close

Enter

Log in using OpenID

(13) モバイルテレビ普及の課題 モバイルテレビ普及の課題

embedDownload
01 November 2006
SHANGHAI
JIJI News Bulletin
時 事速報
(13) モバイルテレビ普及の課題
モバイルテレビ普及の課題
◇課金モデルを模索
中国で展開されている主なモバイルテレビサービスとしては(1)テレビ番組のリアルタイム放送(2)
コンテンツのダウンロード放送−がある。サービスの課金モデルとしては(1)月額課金(2)月額課金と
従量制の混合タイプ−を志向している。
GPRS方式を採用した上海モバイルは月課金30元で提供している。
DMB方式の上海明珠集団は月課金30−50元と、パケット料金0.01元/KBで提供。また、コン
テンツによっては、0.5元・1元・2元/回と、3パターンに分けたリクエスト回数料金も提供している。
当然、各社ともに、無料利用期間などのプロモーションを行っている。
◇日本と違う要因
日本と同じく、中国でもモバイルテレビをめぐっては、放送事業者と通信事業者の間で主導権争いの
様相を呈している。中国では日本のように、キャリアーが携帯電話メーカーの端末をすべて仕入れして
販売しているわけではないので(どちらかというと欧米型の流通構造)、携帯電話メーカーと放送事業
者の連携は、
比較的自由なようにも思える。しかし、
キャリアーからメーカーへのインセンティブがない分、
テレビ受信端末の普及が進まなかったり、政府の政策の影響が大きかったりと、日本とは違う要因が普
及の課題になりそうだ。
◇5つの課題
日本のようにキャリアーに主導権がなく、推進主体がはっきりしていない中国。普及に向けては次のよ
うな課題がある。
(1)技術標準が定まらない
DAB/DMBが先行しているが、他の方式も独自ルートで実験している。広電総局は今年デジタル放
送の技術標準を発表したが、携帯テレビサービスは対象外と説明、標準規定は不透明である。
(2)放送事業者と通信業者の役割分担が明確でない
携帯テレビサービスのライセンスは北京、上海、広東3カ所の放送機関しか発行していない。このサー
ビスの主導権は放送業界が握るようにみえる。しかし、放送業界の単独サービス提供は不可能。まだま
だせめぎ合いが続きそうである。
(3)コンテンツ制作が遅れている
現状、日本のように携帯テレビ専用コンテンツは少なく、既存テレビ番組の再送信がほとんど。やはり
携帯ならではの放送コンテンツとそれに付随するサービスが必要。
(4)受信端末が障害になっている
放送が受信できる端末は限られ、端末も高価。しかも、ノキア、サムソン、LGなど外資系メーカーが
中心であり、ボリュームゾーンの中国系企業は追い付いていない。庶民化は少し先。
(5)消費者のニーズ喚起が不十分
ある調査によると15.86%のユーザーはこのサービスを希望しているが、
市場のニーズは高くない。
機能主義の中国で、どれだけ流行にできるか。
(野村綜研(上海)咨詢有限公司 主任コンサルタント
吉永/総経理 中島)
時事通信社
Copyright© JIJI PRESS All Rights Reserved.
http://jijiweb.jiji.com/shanghai.html
JIJI News Bulletin
S H
A
N G H
A
I
6
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
5
File Size
524 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content