close

Enter

Log in using OpenID

KSCS - カジマメカトロエンジニアリング株式会社

embedDownload
■ 線形管理
本システムの線形管理概念はシールド機の先端が、計画線上を通過
するよう管理します。
管理項目は先端、中折、後部の左右変位と上下変位です。
これらの管理機能が正確に動作するには、座標校正が必要です。
■ マップ画面
シールド掘進管理システム
計画線とシールド機先端の軌跡を表示します。
KSCS
■ シールド機位置計算
本システムは、ジャイロコンパスの方位、ピッチング及びジャッキ
ストロークにより、シールド機の位置を自動計算します。計算方法は
シールド機位置を基準とした方法で、方位とストロークの微小変化を
累積して求めます。本方式では、横滑り現象を把握できません。
■ 計画線の入力
計画線の入力は次の画面で入力します。なお、取扱可能な計画線形
状の取扱いは次の通りです。
水平:直線、円曲線、クロソイド曲線、SIN逓減曲線、3次方物線
縦断:直線、円曲線
KME
Shield
Control
(泥水・土圧 対応)
シールド機位置
■ オプション
自動測量システム
シールド機の位置を、自動追尾トータルステーションを用いて把握
するシステムです。横滑り問題の解消に有効です。
坑内操作台車における掘進管理
坑内操作台車に掘進管理PCを設置して、坑内における掘進管理を
可能とします。
事務所における掘進管理
事務所に掘進管理PCを設置して、事務所における掘進管理を可能
とします。なお、中央管理室と事務所間に LAN を構築する必要があ
ります。
① 中央管理室と事務所が同一敷地内で 100m 以内:10Base-T
② 中央管理室と事務所が同一敷地内で 100m 超 :ADSL モデム
③ 中央管理室と事務所が同一敷地内でない:NTT デジタルアクセス専用線
お問い合わせ先
Webシステム
Webサーバを設置して、インターネットエクスプローラを介し掘
進監視とITV画像の閲覧をすることができます。外部のインターネ
ットと接続すれば、外部からも同様の監視ができます。更に、地域住
民への PR としても使えます。
ガス検知システム
坑内の酸素、メタン、硫化水素の濃度を計測し、管理値を超えた場
合に警報を発するシステムです。
ITVシステム
現場内のカメラ画像をモニタリングするシステムです。10kmの
画像伝送に対応可能です。画像はパソコンでも閲覧できます。
坑内電話システム
坑内専用の電話システムです。PHSへの対応も可能です。各電話
機から一斉放送・警報が可能です。PHS使用の場合、交換機を LAN
に接続すれば、PDA にて掘進を監視することができます。
開発・製造・販売
カジマメカトロエンジニアリング株式会社
E-Mail: [email protected]
URL: http://www.kme.jp/
■本 社
〒107-0051
東京都港区元赤坂 1 丁目 1 番 5 号 富士陰ビル 7F
TEL:03(5474)3720(代) FAX:03(5474)3723
■川越事業所
〒350-1165
埼玉県川越市南台 1 丁目 6 番 1 号
TEL:049(243)0318(代) FAX:049(243)0332
メカトロ事業本部 電気制御部 TEL:049(243)0952
FAX:049-246-3409
System
シールド工事に関する
設備機械メーカだからできる
システムです
Ver.6
シールド掘進管理システム(KSCS:KME Shield Control System) Ver.6
■ 概要
シールド掘進管理システム(通称KSCS)は、シールド機及び周
辺設備の情報を一元管理し、科学的数値データに基づいてシールド工
事の各種管理を自動的に行うシステムです。
シールド工事は、見えないものを見えるようにするのが重要な工事
であると考えます。例えば、泥水式シールド工法は、掘削した土砂は
スラリーと混合輸送されるため、実際に掘削した土砂量が分らないと、
取り込みすぎによる陥没事故を招く恐れがあります。
また、シールド機の位置は、昼/夜交替時間の測量でしか得られない
ため、掘進、組立中の位置を把握できないことから、トンネル線形の
蛇行や線形逸脱を招く恐れがあります。これら、実際に掘削した土砂
量、掘進・組立中のシールド機位置は、目視で確認できない情報です。
本システムは、上記のような見えない情報を見えるようにし、シー
ルド工事の役立てることのできるシステムです。
●掘進管理画面
ジャッキパターン、シールド機姿勢及び各管理データを管理する画面です。
姿勢を示したメータ部では、現在値と設計値の差がひと目でわかります。
■ 特徴
直感的な画面
日報印刷機能
掘進管理画面は、職員や操作員に直感的で分りやすい画面構成とし、
標準画面の他にも現場のニーズに合わせた画面を表示します。
設定時間になると、自動的に日報を印刷します。また、後日修正し
て印刷することも出来ます。
線形管理機能
事務所に居ながら掘進監視
マシンの先端・中折・後部における計画線からの離れ量を管理しま
す。シールド機位置はジャイロとシールド機データを使用して自動算
出します。
本システムは、ネットワーク機能を開発時から強化しているため、
事務所などの LAN に接続されたパソコンで掘進を監視することがで
きます。これより現場の状況を事前に把握して、タイムリーに切羽へ
向かうことができます。これは長距離になるほど顕著です。
●線形管理画面
右側の1、2段目のグラフは水平における線形データを表
し、1段目が横軸をリングとした左右変位を、2段目が横軸を
距離程としたXY座標を示しています。
3、4段目のグラフは縦断における線形データを表し、3段
目が横軸をリングとした上下変位を、4段目が横軸を距離程と
したZ座標を示しています。
保存機能
高い拡張性とシンプルな機器構成
管理データを漏れなく保存し、エクセルにて容易に解析することが
出来ます。
不慮の事故によるファイルの損失を免れる為、保存を2重化してお
ります。
本システムは、接続計器について非常に高い拡張性を持っています。
現場の急な信号増設においても柔軟に対応することができます。また、
機器構成がシンプルで、坑内の信号伝送線は坑内電話などの多芯ケー
ブルと共用することができます。
音声による警報機能
低コスト
KSCSにて管理している項目に関して、警報発生または上下限値
を超えた場合は、音声による警報を行います。
オプション
名 称
説 明
掘進管理PC
サーバ
・OS:Windows2000
・CPU:PentiumMMX233MHz以上
・HDD:1GB以上
・RAM:64MB以上
・解像度:1024×768
・モニタ:17インチ
・プリンタ:A3モノクロレーザ
掘進管理PC
クライアント
掘進管理
プログラム
市販品を用い、低コスト化を実現しました。
プリンタ
掘進管理PC
クライアント
10BASE-T
流体中央
MELSEC
計算機リンク
●切羽安定管理画面
土圧式:切羽土圧、排土量
泥水式:偏差流量、乾砂量、切羽水圧
ADSL
・同上
・最大入出力点数:512点
・接続可能機器:
三菱電機シーケンサ
Net10、計算機リンク
オムロンシーケンサ
SysmacLink、上位リンク
FinsGateway
三菱電機 MultiEcho
横河電子機器 VityLiner
インターフェース社
16点DIO、8点AIO
ペ
スト
ツイ
ADSL
基本システム
ア
名 称
10BASE-T
メディア
コンバータ
C
232
RS
計算機リンク
シールド機信号
流体信号
裏込信号
メディアコンバータ
裏込信号
ADSLモデム
シールド機
MELSEC
マシンメーカ所掌
■UCL・LCLの設定
積算値グラフはUCL・LCL(管理
限界値)を表示することが出来ます。
管理値を超えると音声による警報を
発します。
その他管理画面
上記の画面の他に、
ジャイロコンパス
表示器
ジャイロ
流体業者所掌
掘進管理PC
サーバ
ツイストペアケーブル
説 明
トキメック:TMG32B,TMG-32BT
横河 :SGL-250,SGL-300
シールド機MELSEC(三菱電機製シーケン
サ)の計算機リンクユニットより専用プロトコ
ル方式で入力する。
流体中央MELSECの計算機リンクユニット
より専用プロトコル方式で入力する。
シールド機MELSECに取り込んで頂き、
シールド機信号と併せて入力します。
RS232CをEthernetに変換する装置です。
最大伝送距離:約2.5km
ADSLモデム増設により延伸可能です。
CPEV-S 0.9mm×1P
坑内電話等で使用する多芯ケーブルと共用
時系列グラフ
ストロークグラフ
リンググラフ
棒グラフ
レーダーチャート
デジタル値表時
ランプ表示
●裏込管理画面
A液、B液、A+B液の注入流量、
注入圧、リング計、日計を示していま
す。
帳票
右のような日
報や、リング報の
印刷が可能です。
など、お客様のニーズ
に 合っ た計 測管 理画
面 を作 成す るこ とが
可能です。
保存
解析
リングファイル、リング代表値ファイル、時系列ファイル、トラブル
ファイルと多用にファイルを用意しています。ファイルは全て二重化し
ており安全です。
リングの代表値(平均、最終値など)を連結したファイルを作成する
ことができます。このファイルを本システム標準のマクロプログラムで
展開すると、横軸をリング番号とした分りやすいグラフを作成すること
ができ、推力、トルクなどのデータ解析に役立てることができます。
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
5
File Size
119 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content