close

Enter

Log in using OpenID

2012 年は世界のリーダーが代わる 「選挙イヤー」

embedDownload
2012 年
1 月 12 日号
Vol.8
2012 年は世界のリーダーが代わる
「選挙イヤー」
 2012 年は「選挙イヤー」
2012 年は「オリンピック・イヤー」ですが、米
大統領選をはじめとして、ロシア、フランス、
韓国など主要国の大統領選が重なるため、
「選挙イヤー」とも呼ばれています。
重要な選挙が相次ぐことから、世界のリーダ
ーの顔ぶれが大きく変わる可能性があり、今
後の経済政策を左右する節目の年になるか
もしれません。
再選の可能性は対抗馬となる共和党候補者
によって大きく変わるため、その候補者選び
が鍵を握っています。
その他にも中国では、10 月頃に予定されて
いる共産党大会で、習近平国家副主席が共
産党のトップである総書記に就任することが
確実視されています。
選挙の結果は、各国の経済政策にも大きな
影響を与えるため、2012 年は各国の政治動
向から目が離せない年となりそうです。
 再選を目指すサルコジ大統領
4 月に行われるフランス大統領選では、2007
年に就任したサルコジ大統領が再選を目指
します。昨年は欧州債務問題により、ポルト
ガル、ギリシャ、イタリア、スペインなど周辺
各国で政権交代が起きました。サルコジ大
統領も支持率が低迷しており、苦戦を強いら
れています。ドイツのメルケル首相とともに
欧州債務問題を解決する中心的な役割を果
たすサルコジ大統領の再選が注目されます。
■ 2012 年 主要国・地域の選挙等の予定
日程
予定
1月14日
台湾総統選挙
3月 4日
ロシア大統領選挙
4月22日
フランス大統領選挙(第1回投票)
5月 6日
フランス大統領選挙(決選投票)
10月頃
中国共産党大会
11月 6日
米国大統領選挙
12月19日
韓国大統領選挙
 米大統領選の鍵を握るのは?
11 月の米大統領選挙では、2008 年に変革
を訴えて当選したオバマ大統領が、再選を
果たせるかが焦点となります。就任時はブー
ムを巻き起こすほどの人気でしたが、8%を
超える高い失業率が続くなど、米国の景気
悪化はオバマ政権への逆風となっています。
●当資料はピクテ投信投資顧問株式会社が作成した資料であり、特定の商品の勧誘や売買の推奨等を目的としたものではなく、また特定の銘柄および市
場の推奨やその価格動向を示唆するものでもありません。●運用による損益は、すべて投資者の皆さまに帰属します。●当資料に記載された過去の実績
は、将来の成果等を示唆あるいは保証するものではありません。●当資料は信頼できると考えられる情報に基づき作成されていますが、その正確性、完全
性を保証するものではありません。●当資料中に示された意見等は、作成日現在の当社の見解であり、事前の連絡なしに変更されることがあります。●投
資信託は預金等ではなく元本および利回りの保証はありません。●投資信託は、預金や保険契約と異なり、預金保険機構・保険契約者保護機構の対象で
はありません。●登録金融機関でご購入いただいた投資信託は、投資者保護基金の対象とはなりません。
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
1
File Size
177 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content