close

Enter

Log in using OpenID

平和の鐘2015年02月号 pdfファイル

embedDownload
「平和の鐘」2015 年 2 月号(1)
編集・発行
カトリック幟町教会(宣教企画部 広報係)
幟町・東広島・三篠・翠町・向原共同宣教司牧チーム:ヴィタリ・ドメニコ神父,アルベル
ト神父,肥塚イ孝司神父,猪口大記神父,豊田尚臣神父,福田誠二神父,大西勇史助祭
〒730-0016 広島市中区幟町 4 番 42 号
TEL (082)221-0621 FAX (082)221-8486
2015 年 2 月号 №471
http://www.nobori-cho-catholic.com
数年前に教文館というプロテスタント系出版
人間の最も深い存在その
社から依頼されて『二十世紀のカトリック神学』と
ものにかかわっている。こ
いう英書の日本語翻訳をさせていただきました
の真理が実現する場が結
が、この著書によれば、カトリック教会は二十世
婚である。この夫婦愛は人格のすべての要素を
紀という現代世界に適合するために「源泉(イエ
含む全体としての深い人格的な一致を目指し、
スの福音)への回帰」と「アジョルナメント(現代
相互の与え合いにおいて不解消性と忠実さを
世界への適応と刷新)」を行いましたが、その教
求める。さらに結婚は、子どもを産み育てる家族
会刷新に最も影響力を行使した神学者が、実
というさらに広がる共同体の始まりであり、人格
は、私たちの幟町カトリック教会・世界平和記念
の交わりである「人間家族」、教会という「神の家
聖堂に来られた教皇ヨハネ・パウロ二世の神学
族」へと導かれ、家庭は教会を築く「家庭教会」
なのです。
である。「諸ペルソナ(人格)の交わりの神学」と
教皇ヨハネ・パウロ二世の著書『行為者として
呼ばれる神学です。
のペルソナ』によれば、現代の人間とは生の喧
現代社会は、特に現在の日本の社会は「結
騒に参与させられる行為者である。ペルソナ、
婚や家庭を攻撃する社会」であると言っても過
すなわち、我々人間の人格は唯我独尊的に孤
言ではありません。結婚適齢期にある若者に、
立するものではなく、環境に反応し、他者と出会
例えば、経済至上主義的な、正規労働と非正
い、交わり、相互に影響し合い、相互のコミュニ
規労働という不正義を押し付けて、彼らを極力、
ケーションの中で成長する社会的存在である。
結婚させない、家庭を築かせない状況に追い
神は愛であり、自身の内にペルソナ(人格)的な
やっています。神学者カロル・ヴォイティワの「諸
愛の交わりの神秘を生きるために、人間はこの
ペルソナ(人格)の交わりの神学」こそ、現代日
「神のかたち」、「愛によって生きる」、「愛のため
本社会での福音宣教の使命に生きる私たちカト
に」造られた存在である。神は男女をこの愛に
リック教会の「家庭年」と私たち日本社会自体へ
招き、その人間性に愛し交わる力と責任を課し
の贈り物であると思います。
て創造された。愛には人間の体が含まれており、
体は霊的な愛の担い手として造られている。配
偶者としての男女が自分を互いに与え合う性は、
「平和の鐘」2015 年 2 月号(2)
「わが身を呈して
災難か試練か、それとも…
でも」と祈り願う中、
<息子と命の遭遇>
ふと旧約聖書の『試
練のシーン』が幾つ
西ブロック YN
か頭を過る。アブラ
ハムがイサクを捧げ
お子さんを亡くされたり、障害を抱えたお子様が
たシーン・・・愛息を
澄んだ瞳
居られたりするご家庭を見るにつけ「大変だろうな
差し出す時、親としての想いと葛藤は無かったのだ
ー」とは思えるが、心の底の苦労までは計り知れない
ろうか?。ヨブが数々の試練に会いながらも神との
もどかしさは何時も感じてきた。
関わりを放棄しなかったのはどうしてだろう?とか。
■我が家にもやってきた!■
大学生になったばかりの息子が 10 月上旬、原付
初日は「凄い試練がやってきた!」心痛と不安で
満心。が、数日後には「途方もない恵みをいただい
バイクにて乗用車と正面衝突。脳挫傷で救急治療
ている!♪」と感じるようになった。・・・この機会が無
を受けてまいりました。・・我が家にもその時がやって
ければ、身近に真剣に『生と死』を考え葛藤し黙想
きました!
することも無かっただろう。息子の命を目前に、見え
【 初日の激震 】
なかった世界を見せて頂いている! 理解できなくと
夕刻、招集した「勉強会の準備」会合の開始早々、
も、結果がどうなろうとも、この恵みの全てを甘受さ
病院からの緊急電話「息子さん、交通事故で搬送さ
せて頂こう!と感謝に至った。(人生最大の凝縮した
れ、意識不明状態!」と。
時間を過ごしていたと思う)その後、2週間近く生死
急きょ退席し病院に向かった。道中、「祈るように」
をさ迷い、意識不明のままだが、どうやら命は保て
ではなく「この身を呈してでも、息子の命を助けてく
た。
ださい!!」と心底 祈り続けた。
■ひと月を過ぎた頃■
緊急手術は深夜にまで至り、ドクターの説明は「命
多忙にも関わらず毎日、病院に通った。 見えてい
が助かるか否かは 50 パーセントの確立」、仮に助か
るのか定かではないが目が開いてきた。見慣れた顔
ったにしても「重度の障害が残るのは免れないだろ
だけれど「この子の今の目」どこかで見たような、・・
う」との重いコメント。
ああそうだ! 赤ちゃんの目と同じだ! 濁りのない
■明け方:日記より■
澄んだ瞳♪ この子を通して素晴らしい世界を見せ
お前は未だ死んではダメだ!! 何故なら、神様から
受けた“愛”をこの世で感じ、感謝する義務が残って
いるから! 今は皆様の祈りの力を借りながら、この
て頂いている!
■帰天:信仰の友■
息子の件は告げていなかった闘病中のYさんから
身を呈して君の生還を願い、祈ることに専念します。
連絡があった「大変な事になっていたのですねー」と
■翌日~暫しの間:災難か試練か?■
余命幾ばくの床上からの労いの言葉。ありがたくも胸
翌日は司祭に来ていただき、病者の塗油を執り行
が痛かった。主任司祭を伴いYさんの見舞いに行っ
い、妻には「身内と近親者への連絡は頼む」その他
た。この日は息子の再手術の日と重なってしまった。
の外交は一切私が行う!と毅然と事態に立ち向かっ
迷いに迷い、息子にはまた会える! Yさんとはこの
た(つもり)。案の定、病院、警察、保険会社など、膨
世では最後の分かち合いになるかもしれないと息子
大な書類と交渉が待っていた。自身の仕事も多忙を
の立合いは妻に任せての苦渋の決断。・・・数日後、
極め寝る時間はほとんど無かった。
帰天された。愛してやまぬ信仰の友との別れは辛か
った。(昨年4月の平和の鐘への投稿「ぶどうの会再
「平和の鐘」2015 年 2 月号(3)
建を願う」想いは、今となっては辞世の句になってし
まった。天国から見守っていて下さい)
温かいクリスマス
夜回りの会
YE
■支えられて:祈りの輪■
・祈りの輪:「祈ります」「祈っています」と多くの方々か
ら激励を頂いた。ずっしりと温かさが伝わってくる。お
蔭様で地に足をしっかりと据えながら対処できており
ます。
・友人から:「家族に障害児が居るのもエエもんで」
その子が居ることで、家族の拠点が生まれるんだ。と
(友人の子が障害児だ
ったのを初めて知った)
3カ月を過ぎた今、コ
ンディションの良い時に
路上生活者の方々への「カレーの炊き出し」は
は反応があったり、単語
約 5 年前より、日本聖公会広島復活教会と幟町教
が口から飛び出したり、
会の有志が共同で行ってきました。活動資金は信
車イスに乗せてもらった
徒の募金によるものです。
りすることもある。日々の
車いすにも…
クリスマスプレゼントの抽選用の番号くじ
を引く参加者
2014 年 12 月はヴィタリ神父のお声かけにより
小さな出来事に一喜一
「カレーの炊き出し」だけではなくクリスマスパ
憂しながらも皆で喜びを
ーティーとして開催することになりました。当日
共有できています。
は 50 名近い路上生活の方々が来て下さり、大聖堂
■毎日呼びかけたこと■
毎日、ルルドの水の塗布と共に、二つの事を呼び
でヴィタリ神父や小林牧師のお話を聞き、聖歌隊
と一緒に聖歌を歌いました。パーティーでは両教
掛けてきました。
会の信徒有志のほか、広島女学院高校の学生、広
①なんでもないと思っていた『普通』が、実は奇跡の
島夜回りの会など多方面の協力を得て、食事や飲
連続だったんだよねー。君も父さんも、こうなって初
み物が配られ、クリスマスプレゼントもありまし
めて気づいたよね。「どうか普通を少しでも返してくだ
た。後日、参加された路上生活の方々に感想を聞
さい」って一緒に神様にお願いしようね。
いたところ「クリスマスは子供の頃以来だ。懐か
②君は元気になって、支援して下さった方々に「あり
しく思い出した」
「みんなに良くしてもらった。美
がとう!♪」って言おうね。
味しかった」と笑顔で答えて下さいました。これ
■試練はあるの?■
からも「カレーの炊き
苦難と葛藤の渦中にあると「試練だ!」と塞いでし
出し」が宗派を超えた
まう。・・・時が過ぎ、見返すと「あの時こそ恵みの真
社会活動として、信徒
っただ中だった」と思い起こすことができる。
冷静に考えると、はたして全知全能の神様が
人を試さないと『人の心』を読めないなんてあり得る
のだろうか?と疑問に思ったりもする。人の言葉で言
う「試練」とは、実は「恵み」の事かもしれない。どうな
のでしょう? 息子の命を通して感じたことをしたため
ました。
同士の連帯感が深まっ
ていくような活動とし
聖歌隊と一緒に聖
歌を合唱
編集後記
て継続していくことを
願っています。
教会共同体の中には、私自身もまだ知
らない活動が色々あります。この紙面でご紹介しま
すので、広報係に声をかけてください。
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
5
File Size
619 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content