close

Enter

Log in using OpenID

校正の実力を試す(実測例)

embedDownload
Measurement Tips – PCI Express, no.003
DSA91304Aのスキュー自動
校正の実力を試す(実測例)
July, 2011
PCI Express®をはじめとする各種高速シリアル伝送規格
の試験では、標準治具に同軸ケーブルで接続して差動
信号を測定することがあります。この場合、あらかじめ
ケ
ケーブル間の電気長の違い(スキュー)を校正して取り除
ル間の電気長の違 ( キ
)を校 して取り除
いておく必要があります。DSA91304Aの自動スキュー校正
機能がどのくらいの実力があるのか、実測してみました。
図1 プロ
プローブ・スキュー校正の起動
ブ スキュ 校正の起動
Agilent DSA90000Aシリーズ・オシロスコープのプローブ
校正メニューは、Channel SetupメニューのProbe Calから
起動します。同軸ケーブルを使う場合は、校正メニューに
入る前にEnable User Defined Probeを選択し、分圧比を1:1
に設定しておきます。
Calibrate Probeボタンでプローブのユーザー校正メニュー
(図2)が起動されます。
図2 プローブ校正の実施
①
②
Start Atten/Offset Calボタンを押し、表示される指示に
従います。具体的には、使用するチャンネルに同軸
ケーブルをつなぎ、ケーブルの他端をオシロスコープの
AUX Out端子に接続します。
その後、確認ボタンが表示されるので、それに従うと校正
が実施されます。校正ルーチンは数秒で終了します。
この手順ではDC的な分圧比とオフセットを校正しました。
この手順ではDC的な分圧比とオフセットを校正しました
次に、そのままStart Skew Calを押して、同様の手順で
スキュー校正を実施します。これも数秒で終了します。
以上を、使用する他のチャンネルについても行ないます。
図3 プローブ校正終了後の状態
プローブ校正が終了すると、表示が左図のように変わり
ます。図2で赤丸(破線)で示したところはNot Calibratedと
表示されていましたが、終了後は左図の青丸(実線)
のように変わります。
のように変わります
左図はチャンネル1について校正が終わった状態を示して
います。
DSA91304A
図4 スキュー校正結果の確認のセットアップ
CAL Out
11636B
Power divider
CH1
CH3
チャンネル間スキューは、プローブ(この場合は同軸
ケーブル)に同じ信号を入力し、それがオシロスコープの
表示上でどの位の差になるかを測定することで確認
できます。
“同じ長さ”の
ブ
同軸ケーブル2本
そこで、オシロスコープの校正用出力(CAL Out)を
スプリッタで分岐し、その信号を2つのチャンネルで
測定しました その結果を図5と図6に示します
測定しました。その結果を図5と図6に示します。
図5 校正前のスキュ
校正前のスキュー状態
状態
校正前の状態(図5)では40ps弱のスキューが見られました。
これがケーブルの電気長の違いによるスキューです。
校正後のスキュー(図6)は1ps未満となり、自動ルーチン
による自動校正でも十分小さなスキューに調整されて
いました。
図6 校正後のスキュー状態
自動校正を使った場合でもスキュー誤差がかなり小さく
調整されていることがわかりましたが、校正の結果を図4
の 手 法 で 確認 す る こ と は 常 に 有 用 で す 。 場 合 に よ り 、
または目的により調整が十分でない場合には、手動でも
スキューを調整できます。
なお、ここで示した結果は、同軸ケーブルを使った場合の、
1台のDSA91304Aによる実験結果であり、参考情報として
ご提供しています。DSA91304Aの自動スキュー校正の誤
差を保証するものではありませんので、ご留意ください。
使用機材: Agilent DSA91304A Infiniium オシロスコープ
アジレント・テクノロジー株式会社
本社〒192-8510 東京都八
本社〒
東京都八王子市高倉町9-1
子市高倉町
PCI-SIG®, PCIe® and the PCI Express® are US registered
trademarks and/or service marks of PCI-SIG.
記載事項は変更になる場合があります。
ご発注の際にご確認ください。
©Agilent Technologies. Inc. 2011
Published in Japan, July 20,2011
計測お客様窓口
受付時間9:00-18:00(土・日・祭日を除く)
TEL ■■ 0120-421-345 (042-656-7832)
FAX■■ 0120-421-678 (042-656-7840)
Email
[email protected]
電子計測ホームページ www.agilent.co.jp
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
7
File Size
371 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content