close

Enter

Log in using OpenID

ジクロシア®0.5g錠 ジクロシア

embedDownload
第2類医薬品
殺菌消毒薬
ジクロシア0.5g錠
ジクロシア
®
®
ジクロルイソシアヌール酸ナトリウム製剤
ジクロシア®®製剤は
塩素系消毒薬です
ジクロシア0.5g錠
®
新発売
ジクロシア0.5g錠
ジクロシア
®
®
ジクロルイソシアヌール酸ナトリウム製剤
ジクロシア® 製剤はジクロルイソシアヌール酸ナトリウムを含有した製剤です。
作用機序:ジクロルイソシアヌール酸ナトリウムは水に溶かすとシアヌール酸と
次亜塩素酸に変化し、殺菌作用をあらわします。
特 徴
次亜塩素酸ナトリウムより室温において安定な塩素系消毒薬です
広範囲の細菌、真菌、ウイルスに対して有効性を示します
次亜塩素酸ナトリウムより有機物による影響が少ない製剤です
ジクロシア溶液に浸漬するだけで簡単に消毒でき、すすぎの必
要はありません
溶けやすい発泡性の錠剤、顆粒です
計量の手間がかかりません (ジクロシ
(ジクロシア
ア 0.5g錠)
0.5g錠)
®
®
細かい容量調整が可能です (ジクロシア
(ジクロシア )
)
®
®
有効性
各種細菌・真菌に対する殺菌効果【欧州標準法(EN1276)】
ジクロシア® 0.5g錠およびジクロシア® について、作用時の有効塩素渡度が150ppmとなるよう滅菌精製水で
希釈し、欧州標準法(EN1276)を準用して清浄条件下で試験した。その結果、ジクロシア® 0.5g錠およびジ
クロシア® は黄色ブドウ球菌、腸球菌(Enterococcus hirae)、緑膿菌、大腸菌に対して1分の作用で各添
加菌数をほぼ検出限界以下に低下させ、速効的な殺菌効果が認められた。
供 試 菌 株
対数減少値(LRV)
ジクロシア® 0.5g錠
ジクロシア®
Staphylococcus aureus
ATCC 6538
>5
>5
Enterococcus hirae
ATCC 10541
>5
>5
Pseudomonas aeruginosa ATCC 15442
>5
>5
ATCC 10536
>5
>5
Escherichia coli
>5:減菌率が99.999%より高いことを示す
(n=3)
素材に対する影響(ジクロシア 0.5g錠)
®
室温で精製水2Lにジクロシア® 0.5g錠、1錠
24時間後の外観を観察したところ、ポリ
フェニルサルホン、ポリプロピレン、ガラ
ムにおいては24時間後も外観変化は認
6時間
24時間
ポリフェニルサルホン
変化なし
変化なし
変化なし
ポリプロピレン
変化なし
変化なし
変化なし
ガラス
(ほうけい酸ガラス)
変化なし
変化なし
変化なし
イソプレンゴム
変化なし
若干白濁
若干白濁
シリコンゴム
変化なし
変化なし
変化なし
乳首
ス、シリコンゴム、ステンレス、アルミニウ
3時間
哺乳びん
び各材質(金 属、ゴム)を浸 漬し、3・6・
経過時間
材料及び材質
を溶解した液の中に、哺乳びんと乳首及
められなかった。イソプレンゴムにおいて
は6・24時間後において若干白濁し、天
ステンレス
変化なし
変化なし
変化なし
然ゴムにおいては24時間後に若干白濁す
アルミニウム
変化なし
変化なし
変化なし
天然ゴム
変化なし
変化なし
若干白濁※
るも自然乾燥により元に戻った。
※乾燥後に元の状態に戻る 消毒の手順
1錠または
スプーン1杯で
簡単調製・消毒
洗浄
哺乳びん・乳首は洗剤を使いブ
ラシ洗いの後、水洗いします。
水2Lあたり本品1g
(1錠または
添付のスプーンすりきり1杯)
を
溶かした液
(有効塩素として約
150ppm)
に1時間以上浸しま
す。顆粒が溶け残った場合には
撹拌してください。
(濡れた手で
錠剤をさわらないで下さい。
)
使用直前に
取り出す
浸漬
洗浄した哺乳びん・乳首に気泡
が残らないようにして、
次の調乳
時まで、
ジクロシア溶液に完全に
浸しておきます
(1時間以上)
。
24
時間ごと1日1回新しく調製してく
ださい。調製後はフタを閉めて
ください。
濁ったり、
汚れたりした
ら、
その都度調製してください。
使用直前に哺乳びん・乳首を取
り出し、薬液を良く振り切った後
そのままお使いください。すす
ぐ必要はありません。臭いなど
が気になる場 合は、水道水で
すすいでください。
調製例
有効塩素として約150ppm 水
ジクロシア® 0.5g錠
ジクロシア®
1錠
2L
1杯
2錠
4L
2杯
3錠
6L
3杯
殺菌消毒薬
第2類医薬品
ジクロシア0.5g錠
ジクロシア
®
品
名
区
分
ジクロシア® 0.5g錠
日本標準商品分類番号
®
Dichlosia 0.5g tab. Dichlosia
ジクロシア®
一般用医薬品
872611
承
認
番
号
22300APX00719000
21400APZ00824000
販
売
開
始
2 0 1 2 年7月
2 0 0 3 年7月
貯 法:室温保存
使用期限:3年
(容器に記載)
●ジクロルイソシアヌール酸ナトリウム製剤
効能・効果、
用法・用量、
使用上の注意等の改訂にご留意下さい。
まぜるな危険
酸性の洗浄・漂白剤、
シアヌール酸系の製品と混合すると塩素ガス
が発生して危険ですのでおやめください。
●本品は飲まないでください。
●小児の手の届かない所に保管してください。
●手の荒れやすい方は、取扱い時に炊事用手袋などをご使用くだ
さい。
成分及び分量
ジクロシア® 0.5g錠:本品1錠中ジクロルイソシアヌール酸ナトリウム
500mg。添加物として、炭酸水素ナトリウム、
アジピン酸、乾燥炭酸ナトリウムを含む。
(参考)直径12mm×厚さ5.3mm、重さ1.05g
ジクロシア®:本品1g中ジクロルイソシアヌール酸ナトリウム500mg。
添加物として、炭酸水素ナトリウム、コハク酸を含む。
効能・効果、用法・用量
ジクロシア® 0.5g錠:哺乳びん、乳首の消毒殺菌:水2L当たり本品1錠
を溶かした液に1時間以上浸す。
ジクロシア®:哺乳びん、乳首の消毒殺菌:水2L当たり本品1g(添
付のスプーン1杯)を溶かした液に1時間以上浸す。
(用法・用量に関連する注意)
1. 定められた用法・用量を厳守してください。
2. 液体タイプの塩素系洗浄・漂白剤、酸性の洗浄・漂白剤等との混
合は危険ですので避けてください。
3. 金属製の容器は用いないでください。また、哺乳びんバサミ、
スプーン等の金属製品や、指輪等貴金属を本品の溶液につける
ことも避けてください。メラミン食器等には、本品の使用を避
けてください。
4. 調製後、本品の溶液が変色した場合、その水での調製を避けて
ください。
使用上の注意
保管及び取扱い上の注意
相談すること
1. 本品をあやまって飲み込んだ時は、すぐに水、生卵、ミルク等を
飲み、この製品を持って医師に相談してください。
2. 目に入らないように注意してください。目に入った場合には、こ
すらずにすぐに水又はぬるま湯で十分に洗い流してください。な
お、症状が重い場合には、この製品を持って眼科医に相談してく
ださい。
3. 本品の溶液との接触により、手の荒れ、発疹・発赤、かゆみ等
の症状があらわれた場合には使用を中止し、この製品を持って
医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください。
1. 直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に保管してくださ
い。
2. 他の容器に入れ替えないでください。
(誤用の原因になったり
品質が変わる)
3. 衣類等につくと脱色、変色することがありますので注意してく
ださい。
4. 殺菌消毒する製品によっては印刷面(文字、絵)、材質など変
色・変質することがあります。
2012年7月作成
包装規格
品 名
ジクロシア® 0.5g錠
バラ100錠
ジクロシア®
ポリ500g
サイズ 縦×横×高(mm)
重 量
総重量
個装
70 × 70 × 73
160g
外装
370×290× 85
3.4kg
67 × 67 ×189
577g
外装 348×143×203
6.3kg
個装
発売元
製造販売元
Y's Square http://
/ www.yoshida-pharm.com/
//
梱包入数
JANコード
20
4 987288 969013
10
4 987288 971252
資料請求先
吉田製薬株式会社
東京都中野区中央5-1-10
Tel:0 3 - 3 3 8 1 - 2 0 0 4
④1207KK
400036
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
350
File Size
4 227 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content