close

Enter

Log in using OpenID

PDFをダウンロード(523 KB)

embedDownload
連載企画
LAは1979年,天然ゴム製手袋に対する接触性蕁麻疹と
麻酔危機管理
して最初に報告された1).1980年頃,欧米ではヒト免疫
不全ウイルス(Human Immunodeficiency Virus:HIV)
やB 型肝炎ウイルス(Hepatitis B Virus:HBV)
,C型肝
炎ウイルス(Hepatitis C Virus:HCV)などの感染症に
第13回
手術室における
ラテックスアレルギ
対する標準予防策として,医療従事者の天然ゴム製手袋
の使用頻度が劇的に増加した 2).その結果,LA罹患率
Latex Allergy in
the Operating Room
が急速に上昇し,死亡症例も発生した.
1991年,米国食品医薬品局(Food and Drug Admin-
帝京大学医学部麻酔科学講座・集中治療部 准教授
istration:FDA)が LAに関する注意喚起を行った.
水野 樹
1992年,厚生省薬務局(現在の独立行政法人医薬品医療
Ju Mizuno
機器総合機構)は医薬品副作用情報 No.113 で,米国FDA
JR東京総合病院 院長
東京大学名誉教授
の発表を日本語訳して発表した.1999年,医薬品副作用
花岡一雄
Kazuo Hanaoka
情報 No.153 で,天然ゴムを含有する医療用具の表示に関
する添付文書の改訂が行われた.
1996年,日本LA研究会が発足した.以後,毎年研究
● はじめに
会を開催し,民間,行政およびメーカーが討議,協力し,
ラテックスアレルギ(Latex Allergy:LA)は,天然
LAの予防啓発活動を行った.2006年,医療現場での対
ゴム素材であるラテックスに含まれるタンパク質成分に
応だけでなく,一般市民への啓発を目的として,「LA安
対する炎症系メディエータ(Immunoglobulin E:lgE)
全対策ガイドライン2006」を出版し,LAの症状,原因,
を介した即時型アレルギ反応である.ラテックスアレル
ハイリスクグループの存在の理解と予防対策の重要性を
ゲンが接触した皮膚や粘膜から吸収され,紅斑,膨疹,
解説した.2009年,改訂版として「LA安全対策ガイド
掻痒,水疱形成などの皮膚症状のほか,顔面浮腫,結膜
ライン2009」3)を出版し,LA回避のさらなるマニュアル
炎,鼻炎,咽頭浮腫,喘息発作などの呼吸困難,血圧低
化を進めている.
下や意識障害などのアナフィラキシィショックが起こ
り,生命が危険にさらされる場合もある.
● 麻酔科医はハイリスクグループ
麻酔科医,外科医,手術室看護師などの手術室内にお
● LAとその対策の歴史
ける医療従事者は,LAのハイリスクグループである4).
ヨーロッパ人がアメリカ大陸を発見した際,現地人が
なかでも麻酔科医は,天然ゴム製手袋のみならず,様々
ゴムの木の幹に傷をつけ,しみ出てくる白い樹液を自然
な医療機器,医療機材に含まれるラテックスに曝露され
凝固させてゴムを採取していることに着目し,その後,
ることが多く,長期間のうちに感作されている.麻酔科
天然ゴム生産量が飛躍的に増加した.現在,天然ゴムの
医は,感作率12.5% 5),ラテックス特異的 IgE 抗体陽性率
原料は南アジアや東アフリカの熱帯で栽培されているパ
33.3% 6),皮膚テスト陽性率15.8% 7)との報告がある.麻
ラゴムノキ(Hevea brasiliensis)などから採取加工され
酔科医の年齢および就業年数とラテックス特異的 IgE 抗
ている.
体陽性率には有意な相関関係が認められる.また,麻酔
Anesthesia 21 Century Vol.12 No.1-36 2010 (2291) 67
科医の過半数がパウダー付きラテックス手袋を使用して
栓,絆創膏,粘着テープおよび手動の血圧計など多くの
いる施設では感作の危険が6.0倍に及ぶ 6).
ラテックス含有製品がある.曝露抗原量により症状発現
が左右されるとされ,ラテックスの精製度,洗浄度およ
● 術前にハイリスクグループ患者の把握
び接触度などにより抗原性が異なる.
二分脊椎症や尿路生殖器系奇形などの頻回の手術や医
天然ゴム製手袋やカテーテルなどの最終製品に残留し
療処置を受けた患者は,LAのハイリスクグループに属
たタンパク質であるラテックスアレルゲンは皮膚と接触
3)
する .乳幼児期より長期間,施術者の天然ゴム製手袋
し,汗によって水溶性タンパク質が溶出する.このとき
の接触や,膀胱導尿カテーテルなど医療器具の体内留置
手袋にまぶしてある滑剤コーンスターチパウダーによっ
などの医療処置回数が多く,早期に感作されているため
て皮膚表層に傷がつき,
アレルゲンが侵入しやすくなる.
と考えられている.
またパウダーに付着したアレルゲンは,手袋使用領域で
アトピー性皮膚炎や接触性皮膚炎,気管支喘息,食物
空気中に飛散し,吸入アレルゲンとして作用することが
アレルギなどのアレルギ患者は,LAのハイリスクグルー
ある9∼11).腸,気道などの粘膜部では皮膚に比較して,
プに属する.アトピー性皮膚炎や気管支喘息,食物アレ
溶出したラテックスアレルゲンが組織内へ吸収しやすい
ルギの既往があると,感作の危険は 3.8 倍との報告
6)
が
ため,LAの患者に対しては粘膜部へのラテックス製品
ある.アボカド,バナナ,キウイおよびクリなど特定の
の使用は要注意である.
パウダー付き手袋の使用施設は,
果物,野菜および穀物に含まれるタンパク質がラテック
パウダーフリー手袋の使用施設に比較し,LAの有症率
スアレルゲンと交又抗原性を示すことがある.ラテック
が1.5∼2倍高くなる12).
スアレルゲンに感作されると,原因食物摂取後,接触部
われわれは,全身麻酔下の婦人科開腹手術中に着用し
位である口腔,口唇および咽頭周辺に限局した違和感,
たパウダー付きラテックス手袋のパウダーが媒介とな
掻痒,腫脹および閉塞感などのアレルギ反応である口腔
り,アナフィラキシィショックを呈した症例を経験してい
アレルギ症候群,さらには呼吸器症状,アナフィラキシィ
る13).開腹後の腹腔内操作中に血圧低下,心拍数増加,
ショックを引き起こすことがあり,ラテックスフルーツ
経皮的酸素飽和度(Percutaneous Oxygen Saturation:
8)
症候群と呼ばれる .
天然ゴムの採取者や製造業者,ラテックス手袋を日常
SpO2)低下,気道内圧上昇,呼気終末炭酸ガス濃度(Endtidal Carbon Dioxide:ETCO2)低下,皮膚潮紅を呈し
使用する美容師や製造業者なども,LAのハイリスクグ
たが,パウダーフリー手袋に変更後に速やかに改善した.
ループに属する.また,婦人科開腹手術や経膣的検査,
術後に検査したラテックス特異的 IgE 抗体が強陽性で
分娩時に着用したラテックス手袋を原因とするLAが数
あったことから,LAと確定診断し得た.
多く報告されている。主婦はラテックスを含有する炊事
用手袋や日用品に接触することが多く,ラテックスの感
作率が高い8).
● 術前問診でLAを疑う
手術患者の病歴,手術歴,職業歴,アレルギ歴,生活
歴などの詳細な問診によりハイリスクグループを確認
● パウダーはLAの原因
手術室には,天然ゴム製手袋,膀胱導尿カテーテル,
し,術前評価からLAを疑う.LAの問診票を作成し,ア
ナフィラキシィ対策方法を文章にして携行している施設
ドレーン,マスク,ヘッドバンドおよびエアバックなど
もある.しかし現状として,麻酔,手術,検査前にLA
の麻酔器具,輸液回路,駆血帯,弾力包帯,バイアルの
の確認をしている病院は 5 %にすぎない14).
68
(2292) Serial Project
連載企画
血清学的診断として,血清中の放射性免疫吸着試験
クスアレルゲンへの感作予防,二次予防として感作され
(Radio Allergosorbent Test:RAST)によるラテックス
た者への発症予防,三次予防として LA発症者への対応
特異的 IgE 抗体を測定する.ラテックス特異的 IgE 抗体
が必要とされる3).
値の測定によって,50∼80%の感度でLAを診断できる.
手術回数とラテックス特異的IgE抗体陽性率には正の相
関関係が認められる15).小児におけるアレルギ疾患の有
15)
● ラテックスセーフな手術室環境
LA患者に対する手術室における対策として,麻酔科
無とラテックス特異的 IgE 抗体陽性率 ,また麻酔科医
医,外科医,手術室看護師,リスクマネジャおよびアレ
のアトピー性皮膚炎,喘息および食物アレルギの疾患の
ルギ専門医などにより,術前および術中の環境を確認す
既往とラテックス特異的 IgE 抗体陽性率には有意な相
る体制をつくり,手術,麻酔に関する医療機器,医療機
6)
関関係が認められる .
皮膚テストには,スクラッチテスト(プリックテスト)
3)
材のラテックスフリー化を進め,ラテックスセーフな環
境を整える.LA 患者のいる手術室に立ち入る全ての医
とパッチテストがある .使用テスト(use test)は,手
療従事者に周知を行い,ラテックス含有医療材料を取り
(指)をぬらし,15∼20 分間,天然ゴム製手袋をはめ,紅
除く.手術室内調査で,医療材料1,595品中47品,手術器
斑,膨疹および掻痒を判定する.
具21,089品中34品にラテックスが含まれていることから,
五十音順に一覧表を作成および管理し,対処方法をマ
● 治療は対症療法
ニュアル化し,入室から麻酔導入まで使用する物品をラ
皮膚に限局する軽症アレルギでは,抗ヒスタミン薬
テックスフリーボックスにまとめることで曝露を防ぎ,
を使用する 3).全身症状が出現した場合の治療薬には,
患者用払い出し物品からラテックス製品を削除している
アドレナリン,ステロイドおよび抗アレルギ薬などが
施設もある16).しかしながら,LA代替医療用具を用意
ある.
している病院は36%にとどまり,非ラテックス性手袋が
麻酔中の対処法としては以下の方法がある。まず,輸
30%,麻酔器具が 6 %,カテーテルが 7 %および駆血帯
液を負荷する.麻酔薬を一旦中止し,酸素を100%にす
は 0 %である14).予定手術で使用するディスポーザブル
る.アドレナリンを単回静注後,持続静注する.β刺激
製品,衛生材料,手術器械,薬物および麻酔用物品のラ
薬スプレーなどの気管支拡張薬,メチルプレドニゾロン
テックス含有の有無を確認し,代用品を検討し選択する
および抗ヒスタミン薬を投与する.手術はできるだけ早
必要がある.
く終了する.術後に患者に状況を説明し,皮膚科やアレ
ルギ専門医を受診させる.
できるだけラテックスタンパク質の含有量の低い製品
を使用し,合成ゴム製品などで代用する.ラテックス製
手袋は,できるだけ短時間の使用にとどめ,また使用後
● ラテックスアレルゲンからの回避が最も効果的
に手をよく洗って抗原や抗原を含むパウダーを洗い流
な予防法
す.パウダーフリー手袋の着用は,曝露時間の低下,浮
天然ゴム製品への曝露の排除,ラテックスアレルゲン
遊抗原の減少および感作の回数減少につながる.不潔用
からの回避,ラテックスの体内への侵入防止が,LAに
手袋にはプラスチック製やビニール製手袋を使用する.
対する最も効果的な予防法である4).実際,アレルゲン
導尿時は手袋はできるだけ使用しないなどの工夫が必要
を排除すれば,アナフィラキシィショックの臨床症状は
である.
数時間で改善することが多い13).一次予防としてラテッ
パウダー付きラテックス手袋,パウダーフリー手袋,
Anesthesia 21 Century Vol.12 No.1-36 2010 (2293) 69
ラテックスフリー手袋の順に材料費が高くなるが,パウ
天然ゴムラテックス特有の加工の容易さや優れた機械的
ダー付きラテックス手袋からパウダーフリー手袋に変更
物性などの利点により,欠くことのできない材料である
することで,コスト全体を下げるのみならず,手袋調達
ことが大きい.また従来,塩化ビニール製手袋が汎用さ
コストも下げることができる17).また,医療従事者の健
れてきたが,ダイオキシンなどの環境問題があるため,
康被害や就業不能になるリスクを考えれば,かえってコ
ラテックス製品の代替品としては疑問が残る.
ストが下がると考えられる.さらに,LAが減少すれば,
9)
アレルギ発生時の医療費,訴訟の経費が削減できる .
あらかじめ天然ゴムラテックスからアレルギの原因と
なるタンパク質をかなりのレベルまで除去した低タンパ
ラッテクスフリー製品で代用できないものはガーゼや
ク天然ゴムラテックスは,ラテックスアレルギ対策にも
ビニールで被覆する.静脈路確保時は,助手に駆血して
なり,天然ゴムラテックス特有の加工の容易さ,優れた
もらうか,ひもでしばる.ドレーンや膀胱留置カテーテ
機械的物性を損なうことがなく,コストの面からも有用
ルはシリコン製を使用する.
な対策方法だといえる.しかし,低タンパク天然ゴムラ
手の皮膚はラテックスに対するバリアである.手にケ
ガや傷があればラテックス抗原が侵入しやすいので,ハ
テックスであっても,LAの重症患者にはアレルギ反応
を完全防御するにはいたっていない.
ンドクリームを塗るかポリウレタンフィルムなどの創傷
被覆剤などで覆う.
手術着および麻酔着には飛沫したラテックス抗原が付
● おわりに
地球環境の視点から考えると,限りある資源である石
着している可能性があるので,適宜着替えるようにし,
油から作られる合成ゴムラテックスに比較し,天然ゴム
長時間の着用をしない.
ラテックスは栽培されたゴムの木の樹液,つまり自然か
朝いちばんは飛沫しているラテックス抗原が最も少な
ら作られる究極のエコロジー原料といえる.低タンパク
いため,手術はその日の 1 症例目に予定し,他の患者よ
天然ゴムラテックスの使用や直接人体に接触しないよう
り早めに入室する.手洗い室から最も遠い手術室を使用
にするなどの対策で,LAのかなりの防止が期待できる.
する.床,換気フィルタの清掃を徹底するなどの体制を
医療職員にLAを啓発している病院あるいは健康診断
つくる.
を実施している病院は 3 %にすぎない14).LAに対する正
確な知識を持ち,適切な対処を講じることが肝要である.
● ラテックスフリー化への課題
行政の対応,病院としての安全管理対策,マニュアルの
現在,様々な政策にもかかわらず,ラテックスフリー
作成および手術室におけるLA対策が必要である.手術
化が遅れている.その理由としては,合成ゴムラテック
患者および手術室医療従事者に対するLAの情報提供の
スの加工の難しさやコストの高さといった欠点に対し,
徹底が望まれる.
70
(2294) Serial Project
連載企画
■ 参考文献
1)Nutter AF:Contact urticaria to rubber. Br J Dermatol 101:
597 - 598, 1979
2)Lopes RAM, Benatti MCC, Zollner RdeL:A review of latex
sensitivity related to the use of latex gloves in hospitals.
AORN J 80:64 - 71, 2004
3)日本ラテックスアレルギー研究会:ラテックスアレルギー安全
対策ガイドライン2009. 赤澤 晃, 松永佳世子. 東京, 恒陽社印刷
所, 2009
4)Muller BA:Minimizing latex exposure and allergy:How
to avoid or reduce sensitization in the healthcare setting.
Postgraduate Medicine 113:91- 97, 2003
10)Tomazic VJ, Shampaine EL, Lamanna A, et al.:Cornstarch
powder on latex products is an allergen carrier. J Allergy
Clin Immunol 93:751 - 758, 1994
11)Dave J, Wilcox MH, Kellett M:Glove powder:Implications
for infection control. J Hosp Infect 42:283 - 285, 1999
12)李 宗子:手術室内のラテックス手袋の見直し. 看護管理 13:
1018 - 1021, 2003
13)水野 樹, 印南比呂志, 三枝宏彰, 他:婦人科開腹手術中にパウ
ダー付ラテックス手袋が原因となり発症したアナフィラキシー
ショックの 1 症例. 麻酔 55:720 - 724, 2006
14)明石真幸, 小嶋なみ子, 大矢幸弘, 他:医療機関におけるラテッ
5)Brown RH, Schauble JF, Hamilton RG:Prevalence of latex
クスアレルギー対策調査と現状 リスクマネージャー, 看護部長
allergy among anesthesiologists:Identification of sensitized
の視点から. 日本ラテックスアレルギー研究会会誌 8:26 - 31,
but asymptomatic individuals. Anesthesiology 89:292 - 299,
2004 ;
1998
6)辰巳一幸, 井手 武, 北口勝康, 他:麻酔科医におけるラテック
ス感作の実態と危険因子の検討. 麻酔 54:195-201, 2005
15)赤司賢一, 明石真幸, 二村昌樹, 他:ラテックス特異的IgE抗体
陽性例の実態調査. 日本ラテックスアレルギー研究会会誌 8:
52 - 57, 2004
7)Konrad C, Fieber T, Gerber H, et al.:The prevalence of
16)藤本恭子, 立原慶子, 兵動祐子, 他:当手術室におけるラテック
latex sensitivity among anesthesiology staff. Anesth Analg
スアレルギー対策の現状と今後の課題. 北里看護研究会集録
84:629 - 633, 1997
6:93 - 95, 2007
8)Blanco C, Carrillo T, Castillo R, et al.:Latex allergy:Clinical
17)Cameron M:Cost implications of allergy and recent
features and cross-reactivity with fruits. Ann Allergy 73:
Canadian research findings. Eur J Surg S579:ss47- 48, 1997
309 - 314, 1994
9)光畑裕正:ラテックスによる感作におけるパウダーフリー手
袋の意義:パウダーフリー手袋の使用によるラテックスアレ
ルギーの減少. LiSA 8:514 - 519, 2001
Anesthesia 21 Century Vol.12 No.1-36 2010 (2295) 71
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
2
File Size
523 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content