close

Enter

Log in using OpenID

なぜなに学習相談

embedDownload
なぜなに学習相談
䈭䈟䈭䈮ቇ⠌⋧⺣
学研教育情報資料センター
ቇ⎇ᢎ⢒ᖱႎ⾗ᢱ࠮ࡦ࠲࡯
資料番号1657
え も の
さが
ヘビは、どうやって獲物を探すの
め
みみ
●ヘビは、目も耳もあまりよくない
みみ
た い か
おと
き
め
あか
かん
ヘビは、耳が退化していて、ほとんど音は聞こえません。目も、明るさを感じるていどで
ぶん
かん
きゅうかく
おんどへんか
かん
き か ん
はったつ
す。その分、においを感じる 嗅覚 とか、温度変化を感じとる器官が発達しています。
した
くち
だ
い
した
さき
ふた
わ
ヘビは、たえず、ぺろぺろと舌を口から出し入れしています。舌の先は二またに割れてい
くうきちゅう
あつ
うわ
かんかくき か ん
て、
空気中にただよっている、
においのもとになっているものを集め、上あごにある感覚器官
き か ん
おく
かんかくきかん
あじ
え も の
しゅるい
(ヤコブソン器官)に送ります。ヘビは、この感覚器官で、においや味、獲物の種類などを
たし
確かめます。
ちか
え も の
え も の
はっけん
近くに獲物がいれば、そのにおいで、ヘビはすぐ獲物を発見できるわけです。
せきがいせん
え も の
はっけん
●赤外線で獲物を発見する
しゅるい
お ん ど
かん
え も の
たいおん
く う き
ヘビの種類によっては、温度にびん感なものもいます。
これらのヘビは、獲物の体温や空気
おん ど へ ん か
え も の
ほうこう
りょうほう
め
した
のわずかな温度変化で、獲物のいる方向がわかるのです。マムシは、 両方 の目のすぐ下に、
こ
き か ん
え も の
たいおん
せきがいせん
2個のくぼみ(ピット器官)があります。このくぼみで、獲物の体温(赤外線)をとらえ、
え も の
ば し ょ
し
お ん ど
かん
ちい
獲物のいる場所を知ることができます。インドニシキヘビは、くちびるに温度を感じる小さ
き か ん
いあな(ピット器官)をもっています。
しゅるい
ひるまかつどう
よるかつどう
よるかつどう
どく
ヘビは、種類によって昼間活動するものと、夜活動するものがいます。夜活動する毒ヘビ
き か ん
おお
は、ピット器官をもっていることが多いといえます。
つか
おと
き
●ヘビ使いのヘビは、音を聞いてはいない
つか
ふえ
ふえ
うご
こう
ヘビ使いの笛にあわせてコブラがおどるのは、笛の動きにあわせて、攻げきのポーズをと
ふえ
おと
き
っているだけで、ヘビには笛の音は聞こえていないのです。(監修・今泉 忠明)
無断複製:転載:翻訳を禁ず Gakken
X1020102
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
3
File Size
22 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content