close

Enter

Log in using OpenID

行政・財政・税務 平成24年度 質 問 住所の表記について(平成 24年6月

embedDownload
行政・財政・税務
平成24年度
質
問
住所の表記について(平成24年6月)
現在、住んでいる地域は、町名がありません。しかし、実際には町名を入
れて生活している事の方が便利なので多いです。
この二つの住所があることはとても不便であり、問題も生じます。
先日の例ですが、インターネットで航空券を申し込みましたが、町名が無
いとエラーになってしまうので、入れて申し込みましたが、パスポートには
町名が無いのでどうなっていると問われました。運転免許証には町名が入っ
ているので、身分証明書としてコピーを送った時も問われました。このよう
な事が多くあり不便です。
早急に○丁目○番地の様な記載に変更して欲しい、いや、するべきです。ど
のようにお考えでしょうか。
回
答
龍ケ崎市は昭和29年に龍ケ崎町ほか6か村が合併して誕生しました。
町村合併の際、当市における住所は、大字+番地で表示されるようになり
ましたが、旧龍ケ崎町の区域については、大字にあたる町名(大字)がもと
もとないことから「龍ケ崎市○○○番地」といった形になっております。
このような住所の表示は、合併当時、法律に基づいて行なったもので、間
違いということではありませんが、不便な面があることも認識しておりま
す。
しかしながら、日常で使用していると思われる「上町」、「下町」、「根町」
といったものは、大字ではなく小字にあたりますので、正規の住所としては
記入する必要がないことになります。
また、これらの小字については境界線が明確でないものも多いことから、
仮にこれを正式な住居表示に使用するとなると不都合が生じる状況です。
龍ケ崎市ではそのような不便を解消するべく、昭和49年から昭和53年にか
けてと、平成15年から平成17年にかけて、新たな住居表示を実施促進するた
めの協議会や懇談会を設置し、地域の代表者、関係機関の皆さんと話し合い
を進めた経緯があります。
しかし、新たな区画によって地域的なつながりが崩れることを懸念する住
民感情や、該当する地域のすべての市民に自動車の免許証や車検証、健康保
険証、年金証書、児童扶養手当受給者証等の書き換え、土地建物の所有にか
かる住所変更届の提出など、自ら所管の官公庁へ出向いてもらうような負担
を強いること、億単位の費用が必要になることなどから、最終的に実施を見
送ったという状況です。
課題として認識しつつも、該当地域の区や町内会、自治会といった内部か
らの機運が盛り上がらないこと、不況の続くなか億単位の経費を捻出するこ
との難しさなどから、現状では着手できないものと考えております。
※参考詳しくは龍ケ崎市公式ホームページの総務課コラムをご覧いただきた
いと思います。
(ホームページの入り方:トップページ→総務課→総務課コラム集)
(担当課 総務課)
質
問
コミュニティーセンターの開館について(平成24年5月)
火曜日にコミュニティーセンターを利用させていただいております。月曜
日が祭日の場合は火曜日が休みになってしまいます。とても不便を感じてお
ります。月曜日の祭日の利用率があまりないと聞いています。何とか早くに
議会にかけて頂き、火曜日利用をしていただけますように、お願いします。
回
答
現在、コミュニティセンターは月曜日を休館日としておりますが、月曜日
が祝日である場合につきましては、月曜日を開館し、以後直近の平日を休館
とさせていただいております。
現行の「国民の祝日に関する法律」では、年15日ある祝日のうち、「成人
の日」など4つの祝日が月曜日に当たることが規定されており(いわゆる
「ハッピーマンデー制度」)、これら以外の祝日につきましても、年によって
は月曜日に当たることもありますことから、火曜日にコミュニティセンター
を休館とする事例は、他の曜日に比べ多くなっております。
祝日である月曜を開館した場合の利用者数は、お手紙にもありました通
り、他の曜日に比べ少数となっていることから、月曜日が祝日である場合の
休館日の取り扱いについては、今後の検討課題であると受け止めておりま
す。
今後ともコミュニティセンターをご利用いただけますよう、よろしくお願
い申し上げます。
(担当課 市民協働課)
質
問
西部出張所の業務(県民交通災害共済)について(平成24年4月)
H24.4.18に西部出張所で県民交通災害共済金の請求をしたところ市民課が
窓口なのでと案内されたので、連絡便にて届けて頂けないかと依頼したとこ
ろ出来ないとの事。以前住んでいた市においては受付可能で、そうでない届
書、申請書の一部は連絡便の送達が可能であり、市民へのサービスが良かっ
た。連絡便での仮受付けの検討をお願いいたします。
次に、行っている業務を尋ねると証明書の交付と国保の加入とのこと。他
にも多少とも行っていると思いますが、職員3名と臨職での業務遂行は配置
人員が多いと思います。他市を視察又は照会を行い、「総合窓口」的に受付
業務の範囲を充実するよう検討をお願いします。
封筒の検討もお願い致します。
回
答
私は、常々、市民の皆様が市役所を訪れた際に、明るく笑顔でお帰りいた
だける市役所でなければならないと職員には話していましたが、この度は、
県民交通災害共済見舞金請求書における西部出張所の窓口対応で、大変不愉
快な思いをさせましたことを、心よりお詫び申し上げます。
今後は、県民交通災害共済見舞金請求書の受付等で西部出張所や東部出張
所で仮受付の可能な書類は、お預かりいたしまして、連絡便で本庁の担当課
へ届ける方法を行ってまいります。
次に、西部出張所の業務についてでございますが、西部出張所では8課92
種の業務を行っており、その事務処理量は年間約3万件になります。
市では、業務内容・業務量に応じ、職員の配置を判断しておりますので、
ご理解いただきますようお願い申し上げます。
(担当課 市民課)
次に、市長への手紙は市民の皆様からの声を聴く非常に重要な方法でござ
います。現在は、葉書及び電子メールにより頂いておりますが、ご提案にあ
りました市長への手紙の封書化についても、市民の皆様からの声を聴く手段
の充実に向け、検討してまいります。
(担当課 秘書広聴課)
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
2
File Size
219 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content