある
InfoTrace Agent はマルチユーザー環境で印刷行為を監視する場合、登録されているプリンタ数×ユーザ
ー数分のイベントを監視します。しかし、現時点ではその数は 60 に制限されているため、使用状況によっ
ては監視できないプリンタが発生します。
マルチユーザー環境を提供するコンピュータに対して InfoTrace Agent をインストールし、操作を監視す
る場合、以下の設定および環境を構築することを推奨します。
z
プリントイベントを監視しない設定の InfoTrace Agent をインストールする
z
マルチユーザー環境を提供するコンピュータに登録するプリンタをネットワークプリンタだけ
にする
z
ネ ッ ト ワ ー ク プ リ ン タ を 提 供 する プリ ン トサー バー に 共有プ リン タ オプシ ョン が 有効な
InfoTrace Agent をインストールする
上記環境ではこの制約は該当せず、ユーザーが行った印刷行為が正しく記録されます。
59. Windows 7 で、ネットワークプリンタに対して印刷したとき、プリントイベントのログレコードが 2 レコ
ード記録される場合がある
Windows 7 で、ネットワークプリンタに対して印刷したとき、以下の 2 レコードが記録される場合があ
ります。
z
通常記録されるプリントイベントのログレコード
z
ページ数が「0」で、それ以外は上記ログレコードと同一のログレコード
- 59 -
Soliton Smart Security V1.2.5
リリースノート
60. Windows 9x 系から共有プリンタへ印刷した場合、印刷枚数が「0」枚になる
共有プリンタオプションで共有プリンタを監視している場合、Windows 9x 系からの印刷は枚数を取得で
きないため、印刷枚数が「0」枚になります。
61. Windows ファイアウォールが有効なコンピュータから共有プリンタへ印刷すると、サーバー(印刷)サブ
イベントのクライアント IP アドレスとクライアント MAC アドレスが正しく記録されない
Windows XP SP2 以降の Windows ファイアウォールが有効な OS から共有プリンタへ印刷する際、Windows
ファイアウォールの設定で、
「例外」タブ内にある「ファイルとプリンタの共有」にチェックが入っていな
いと、サーバー(印刷)サブイベントのクライアント IP アドレスとクライアント MAC アドレスが正しく
記録されません。
62. ルーターを越えて共有プリンタを使用したコンピュータのクライアント MAC アドレスは「000000000000」
と記録される
ルーターを越えて共有プリンタが使用された場合、サーバー(印刷)サブイベントのクライアント MAC
アドレスは「000000000000」と記録されます。
63. ターミナルサーバーまたはシトリックス・システムズ社の Citrix XenApp 環境で同一のユーザー名のセッシ
ョンが存在する場合、クライアント(印刷)サブイベントが正しく記録されない
ターミナルサーバーまたはシトリックス・システムズ社の Citrix XenApp 環境では、別々のクライアント
コンピュータから同一のユーザー名でターミナルサーバーや Citrix サーバーに同時期に接続することがで
きます。その状況で印刷操作を行った場合、InfoTrace Agent はどちらのクライアントコンピュータからの
操作による印刷であるかを判断することができません。
そのため、操作を行っていないクライアントコンピュータのコンピュータ名や IP アドレスをクライアン
ト(印刷)サブイベントのリモートデスクトップコンピュータ名やリモートデスクトップ IP アドレスに記
録してしまう場合があります。
64. ウイルスバスター2008 以降の「不正変更の監視」が有効なとき、アクティブウィンドウサブイベント、キ
ーボードサブイベントが記録されない場合がある
InfoTrace Agent で、ウイルスバスター2008 以降の設定項目である「不正変更の監視」が有効なとき、ア
クティブウィンドウサブイベント、キーボードサブイベントが記録されない場合があります。
回避するためには「不正変更の監視」の設定内の「例外設定」に ITAgentSub.exe を追加してください。
65. クオリティ社の QAW が禁止ソフトウェア起動時に表示するダイアログのアクティブウィンドウサブイベ
ントが記録されない
クオリティ社の QAW が禁止ソフトウェアの起動制御をしている状態で、禁止ソフトウェアを起動した
場合に表示されるダイアログのアクティブウィンドウサブイベントが記録されません。
66. Microsoft Excel 2007 および Microsoft PowerPoint 2007 で、表示どおりのウィンドウのタイトルが記録さ
れない
Microsoft Excel 2007 および Microsoft PowerPoint 2007 で記録されるアクティブウィンドウサブイベントの
ウィンドウタイトルは、表示されているウィンドウのタイトルと異なります。
例)
表示されているウィンドウタイトル:プレゼンテーション 1 - Microsoft PowerPoint
記録されるウィンドウタイトル
:Microsoft PowerPoint - [プレゼンテーション 1]
67. Windows 7 で、コマンドプロンプト操作を行った場合、アクティブウィンドウサブイベントのプログラム
名は「conhost.exe」で記録される
Windows 7 で、コマンドプロンプト操作を行った場合、アクティブウィンドウサブイベントのプログラ
ム名は、「cmd.exe」ではなく「conhost.exe」で記録されます。
- 60 -
5
InfoTrace
68. ノーブレークスペースを使用している Web サイトのウィンドウタイトルは、ノーブレークスペースの部分
が「?」で記録される
HTML のタグである<TITLE>タグの中にノーブレークスペース(&nbsp;など)を使用している Web サイ
トを参照したとき、アクティブウィンドウサブイベントのウィンドウタイトルは、ノーブレークスペース
の部分が「?」で記録されます。
69. コマンドプロンプトまたはパワーシェルにより、ウィンドウタイトルが変化したときのアクティブウィン
ドウサブイベントが記録されない
コマンドプロンプトまたはパワーシェルにより、ウィンドウがアクティブな状態(ウィンドウが最前面)
のままで、ウィンドウタイトルが変化しても、アクティブウィンドウサブイベントは記録されません。
70. Windows Vista/7 に対して行われたリモートアシスタンスの接続が正しく記録されない
Windows Vista/7 に対してリモートアシスタンス接続した場合、リモートアシスタンス接続したユーザー
のログオン、ログオフ、リモート接続、リモート切断サブイベントが記録されません。また、Windows Vista/7
上での操作は、接続を許可したユーザーの操作として記録されます。
71. シトリックス・システムズ社の Citrix XenApp 環境で、Citrix サーバーにログオンしているユーザーのログ
オフサブイベントが記録されない
シトリックス・システムズ社の Citrix XenApp 環境で、Citrix サーバーに複数のユーザーがログオンして
いる状態で Program Neighborhood エージェントから Citrix サーバーの再起動が行われた場合、すべてのユ
ーザーのログオフサブイベントが記録されません。
72. ClipBoard タイプが「画像」の場合、ClipBoard サイズの値を「0」と記録する
InfoTrace Agent で、ClipBoard タイプが「画像」の場合、クリップボードが保持するデータサイズにかか
わらず、ClipBoard サイズの値を「0」と記録します。
73. 2GB 以上のファイルをコピー&貼り付けした場合、ClipBoard サイズの値が正しく記録されない
2GB 以上のファイルをコピー&貼り付けした場合、クリップボードサブイベントの ClipBoard サイズの
値が正しく記録されません。
74. ユーザーアカウント制御が有効な Windows Vista/7 でクリップボードサブイベントが記録されない
InfoTrace Agent をインストールした、ユーザーアカウント制御が有効な Windows Vista/7 でファイルをコ
ピーした場合、クリップボードサブイベントが記録されません。
75. ユーザーアカウント制御が有効な Windows Vista 以降の OS で、Microsoft Office 製品を終了した後から、
クリップボードサブイベントが記録されなくなる
ユーザーアカウント制御が有効な Windows Vista 以降の OS で、以下の製品のファイルを開きプログラム
を終了した後から、クリップボードサブイベントが記録されなくなります。
z
Microsoft Word
z
Microsoft Excel
z
Microsoft PowerPoint
76. Microsoft Excel で行や列をドラッグ&ドロップして編集作業をすると、「クリップボードが空にできませ
ん。」というメッセージが表示される場合がある
クリップボードの監視を有効にしてある InfoTrace Agent がインストールされているコンピュータで、
Microsoft Excel にて行や列をドラッグ&ドロップして編集作業をすると、「クリップボードが空にできませ
ん。」というメッセージが表示される場合があります。
これは、Microsoft Excel 側の仕様によるものです。<OK>ボタンをクリックして、メッセージを閉じてく
ださい。
- 61 -
Soliton Smart Security V1.2.5
リリースノート
77. エクスプローラ上でファイルをコピーした後、何もせずにエクスプローラを閉じると、クリップボードサ
ブイベントが記録される
エクスプローラ上でファイルをコピーすると、クリップボードサブイベントが記録されます。その後、
何もせずにエクスプローラを閉じると、そのタイミングにも、クリップボードサブイベントが記録されま
す。
78. ノートン 360 との共存時、Microsoft Outlook 起動時にクリップボードサブイベントが記録される
ノートン 360 と InfoTrace Agent が共存している環境で、Microsoft Outlook を起動すると、起動時に
ClipBoard タイプが「画像」、ClipBoard データが「BITMAP」のクリップボードサブイベントが記録されま
す。ノートン 360 の設定で、「Norton AntiSpam」が無効になっている場合は、この現象は発生しません。
79. [Alt]+[PrintScreen]キーを押下しても、キーボードサブイベントのキー操作が「PrintScreen」と記録される
場合がある
以下の順番でキー操作した場合は、動作としては「Alt+PrintScreen」ですが、キーボードサブイベントの
キー操作には「PrintScreen」と記録されます。
1)
[Alt]キーを押下する(押下したままの状態)
2)
[PrintScreen]キーを押下する(押下したままの状態)
3)
[Alt]キーを離す
4)
[PrintScreen]キーを離す
以下の順番でキー操作した場合は、「Alt+PrintScreen」と記録されます。
1)
[Alt]キーを押下する(押下したままの状態)
2)
[PrintScreen]キーを押下する(押下したままの状態)
3)
[PrintScreen]キーを離す
4)
[Alt]キーを離す
80. シトリックス・システムズ社の Citrix Access Platform のシステム上で Web 接続された場合、リモートデ
スクトップコンピュータ名が正しく記録されない
シトリックス・システムズ社の Citrix Access Platform のシステムを使用している場合、Web ブラウザを使
用し接続された状態での操作で記録されるログレコードのリモートデスクトップコンピュータ名に実際の
コンピュータ名とは異なる文字列が記録されます。
例)WI_jDLrwKlPvDnB07xrg
81. Windows XP で、リモート切断サブイベントのリモートデスクトップコンピュータ名とリモートデスクト
ップ IP アドレスが空白になる
InfoTrace Agent がインストールされている Windows XP で、他のコンピュータからリモートデスクトップ
接続されているとき、ローカルログオンしていたユーザーでコンピュータのロックを解除すると、リモー
ト切断サブイベントのリモートデスクトップコンピュータ名とリモートデスクトップ IP アドレスが空白に
なります。
82. Windows XP で、リモートデスクトップ切断後、リモートデスクトップコンピュータ名とリモートデスク
トップ IP アドレスに値が記録される
InfoTrace Agent がインストールされている Windows XP で、他のコンピュータからリモートデスクトップ
接続、切断(ログオフはしていない)されたとき、ローカルログオンしていたユーザーでコンピュータの
ロックを解除するまでは、記録するログレコードのリモートデスクトップコンピュータ名とリモートデス
クトップ IP アドレスにリモートデスクトップ接続していたコンピュータの情報が記録されます。
- 62 -
5
InfoTrace
83. リモート接続/切断したユーザーを、他のユーザーがログオフさせた場合、リモート切断サブイベントが 1
つ多く記録される
リモート接続/切断したユーザーを、タスクマネージャなどで他のユーザーがログオフさせた場合、リモ
ート切断したタイミングの他に、ログオフさせたタイミングでもリモート切断サブイベントが記録されま
す。
84. リモートデスクトップの接続で IPv6 を使用した場合、リモート接続およびリモート切断サブイベントが記
録されない
リモートデスクトップの接続で IPv6 を使用した場合、リモート接続およびリモート切断サブイベントが
記録されません。
85. シトリックス・システムズ社の Citrix XenApp で、ストリーム配信機能でアプリケーションを公開した場合、
ICA クライアント側で、対象の公開アプリケーションを使用しても、記録されないサブイベントがある
シトリックス・システムズ社の Citrix XenApp で、ストリーム配信機能でアプリケーションを公開した場
合、ICA クライアント側で、対象の公開アプリケーションを使用しても、以下のサブイベントは記録され
ません。
z
デスクトップイベント
・アクティブウィンドウサブイベント
・クリップボードサブイベント
・キーボードサブイベント
86. Agent 起動および Agent 終了サブイベントに記録される項目の値が OS により異なる
Windows Vista より前の OS では、Agent 起動および Agent 終了サブイベントの以下の項目は、ユーザー
セッションのセッション 0 の情報が記録されます。これは、リモート接続されたユーザーにより InfoTrace
Agent のサービスが開始された場合でも同様です。
z
ユーザー名
z
SSS ユーザー名
z
リモートデスクトップコンピュータ名
z
リモートデスクトップ IP アドレス
Windows Vista 以降の OS では、セッション 0 はシステムプロセスやサービスプロセス専用になるため、
Agent 起動および Agent 終了サブイベントの上記項目は、空白で記録されます。
87. 弊社の SmartOn ID または SmartOn NEO との共存時、Agent 起動および Agent 終了サブイベントの SSS
ユーザー名は空白になる
弊社の SmartOn ID または SmartOn NEO と InfoTrace Agent が共存したとき、Agent 起動および Agent 終了
サブイベントの SSS ユーザー名は空白になります。
88. 弊社の SmartOn ID TS オプションとの共存時、SSS ユーザー名は空白になる
弊社の SmartOn ID 標準クライアントと InfoTrace Agent が共存した場合、ログオンに使用された SmartOn
ユーザー名が SSS ユーザー名に記録されますが、弊社の SmartOn ID TS オプションと InfoTrace Agent が共
存した場合は、SmartOn ユーザー名が SSS ユーザー名に記録されません。
89. コントロールパネルの[ユーザーアカウント]からアカウント名を変更しても、ログオンユーザー名に記録さ
れるユーザー名は変わらない
ログのユーザー名には、Windows のログオンユーザー名を記録しています。以下の OS で、コントロー
ルパネルの[ユーザーアカウント]からアカウント名を変更したとき、変更されるのは表示上(ようこそ画面
とスタートメニュー)のアカウント名であるため、ログのユーザー名に記録されるユーザー名は変わりま
せん。
- 63 -
Soliton Smart Security V1.2.5
リリースノート
z
Windows XP Home Edition
z
Windows XP Professional(※)
z
Windows Vista Home Basic
z
Windows Vista Home Premium
z
Windows Vista Business(※)
z
Windows Vista Enterprise(※)
z
Windows Vista Ultimate(※)
z
Windows 7 Home Premium
z
Windows 7 Professional(※)
z
Windows 7 Enterprise(※)
z
Windows 7 Ultimate(※)
※ドメインに参加していない場合のみ
90. 「Terminal Services(Remote Desktop Services)」サービスが停止していると、一部のイベントが記録さ
れない場合がある
Windows XP/2003/7 で、InfoTrace Agent を使用する場合、「Terminal Services(Remote Desktop Services)
」
サービスが停止していると、一部のイベントが記録されない場合があります。
Windows XP/2003 で、InfoTrace Agent を使用する場合は、
「Terminal Services」サービスを開始してくださ
い。
Windows 7 で、InfoTrace Agent を使用する場合は、
「Remote Desktop Services」サービスを開始してくださ
い。Windows 7 に InfoTrace Agent をインストールする際、
「Remote Desktop Services」サービスが開始してい
ない場合は、自動で開始します。
91. 弊社の SmartOn Solo との共存時、InfoTrace Agent のファイル保護機能が有効にならない場合がある
弊社の SmartOn Solo と InfoTrace Agent が共存したとき、InfoTrace Agent のファイル保護機能が有効にな
らない場合があります。この問題が発生する以下のバージョンの SmartOn Solo と共存させないでください。
z
z
z
V1.2.0.0
V1.2.1.0
V1.2.2.0(SmartOn Solo V2.0 に同梱版)
92. CA Anti-Virus r7.1 との共存時、Excel ファイルの上書き保存を行うと、共有違反のメッセージが表示され
る場合がある
CA Anti-Virus r7.1 と InfoTrace Agent が共存したとき、Excel ファイルの上書き保存を行うと、以下のメッ
セージが表示される場合があります。
「ドキュメントは保存されましたが、共有違反のため、保存したドキュメントを再び開くことができませ
ん。ドキュメントを閉じて、再度開いてください。」
これは、CA Anti-Virus 側の特殊な動作の影響により、InfoTrace Agent と共存することで発生する事象で
す。
回避方法は、以下のとおりです。
1)CA Anti-Virus のリアルタイムモニタを無効にしてください。
2)レジストリエディタを起動して、以下の Setting キー内で右クリック-[新規(N)]-[DWORD 値(D)]を選択
してください。
HKEY_LOCAL_MACHINE¥SYSTEM¥CurrentControlSet¥Services¥INO_FLTR¥Setting
3)DWORD 値のエントリは、名前:"Controls"、データ:"00000003"としてください。
4)コンピュータを再起動してください。
- 64 -
5
InfoTrace
レジストリエディタの使い方を誤ると、深刻な問題が発生することがあります。最悪の場合、OS の再
インストールが必要になることがあります。弊社は、レジストリエディタの誤用により発生した問題に関
しては、一切責任を負わないものとします。レジストリエディタは、自己の責任において使用してくださ
い。
93. CA Anti-Virus r8.1 がインストールされているコンピュータに InfoTrace Agent をインストールすると、ログ
オンができなくなる、またはアプリケーションの動作が不安定になる場合がある
CA Anti-Virus r8.1 がインストールされているコンピュータに InfoTrace Agent をインストールすると、ロ
グオンができなくなる、またはアプリケーションの動作が遅くなるなど、アプリケーションの動作が不安
定になる場合があります。
回避方法は、以下のとおりです。
1)CA Anti-Virus のリアルタイムモニタを無効にしてください。
2)レジストリエディタを起動して、以下の Setting キー内で右クリック-[新規(N)]-[DWORD 値(D)]を選択
してください。
HKEY_LOCAL_MACHINE¥SYSTEM¥CurrentControlSet¥Services¥INO_FLTR¥Setting
3)DWORD 値のエントリは、名前:"Controls"、データ:"00000003"としてください。
4)コンピュータを再起動してください。
レジストリエディタの使い方を誤ると、深刻な問題が発生することがあります。最悪の場合、OS の再
インストールが必要になることがあります。弊社は、レジストリエディタの誤用により発生した問題に関
しては、一切責任を負わないものとします。レジストリエディタは、自己の責任において使用してくださ
い。
94. AOS テクノロジーズ社のファイナルデータとの共存時、Microsoft Excel または Microsoft Word などがフリ
ーズしてしまう場合がある
AOS テクノロジーズ社のファイナルデータと InfoTrace Agent が共存したとき、Microsoft Excel や Microsoft
Word などがフリーズしてしまう現象が発生する場合があります。
95. NEC 社の InfoCage との共存時、自己復号暗号ファイルを復号する際にエラーが発生する場合がある
NEC 社の InfoCage Ver.1.0 と InfoTrace Agent が共存したとき、自己復号型暗号ファイルを復号する際にエ
ラーが発生する場合があります。InfoCage を Ver.1.1 以降にアップデートしてください。
96. C-Media Audio Driver がインストールされている Windows 2000/XP のコンピュータに InfoTrace Agent を
インストールすると OS の動作が異常に遅くなる
C-Media Audio Driver がインストールされている Windows 2000/XP のコンピュータに InfoTrace Agent をイ
ンストールすると、OS の動作が異常に遅くなります。C-Media Audio Driver を無効にするかアンインスト
ールしてください。
97. シマンテック社のセキュリティ対策ソフトウェアがインストールされている Windows NT/2000/XP/2003
のコンピュータに、InfoTrace Agent をインストールすると、ブルースクリーンが発生する場合がある
シ マ ン テ ッ ク 社 の 以 下 の セ キ ュ リ テ ィ 対 策 ソ フ ト ウ ェ ア が イ ン ス ト ー ル さ れ て い る Windows
NT/2000/XP/2003 のコンピュータに、InfoTrace Agent をインストールすると、ブルースクリーンが発生する
場合があります。
z
Symantec AntiVirus Corporate Edition 9.x
- 65 -
Soliton Smart Security V1.2.5
リリースノート
z
Symantec AntiVirus Corporate Edition 10.x
z
Symantec Client Security 2.x
z
Symantec Client Security 3.x
Symantec AntiVirus のカーネルスタック使用量を調整することで回避可能です。詳細は、以下のシマンテ
ック社の Web サイトを参照してください。
「Windows NT/2000/XP/2003 で STOP 0x0000007f エラーが発生する」
http://service1.symantec.com/support/inter/entsecurityjapanesekb.nsf/jp_docid/20040617115928949?OpenDocument
#_Section2?=&ver=&pcode=&src=&miniver=&tpre=jp&prev=&dtype
98. ジュニパーネットワークス社の NetScreen.Remote VPN クライアントとの共存時、OS の動作が遅くなる
などの現象が発生する
ジュニパーネットワークス社の NetScreen.Remote VPN クライアント(Ver.8.6 以前)と InfoTrace Agent が
共存したとき、OS の動作が遅くなったり、デスクトップが表示されなかったり、ブルースクリーンになっ
てしまう現象が発生します。NetScreen.Remote VPN クライアントを Ver.8.7 以降にアップデートしてくださ
い。
99. WinMagic 社の SecureDoc との共存時、ブルースクリーンになり OS が起動しない
WinMagic 社の SecureDoc と InfoTrace Agent が共存したとき、ブルースクリーンになり OS が起動しない
現象が発生します。SecureDoc を Ver.4.0 以降にアップデートしてください。
100. InfoTrace Agent がインストールされているコンピュータでブルースクリーンが発生する場合がある
InfoTrace Agent がインストールされているコンピュータで、ブルースクリーンになり、その画面に「STOP
0x00000035 NO_MORE_IRP_STACK_LOCATIONS」というメッセージが表示される場合があります。
この現象は、Windows 付属のプログラムである mup.sys の問題に起因している場合があります。上記メ
ッセージが表示されたときは、以下のマイクロソフト社の Web サイトで公開している方法で改善する場合
があります。
「ドメインにログオンしようとすると、"STOP 0x00000035 NO_MORE_IRP_STACK_LOCATIONS"エラー
メッセージが表示されることがあります。」
http://support.microsoft.com/kb/906866/ja
101. Secondary Logon サービスが停止しているとインストールに失敗する
AnalysisServer(DatabaseServer)をインストールするコンピュータでは、Secondary Logon サービスが停止
していると、インストールに失敗します。Secondary Logon サービスが停止している場合は、開始してくだ
さい。
102. DatabaseServer にウイルス対策ソフトウェアがインストールされていると、DatabaseServer がエラーを
起こしたり、起動しなくなる場合がある
DatabaseServer にウイルス対策ソフトウェアがインストールされていると、DatabaseServer がエラーを起
こしたり、起動しなくなる場合があります。
DatabaseServer にウイルス対策ソフトウェアがインストールされている場合は、DB ディレクトリ(デフ
ォルトでは「c:¥InfoTrace¥db」
)に対して、ウイルスの検知対象外となるように除外設定を行ってください。
103. Windows NT Workstation 4.0(SP6)に InfoTrace Agent をインストールすると、エラーが発生する場合
がある
Windows NT Workstation 4.0(SP6)に InfoTrace Agent をインストールすると、エラーが発生する場合があ
ります。Windows NT Workstation 4.0(SP6)に InfoTrace Agent をインストールする場合は、Internet Explorer
を 4.0 以降のバージョンにアップデートしてください。
- 66 -
5
InfoTrace
104. SoundMAX Integrated Digital HD Audio との共存時、OS がフリーズする
SoundMAX Integrated Digital HD Audio(ADIHdAud.sys)と InfoTrace が共存したとき、タスクトレイから
起動する音量調節パネルで「ミュート」にチェックすると、OS がフリーズします。この問題は、日本ヒュ
ーレット・パッカード社とデル社のコンピュータで発生していましたが、両社がリリースした最新ドライ
バを使用することで回避できます。
問題が発生するコンピュータおよびドライババージョン、最新ドライバのダウンロードページの URL は、
以下のとおりです。最新ドライバをインストールしてください。
表 5.4.1
メーカー
日本ヒューレット・
パッカード社
デル社
コンピュータの型番および最新ドライバ URL
コンピュータ型番
ダウンロード URL
ドライババージョン
HP Compaq Business Desktop dc7900 MT
5.10.1.5880 Rev. A
http://h50222.www5.hp.com/support/FP134PA/more_info_soar_vc-70581-1.html
HP Compaq Business Desktop dc7900 SF
5.10.1.5880 Rev. A
http://h50222.www5.hp.com/support/FP132PA/more_info_soar_vc-70581-1.html
HP Compaq Business Desktop dc7900 US
5.10.1.5880 Rev. A
http://h50222.www5.hp.com/support/FP130PA/more_info_soar_vc-70581-1.html
OptiPlex 360/760/960/755
5.10.1.7255, A10
http://supportapj.dell.com/support/downloads/download.aspx?c=jp&l=ja&s=gen&re
leaseid=R228747&formatcnt=1&libid=0&fileid=328283
何らかの理由で、最新ドライバのインストールが行えない場合には、以下のいずれかで回避できます。
z
音量調節パネルで「ミュート」操作を一切行わない
z
SoundMAX を無効にし、コンピュータを再起動する
ただし、音量がまったく出力されなくなりますので、注意してください。
[SoundMAX を無効にする手順](Windows XP の場合)
1)
コントロールパネルの「システム」を起動してください。
2)
システムのプロパティ画面が表示されます。ハードウェアタブの<デバイスマネージャ(D)>
ボタンをクリックしてください。
3)
デバイスマネージャ画面が表示されます。[サウンド、ビデオ、およびゲームコントローラ]
に表示されるデバイスの中から「SoundMAX Integrated Digital HD Audio」を選択し、マウス
を右クリックして、表示されるメニューから[無効(D)]をクリックしてください。
105. InfoTrace Agent のインストール/アンインストール方法のサポート範囲
Windows 2000/XP/2003/Vista/7 での InfoTrace Agent のインストール/アンインストール方法のサポート範囲
は以下のとおりです。
「偽装ユーザー」とは、Smart Disk Management Console のインストール設定の[インストールアカウントを
指定する(C)]でユーザーを指定してインストールした場合です。
Administrator 権限
偽装ユーザー
方法
自動再起動 自動再起動 自動再起動 自動再起動
なし
あり
なし
あり
スタートアップ
インストール
○
○
○
○
スクリプト
アンインストール
○
○
○
○
ログオンスクリプト インストール
○※1
○※1
○※1
○※1
アンインストール
○
○
○
○
タスクの
インストール
△※2
△※2
△※3
△※3
コンピュータ起動時 アンインストール
△※2
△※2
△※3
△※3
タスクのログオン時 インストール
○※1
○※1
○※1
○※1
アンインストール
○
○
○
○
○:実行可
△:Windows Vista/7 の一部の環境で実行不可
- 67 -
Soliton Smart Security V1.2.5
リリースノート
Windows Vista/7 の場合のみ、以下の制約があります。
※1:ユーザーアカウント制御が有効な場合は、ユーザーアカウント制御の画面が表示されます。また
bat ファイルを実行したコマンドプロンプトが表示されたままになることがあります。
※2:ユーザーアカウント制御が有効な場合は実行不可であるため、サポート対象外です。
※3:実行不可であるため、サポート対象外です。
※シャットダウンスクリプト、ログオフスクリプトについては、お客様で十分検証してから実施してくだ
さい。
詳しくは、マイクロソフト社へ問い合わせてください。
- 68 -
5
InfoTrace
5.5 注意事項
1.
弊社の SmartOn との共存
弊社Webサイト(http://www.soliton.co.jp/)にて、別途公開しております。
2.
InfoTrace 設定ファイルに関する注意
InfoTrace で使用する設定ファイルを、エディタなどで編集しないでください。設定ファイルの変更は、
Smart Disk Management Console を利用して行ってください。
Smart Disk Management Console 以外で編集した場合は、サポート対象外となりますので、注意してくださ
い。
3.
ファイアウォールなどがある環境
InfoTrace LogServer と InfoTrace Agent の間にファイアウォールなどがある場合、InfoTrace Agent が使用す
るポート番号が通信できるように設定してください。
4.
暗号化ファイルシステム
インストーラの保存場所および InfoTrace Agent のインストール先に EFS 設定をすると、EFS 設定を行っ
たユーザーアカウント以外で InfoTrace Agent のバージョンアップおよびアンインストールができなくなり
ます。
5.
仮想環境
InfoTrace Agent、InfoTrace Server は、VMware、Virtual PC の各製品、その他の仮想環境で理論上動作可能
です。動作実績も一部ありますが、すべての場合においては未検証のためサポート対象外です。お客様に
て十分検証の上、お客様の責任で使用してください。
6.
クラスタ環境での使用
InfoTrace は、クラスタ環境を特別に考慮したソフトウェアにはなっていません。クラスタ環境に導入を
検討されている場合、導入前に事前検証を十分に行ってから導入してください。
7.
Microsoft Cluster Server 環境
Microsoft Cluster Server のサーバーに InfoTrace Agent をインストールすると、Microsoft Cluster Server のシ
ステムが正しく動作しなくなります。サポート対象外です。
8.
環境依存文字
InfoTrace は Unicode には対応していないため、ログデータに含まれる JIS2004 の文字の内、環境依存文
字(Unicode)はサポート対象外です。
9.
Citrix サーバー環境のサポートバージョン
InfoTrace V2.2.x は、Citrix サーバー環境をサポートします。ただし、InfoTrace V2.2.0 および V2.2.2 は、
サポート対象外です。
10. ファイルイベントの監視ゾーンに UNC パスを指定すると、指定した UNC パスごとに通信が発生する
ファイルイベントの監視ゾーンに UNC パスを指定した場合、以下のタイミングでショートパスが求めら
れるために、指定した UNC パスごとに約 10~30 パケット(約 2,000~4,500 バイト)の通信が発生します。
z
InfoTrace Agent がインストールされているコンピュータへのログオン時
z
InfoTrace Agent の起動時
z
設定ファイルの更新時
- 69 -
Soliton Smart Security V1.2.5
リリースノート
11. 共有フォルダオプションを導入する場合の注意
共有フォルダオプションが有効な InfoTrace Agent をファイルサーバーへインストールし、運用している
とき、以下の症状が発生する場合は、共有フォルダオプションの検知精度が落ちます。
A) CPU 使用率が 100%になる
B)
物理メモリのうち、利用可能なメモリの合計値が 10%以下になる
この状態に陥らない目安として、ファイルサーバーが通常運用状態で、常に CPU 使用率が 50%以下、利
用可能メモリの合計値の 45%以上になっている状態に調整後、共有フォルダオプションが有効な InfoTrace
Agent をインストールして運用をしてください。
12. プリントイベントのドキュメント名が文字化けする場合がある
Microsoft Word 2003 または Adobe Acrobat 8 で、ファイル名に特定の文字列が含まれているファイルを印
刷すると、プリントイベントのドキュメント名が文字化けする場合があります。また、このときファイル
名は空白で記録されます。
この現象は、InfoTrace Agent がインストールされていない環境でも発生します。
Microsoft Word に関しては、以下の Web サイトを参照してください。
「ファイル名に半角かっこを含む Word 文書を印刷すると、プリンタの[印刷ドキュメント名]に半角かっ
こがアンダースコアに置き換えられたファイル名が表示される」
http://support.microsoft.com/kb/944002/ja
Adobe Acrobat 8 に関しては、公式文章はありませんでしたが、Adobe Acrobat 9 で解消されていることを、
弊社内にて確認しています。詳しくは、Adobe 社へ確認してください。
13. クライアント(印刷)サブイベントのファイル名が正しく記録されない
クライアント(印刷)サブイベントのファイル名に関しては、精度、感度が完全ではありません。この
問題は、順次改善していく予定です。
14. Microsoft Excel 2003 の HotFix を適用すると、「Microsoft Office Document Image Writer」のアイコンが表
示されなくなる
プリントイベントの監視を有効にしてある InfoTrace Agent がインストールされているコンピュータで、
Microsoft Excel 2003 の HotFix を適用すると、コントロールパネルの「プリンタ」に「Microsoft Office Document
Image Writer」のアイコンが表示されなくなります。
これは、Microsoft Excel 2003 の HotFix 側の問題です。
以下のマイクロソフト社の Web サイトを参照してください。
「Office 2003 または Excel 2003 に Excel 2003 の更新プログラムをインストールするとシステムのイベント
ログに警告イベントが記録される」
http://support.microsoft.com/kb/978171/ja
「Microsoft Office Document Image Writer」のアイコンを復旧させるためには、Print Spooler サービスを再
起動後、Microsoft Office の修復を実施する必要があります。
- 70 -
5
InfoTrace
この操作をサイレントで実行できる WSH(Windows Script Host)の記述例の一部を、以下に参考として
記載します。
Set ServiceSet = GetObject("winmgmts:").ExecQuery("select * from Win32_Service where Name='Spooler'")
for each Service in ServiceSet
RetVal = Service.StopService()
next
Set ServiceSet = GetObject("winmgmts:").ExecQuery("select * from Win32_Service where Name='Spooler'")
for each Service in ServiceSet
RetVal = Service.StartService()
next
Set objInstaller = CreateObject("WindowsInstaller.Installer")
For Each strProduct In objInstaller.Products
If UCase(Right(strProduct, 28)) = "6000-11D3-8CFE-0150048383C9}" Then
Set objShell = CreateObject("WScript.Shell")
objShell.Run "msiexec /fm " & strProduct & " /qb+ /qn"
WScript.Quit
End If
Next
これらの情報はあくまで参考情報です。上記操作によりアイコンを復旧する場合は、一度、お客様のお
手元のコンピュータで正しく修復できるか動作確認をした上で、障害が発生している複数のコンピュータ
に適用するようにしてください。
もし、修復できない状況が発生した場合は、マイクロソフト社へ問い合わせをしてください。
本件が発生しないようにするためには、Microsoft Excel 2003 の HotFix を適用する前に、InfoTrace Agent
のプリントイベントの監視を行わない設定にする必要があります。現時点では、これ以外の回避手段はあ
りません。
15. LogAgent の冗長化方式設定
DatabaseServer1 台に対して、LogServer が複数存在する環境では、LogAgent の冗長化方式設定で[ランダ
ム]や[順番に送る](Smart Disk Management Console V1.2.4 以前のデフォルト)が指定されていると、
LogServer のログ格納の速度が大幅に低下します。ログの格納速度を確保するために、[リストの上を優先
する]に変更することを強く推奨します。
Smart Disk Management Console V1.2.5 から、デフォルトは[リストの上を優先する]に変更されています。
16. AnalysisServer(DatabaseServer)の運用
AnalysisServer(DatabaseServer)では、保管日数の過ぎたログを削除するなどのメンテナンス処理が、ロ
グを受信しない時間帯(午前 3:00 および 5:00)に行われるため、24 時間 365 日の運用を前提としています。
メンテナンス処理中は、コンピュータが再起動しないように運用してください。目安としては、午前 2:50
~7:00 の間は再起動しないようにしてください。
なお、Windows の自動更新機能は、デフォルト設定が午前 3:00 になっています。この機能は、コンピュ
ータの再起動が発生する場合があるため、手動に設定し、メンテナンス処理中でない時間に行うようにし
てください。
17. 使用可能なストレージ
DatabaseServer は、ログの保管用ディスクとして SAS 規格 15,000 回転以上の内蔵ハードディスクを推奨
します。ストレージの性能は、InfoTrace のパフォーマンスに大きな影響を与えますので、SAN、DAS など
のネットワークストレージを使用する場合は、お客様で十分検証をした上で使用してください。
USB 接続によるハードディスクやネットワークドライブの使用についても同様に推奨しません。また、
NAS は使用することはできません。
- 71 -
Soliton Smart Security V1.2.5
リリースノート
18. データフォルダのバックアップ
データフォルダをバックアップする場合は、DatabaseServer のサービスを停止した状態で行ってください。
サービスが動作している状態でバックアップした場合は、不完全な状態でバックアップされますので、デ
ータを復旧できない場合があります。
19. LogServer のログ格納時間
LogServer がログを受信してから、DatabaseServer へ格納が開始されるまでは、最大 10 分かかります。
AnalysisServer でログを確認する際には、ログの送信タイミング、およびこの格納時間を踏まえて確認して
ください。
20. コンピュータ起動時に、ライセンス関連のイベントログが表示される場合がある
コンピュータ起動時に、イベントビューアの[アプリケーション]に以下のメッセージが表示される場合が
ありますが、各コンポーネントが正常に動作している場合は問題ありません。
ソース:Soliton InfoTrace LogServer
メッセージ:InfoTrace の製品ライセンスが不明です。ライセンスサーバーと通信できません。
暫定的に、ライセンスが有効と仮定します。
ソース:Soliton InfoTrace SyncServer
メッセージ:ライセンスサーバーへの接続に失敗しました
21. 無停電電源装置(UPS)
InfoTrace Server は、製品の性質上、ログファイルやログ保管用データベースへの書き込みが常時発生し
ています。Windows のシャットダウンを介さず、InfoTrace Server のサービスが停止されない状態で突発的
に電源が切れると、ログファイルやログ保管用データベースが破損する可能性があります。
このようなリスクを軽減するために、無停電電源装置(UPS)の設置などの電源対策を推奨します。
- 72 -
5
InfoTrace
5.6 OS標準のライティング機能で記録可能なログ
Windows XP、Vista の OS 標準ライティング機能を使用して CD または DVD の書き込みを行った場合、
InfoTrace Agent V2.2.x では、以下のログを記録できます。
ファイルイベント
z
書き込み元ファイルの読み込みログ
ライティング機能が一時ファイル作成のために書き込み元ファイルを読み込んだ際のログです。
z
書き込みイメージ作成ログ
ライティング機能が一時ファイルを作成した際のログです。
z
書き込みイメージ削除ログ
ライティング機能が一時ファイルを削除した際のログです。
z
メディアへの書き込みログ
デスクトップイベント
z
アクティブウィンドウのタイトルログ
「CD 書込みウィザード」などのタイトルのログを記録します。
‰ Windows XP の場合
Windows XP で記録できるログは以下のとおりです。
表 5.6.1
イベント
ファイルイベント
デスクトップイベント
Windows XP で記録できるログ
ログの種類
記録
備考
書き込み元ファイルの読み込みログ
可
書き込みイメージ作成ログ
可
注 1,2
書き込みイメージ削除ログ
可
注 1,2
メディアへの書き込みログ
不可
アクティブウィンドウのタイトルログ
可
注 1:InfoTrace Agent のファイルイベントの監視ゾーンで、以下の作業フォルダが「監視」として設定
されている必要があります(デフォルトで設定されています)。
C:¥Documents and Settings¥ログオンユーザー¥Local Settings¥Application Data¥Microsoft¥CD Burning
注 2:環境や操作手順などにより、記録されない場合があります。記録可能か、お客様の環境にてご確
認をお願いします。
- 73 -
Soliton Smart Security V1.2.5
リリースノート
‰ Windows Vista の場合
Windows Vista の場合、メディアに書き込みを行う形式は 2 種類あります。
z
マスタ形式
メディアに書き込むデータをすべて選択し、一度に書き込みを行う形式
z
ライブファイルシステム形式
USB メモリやフロッピーディスクにファイルを保存するときと同様に、逐次書き込みを行う形式
形式により記録できるログは以下のように異なります。
マスタ形式
マスタ形式で記録できるログは以下のとおりです。
表 5.6.2
イベント操作
Windows Vista マスタ形式で記録できるログ
ログの種類
ファイルイベント
デスクトップイベント
記録
備考
書き込み元ファイルの読み込みログ
可
書き込みイメージ作成ログ
可
注 1,2,3
書き込みイメージ削除ログ
可
注 1,2,3
メディアへの書き込みログ
不可
アクティブウィンドウのタイトルログ
可
注 1:InfoTrace Agent のファイルイベントの監視ゾーンで、以下の作業フォルダが「監視」として設定
されている必要があります(デフォルトで設定されています)。
C:¥Users¥ログオンユーザー¥AppData¥Local¥Microsoft¥Windows¥Burn
注 2:書き込みイメージ作成、書き込みイメージ削除の際に下記のファイル名で CLOSE、DELETE、
RENAME サブイベントが発生します。
C:¥Users¥ログオンユーザー¥AppData¥Local¥Microsoft¥Windows¥Burn¥Burn¥desktop.ini
C:¥Users¥ログオンユーザー¥AppData¥Local¥Microsoft¥Windows¥Burn¥Burn1¥desktop.ini
注 3:環境や操作手順などにより、記録されない場合があります。記録可能か、お客様の環境にてご確
認をお願いします。
ライブファイルシステム形式
ライブファイルシステム形式で記録できるログは以下のとおりです。
表 5.6.3
Windows Vista ライブファイルシステム形式で記録できるログ
イベント操作
ファイルイベント
デスクトップイベント
ログの種類
書き込み元ファイルの読み込みログ
記録
可
書き込みイメージ作成ログ
不可
書き込みイメージ削除ログ
不可
メディアへの書き込みログ
可
アクティブウィンドウのタイトルログ
-
注 1:ライブファイルシステム形式では、書き込みのためのウィンドウが存在しません。
- 74 -
備考
注1
6
6
Smart Policy Server
Smart Policy Server
Smart Policy Server V2.2.1~V2.2.5 での新機能、改善した項目について説明します。
なお、制約事項および注意事項については、Soliton Smart Security V1.2.0 ドキュメント CD-ROM の「Smart
Policy Server V2.2.0 リリースノート」もあわせて参照してください。
6.1 V2.2.5 からの新機能
1.
Windows 7 の検疫条件チェック
検疫条件チェックで、Windows 7 をチェックできるようにしました。
6.2 改善項目
V2.2.1 での改善項目
1.
検疫に失敗した場合に表示されるオペレーティング名称が正しく表示されない場合がある
「Windwos Vista UnLicense」を「Windows Vista UnLicense」に修正しました。
以下の要件を満たし、かつ検疫に失敗した場合に表示されるエラーメッセージの Windows Vista の名称が
正しく表示されない場合がある問題を修正しました。
z
検疫条件にオペレーティングシステム名称を使用している
z
[NALogon 設定]の[詳細エラー情報を送信する]が設定されている
- 75 -
Soliton Smart Security V1.2.5
7
リリースノート
Smart Management Console
Smart Management Console V1.2.3~V1.2.5 での新機能、改善した項目について説明します。
なお、制約事項および注意事項については、Soliton Smart Security V1.2.0 ドキュメント CD-ROM の「Smart
Management Console V1.2.0 リリースノート」もあわせて参照してください。
7.1 V1.2.5 からの新機能
1.
検疫条件に Windows 7 を追加
検疫情報詳細設定で、条件に Windows 7 を設定できるようにしました。
7.2 改善項目
V1.2.4 での改善項目
1.
認証制限設定および認証バイパス設定で最大 512 件までしか登録できない
組織管理のプロパティ、Net'Attest SecurityFilter のプロパティの[Net'Attest SecurityFilter]-[認証設定]-[認証
制限設定]および[認証バイパス設定]で、「設定から除外される端末」および「認証バイパス設定」に最大
512 件までしか登録できない問題を修正しました。
最大 1024 件までの認証除外端末および認証バイパス端末が登録できるようになりました。
V1.2.3 での改善項目
1.
検疫条件設定時に表示されるオペレーティング名称が正しく表示されない場合がある
[検疫情報設定]の[オペレーティングシステム名称]を選択した場合、「Windwos Vista UnLicense」が
「Windows Vista UnLicense」と表示されるように修正しました。
ただし、V1.2.3 より前のバージョンで設定した[検疫情報設定]の[オペレーティングシステム名称]に
Windows Vista が含まれるとき、名称が正しく表示されない場合があります。この場合、検疫動作には問題
ありません。V1.2.3 の Smart Management Console で再度設定しなおすと、正しく表示されるようになりま
す。
- 76 -
8
8
Smart Registration Manager
Smart Registration Manager
Smart Registration Manager V2.0.1~V2.0.2 で変更および改善した項目、制約事項および注意事項について
説明します。
なお、制約事項および注意事項については、Soliton Smart Security V1.2.0 ドキュメント CD-ROM の「Smart
Registration Manager V2.0.0 リリースノート」もあわせて参照してください。
8.1 変更項目
V.2.0.2 での変更項目
※
1.
本アップデートパックに含まれる Smart Registration Manager V2.0.2 の内容は、既にリリースされてい
る Smart Registration Manager 単体の「Smart Registration Manager V2.0 アップデートパック 2(V2.0.2)」
(UpdatePack-SRM202.exe)の内容と同様です。既に適用済みの場合は、本アップデートパックで Smart
Registration Manager をアップデートする必要はありません。
「エクスポート可能なキーとしてマークする」オプションの表示/非表示設定機能の追加
申請用 Web アプリケーションの証明書要求ページに表示される「エクスポート可能なキーとしてマーク
する」オプションを、管理用 Web アプリケーションで表示/非表示設定することができるようになりました。
申請用 Web アプリケーションの対象ページは、以下のとおりです。
z
z
z
z
※
仮申請要求ページ
ユーザー証明書申請(3/5)ページ
コンピュータ証明書申請(3/5)ページ
スマートカードログオン証明書申請(3/5)ページ
各証明書申請の編集ページも含まれます。
8.2 改善項目
V.2.0.1 での改善項目
1.
Soliton Smart Security Agent からの申請受付時にイベントログが出力されない
Soliton Smart Security Agent からの申請受付時に、イベントビューアにログが出力されない問題を修正し
ました。
8.3 制約事項
1.
Windows 7 のコンピュータからの証明書の申請
Windows 7 のコンピュータからの Smart Registration Manager への証明書の申請はサポート対象外です。
8.4 注意事項
1.
アップデート時の注意事項
Smart Registration Manager V1.0 から V2.0 にアップデートすると、申請データはすべて削除されます。ア
ップデート前に申請の確認を行ってください。
- 77 -
Soliton Smart Security V1.2.5
9
リリースノート
Smart Disk Management Console
Smart Disk Management Console V1.2.1~V1.2.5 での新機能、変更および改善した項目について説明します。
なお、制約事項および注意事項については、Soliton Smart Security V1.2.0 ドキュメント CD-ROM の「Soliton
Smart Security V1.2.0 リリースノート」もあわせて参照してください。
9.1 V1.2.5 からの新機能
1.
Windows Server 2008、Windows 7 のインストールディスク
各 Agent が対応する Windows Server 2008、Windows 7 のインストールディスクを作成できるようにしま
した。
9.2 変更項目
V1.2.5 での変更項目
1.
LogAgent の冗長化方式設定のデフォルトを変更
Smart Disk Management Console の[LogAgent 設定]-[基本設定]-[冗長化方式(Y)]のデフォルトを[順番に送
る]から[リストの上を優先する]に変更しました。これは、[リストの上を優先する]以外を指定すると、
LogServer のログ格納の速度が大幅に低下する場合があるためです。
V1.2.4 での変更項目
1.
InfoTrace 設定の除外プロセスにソフトウェアを追加
InfoTrace 設定のファイルイベントの除外プロセスに、以下のソフトウェアを追加しました。
z
SmartOn 指紋情報登録ツール
z
Windows Search
また、以下のセキュリティ対策ソフトウェアのプロセスは既に登録済みのため、プロセスの備考に名称
を追加しました。
z
2.
F-Secure アンチウイルス Windows サーバー版 8.0
InfoTrace 設定の監視ゾーンに Windows Vista の標準ライティング機能で使用する一時フォルダのパスを監
視する設定を追加
InfoTrace 設定のファイルイベントの監視ゾーンに、Windows Vista の標準ライティング機能で使用する一
時フォルダのパスを監視する以下の設定を追加しました。
z
監視
<USERPROFILE>¥AppData¥Local¥Microsoft¥Windows¥Burn
V1.2.2 での変更項目
1.
InfoTrace 設定のファイルイベントの除外プロセスに「ウイルスバスター コーポレートエディション 8.0」
を追加
InfoTrace 設定のファイルイベントの除外プロセスに「ウイルスバスター コーポレートエディション
8.0」を追加しました。
- 78 -
9
Smart Disk Management Console
V1.2.1 での変更項目
1.
NALogon 設定の詳細設定にプロファイルに関する設定項目を追加
NALogon 設定の詳細設定に、プロファイルに関する以下の設定項目を追加しました。
z
z
プロファイル設定タブを表示しない
プロファイル設定の書き換えを禁止する
図 9.2.1
表 9.2.1
詳細設定
項目
プロファイル設定タブを表示しない(H)
プロファイル設定の書き換えを禁止する(D)
2.
詳細設定
項目および説明
説明
NALogon の設定画面で[プロファイル設定]タブが表示さ
れなくなり、プロファイルに関する設定や参照が一切行え
なくなります。
NALogon の設定画面でプロファイルに関する設定は、各
項目の設定値の参照のみできます。また、起動時の待ち時
間は変更できます。
InfoTrace 設定の除外プロセスにウイルス対策ソフトウェアを追加
InfoTrace 設定のファイルイベントの除外プロセスに、以下のウイルス対策ソフトウェアを追加しました。
z
z
z
z
z
z
ウイルスバスター2008
McAfee トータルプロテクション with サイトアドバイザプラス
Norton Internet Security 2008
Norton 360
Symantec Client Security 3.1
Symantec Endpoint Protection 11.0
- 79 -
Soliton Smart Security V1.2.5
リリースノート
また、備考に以下のウイルス対策ソフトウェアを追加しました。
z
z
z
z
z
z
z
ウイルスバスター2008
ウイルスバスターコーポレートエディション 7.0
ウイルスバスターコーポレートエディション 7.3
McAfee トータルプロテクション with サイトアドバイザプラス
Norton Internet Security 2008
Symantec Endpoint Protection 11.0
F-Secure Internet Security 2008
9.3 改善項目
V1.2.3 での改善項目
1.
e-Care Controller 通知による Agent 全体アップデートジョブに表示されるオペレーティングシステム名称
が正しく表示されない場合がある
e-Care Controller 通知による Agent 全体アップデートジョブに表示される Windows Vista の名称が正しく
表示されない場合がある問題を修正しました。
V1.2.2 での改善項目
1.
NALogon 設定の共有コードに半角記号が指定できない
NALogon 設定の共有コードに半角記号が指定できない問題を修正しました。
ただし、以下の記号は指定しないでください。
&<>
- 80 -
10
10
NALogon
NALogon
NALogon V2.2.1~V2.2.3 での新機能、変更および改善した項目、制約事項について説明します。
なお、制約事項および注意事項については、Soliton Smart Security V1.2.0 ドキュメント CD-ROM の
「NALogon V2.2.0 リリースノート」もあわせて参照してください。
10.1
1.
V2.2.3 からの新機能
NALogon のサポート対象に Windows 7 を追加
NALogon のサポート対象に Windows 7 を追加しました。エディションは、以下のとおりです。
z
z
z
z
Windows 7 Home Premium
Windows 7 Professional
Windows 7 Enterprise
Windows 7 Ultimate
※1
32 ビットバージョンのみサポート対象となります。
※2
Windows XP Mode は、サポート対象外です。
10.2
変更項目
V2.2.3 での変更項目
1.
NALogon 終了時の動作
NALogon 認証で Net'Attest SecurityFilter にログオンしている場合、V2.2.1 までは、タスクトレイから
NALogon を終了すると Net'Attest SecurityFilter からログオフするようになっていましたが、V2.2.3 からは、
Windows からログオフするなどで Windows ユーザーのセッションが終了するまでは、NALogon が終了して
も Net'Attest SecurityFilter からログオフしないように変更しました。
V2.2.1 での変更項目
1.
プロファイルに関する設定を変更
Smart Disk Management Console の NALogon 設定の詳細設定で、[プロファイル設定タブを表示しない(H)]、
[プロファイル設定の書き換えを禁止する(D)]を設定することにより、プロファイルに関する設定を次項の
ように変更しました。
- 81 -
Soliton Smart Security V1.2.5
z
リリースノート
「プロファイル設定タブを表示しない」設定の場合
Smart Disk Management Console の NALogon 設定の詳細設定で、[プロファイル設定タブを表示しない(H)]
をチェックした場合、図 10.2.1 のように[プロファイル設定]タブが表示されません。プロファイルに関する
設定や参照は一切行えません。
図 10.2.1
z
NALogon
「プロファイル設定の書き換えを禁止する」設定の場合
Smart Disk Management Console の NALogon 設定の詳細設定で、[プロファイル設定の書き換えを禁止する
(D)]をチェックした場合、図 10.2.2 のように[起動時の待ち時間(T)]以外は設定できません。
図 10.2.2
NALogon
- 82 -
10
NALogon
プロファイルに関する設定は、各項目の設定値の参照のみできます。図 10.2.2 でプロファイルを選択し
て<編集(E)>ボタンをクリックすると、図 10.2.3 が表示されます。
図 10.2.3
プロファイルの編集
図 10.2.3 で<詳細設定(F)>ボタンをクリックすると、図 10.2.4 が表示されます。
図 10.2.4
詳細設定
- 83 -
Soliton Smart Security V1.2.5
2.
リリースノート
再検疫時に検疫情報を取得するタイミングを変更
Net'Attest SecurityFilter に設定されている再検疫間隔で検疫情報の送信を行う仕様になっていますが、
NALogon のコンピュータの状況により検疫情報の取得に時間がかかる場合があるため、本仕様に沿わない
動作を行う可能性がありました。
V2.2.0 以前では、再検疫の動作として以下の処理を行っていました。
1.
2.
再検疫を行う 10 秒前に検疫情報の取得を開始
検疫情報を Net'Attest SecurityFilter へ送信
V2.2.1 から、再検疫の動作として以下の処理を行うように変更しました。
1.
2.
10.3
再検疫を行う 50 秒前に検疫情報の取得を開始
検疫情報を Net'Attest SecurityFilter へ送信
改善項目
V2.2.3 での改善項目
1.
スリープや休止状態などになった際に正常にログオフされない
Windows Vista で NALogon 認証後にコンピュータがスリープや休止状態などになった際に、正常にログ
オフされない問題を修正しました。
V2.2.1 での改善項目
1.
再検疫時にコンピュータに負荷がかかっていると再検疫に失敗する
コンピュータに負荷がかかっているなどが原因で、設定した再検疫の時間までに検疫情報の取得が正常
に行われなかった場合、タイムアウトにより切断されてしまう問題を修正しました。
タイムアウトにより切断される場合は、以前に取得した検疫情報を送信して接続の維持を試みるように
修正しました。
2.
コンピュータのサスペンド時に正常にログオフ処理が行われない場合がある
コンピュータのサスペンド時に正常にログオフ処理が行われない場合がある問題を修正しました。
正常にログオフ処理が行われない場合、Net'Attest SecurityFilter のログに「Logged off by NALogon session
timeout」などのログが出力されていました。
3.
検疫条件「InfoTrace Agent 状態」で検疫が正しく行われない
検疫条件「InfoTrace Agent 状態」で検疫が正しく行われない問題を修正しました。
10.4
1.
制約事項
16 文字以上あるプロセス名を一致の許可条件で指定している場合、検疫に失敗する
Soliton Smart Security において、Windows 2000 では 16 文字以上あるプロセス名を 15 文字までしか取得で
きないため、検疫条件「プロセス」で 16 文字以上のプロセス名を「一致」の許可条件で指定している場合、
検疫に失敗してしまいます。
Windows 2000 のコンピュータに対して 16 文字以上あるプロセス名を条件に指定する場合は、15 文字ま
でのプロセス名を「含む」の条件で指定してください。
- 84 -
11
11
アップデート
アップデート
Soliton Smart Security V1.2.5 へのアップデートについて説明します。
11.1
アップデート手順
Soliton Smart Security V1.2.5 へのアップデート手順は、V1.2.0 以降ですべて同様です。
z
z
z
z
z
Soliton Smart Security V1.2.4 からアップデートする場合
Soliton Smart Security V1.2.3 からアップデートする場合
Soliton Smart Security V1.2.2 からアップデートする場合
Soliton Smart Security V1.2.1 からアップデートする場合
Soliton Smart Security V1.2.0 からアップデートする場合
Soliton Smart Security V1.2.5 へのアップデートは、e-Care Controller のアップデート、Manager 系コンポー
ネントのアップデート、Soliton Smart Security Agent のディスク発行、Soliton Smart Security Agent のアップ
デートの順に行ってください。
e-Care Controller のアップデート
Manager 系コンポーネントのアップデート
Soliton Smart Security Agent のディスク発行
Soliton Smart Security Agent のアップデート
- 85 -
Soliton Smart Security V1.2.5
リリースノート
11.1.1 Soliton Smart Security V1.2.4 からアップデートする場合
11.1.1.1 e-Care Controller のアップデート
e-Care Controller のアップデートは、以下の手順で行ってください。
1.
Administrator 権限のユーザーでログオンしてください。
2.
「UpdatePack125.exe」を実行してください。
図 11.1.1
3.
UpdatePack125.exe
図 11.1.2 が表示されます。[対象製品]にアップデート対象コンポーネントが表示されていることを確
認し、<次へ(N)>ボタンをクリックしてください。
図 11.1.2
アップデート開始
- 86 -
11
アップデート
Smart Policy Server を未購入で e-Care Controller に Smart Disk Management Console をインストールして
いる場合は、図 11.1.3 のように[対象製品]に Smart Disk Management Console も表示されるので、同時に
アップデートしてください。
図 11.1.3
4.
アップデート開始
図 11.1.4 が表示されます。<完了>ボタンをクリックしてください。コンピュータの再起動を要求され
た場合は、コンピュータを再起動してください。
図 11.1.4
セットアップ完了
以上で、e-Care Controller のアップデートは完了です。
- 87 -
Soliton Smart Security V1.2.5
リリースノート
11.1.1.2 Manager 系コンポーネントのアップデート
本アップデートパックでは、以下の Manager 系コンポーネントのアップデートが可能です。該当する
Manager 系コンポーネントのアップデートを行ってください。
z
z
z
z
z
z
e-Care Manager V4.4.3
e-Care Console V4.4.3
InfoTrace V2.2.4
Smart Policy Server V2.2.1
Smart Management Console V1.2.4
Smart Disk Management Console V1.2.4
ここでは、各 Manager 系コンポーネントのアップデート手順について説明します。なお、複数の Manager
系コンポーネントがインストールされている場合は、一度のアップデートで、インストールされているす
べての Manager 系コンポーネントのアップデートを行うことができます。
‰ e-Care Manager
e-Care Manager のアップデートは、以下の手順で行ってください。
1.
Administrator 権限のユーザーでログオンしてください。
2.
「UpdatePack125.exe」を実行してください。
図 11.1.5
3.
UpdatePack125.exe
図 11.1.6 が表示されます。[対象製品]にアップデート対象コンポーネントが表示されていることを確
認し、<次へ(N)>ボタンをクリックしてください。
図 11.1.6
アップデート開始
- 88 -
11
4.
アップデート
図 11.1.7 が表示されます。<完了>ボタンをクリックしてください。コンピュータの再起動を要求され
た場合は、コンピュータを再起動してください。
図 11.1.7
セットアップ完了
以上で、e-Care Manager のアップデートは完了です。
‰ e-Care Console
e-Care Console のアップデートは、以下の手順で行ってください。
1.
Administrator 権限のユーザーでログオンしてください。
2.
「UpdatePack125.exe」を実行してください。
図 11.1.8
UpdatePack125.exe
- 89 -
Soliton Smart Security V1.2.5
3.
リリースノート
図 11.1.9 が表示されます。[対象製品]にアップデート対象コンポーネントが表示されていることを確
認し、<次へ(N)>ボタンをクリックしてください。
図 11.1.9
4.
アップデート開始
図 11.1.10 が表示されます。<完了>ボタンをクリックしてください。コンピュータの再起動を要求さ
れた場合は、コンピュータを再起動してください。
図 11.1.10
セットアップ完了
以上で、e-Care Console のアップデートは完了です。
- 90 -
11
アップデート
‰ InfoTrace
DatabaseServer/AnalysisServer/LogServer/SyncServer の構成でインストールされている場合のアップデート
は、以下の手順で行ってください。
1.
Administrator 権限のユーザーでログオンしてください。
2.
「UpdatePack125.exe」を実行してください。
図 11.1.11
3.
UpdatePack125.exe
図 11.1.12 が表示されます。[対象製品]にアップデート対象コンポーネントが表示されていることを確
認し、<次へ(N)>ボタンをクリックしてください。
図 11.1.12
アップデート開始
- 91 -
Soliton Smart Security V1.2.5
4.
リリースノート
図 11.1.13 が表示されます。<完了>ボタンをクリックしてください。コンピュータの再起動を要求さ
れた場合は、コンピュータを再起動してください。
図 11.1.13
セットアップ完了
5.
プログラムメニューの[Soliton Smart Security]-[InfoTrace]-[サービスコントロールセンター]をクリック
してください。
6.
図 11.1.14 が表示されます。LogServer サービスが停止されていることを確認してください。LogServer
サービスが停止されていない場合は、<停止>ボタンをクリックし、LogServer サービスを停止してく
ださい。
※ すべての LogServer でサービスを停止してください。
図 11.1.14
サービスコントロールセンター
- 92 -
11
アップデート
7.
また、図 11.1.14 で DatabaseServer サービスが開始していることを確認してください。DatabaseServer
サービスが開始されていない場合は、<開始>ボタンをクリックし、DatabaseServer サービスを開始し
てください。
8.
InfoTrace のインストール先フォルダ(デフォルトでは C:¥Program Files¥Soliton Smart Security¥
InfoTrace)の「データベースの更新.bat」を実行してください。
図 11.1.15
9.
データベースの更新.bat
コマンドプロンプトが起動されます。以下の手順で操作してください。
1)「警告:データベースの更新を行う前に、必ず InfoTrace LogServer を停止させてください。」とい
うメッセージが表示されます。手順 6 で LogServer サービスが停止していることを確認しているの
で、いずれかのキーを押して、処理を続行してください。
2)「DatabaseServer サービスの再起動を行います.」というメッセージが表示されます。データベース
の更新が完了したことを確認し、いずれかのキーを押してください。
3)「Soliton InfoTrace Database サービスを停止すると、これらのサービスも停止されます。
・Soliton InfoTrace SyncServer
・Soliton InfoTrace AnalysisServer
この操作を続行しますか?(Y/N)」というメッセージが表示されます。
「Y」を入力し、[Enter]
キーを押下してください。
4)SyncServer、AnalysisServer サービスは停止し、DatabaseServer サービスが開始されます。いずれか
のキーを押してください。処理が完了し、ウィンドウが閉じます。
図 11.1.16
データベースの更新
- 93 -
Soliton Smart Security V1.2.5
10.
リリースノート
サービスコントロールセンターで<開始>ボタンをクリックし、LogServer サービス、SyncServer サー
ビス、AnalysisServer サービスを開始してください。DatabaseServer サービスを含む、すべてのサービ
スが開始されたことを確認したら、<終了>ボタンをクリックしてください。
図 11.1.17
サービスコントロールセンター
以上で、DatabaseServer/AnalysisServer/LogServer/SyncServer のアップデートは完了です。
- 94 -
11
アップデート
InfoTrace Server の各コンポーネントをそれぞれインストールしている場合は、LogServer のアップデート、
DatabaseServer/AnalysisServer のアップデート、SyncServer のアップデートの順に行ってください。
LogServer のアップデート
DatabaseServer/AnalysisServer のアップデート
SyncServer のアップデート
z
LogServer のアップデート
LogServer のアップデートは、以下の手順で行ってください。
1.
Administrator 権限のユーザーでログオンしてください。
2.
「UpdatePack125.exe」を実行してください。
図 11.1.18
UpdatePack125.exe
- 95 -
Soliton Smart Security V1.2.5
3.
リリースノート
図 11.1.19 が表示されます。[対象製品]にアップデート対象コンポーネントが表示されていることを確
認し、<次へ(N)>ボタンをクリックしてください。
図 11.1.19
4.
アップデート開始
図 11.1.20 が表示されます。<完了>ボタンをクリックしてください。コンピュータの再起動を要求さ
れた場合は、コンピュータを再起動してください。
図 11.1.20
セットアップ完了
- 96 -
11
アップデート
5.
プログラムメニューの[Soliton Smart Security]-[InfoTrace]-[サービスコントロールセンター]をクリック
してください。
6.
図 11.1.21 が表示されます。LogServer サービスが停止されていることを確認してください。LogServer
サービスが停止されていない場合は、<停止>ボタンをクリックし、LogServer サービスを停止してく
ださい。
図 11.1.21
サービスコントロールセンター
7.
DatabaseServer/AnalysisServer のアップデートを行ってください。
8.
サービスコントロールセンターで<開始>ボタンをクリックし、LogServer サービスを開始してくださ
い。LogServer サービスが開始されたことを確認したら、<終了>ボタンをクリックしてください。
図 11.1.22
サービスコントロールセンター
以上で、LogServer のアップデートは完了です。
- 97 -
Soliton Smart Security V1.2.5
z
リリースノート
DatabaseServer/AnalysisServer のアップデート
DatabaseServer/AnalysisServer のアップデートは、以下の手順で行ってください。
1.
Administrator 権限のユーザーでログオンしてください。
2.
「UpdatePack125.exe」を実行してください。
図 11.1.23
3.
UpdatePack125.exe
図 11.1.24 が表示されます。[対象製品]にアップデート対象コンポーネントが表示されていることを確
認し、<次へ(N)>ボタンをクリックしてください。
図 11.1.24
アップデート開始
- 98 -
11
4.
図 11.1.25 が表示されます。<完了>ボタンをクリックしてください。コンピュータの再起動を要求さ
れた場合は、コンピュータを再起動してください。
図 11.1.25
5.
アップデート
セットアップ完了
DatabaseServer サービスが開始していることを確認してください。サービスが開始されていない場合
は<開始>ボタンをクリックし、DatabaseServer サービスを開始してください。確認できたら、<終了>
ボタンをクリックしてください。
図 11.1.26
サービスコントロールセンター
- 99 -
Soliton Smart Security V1.2.5
6.
リリースノート
InfoTrace のインストール先フォルダ(デフォルトでは C:¥Program Files¥Soliton Smart Security
¥InfoTrace)の「データベースの更新.bat」を実行してください。
図 11.1.27
7.
データベースの更新.bat
コマンドプロンプトが起動されます。以下の手順で操作してください。
1)「警告:データベースの更新を行う前に、必ず InfoTrace LogServer を停止させてください。」とい
うメッセージが表示されます。LogServer サービスが停止していることを確認し、いずれかのキー
を押して、処理を続行してください。
2)「DatabaseServer サービスの再起動を行います.」というメッセージが表示されます。データベース
の更新が完了したことを確認し、いずれかのキーを押してください。
3)「Soliton InfoTrace Database サービスを停止すると、これらのサービスも停止されます。
・Soliton InfoTrace AnalysisServer
この操作を続行しますか?(Y/N)」というメッセージが表示されます。
「Y」を入力し、[Enter]キ
ーを押下してください。
4)AnalysisServer サービスは停止し、DatabaseServer サービスが開始されます。いずれかのキーを押し
てください。処理が完了し、ウィンドウが閉じます。
図 11.1.28
データベースの更新
- 100 -
11
8.
サービスコントロールセンターで<開始>ボタンをクリックし、AnalysisServer サービスを開始してく
ださい。DatabaseServer サービス、AnalysisServer サービスが開始されたことを確認したら、<終了>ボ
タンをクリックしてください。
図 11.1.29
サービスコントロールセンター
以上で、DatabaseServer/AnalysisServer のアップデートは完了です。
z
アップデート
SyncServer のアップデート
SyncServer のアップデートは、以下の手順で行ってください。
1.
Administrator 権限のユーザーでログオンしてください。
2.
「UpdatePack125.exe」を実行してください。
図 11.1.30
UpdatePack125.exe
- 101 -
Soliton Smart Security V1.2.5
3.
リリースノート
図 11.1.31 が表示されます。[対象製品]にアップデート対象コンポーネントが表示されていることを確
認し、<次へ(N)>ボタンをクリックしてください。
図 11.1.31
4.
アップデート開始
図 11.1.32 が表示されます。<完了>ボタンをクリックしてください。コンピュータの再起動を要求さ
れた場合は、コンピュータを再起動してください。
図 11.1.32
セットアップ完了
以上で、SyncServer のアップデートは完了です。
- 102 -
11
アップデート
‰ Smart Policy Server
Smart Policy Server のアップデートは、以下の手順で行ってください。
1.
Administrator 権限のユーザーでログオンしてください。
2.
「UpdatePack125.exe」を実行してください。
図 11.1.33
3.
UpdatePack125.exe
図 11.1.34 が表示されます。[対象製品]にアップデート対象コンポーネントが表示されていることを確
認し、<次へ(N)>ボタンをクリックしてください。
図 11.1.34
アップデート開始
- 103 -
Soliton Smart Security V1.2.5
4.
リリースノート
図 11.1.35 が表示されます。<完了>ボタンをクリックしてください。コンピュータの再起動を要求さ
れた場合は、コンピュータを再起動してください。
図 11.1.35
セットアップ完了
以上で、Smart Policy Server のアップデートは完了です。
‰ Smart Management Console
Smart Management Console のアップデートは、以下の手順で行ってください。
1.
Administrator 権限のユーザーでログオンしてください。
2.
「UpdatePack125.exe」を実行してください。
図 11.1.36
UpdatePack125.exe
- 104 -
11
3.
図 11.1.37 が表示されます。[対象製品]にアップデート対象コンポーネントが表示されていることを確
認し、<次へ(N)>ボタンをクリックしてください。
図 11.1.37
4.
アップデート
アップデート開始
図 11.1.38 が表示されます。<完了>ボタンをクリックしてください。コンピュータの再起動を要求さ
れた場合は、コンピュータを再起動してください。
図 11.1.38
セットアップ完了
以上で、Smart Management Console のアップデートは完了です。
- 105 -
Soliton Smart Security V1.2.5
リリースノート
‰ Smart Disk Management Console
Smart Disk Management Console のアップデートは、以下の手順で行ってください。
1.
Administrator 権限のユーザーでログオンしてください。
2.
「UpdatePack125.exe」を実行してください。
図 11.1.39
3.
UpdatePack125.exe
図 11.1.40 が表示されます。[対象製品]にアップデート対象コンポーネントが表示されていることを確
認し、<次へ(N)>ボタンをクリックしてください。
図 11.1.40
アップデート開始
- 106 -
11
4.
アップデート
図 11.1.41 が表示されます。<完了>ボタンをクリックしてください。コンピュータの再起動を要求さ
れた場合は、コンピュータを再起動してください。
図 11.1.41
セットアップ完了
以上で、Smart Disk Management Console のアップデートは完了です。
- 107 -
Soliton Smart Security V1.2.5
11.1.1.3
リリースノート
Soliton Smart Security Agent のディスク発行
Manager 系コンポーネントのアップデートが完了したら、Soliton Smart Security Agent のインストールデ
ィスクを発行してください。
ここでは、既存のインストールディスクをデフォルトの設定で再度発行する方法を説明します。
Soliton Smart Security Agent のディスク発行は、以下の手順で行ってください。
1.
プログラムメニューの[Soliton Smart Security]-[ディスク発行]-[Agent]をクリックしてください。
2.
図 11.1.42 が表示されます。認証情報を入力し、<OK>ボタンをクリックしてください。
図 11.1.42
3.
Smart Disk Management Console ログオン認証
図 11.1.43 が表示されます。インストールするディスクを右クリックし、[ディスク発行(S)]をクリック
してください。
図 11.1.43
Smart Disk Management Console
- 108 -
11
4.
図 11.1.44 が表示されます。<次へ(N)>ボタンをクリックしてください。
図 11.1.44
5.
ディスク発行(1/5)
図 11.1.45 が表示されます。<次へ(N)>ボタンをクリックしてください。
図 11.1.45
ディスク発行(2/5)
- 109 -
アップデート
Soliton Smart Security V1.2.5
6.
リリースノート
図 11.1.46 が表示されます。
図 11.1.46
7.
ディスク発行(3/5)
図 11.1.47 が表示されます。<次へ(N)>ボタンをクリックしてください。
図 11.1.47
ディスク発行(4/5)
- 110 -
11
8.
図 11.1.48 が表示されます。<完了>ボタンをクリックしてください。
図 11.1.48
ディスク発行(5/5)
以上で、Soliton Smart Security Agent のディスク発行は完了です。
- 111 -
アップデート
Soliton Smart Security V1.2.5
11.1.1.4
リリースノート
Soliton Smart Security Agent のアップデート
※Soliton Smart Security Agent を e-Care 不正端末検出 Agent として動作させる場合は、
「WinPcap」のイン
ストールが必要です。また、サポートする「WinPcap」のバージョンは、e-Care Agent の種類、および
インストールするコンピュータの OS や Service Pack によって異なります。
「Soliton Smart Security V1.2.5
(e-Care V4.4.4) e-Care 不正端末検出 Agent インストールガイド」を参照し、適切なバージョンの
「WinPcap」をインストールしてください。
Soliton Smart Security Agent のディスク発行が完了したら、以下のいずれかの方法で Soliton Smart Security
Agent をアップデートしてください。
z
z
e-Care のジョブ機能を使用したアップデート
手動によるアップデート
‰ e-Care のジョブ機能を使用したアップデート
e-Care の「Agent アップデート」ジョブ機能を使用し、リモートからアップデートすることができます。ジ
ョブの作成方法および実行方法については、e-Care ユーザーズガイド「5.7.3 Agent アップデートジョブの
作成」、および「5.7.5 Agent 全体アップデートジョブの作成」を参照してください。
‰ 手動によるアップデート
手動によるアップデートは、以下の手順で行ってください。
1.
インストールディスクにインストールユーザーアカウントを指定していない場合は、Administrator 権
限のユーザーでログオンしてください。
2.
Smart Disk Management Console で発行した「SolAgt.exe」を実行してください。
図 11.1.49
3.
SolAgt.exe
ユーザーアカウント制御の画面が表示された場合は、<続行(C)>ボタンをクリックしてください。
- 112 -
11
4.
図 11.1.50 が表示されます。<次へ(N)>ボタンをクリックしてください。
図 11.1.50
アップデート
- 113 -
アップデート
Soliton Smart Security V1.2.5
リリースノート
以下の条件が一致する場合、図 11.1.51 が表示されます。[パスワード(P)]、[パスワードの確認入力(W)]
に、アンインストールパスワードを入力し、<次へ(N)>ボタンをクリックしてください。
インストールされているディスクに、アンインストールパスワードが指定されている
インストールされているディスクと再インストールするディスクのディスク ID が異なる
図 11.1.51
アップデート
- 114 -
11
5.
アップデート
図 11.1.52 が表示されます。<完了>ボタンをクリックしてください。
図 11.1.52
セットアップ完了
図 11.1.53 のようにコンピュータの再起動を要求された場合は、[再起動する(R)]を選択して<完了>ボタ
ンをクリックし、コンピュータを再起動してください。
図 11.1.53
コンピュータの再起動待ち
以上で、Soliton Smart Security Agent のアップデートは完了です。
- 115 -
Soliton Smart Security V1.2.5
リリースノート
‰ InfoTrace Agent V2.2.1~V2.2.5 で共有フォルダオプションを使用する場合の設定
InfoTrace Agent V2.2.1~V2.2.5 で共有フォルダオプションを使用する場合、共有フォルダを監視する
InfoTrace Agent で Internet Connection Sharing サービスが開始されている必要があります。
各 OS における Internet Connection Sharing サービスのデフォルトの状態は以下のとおりです。
表 11.1.1
OS
Windows 2000
Windows XP SP1
Windows XP SP2
Windows XP SP3
Windows Server 2003 SP1
Windows Server 2003 SP2
Windows Server 2003 R2
各 OS の Internet Connection Sharing サービスのデフォルトの状態
表示名
Internet Connection Sharing
Internet Connection Firewall(ICF)
/Internet Connection Sharing(ICS)
Windows Firewall
/Internet Connection Sharing(ICS)
Windows Firewall
/Internet Connection Sharing(ICS)
Windows Firewall
/Internet Connection Sharing(ICS)
Windows Firewall
/Internet Connection Sharing(ICS)
Windows Firewall
/Internet Connection Sharing(ICS)
スタートアップ
の種類
サービスの状態
手動
手動
停止
停止
自動
開始
自動
開始
無効
停止
無効
停止
無効
停止
共有フォルダを監視する InfoTrace Agent で、Internet Connection Sharing サービスが開始されていない場合
は、以下の手順でサービスを開始させてください。
ここでは、Windows Server 2003 R2 を例として説明します。
1.
管理ツールの「サービス」を実行してください。
2.
図 11.1.54 が表示されます。[Windows Firewall/Internet Connection Sharing(ICS)]をダブルクリックし
てください。
図 11.1.54
サービス
- 116 -
11
3.
図 11.1.55 が表示されます。[スタートアップの種類(E)]で「自動」を選択し、<適用(A)>ボタンをクリ
ックしてください。
図 11.1.55
4.
アップデート
Windows Firewall/Internet Connection Sharing(ICS)
<開始(S)>ボタンをクリックしてください。
図 11.1.56
Windows Firewall/Internet Connection Sharing(ICS)
- 117 -
Soliton Smart Security V1.2.5
5.
リリースノート
[サービスの状態]が「開始」になっていることを確認し、<OK>ボタンをクリックしてください。
図 11.1.57
6.
Windows Firewall/Internet Connection Sharing(ICS)
「サービス」を終了してください。
以上で、Internet Connection Sharing サービスの開始は完了です。
- 118 -
11
アップデート
11.1.2 Soliton Smart Security V1.2.3 からアップデートする場合
11.1.2.1 e-Care Controller のアップデート
e-Care Controller のアップデート手順は、Soliton Smart Security V1.2.4 からアップデートする場合と同様で
す。
11.1.2.2 Manager 系コンポーネントのアップデート
本アップデートパックでは、以下の Manager 系コンポーネントのアップデートが可能です。該当する
Manager 系コンポーネントのアップデートを行ってください。
z
z
z
z
z
z
z
e-Care Manager V4.4.2
e-Care Console V4.4.2
InfoTrace V2.2.3
Smart Policy Server V2.2.1
Smart Management Console V1.2.3
Smart Registration Manager V2.0.1
Smart Disk Management Console V1.2.3
ここでは、各 Manager 系コンポーネントのアップデート手順について説明します。なお、複数の Manager
系コンポーネントがインストールされている場合は、一度のアップデートで、インストールされているす
べての Manager 系コンポーネントのアップデートを行うことができます。
‰ e-Care Manager
e-Care Manager のアップデート手順は、Soliton Smart Security V1.2.4 からアップデートする場合と同様で
す。
‰ e-Care Console
e-Care Console のアップデート手順は、Soliton Smart Security V1.2.4 からアップデートする場合と同様で
す。
‰ InfoTrace
DatabaseServer/AnalysisServer/LogServer/SyncServer の 構 成 で イ ン ス ト ー ル さ れ て い る 場 合 、 お よ び
InfoTrace Server の各コンポーネントをそれぞれインストールしている場合ともに、アップデート手順は、
Soliton Smart Security V1.2.4 からアップデートする場合と同様です。
‰ Smart Policy Server
Smart Policy Server のアップデート手順は、Soliton Smart Security V1.2.4 からアップデートする場合と同様
です。
‰ Smart Management Console
Smart Management Console のアップデート手順は、Soliton Smart Security V1.2.4 からアップデートする場
合と同様です。
- 119 -
Soliton Smart Security V1.2.5
リリースノート
‰ Smart Registration Manager
※
本アップデートパックに含まれる Smart Registration Manager V2.0.2 の内容は、既にリリースされてい
る Smart Registration Manager 単体の「Smart Registration Manager V2.0 アップデートパック 2(V2.0.2)」
(UpdatePack-SRM202.exe)の内容と同様です。既に適用済みの場合は、本アップデートパックで Smart
Registration Manager をアップデートする必要はありません。
Smart Registration Manager のアップデートは、以下の手順で行ってください。
1.
Administrator 権限のユーザーでログオンしてください。
2.
「UpdatePack125.exe」を実行してください。
図 11.1.58
3.
UpdatePack125.exe
図 11.1.59 が表示されます。[対象製品]にアップデート対象コンポーネントが表示されていることを確
認し、<次へ(N)>ボタンをクリックしてください。
図 11.1.59
アップデート開始
- 120 -
11
4.
アップデート
図 11.1.60 が表示されます。<完了>ボタンをクリックしてください。コンピュータの再起動を要求さ
れた場合は、コンピュータを再起動してください。
図 11.1.60
セットアップ完了
以上で、Smart Registration Manager のアップデートは完了です。
‰ Smart Disk Management Console
Smart Disk Management Console のアップデート手順は、Soliton Smart Security V1.2.4 からアップデートす
る場合と同様です。
11.1.2.3
Soliton Smart Security Agent のディスク発行
Manager 系コンポーネントのアップデートが完了したら、Soliton Smart Security Agent のインストールデ
ィスクを発行してください。
Soliton Smart Security Agent のディスク発行手順は、Soliton Smart Security V1.2.4 からアップデートする場
合と同様です。
11.1.2.4
Soliton Smart Security Agent のアップデート
Soliton Smart Security Agent のディスク発行が完了したら、Soliton Smart Security Agent をアップデートし
てください。
Soliton Smart Security Agent のアップデート手順は、Soliton Smart Security V1.2.4 からアップデートする場
合と同様です。
- 121 -
Soliton Smart Security V1.2.5
リリースノート
11.1.3 Soliton Smart Security V1.2.2 からアップデートする場合
11.1.3.1 e-Care Controller のアップデート
e-Care Controller のアップデート手順は、Soliton Smart Security V1.2.4 からアップデートする場合と同様で
す。
11.1.3.2 Manager 系コンポーネントのアップデート
本アップデートパックでは、以下の Manager 系コンポーネントのアップデートが可能です。該当する
Manager 系コンポーネントのアップデートを行ってください。
z
z
z
z
z
z
z
e-Care Manager V4.4.1
e-Care Console V4.4.1
InfoTrace V2.2.2
Smart Policy Server V2.2.0
Smart Management Console V1.2.0
Smart Registration Manager V2.0.1
Smart Disk Management Console V1.2.2
ここでは、各 Manager 系コンポーネントのアップデート手順について説明します。なお、複数の Manager
系コンポーネントがインストールされている場合は、一度のアップデートで、インストールされているす
べての Manager 系コンポーネントのアップデートを行うことができます。
‰ e-Care Manager
e-Care Manager のアップデート手順は、Soliton Smart Security V1.2.4 からアップデートする場合と同様で
す。
‰ e-Care Console
e-Care Console のアップデート手順は、Soliton Smart Security V1.2.4 からアップデートする場合と同様で
す。
‰ InfoTrace
DatabaseServer/AnalysisServer/LogServer/SyncServer の 構 成 で イ ン ス ト ー ル さ れ て い る 場 合 、 お よ び
InfoTrace Server の各コンポーネントをそれぞれインストールしている場合ともに、アップデート手順は、
Soliton Smart Security V1.2.4 からアップデートする場合と同様です。
‰ Smart Policy Server
Smart Policy Server のアップデート手順は、Soliton Smart Security V1.2.4 からアップデートする場合と同様
です。
‰ Smart Management Console
Smart Management Console のアップデートアップデート手順は、Soliton Smart Security V1.2.4 からアップ
デートする場合と同様です。
‰ Smart Registration Manager
Smart Registration Manager のアップデート手順は、Soliton Smart Security V1.2.4 からアップデートする場
合と同様です。
‰ Smart Disk Management Console
Smart Disk Management Console のアップデートアップデート手順は、Soliton Smart Security V1.2.4 からア
ップデートする場合と同様です。
- 122 -
11
11.1.3.3
アップデート
Soliton Smart Security Agent のディスク発行
Manager 系コンポーネントのアップデートが完了したら、Soliton Smart Security Agent のインストールデ
ィスクを発行してください。
Soliton Smart Security Agent のディスク発行手順は、Soliton Smart Security V1.2.4 からアップデートする場
合と同様です。
11.1.3.4
Soliton Smart Security Agent のアップデート
Soliton Smart Security Agent のディスク発行が完了したら、Soliton Smart Security Agent をアップデートし
てください。
Soliton Smart Security Agent のアップデート手順は、Soliton Smart Security V1.2.4 からアップデートする場
合と同様です。
11.1.4 Soliton Smart Security V1.2.1 からアップデートする場合
11.1.4.1 e-Care Controller のアップデート
e-Care Controller のアップデート手順は、Soliton Smart Security V1.2.4 からアップデートする場合と同様で
す。
11.1.4.2 Manager 系コンポーネントのアップデート
本アップデートパックでは、以下の Manager 系コンポーネントのアップデートが可能です。該当する
Manager 系コンポーネントのアップデートを行ってください。
z
z
z
z
z
z
z
e-Care Manager V4.4.1
e-Care Console V4.4.1
InfoTrace V2.2.1
Smart Policy Server V2.2.0
Smart Management Console V1.2.0
Smart Registration Manager V2.0.1
Smart Disk Management Console V1.2.1
ここでは、各 Manager 系コンポーネントのアップデート手順について説明します。なお、複数の Manager
系コンポーネントがインストールされている場合は、一度のアップデートで、インストールされているす
べての Manager 系コンポーネントのアップデートを行うことができます。
‰ e-Care Manager
e-Care Manager のアップデート手順は、Soliton Smart Security V1.2.4 からアップデートする場合と同様で
す。
‰ e-Care Console
e-Care Console のアップデート手順は、Soliton Smart Security V1.2.4 からアップデートする場合と同様で
す。
‰ InfoTrace
DatabaseServer/AnalysisServer/LogServer/SyncServer の 構 成 で イ ン ス ト ー ル さ れ て い る 場 合 、 お よ び
InfoTrace Server の各コンポーネントをそれぞれインストールしている場合ともに、アップデート手順は、
Soliton Smart Security V1.2.4 からアップデートする場合と同様です。
- 123 -
Soliton Smart Security V1.2.5
リリースノート
‰ Smart Policy Server
Smart Policy Server のアップデート手順は、Soliton Smart Security V1.2.4 からアップデートする場合と同様
です。
‰ Smart Management Console
Smart Management Console のアップデート手順は、Soliton Smart Security V1.2.4 からアップデートする場
合と同様です。
‰ Smart Registration Manager
Smart Registration Manager のアップデート手順は、Soliton Smart Security V1.2.3 からアップデートする場
合と同様です。
‰ Smart Disk Management Console
Smart Disk Management Console のアップデート手順は、Soliton Smart Security V1.2.4 からアップデートす
る場合と同様です。
11.1.4.3
Soliton Smart Security Agent のディスク発行
Manager 系コンポーネントのアップデートが完了したら、Soliton Smart Security Agent のインストールデ
ィスクを発行してください。
Soliton Smart Security Agent のディスク発行手順は、Soliton Smart Security V1.2.4 からアップデートする場
合と同様です。
11.1.4.4
Soliton Smart Security Agent のアップデート
Soliton Smart Security Agent のディスク発行が完了したら、Soliton Smart Security Agent をアップデートし
てください。
Soliton Smart Security Agent のアップデート手順は、Soliton Smart Security V1.2.4 からアップデートする場
合と同様です。
11.1.5 Soliton Smart Security V1.2.0 からアップデートする場合
11.1.5.1 e-Care Controller のアップデート
e-Care Controller のアップデート手順は、Soliton Smart Security V1.2.4 からアップデートする場合と同様で
す。
11.1.5.2 Manager 系コンポーネントのアップデート
本アップデートパックでは、以下の Manager 系コンポーネントのアップデートが可能です。該当する
Manager 系コンポーネントのアップデートを行ってください。
z
z
z
z
z
z
z
e-Care Manager V4.4.0
e-Care Console V4.4.0
InfoTrace V2.2.0
Smart Policy Server V2.2.0
Smart Management Console V1.2.0
Smart Registration Manager V2.0.0
Smart Disk Management Console V1.2.0
ここでは、各 Manager 系コンポーネントのアップデート手順について説明します。なお、複数の Manager
系コンポーネントがインストールされている場合は、一度のアップデートで、インストールされているす
べての Manager 系コンポーネントのアップデートを行うことができます。
- 124 -
11
アップデート
‰ e-Care Manager
e-Care Manager のアップデート手順は、Soliton Smart Security V1.2.4 からアップデートする場合と同様で
す。
‰ e-Care Console
e-Care Console のアップデート手順は、Soliton Smart Security V1.2.4 からアップデートする場合と同様で
す。
‰ InfoTrace
DatabaseServer/AnalysisServer/LogServer/SyncServer の 構 成 で イ ン ス ト ー ル さ れ て い る 場 合 、 お よ び
InfoTrace Server の各コンポーネントをそれぞれインストールしている場合ともに、アップデート手順は、
Soliton Smart Security V1.2.4 からアップデートする場合と同様です。
‰ Smart Policy Server
Smart Policy Server のアップデート手順は、Soliton Smart Security V1.2.4 からアップデートする場合と同様
です。
‰ Smart Management Console
Smart Management Console のアップデート手順は、Soliton Smart Security V1.2.4 からアップデートする場
合と同様です。
‰ Smart Registration Manager
Smart Registration Manager のアップデート手順は、Soliton Smart Security V1.2.3 からアップデートする場
合と同様です。
‰ Smart Disk Management Console
Smart Disk Management Console のアップデート手順は、Soliton Smart Security V1.2.4 からアップデートす
る場合と同様です。
11.1.5.3
Soliton Smart Security Agent のディスク発行
Manager 系コンポーネントのアップデートが完了したら、Soliton Smart Security Agent のインストールデ
ィスクを発行してください。
Soliton Smart Security Agent のディスク発行手順は、Soliton Smart Security V1.2.4 からアップデートする場
合と同様です。
11.1.5.4
Soliton Smart Security Agent のアップデート
Soliton Smart Security Agent のディスク発行が完了したら、Soliton Smart Security Agent をアップデートし
てください。
Soliton Smart Security Agent のアップデート手順は、Soliton Smart Security V1.2.4 からアップデートする場
合と同様です。
- 125 -
Soliton Smart Security V1.2.5
11.2
リリースノート
バージョンの確認
各コンポーネントのバージョンの確認方法について説明します。
11.2.1 e-Care
e-Care のバージョン確認は、以下の手順で行ってください。
1.
プログラムメニューの[Soliton Smart Security]-[e-Care]-[Soliton e-Care Console]をクリックしてください。
2.
図 11.2.1 が表示されます。[ユーザー名(U)]、[パスワード(P)]を入力し、<OK(O)>ボタンをクリックし
てください。
図 11.2.1
3.
ユーザー認証
図 11.2.2 が表示されます。メニューの[オプション(O)]-[Manager 管理(M)]をクリックしてください。
図 11.2.2
Soliton e-Care Console
- 126 -
11
4.
図 11.2.3 が表示されます。[Controller バージョン]が「4.4.4」と表示されていること、[Manager(M)]の
一覧にある Manager のバージョンが「4.4.4」と表示されていることを確認し、<閉じる(C)>ボタンを
クリックしてください。
図 11.2.3
5.
アップデート
Manager 管理
メニューの[ヘルプ(H)]-[バージョン情報(A)]をクリックしてください。
図 11.2.4
Soliton e-Care Console
- 127 -
Soliton Smart Security V1.2.5
6.
リリースノート
図 11.2.5 が表示されます。「Soliton e-Care Console Version 4.4.4」と表示されていることを確認し、
<OK(O)>ボタンをクリックしてください。
図 11.2.5
7.
e-Care Console のバージョン情報
e-Care Console を終了してください。
以上で、e-Care のバージョン確認は完了です。
- 128 -
11
11.2.2
アップデート
InfoTrace
InfoTrace のバージョン確認は、以下の手順で行ってください。
1.
「プログラムの追加と削除」を実行してください。
2.
図 11.2.6 が表示されます。[Soliton InfoTrace]の[サポート情報を参照するには、ここをクリックしてく
ださい。] をクリックしてください。
図 11.2.6
3.
プログラムの追加と削除
図 11.2.7 が表示されます。[Version]が「2.2.5」と表示されていることを確認し、<閉じる(O)>ボタンを
クリックしてください。
図 11.2.7
4.
サポート情報
「プログラムの追加と削除」を終了してください。
以上で、InfoTrace のバージョン確認は完了です。
- 129 -
Soliton Smart Security V1.2.5
リリースノート
11.2.3 Smart Policy Server
Smart Policy Server のバージョン確認は、以下の手順で行ってください。
1.
「プログラムの追加と削除」を実行してください。
2.
図 11.2.8 が表示されます。[Smart Policy Server]の[サポート情報を参照するには、ここをクリックして
ください。] をクリックしてください。
図 11.2.8
3.
プログラムの追加と削除
図 11.2.9 が表示されます。[Version]が「2.2.5」と表示されていることを確認し、<閉じる(O)>ボタンを
クリックしてください。
図 11.2.9
4.
サポート情報
「プログラムの追加と削除」を終了してください。
以上で、Smart Policy Server のバージョン確認は完了です。
- 130 -
11
アップデート
11.2.4 Smart Management Console
Smart Management Console のバージョン確認は、以下の手順で行ってください。
1.
「プログラムの追加と削除」を実行してください。
2.
図 11.2.10 が表示されます。[Smart Management Console]の[サポート情報を参照するには、ここをクリ
ックしてください。] をクリックしてください。
図 11.2.10
3.
プログラムの追加と削除
図 11.2.11 が表示されます。[Version]が「1.2.5」と表示されていることを確認し、<閉じる(O)>ボタン
をクリックしてください。
図 11.2.11
4.
サポート情報
「プログラムの追加と削除」を終了してください。
以上で、Smart Management Console のバージョン確認は完了です。
- 131 -
Soliton Smart Security V1.2.5
リリースノート
11.2.5 Smart Registration Manager
Smart Registration Manager のバージョン確認は、以下の手順で行ってください。
1.
「プログラムの追加と削除」を実行してください。
2.
図 11.2.12 が表示されます。[Smart Registration Manager]の[サポート情報を参照するには、ここをクリ
ックしてください。] をクリックしてください。
図 11.2.12
3.
プログラムの追加と削除
図 11.2.13 が表示されます。[Version]が「2.0.2」と表示されていることを確認し、<閉じる(O)>ボタン
をクリックしてください。
図 11.2.13
4.
サポート情報
「プログラムの追加と削除」を終了してください。
以上で、Smart Registration Manager のバージョン確認は完了です。
- 132 -
11
アップデート
11.2.6 Smart Disk Management Console
Smart Disk Management Console のバージョン確認は、以下の手順で行ってください。
1.
「プログラムの追加と削除」を実行してください。
2.
図 11.2.14 が表示されます。[Smart Disk Management Console]の[サポート情報を参照するには、ここを
クリックしてください。] をクリックしてください。
図 11.2.14
3.
プログラムの追加と削除
図 11.2.15 が表示されます。[Version]が「1.2.5」と表示されていることを確認し、<閉じる(O)>ボタン
をクリックしてください。
図 11.2.15
4.
サポート情報
「プログラムの追加と削除」を終了してください。
以上で、Smart Disk Management Console のバージョン確認は完了です。
- 133 -
Soliton Smart Security V1.2.5
リリースノート
11.2.7 Soliton Smart Security Agent
Soliton Smart Security Agent のバージョン確認は、以下の手順で行ってください。
1.
タスクトレイにある Soliton Smart Security Agent のアイコンを右クリックし、[Agent 情報(A)]をクリッ
クしてください。
図 11.2.16
2.
Soliton Smart Security Agent アイコン
図 11.2.17 が表示されます。
「Soliton Smart Security Agent Version 1.2.5」と表示されていることを確認し
てください。また、各モジュールのバージョンが表 11.2.1 のように表示されていることを確認してく
ださい。確認が完了したら、<閉じる(C)>ボタンをクリックしてください。
図 11.2.17
Soliton Smart Security Agent
- 134 -
11
表 11.2.1
アップデート
各モジュールのバージョン
モジュール
バージョン
e-Care Agent
InfoTrace Agent
NALogon
LogAgent
4.4.4
2.2.5
2.2.3
1.2.5
以上で、Soliton Smart Security Agent のバージョン確認は完了です。
※タスクトレイに Agent アイコンを表示しない設定の場合は、Soliton e-Care Console で該当コンピュータの
インベントリ情報からバージョンを確認してください。インベントリ情報については、e-Care ユーザー
ズガイド「5.5 インベントリ情報の確認」および「5.5.5 コンポーネント情報」を参照してください。
- 135 -
Soliton Smart Security V1.2.5
12
リリースノート
ドキュメントの訂正について
このたび、ユーザーズガイドおよびリリースノートに以下の誤りがありました。ここに訂正してお詫び
申し上げます。
‰ e-Care V4.4 ユーザーズガイド(e-CareV44_UsersGuide.pdf)
表 12.1 e-Care V4.4 ユーザーズガイド正誤表
訂正箇所
P10
P11
P12
P50
誤
4MB 以上の空き
正
20MB 以上の空き
8MB 以上の空き
20MB 以上の空き
4MB 以上の空き
20MB 以上の空き
Windows Server Agent
項目「ハードディスク」
の内容
Solaris 用 UNIX Server
Agent のアンインストー
ル
8MB 以上の空き
20MB 以上の空き
# cd /opt/snmpri/install
# cd /opt/Snmpri/install
Linux(Redhat Linux) 用
UNIX Server Agent のア
ンインストール
# cd /usr/local/snmpri/install
# cd /usr/local/Snmpri/install
Windows Agent
項目「ハードディスク」
の内容
Windows Server Agent
項目「ハードディスク」
の内容
Windows Agent
項目「ハードディスク」
の内容
‰ e-Care V4.4.0 リリースノート(e-CareV44_ReleaseNote.pdf)
表 12.2 e-Care V4.4.0 リリースノート正誤表
訂正箇所
P52
ReachOut 本体のインス
トール方法
手順 2
誤
Windows Vista の場合、デフォル
トでスタートメニューに表示さ
れませんので、[Windows]+[R]キ
ーを押してください。
- 136 -
正
削除
※REACHOUT は、Windows Vista
はサポート対象外です。
12
ドキュメントの訂正について
‰ InfoTrace V2.2 ユーザーズガイド(InfoTraceV22_UsersGuide.pdf)
表 12.3 InfoTrace V2.2 ユーザーズガイド正誤表
訂正箇所
P18
P38
P75
P76
P132
P145
P151
P158
表 2.1.4
項目「OS」の内容
表 2.3.3
項目「サイト番号」の説
明
表 3.2.2
項目「その他」-オプシ
ョン「/DeleteAllLog」の
説明
ログスプールディレク
トリ内に「#invalid」フォ
ルダが作成された場合
の対処方法
誤
多言語/多国語版
正
サイト番号は、1~9999 の半角数
字を入力してください。
多言語/多国語版(日本語と英語
のみ)
サイト番号は、1~99999 の半角
数字を入力してください。
バックアップした全てのログを
削除する場合に指定してくださ
い。
データベース内にあるすべての
ログを削除する場合に指定して
ください。
ログスプールディレクトリ内に
「#invalid」フォルダが作成され
た場合は、以下の手順を行って
ください。
ログスプールディレク
トリ内に「#invalid」フォ
ルダが作成された場合
の対処方法 手順 2
ログスプールディレクトリ内の
「#invalid」フォルダを任意のフ
ォルダにコピーしてください。
表 5.2.2
項目「ホスト名」の説明
表 5.2.10
項目「ホスト名」の説明
表 5.2.12
「デスクトップイベン
ト」-「セーフモードサ
ブイベント」の列
DNS 名(FQDN)を指定します。
ログスプールディレクトリ内に
「#invalid」フォルダが作成され
た場合は、以下の手順を行うと、
ログを格納できるようになる場
合があります。
ログスプールディレクトリ内の
「#invalid」フォルダを InfoTrace
がインストールされているフォ
ルダ以外の任意のフォルダにコ
ピーしてください。
コンピュータ名を指定します。
InfoTrace Agent コンピュータの
DNS 名(FQDN)を表示します。
以下の項目は記録されませんが
「○」が表示されています。
・リモートデスクトップコンピ
ュータ名
・リモートデスクトップ IP アド
レス
集計項目
ローカルプリンタとして設定さ
れているプリンタの印刷集計を
行う場合は「クライアント(印
刷)」、プリントサーバー経由の
印刷集計を行う場合は「サーバ
ー(印刷)」を選択してください。
InfoTrace Agent コンピュータ名
FQDN を表示します。
以下の項目は記録されないた
め、空欄となります。
・リモートデスクトップコンピ
ュータ名
・リモートデスクトップ IP アド
レス
集計条件
ローカルプリンタおよびネット
ワークプリンタの印刷集計を行
う場合は「クライアント(印
刷)」、共有プリンタの印刷集計
を行う場合は「サーバー(印刷)」
を選択してください。
表 5.3.1
項目「集計項目」の項目
名と説明
- 137 -
Soliton Smart Security V1.2.5
リリースノート
‰ InfoTrace V2.2.0 リリースノート(InfoTraceV22_ReleaseNote.pdf)
表 12.4 InfoTrace V2.2.0 リリースノート正誤表
訂正箇所
P28
注意事項 13 の見出しと
説明
誤
13. ネットワーク非接続環境で
の IP アドレスが 127.0.0.1 または
0.0.0.0 になる
ネットワークケーブルが抜けて
いる、またはモバイルコンピュ
ータでネットワークが認識でき
ない環境の場合、InfoTrace Agent
が記録するログの IP アドレス
は、127.0.0.1 または 0.0.0.0 にな
ります。また、コンピュータの
電源 ON 前からネットワークケ
ーブルが抜けている場合、MAC
アドレスが空白になります。(ネ
ットワークに接続していて断線
した場合は、MAC アドレスの取
得ができます。)
- 138 -
正
13. ネットワーク非接続環境で
の IP アドレスが 0.0.0.0 になる
ネットワークケーブルが抜けて
いる、またはモバイルコンピュ
ータでネットワークが認識でき
ない環境の場合、InfoTrace Agent
が記録するログの IP アドレス
は、0.0.0.0 になります。
上記の場合でも、MAC アドレス
は正しく記録されます。
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
10
File Size
1 676 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content