close

Enter

Log in using OpenID

岡本 孝信 - 日本体育大学

embedDownload
担当授業科目に関する研究業績書
氏名
岡本 孝信
職位
所属学部・学科等
体育学部 健康学科
学位
博士(人間科学)(大阪大学)
担当授業
著書、学術論文等の
単 著
発 行 又 は
発行所、発行
科目名
名称
共 著
発 表の年
雑誌又は発表
の別
月
学会等の名称
共著
印
スポーツ
Repeated
生理学
cessation
resumption
刷
中
Int J Sports
and
(eFirst
で
Med
of
公開中)
教授
概要
本研究は健康な成人男性および女性を対象に、筋力トレーニングの中断と再開の繰り返しが
動脈スティフネスに及ぼす影響について検討した。その結果、トレーニングの中断と再開を繰り
返した群は、継続した群と比較して動脈スティフネスの増加が抑制されたが、トレーニング効果
resistance training
は両群とも同程度であることが明らかにされた。
attenuates
執筆箇所:印刷中(筆頭著者として、研究計画の立案、研究の遂行、論文の執筆など)
increases
共著者:Okamoto T, Sakamaki MS, Min SK, Yoshida S, Watanabe Y, Ogasawara R.
in
arterial stiffness.
Arterial
共著
compliance
and
2014 年 2
Eur J Appl
月
Physiol
本研究は健康な成人男性および女性を対象に、疲労困憊に至る低強度筋力トレーニング が
動脈コンプライアンスおよびスティフネスに及ぼす影響について検討した。その結果、疲労困憊
stiffness following
に至る低強度筋力トレーニング後の動脈コンプライアンスは有意に増加し、動脈スティフネスは
low-intensity
有意に低下することが明らかにされた。
resistance
執筆箇所:p235-241 (筆頭著者として、研究計画の立案、研究の遂行、論文の執筆など)
exercise.
共著者:Okamoto T, Min S, Sakamaki-Sunaga M.
Acute
effects
of
self-myofascial
release
foam
using
roller
a
on
arterial function.
共著
2014 年 1
J
月
Cond Res
Strength
本研究は健康な成人男性および女性を対象に、フォームローラーを用いた自己筋膜リリース
が動脈スティフネスおよび血管内皮機能に及ぼす影響について検討した。その結果、フォームロ
ーラーを用いた自己筋膜リリースは動脈スティフネスを低下させ、血管内皮機能を向上させるこ
とが示唆された。
執筆箇所:p69-73 (筆頭著者として、研究計画の立案、研究の遂行、論文の執筆など)
共著者:Okamoto T, Masuhara M, Ikuta K.
1
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
11
File Size
115 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content