close

Enter

Log in using OpenID

触錯覚を利用する新しい触覚インターフェースの研究

embedDownload
2014/10/28
大岡昌博
名古屋大学
大学院情報科学研究科
平成26年 人工知能研究振興財団成果発表会
1
研究の背景
研究の背景
ベルベットハンドイリュージョン(VHI)
研究の目的
装置設計の考え方
掌型触覚マウス
実験方法・手順
実験結果と考察
実験結果と考察
触覚ディスプレイ
まとめ
平成26年人工知能研究振興財団成果発表会
2
1
2014/10/28
人間の五感
視覚
視覚・聴覚
視覚・聴覚・触覚
コミュニケーション手段!
触覚
聴覚
嗅覚
触覚
味覚
視聴覚研究は進んでいる
様々な応用がなされ成熟期
触覚は研究段階
注目度は高く、応用が
期待されている!
平成26年人工知能研究振興財団成果発表会
3
網目を両手で挟んでこすると,やわらかい,すべすべ
の面を感じる現象である
Science museum in San Francisco
平成26年人工知能研究振興財団成果発表会
4
2
2014/10/28
二本の鋼線でもVHIは生じる
平成26年人工知能研究振興財団成果発表会
5
鋼線の方を動かした方がはっきりとしたVHIが生じる
3
3
Passive touch
Stimulus: moving
Hands: starionary
Active touch test
2
Stimulus: stationary
Hands: moving
1
y = 0.0122x − 0.425
Scale value
Scale value
2
1
y = 0.114x − 4.00
0
40
Wire distance
mm
50
手を動かす
平成26年人工知能研究振興財団成果発表会
0
40
Wire distance
mm
50
鋼線の方を動かす
6
3
2014/10/28
受動触の方が具合よさそう
複数の触覚システムが関係しているらしい
機械受容単位ではなく脳内で生じている現象らしい
線の感触が勝ると弱くなる
指先より掌の方がはっきりしている
ここちよいとはかぎらない
平成26年人工知能研究振興財団成果発表会
7
VHIを利用して材質感を呈示する
どのような触覚ディスプレイであればよいか
触覚ディスプレイで呈示可能なのか
その触覚ディスプレイでVHIの強さを制御できるのか
二本線以外のパターンでVHIが生じることが可能なのか
二本線で生じるVHIと触覚ディスプレイで生じるVHIに差があ
るのか
◦ 「柔らかい」,「なめらか」以外の感覚と組み合わせた呈示は
可能なのか
◦
◦
◦
◦
◦
平成26年人工知能研究振興財団成果発表会
8
4
2014/10/28
指先呈示の場合
手の触覚特性
ピンピッチ:1mm必要
ピンピッチ:
必要
点の連続!
ピンピッチ:2.4mm
ピンピッチ:
指先の特性を測るためのピンマトリクス
の間隔は1mm程度必要である
ダイナミック型
掌呈示の場合
直線!
ピンピッチ:5mm必要
必要
ピンピッチ:
現在のピン間隔で十分に特性を活かした
実験をすることができる
右手
点字ディスプレイ
平成26年人工知能研究振興財団成果発表会
9
開発した掌呈示型触覚マウス
拇指球部分に呈示できるように設計
呈示する部分
平成26年人工知能研究振興財団成果発表会
10
5
2014/10/28
点字ディスプレイによる呈示方法
掌型触覚マウス(2013年)
•マウスに点字ディスプレイを搭載
マウスに点字ディスプレイを搭載
•仮想空間における物体探査(
仮想空間における物体探査(VR)
仮想空間における物体探査( )
平成26年人工知能研究振興財団成果発表会
11
点字ディスプレイによる呈示方法
掌型触覚マウス(2013年)
•マウスに点字ディスプレイを搭載
マウスに点字ディスプレイを搭載
•仮想空間における物体探査(
仮想空間における物体探査(VR)
仮想空間における物体探査( )
平成26年人工知能研究振興財団成果発表会
12
6
2014/10/28
点字ディスプレイによる呈示方法
掌型触覚マウス(2013年)
•マウスに点字ディスプレイを搭載
マウスに点字ディスプレイを搭載
•仮想空間における物体探査(
仮想空間における物体探査(VR)
仮想空間における物体探査( )
手と呈示面が一体
平成26年人工知能研究振興財団成果発表会
13
手と呈示面が一体
平成26年人工知能研究振興財団成果発表会
14
7
2014/10/28
平成26年人工知能研究振興財団成果発表会
15
平成26年人工知能研究振興財団成果発表会
16
8
2014/10/28
平成26年人工知能研究振興財団成果発表会
17
平成26年人工知能研究振興財団成果発表会
18
9
2014/10/28
◎掌呈示型触覚マウスを開発し、VHI
◎掌呈示型触覚マウスを開発し、VHIの呈示性能を評価
VHIの呈示性能を評価
した.
指先と掌に存在する触覚受容器の密度と,現状で可
能なアクチュエータアレイの密度を勘案すると掌呈示
方式で検討することが妥当である
ベルベット生地,金網,二本鋼線,掌呈示型触覚マウ
スに対して,VHIのマグニチュードを評価したところ,金
網と掌呈示型触覚マウスのVHI強度は同程度であった
平成26年人工知能研究振興財団成果発表会
19
10
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
10
File Size
758 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content