close

Enter

Log in using OpenID

WIJC110717_English HP

embedDownload
WAJC110717
Title: 「神様が用いられる器の準備:ギデオン」 “God Prepares His Vessel : in the case of Gideon”
Bible Text:士師記6章11-40節 Judges 6:11-40
序
論 Introduction
●神は、イスラエルの歴史の暗黒の時代に、イスラエルの人々を救うために「士師」と呼ばれる 12 人のリーダーを
立てた。その 5番目がギデオンであり、12人の中でも彼のことに対する記事が一番長い。
During the dark era of the Israeli history, God chose 12 leaders, whom he called “Judges.” The fifth one was Gideon, and he has the
longest description among the twelve leaders.
●今日は、先週の士師記2章のメッセージの続きとして、このギデオンという士師を通して神様からのメッセー
ジを頂く。
I would like to receive today‟s message from our God through this leader, Gideon, as a continuing message from the second section of
Judges, which we read last week.
●つい先日、日比野広美先生が、図らずも、今日もお読みした、このギデオンが神様からお仕事のために召され
た箇所から素晴らしいメッセージを取り次いでくださった。
A few days ago, Rev. Hibino coincidentally told me a wonderful message from God given through a story where Gideon was called for
God‟s work.
●「自分は駄目だ。駄目だ。」と思いやすい私たちであるが、自分や、他人の目から見る「自分」でなく、神様の目
から見た「自分」に目を留めることが大切である。わたし一人の自分でなく、神様が一緒にいてくださる自分と
いう存在に信仰的に目覚めるとき、色々なことが変わり始める。
We tend to think, “I am of no use. I am not good.” However, it is important to pay attention to “me” viewed by God‟s eyes, not by our
own or someone else‟s. When each of us is awaken spiritually to the existence of oneself as “me” with God, not as “me” alone, many
things start changing.
●これが新しい人生のスタート、ギデオンのように神様のお仕事に用いられるためのスタートである。
This is the start of a new life, the start of being utilized by God for his work just as Gideon was.
●しかし、神様は、更に、ギデオンを、神様のお仕事のために備える必要があったし、ギデオンにも準備が必要
であった。
However, God needed to prepare Gideon for God‟s work, and Gideon needed some preparations too.
●祈りについての本は一杯書かれているが、その中でも、長年にわたって最も愛され、最も多くの人々に大きな
影響を与えて来た本の一つは、E.M.バウンズの「祈りの力」であろう。バウンズは、その中で、このように
言っている:神は、プログラム、組織、・・・・を用いられない。神は、むしろ人を用いられる。そして人を
備えるのに 20年を要する。
Among many books on prayers, one of the most beloved and influential title is probably “Power Through Prayer” by E. M. Bounds.
Bounds says in this book as follows: “God does not use a program, an organization, … God rather uses people. And it takes 20 years
for him to prepare people.”
●神様は、ギデオンをどのように準備されたのか?
How, then, did God prepare Gideon?
1
本
論 Discussion
この準備のために、神様がまず、ギデオンに求められたのは、彼が:
What God asked for Gideon first in his preparation was that:
Ⅰ.「神様との個人的な交わりをその信仰生活において確立すること」であった。
“He would establish a personal relationship with God in his life in faith.”
A.繰り返すようであるが、日本では、よく言われることであるが、「宗教をやっている」という表現がある。
It seems redundant, but there is a common Japanese expression, “practicing a religion.”
1. わたしたちクリスチャンにはそのつもりは全く無いし、そもそも、聖書が言っている信仰生活は、
そのような表現には当てはまらない。
We as Christians have no such a sense, and the life in faith described in the Bible does not fit into such an expression to
begin with.
2. しかし、同時に、多くのクリスチャンたちが、気をつけないと、いつの間にか、宗教をやってい
ると言われてもしかたないような状況に陥っていることも事実である。
However, without a cautious approach, it is sometimes true that many Christians tend to find themselves in a situation
that could naturally be described as “practicing a religion.”
B.私たちのクリスチャン信仰が、単に「宗教をやっている」とか、「宗教をしている」という程度だというこ
とは何を意味しているか? それは、私たちが、
What does the expressions such as “practicing a religion” or “doing a religion” in a context of Christian faith signify? It is
that we:
(1) キリスト教教会という宗教団体に属していることで満足していること。
… are satisfied with the fact that we belong to a religious group called a Christian church;
(2) また、日曜日に教会での礼拝を守るというようなキリスト教という宗教の伝えている生活スタ
イルや、宗教的習慣や道徳観を身に着けることで満足していること。
… are satisfied with the fact that we have learned a lifestyle that the Christianity tells, such as going to services at a
church every Sunday, or religious customs and ethical views;
(3) 更に、進んで、教会の奉仕活動に参加することで満足していることである。
… are satisfied with participating in volunteer works at a church.
C.しかし、たびたび言われるように、私たちの信仰の中心は、いわゆる「宗教」Religionを実行することでは
なく、Relationship、すなわち、「神との個人的、直接的関係」を築き、それを豊かにすることである。
As it is often said, the center of our faith is not to practice a so-called religion but to establish a relationship, that is, “a personal
and direct relation with God,” and to enrich such a relationship.
2
1. その関係とは、例えて言うなら、丁度、私たちの親子の交わりのようである:天の父である神様
と交わりながら生きる子どものような生活であり、人生である。
Metaphorically speaking, this relationship is an interaction between a child and his/her parent: It is a life of a child who
interacts with God the Father in heaven.
2. もう一つ、クリスチャンの神様との関係を例えるなら、それは、夫婦の持つ交わりのようであ
る:結婚して夫と交わりながら生きる妻のようである。その夫がアメリカ人であるからアメリカ式
の生活をしたとしても、その夫が金持ちだからといって派手で社交的な生活様式をしたとしても、
それらは結婚の本質でも、中心でもない。結婚の中心は、どこまでも「夫と妻の交わり」であり、関
係であり、会話である。
Also, the relationship between a Christian and God can be described as an interaction between a husband and a wife: It
is a life of a wife with her husband. A wife could live an American life because her husband is an American. Or a wife
could have a luxurious life filled with social occasions because her husband is rich. However, such factors are neither the
essence nor the center of her marriage. The center of a marriage always lies in “interactions between a husband and a
wife,” in their relationship and in their conversations.
D.だから、この主の使いは、ギデオンを個人的に訪ね、彼に個人的に語り、彼から個人的な応答を求めた
のである。
This is how the messenger personally visited Gideon, personally talked to him, and demanded personal answers from him.
E.他方、ギデオンもまた、「直接に神様と話した」、「直接、神様と話している」という確信を必要としてい
た。
On the other hand, Gideon also needed a conviction that he “directly talked to God” and “was directly talking to God.”
1.17節に「私と話しているのがあなたであるというしるしを見せて下さい」とあるが、これは、普通に
考えると変な会話である。
Verse 17 says, “then show me a sign that it is You who speak with me.” This is a strange conversation in a normal
situation.
2.普通、話している相手に、「私と話しているのがあなたであるというしるしを私に見せてくださ
い」何て言うか? そんなことは当たり前であり、会話になっていない。
Do we ever ask a person we are talking to, “please show me a sign that you are the one that is talking with me”? It is as
a matter of fact and such a conversation would not make any sense.
3.ギデオンの言いたかったことは、単に「あなた」ではなく、私と話しているのが、ここまでの二人
の会話で述べられてきた、エジプトやミデヤン人からイスラエルを力強く救い出すことができる
神ご自身であることを証明して欲しいという意味であった。
What Gideon meant was, “please prove that you are not just “you” but God himself who had saved Israel from Egypt
and the Midians,” which were mentioned in their conversation.
3
4.なぜなら、神と直接会話しているという事実は、彼にとってエキサイティングなことであった
からであり、その偉大な神と今直接自分が会話している、つながっていると言う自覚は何にも勝
る確信であり、力であり、勇気であったからである。
Because the fact that Gideon was talking directly with God was exciting for him, the awareness that he was directly
talking with and connected to the supreme God became the confidence, power and courage.
F.ここでひとつ確認しておきたいことがある:それは、ここに現れた「主の使い」と書かれているお方は
「神」ご自身であるという事実である。
Now, there is one thing that I would like to point out: That is, the one described as a “messenger of God” is indeed God
himself.
1. 一般的に、旧約聖書において「主の使い」として現れるお方は、後に新約聖書の冒頭に「イエス」と
して受肉される前の、「御子なる神」の顕現であると解釈されている。
Generally, the one that appears as a “messenger of God” in the Old Testament is interpreted as an incarnation of “the
Son of God” before he was embodied as “Jesus” at the beginning of the New Testament.
2. この「主の使い」が、単なる天使でないことは、次の二つのことからも明らかである。
From the following two points, it is clear that this “messenger of God” was not just an angel.
(1)14-16、17節に記されているギデオンとこの主の御使いとの会話:ここで、主の使いは、ギデオ
ンの言葉に於いても、御使い自身の言葉においても、完全に「神」「主」ご自身として理解され、
表現されている。
Conversation between Gideon and the messenger of God in Verses 14-16 and 17: The messenger of God is
understood and expressed solely as “God” and “Lord” himself both in the words of Gideon and those of the
messenger himself.
(2)更には、21-22節に、御使いを直接見たことで、ギデオンが死を覚悟したことも、この天使が単
なる天使でなく、神ご自身であったことを意味していたことが分かる。
In addition, Gideon assumes death by directly witnessing the messenger in Verses 21-22; this shows that the
messenger was not simply an angel but God himself.
3. 似たような例は他にも一杯あるが、代表的な例は、同じ士師記 13章3、17-22節にあるサムソン
の両親に天の御使いが現れたところや、ヨシュア記 5章の終わりに、「万軍の将」として主が現れた
ところであろう。
There are many similar examples, but some of the typical examples would be when an angel appeared in front of
Samson (Judges 13:3, 17-22) and when God appeared as “the commander of the LORD‟s army” (at the end of Joshua
5).
G.いずれにせよ、わたしたちもそのように感じているし、神様もそのように思っておられることは、神様
に用いられる人、言い換えるなら、神様の祝福と偉大さの醍醐味をフルに経験させていただく器は、神
様との個人的な関係と交わりを確立していなければならない。
In any way, what we feel and God thinks is that the one used by God, or in other words, the vessel given by fully experiencing
God‟s blessings and wonders, comes to an existence only when a personal relationship and interactions with God have been
established.
4
1. それは、旧約聖書の時代は、一部の信仰者の特権的経験であったかもしれない。
Such an experience might have been privileged allowed only for a handful of believers during the era of the Old
Testament.
2. しかし、新約聖書の時代である、今日、それは、神様のすべてのクリスチャンに対する願いであ
り、ご計画である。
Now we are in the period of the New Testament. It is the hope and plan of God for every Christian to have such an
experience.
H.このような、主との個人的で直接的な関係と交わりは、どのように始まるのか、また豊かにされていく
のか?
How does a personal and direct relationship and interactions with God start? In what way are they enriched?
1. 神様ご自身のイニシアティブで始まる。
It starts as an initiative of God himself.
(1) ここでも主の方からギデオンに近づかれたところからこの関係は始まったのであった。彼は神
に近づくどころか、臆病風に吹かれ、酒ぶねの中に隠れていたのであった。
This relationship started when God approached Gideon. Gideon was far from approaching God; he was scared
and hiding under alcohol.
(2) 私たちの場合も同様である。まだ、私たちが罪びとであり、神に背き、遠ざかっていたとき、
イエス様の方から近づき、地上に来られ、私たちのために十字架にかかられたのであった。
It is the same for us. When we were sinners, turning our back to God and walking away from him, Jesus
approached us, came to us on earth, and was crucified because of us.
2. しかし、それは、その神様の愛のイニシアティブに応答する私たちの姿勢があってこそ、有効に
なり、そこに交わりが成立する。交わりにはいつも両方通行が必要である。
However, an interaction becomes valid and established only if we can respond to God‟s initiative of love. An
interaction needs a two-way communication.
(1) ギデオンは、その自分に近づいて来て、話しかけてくださっているお方が、あの偉大な神様か
もしれないと分かると、興奮して、もう黙っておられず、「ちょっと待っていて下さい。どこ
にも行かないでくださいよ。」と言って、急いで家に戻って、大変なご馳走というか、精一杯
のご馳走を供え物としてもってきた。
When Gideon realized that the one who approached him and talked to him might be the great God, he became so
excited that he said, “Please wait here, do not go anywhere.” He ran to his home and brought back the biggest
possible meals, or the best possible offerings to him.
5
(2) 鍋谷堯而(ぎょうじ)先生は、この箇所にこのようにコメントしておられる。「ミデヤン人に迫害
されていたイスラエル人には食物も十分なかったが、ギデオンは最高のご馳走をしてもてなし
た。信仰者が神との交わりの中で、召しを確かめられていく過程では、このように自分の持っ
ているすべてを捧げて、肉の糧をもって最良のもてなしをしようとする姿勢が示される」と。
Rev. Gyoji Nabetani once made a comment on this: “Although the Israeli persecuted by the Midians did not have
enough food, Gideon hosted God with the best food. In the process of confirming God‟s calling through an
interaction between a man with faith and God, the man shows an attitude to offer everything he has and hosts
God with flesh.”
さて、次に、ギデオンを祝福の器と準備するために、神様が、求められたことは:
What God asked Gideon to do next in order to prepare him as a vessel of blessing was:
Ⅱ.ギデオンが、自分の内で、長い間未解決のまま放置していた問題を解決していくことであった。
To solve a problem that Gideon had left unsolved within him for a long time.
A.彼にとって、それは、父親との関係であり、父親の信仰の問題であった。
It was an issue of a relationship with his father and of faith.
1. そこには、「確執」というか、仲たがいのようなものが長い間存在していたようである。
It seems that there was a “feud” or discord between the two for a long time.
2. ギデオンは恐らく、弱く、小さな信仰であったとしても、イスラエルに先祖から伝えられたヤー
ウェーなる神に対する純粋な信仰を持っていたであろう。
Gideon must have kept a pure faith, though weak and small, in God the Yahweh passed on by his ancestors of Israel.
3. しかし、イスラエル12部族の一つマナセ部族に属するアビエゼル人の族長のリーダーであった
ギデオンの父ヨアシュは、立場上の様々な誘惑や、プレッシャーの中からか、いつの日からか信
仰を妥協する人となっていたようである。
However, Gideon‟s father Jehoash, who was the leader of the Abiezrites that belonged to the Manasseh tribe of the
Twelve Tribes of Israel, had enough seduction of his status and pressure to become a person of compromise in his faith.
4. すなわち、ヤーウェーなる神(今で言うなら、私たちの神イエス・キリストのこと)も信じるが、彼
らが住んでいたカナンの地に昔からあった豊作の神と仰がれたバアルとアシェラの神をも拝んで
いた。
In other words, he believed in Baal and Asherah, gods of bountiful harvest traditionally believed in Canaan as well as
in God the Yahweh (now called Jesus Christ).
5. ヨアシュは、彼なりに、言い訳もあったであろう。
Johoash must have his own say:
(1) 個人としては決してヤーウェーに対する信仰を失った訳ではない。
It was not that he had lost his faith in Yahweh;
6
(2) 感謝もしているし、今でも頼っている。
He was grateful for Yahweh and relying on him;
(3) しかし、リーダーとして、社会人として、自分の信仰ばかり強調することはできない。
However, as a leader and a member of a society, he could not emphasize his own faith only;
(4) 多くの民が、土着の豊作の神のバアルやアシェラへの信仰になびいている以上、彼等との協
調も大切である。というような言い訳であったであろう。
As long as most of the people around him believed in Baal and Asherah, native gods of harvest, it is also
important to cooperate with them.
6. しかし、それは、同時に、幼い日にギデオンに純粋なヤーウェー信仰を教えてくれた父ヨアシュ
の子どもギデオンに対する裏切りであった。
At the same time, however, it was a betrayal for Gideon by his father Johoash, who taught Gideon a pure faith in
Yahweh in his childhood.
7. 恐らく、若く一本気で純粋なギデオンには、その父の信仰の態度は、どんなに言い訳をしても赦
しがたき裏切りでしかなかったであろう。
For a young, enthusiastic and spirituous Gideon, the faith of his father must have been a betrayal that could never be
forgiven.
8. どかで、ギデオンは、大人たちが、一族のリーダーたちが、そんなことをしているから神様の祝
福が受けられないのだとの不満を抱いていたであろう。
A part of Gideon may have been frustrated that people did not have blessings because adults and the tribal leaders had
wrong faith.
9. しかし、それを一族の大人たちにも、父親にも面と向って切り出せないでいたのである。その勇
気がなかったのである。
However, he had not been able to tell that to the tribal adults and his father. He did not have courage to do so.
10.だからその部分を、伏せて未解決のまま放置しておいたのである。
So he left his frustration hidden and unsolved.
B.しかし、今、神様はギデオンにそれを指摘し、解決へ向って勇気ある行動を迫られたのである。
God then pointed out such frustration to Gideon and demanded him to take a courageous action to solve it.
1.25節以下にそれが記されている。
It is written in Verse 25 and after.
3. それは、何と言う激しい、厳しい勇気を要する要求であったか。
What a fierce and harsh demand that requiredds courage it was!
7
4. しかし、この父親との問題をギデオンが解決することなくして、彼が本当に用いられる祝福の器
となることはできないと知っておられたからこそ、神さまはギデオンにこのように要求されたの
である。
God knew that Gideon would not become a vessel of blessing without solving the problem with his father and thus he
demanded Gideon in such a way.
5. 私たちは、一人一人、みな問題は違う。仮に同じ状態、同じ問題をもっていても、それがその人
の信仰の致命的な問題になっている場合と、そうでない場合がある。
We all have different issues. Even when we have the same condition or issue, it could become the fatal problem for
some people while not so much for the others.
(1)
だから、ギデオンのように、私たちとは違う神様を信じている父親を持っているすべての
人に、いつも神様はこのようにしろと言われる訳ではない。
Therefore, God does not require the same thing even if one of us has a different faith than his/her father like
Gideon did.
(2)
それは、福音書に記されている記事であるが、丁度、一人の金持ちでまじめな青年が、永
遠の命を求めてイエス様を訪ねて来たとき、イエス様が彼に、彼の持っている全財産(一部では
ない、大半でもない、全部)を捨て、貧しい人々に施し、そして、私に従えと言われたのと同じ
である。イエス様は、すべての金持ちにあのように言われたのではない。しかし、彼にはあの
言葉、あの行動が必要だったのである。
We can see that in a story of the Gospel: When a rich and serious young man visited Jesus for an eternal life, Jesus
told him to give up all his possessions (not a part of them, not most of them, but ALL of them), gave them to the
poor, and follow Jesus. Jesus did not tell the same thing to all the rich people. This particular young man needed
the words and the actions.
6. あなた(私)にとってそれは、何であろうか?
What would be the words for us then?
(1)
長い間、神様がこれを何とかしなければならないとあなたに示してきたにもかかわらず、
勇気が出ないで、ついつい放置してきた問題はないだろうか?
Is there any issue that God has told us to do something but we have left unsolved because we lack courage?
(2)
神様は、今あなたが真に祝福の器となるために、その問題に勇気をもって取り組むことを
求めておられる。
God is demanding us to face the issue with courage in order for us to become a true vessel of blessings.
(3)
信仰に勇気は不可欠である。ともすると「勇気」などというと、霊的というより、むしろ人
間的な響きを感じて、勇気をあまり重要視しないクリスチャンがいる。
Courage is essential to faith. Some Christians feel that “courage” is too human than spiritual and do not put an
emphasis on it.
8
(4)
しかし、聖書は私たちにいくたびも勇気を求めている。代表的な箇所の数例:
However, the Bible repeatedly asked us for courage. Some examples are:
●ヨシュアに対してその使命遂行のために:ヨシュア 1章6、7、9節
Courage for Johoash to complete his mission: Johoash 1:6, 7, 9;
●ヒゼキヤ王に対して(アッスリヤ軍を前に):第二歴代誌 32章7節
Courage for Hezekiah (in front of the Assyrian army): 2 Chronicles 32:7;
●イエス様の弟子たちへの言葉:ヨハネ 16章 33節
Words of Jesus for his disciples: John 16:33;
●パウロのことば:第一コリント 16章 13節
Words of Paul: 1 Corinthians 16:13
C.しかし、このような厳しい神様からの要求に、勇気をもって応えようとする者にとって、ここに二つの
慰めと励ましがある。
Now, there are two elements of comfort and encouragement for those who reply with courage to the harsh demand from
God.
1. 一つは、「勇気をもって」と言ったからと言って、それは決して「無謀に」「むやみに」と言う意味で
はなく、必要なら「知恵をもって」実行するべきだと言われていることである。
One is that “to have a courage” does not mean “recklessness” or “blindness” but to carry out a plan with “knowledge” if
necessary.
(1)27節を見ると、ギデオンは確かに彼は主の言われる通りにしたとある。
Verse 27 says that Gideon indeed did what God had told him to do.
(2)しかし、同時に、ギデオンは、「父の家の者や、町の人々を恐れたので、昼間それをせず、夜そ
れを行った」とある。
However, at the same time, Gideon “carried out the action at night not in the daylight since he was afraid of the
family members of his father and townspeople.”
(3)これは、正しく、健全な恐れである。その恐れが慎みと知恵を生むのである。神様は決してそれ
を昼間にせよとは言われていない。それは彼に委ねられたことであった。
This is a right and healthy fear. Such a fear brings out control and knowledge. God never told him to act during
daytime. It was left to Gideon to decide.
9
(4)そして、それは、現に良い結果を生み出した。次にも触れることであるが父親に考える余裕を与
えた。昼みんなの目の前でギデオンが、このことを実行していたら、父親はそこに駆けつけ、
疑いの余地も無く息子がこのような暴挙に及んでいる事実の前には、リーダーとしての対面上
もあって、即座に反応し、処分を決定しなければならなかったであろう。しかし、夜みんなの
見ていないうちに起こったことは、多くの疑いの余地も、時間的にも、信仰的にも彼に余裕を
与えた。
And such a fear actually led Gideon to the good result. It gave his father time to think (I would like to mention this
in the next paragraph). If Gideon acted during the day in front of everyone, it is no doubt that his father as a
leader had to rush to the scene, react and punish immediately his son‟s reckless deed. Because it happened at
night when no one was watching, he had a space in his mind to doubt, a room in terms of time and faith.
2. もう一つは、勇気をもって神の言葉に従うとき、神は必ず祈りに応えて、素晴らしい奇跡の業を
見せてくださるという事実である。
The other fact is that God always replies to a prayer with a wonderful miracle when we follow his words with courage.
(1)それは、ギデオンの場合、今も言った父親の驚くべき、予想外の反応であった。
For Gideon, it was a surprising and unexpected response from his father.
(2)29-30節を見ると、町の人々の態度は予想とおり怒りと敵対であった。
Verses 29-30 indicate that the attitude of the townspeople was anger and antagonism as Gideon had expected.
(3)しかし、31節を見ると、父親の反応は、驚くべくも予想外のものであった。それは、父親の心
の変化、改心のあらわれ、結果と言いたい態度、行動、言葉であった。
In Verse 31, the response from Gideon‟s father was surprisingly unexpected. It included an attitude, act and
words that could be described as the results of changes in his heart and of conversion.
(4)恐らくギデオンにとって町の人々の反応はどうでも良かったというか、二の次であったであろう。
For Gideon, the response from the town was probably secondly or not so important.
(5)彼にとっての最大の関心は、父親の改心であった。それが見え始めたのである。
For him, the biggest interest was the conversion of his father. He began to see it.
(6)これは何という慰め、励ましか。その勇気ある行動が、もし、単に自分の感情や激情からのもの
であるなら、それは無謀的、破壊的な結果と混乱で終わるかもしれない。
What a comfort, what an encouragement! If such a courageous act was based on his own emotion or anger, it
could have ended in a reckless and destructive result or chaos.
(7)しかし、それが、もし、神の命令に従い、御心にかなったものであるなら、主ご自身が責任をも
って、必ず良い結果へと導いてくださるという事実である。
However, if it is to follow God‟s order and meet his plan, God will always responsibly lead us to good results.
10
最後に、神様がギデオンを祝福の器、神に用いられる器とするために準備されたことは:
At last, what God prepared for Gideon to be his vessel of blessings was:
Ⅲ.小さな信仰を幾たびも、幾たびも、飽くことなく繰り返し、経験から信仰の確信を積み上げていくことであ
る。
To repeat small pieces of faith over and over and build a conviction of faith based on experiences.
A.すでにかなり時間が過ぎているので、このポイントは簡略にお話したい。
As time is pressing, I would like to summarize this point.
B.このことを、私たちは、36 節から 40節のギデオンと神様とのやり取りが学びたい。
We can learn it from the interaction between Gideon and God written in Verses 36-40.
C.36節にあるように、ギデオンは、自分のような微力者の手で、イスラエルがミデヤンという強力な敵か
ら守り救い出されるとは、すぐには、いきなり信じられなかったのである。
As in Verse 36, Gideon could not immediately believe that a little person like him was capable of saving Israel from the
powerful Midians.
D.だから、彼は、そのような大それた信仰を持つステップとして、同じようなことであったが、小さな二
つのしるしを求めた。
Thus, he asked for two signs, though both of them were similar, as the steps to have such big faith.
1. 一つは、羊一頭分の毛を置いておくから、神様に、その羊の毛の上にだけ、ビショビショになる
ほど露が降りて、他の地面には一滴も露が降りず、乾いた地にして見せて欲しいと頼んだ。それは
普通にはあり得ないことであったが、奇跡的にその通りになった。
One was that he asked God to soak the wool of one sheep with dew while keeping the surrounding ground dry. This is
usually impossible, but it miraculously came true.
2. しかし、ギデオンはそれで満足せず、もう一回、似たようなことではあったが、その逆、即ち、
今度は、羊の毛が乾いていて、地面が濡れている状態を作って欲しいと神様に頼んだ。このときも、
奇跡が起こって、その通りになった。彼はそれで満足したようである。
Gideon was not satisfied with it, so he then asked God to keep the sheep wool dry while making the surrounding ground
wet. This time also, a miracle happened and it came true. He was then satisfied.
3. 聖書を見る限り、神様は、このギデオンの子どもっぽくさえ感じる二つの要求に対し、何のため
らいもなく、喜んで応えておられる。
As long as we read the Bible, God happily responded, without any hesitance, to the two demands of Gideon that almost
sounded childish.
E.このことを通して神様は何を語っておられるのか?
What is God trying to tell us here?
11
1. 信仰というものは、通常(どこまでも「通常」であり、例外もあるが)、信仰に入ったばかりの人が、
いきなり大きな信仰をもって、神のために大きな業をするということではない。
Faith usually (“usually,” there are exceptions) does not require a person who has just obtained faith to carry out a big
action for God.
2. そこには、むしろステップがあり、それを繰り返し、繰り返し積み上げながら成長していくもの
である。
There are steps, and we grow as we repeatedly build up the faith.
3. ダニエル・スティールだったかと記憶するが、ある神学者は、「信仰とは、ある人が銃を的に向っ
て構え、撃った瞬間に目を瞑り、その後、目を開けてみて、アー当たったというような類のもので
はない」と言っている。
A theologian, I believe it is Daniel Steel, said, “Faith is not something like that a person points a gun, closes his eyes the
moment he shoots, opens his eyes and says, „oh, it hit!‟”
4. 信仰とはそのような一か八かの賭けのようなものではない。それは、「信頼」である。神への信頼
である。
Faith is not a gamble. It is a “trust,” a trust in God.
5. だから、長い経験と付き合い、交わりの中から、徐々に培われていくものである。
That is why faith is nurtured gradually in continuing interactions and communications.
6. その意味で、私たちは、ギデオンのように、小さな似たような経験を、しつこいようであるが、
何度も何度も神様との間に繰り返していく必要がある。
In that sense, we also need to repeat the similar small experiences with God, just as Gideon had done.
7. 神様はそのようにして、私たちが神様に信頼することを学んでいくことを、喜び、大歓迎してお
られるのである。
God rejoices and welcomes the learning of our trust in God.
結
論 Conclusion
●問題は、私たちが、奇跡は奇跡でも、ことが絶対絶命というほどに大きくなるまで、余り信仰を働かさな
いで済ましてしまっていることである。
The issue here is that we tend to leave our faith untouched until some biggest-ever miracle would happen.
●私たちは、もっともっと日常生活の中で、小さな奇跡を奇跡として確かに神様に求め、それを繰り返し経
験し、経験と確信を積み上げていく必要がある。
We need to ask for small miracles to God in our daily life, repeatedly experience them, and build such experiences and
convictions.
12
●たびたび申し上げるが、私たちが29年前にアメリカに家族で留学のために渡って来たとき、私たちは大
きく分けるなら二つの目的があった。一つは留学という学究的なものであった。
I have mentioned this before, but when we came to this country 29 years ago, we had two major objectives. One was academic,
to complete my study-abroad program.
●もう一つは霊的、信仰的な目的であった。長い間、偉大な信仰の人とも言える主任牧師の下でご奉仕して
来た私は、聖書からいわゆる霊的なこと、信仰的なことは語れたが、実際的なことはほどんどその主任牧
師の信仰と実践の加護、庇護のもとにあったと言って過言ではなかった。
The other objective was spiritual and related to faith. For a long time, I worked under a senior pastor of great faith. Although I
could talk about so-called spiritual things and faith based on the Bible, it is not too much to say that my fundamental experience
was mostly under the protection of the pastor‟s faith and practices.
●それは、特に経済的な問題においてそうであった。
It was especially true in financial issues.
●私たち夫婦の渡米の目的の一つは、その主任牧師、ある意味でまた母教会からの庇護から離れて、神さま
に直接信頼をおいて歩むとき、神様は私たちの必要を満たして下さるという信仰を身に着けることであっ
た。
One of our objectives to come here was to acquire faith in God fulfilling our needs by leaving the protection of the senior pastor
and his church and by going forward with a direct trust in God.
●そして、この29年間を振り返るとき、まさに神様は、そのことをしてくださったことを喜びと感謝をも
って証しできる。
Now that we can look back the past 29 years, I can testify with joy and gratitude that God truly did provided us of our necessity.
●今、そのことを詳しく述べることはできないが、それは、小さい試み、小さい信頼から始まった。母教会
を始めとする人間的な支えが徐々に除かれるとともに、試みも、信頼もまた徐々に増して行った。
I do not have time to discuss the details here, but everything started with one small attempt and trust. As the human support
from our original church was removed gradually, the attempt and trust has increased gradually as well.
●主は、かくも人をその御業のために、働きのために、祝福の器とするために準備される。時間はかかるか
もしれない。しかし、主はギデオンにそうされたように、私たちを20年かけて、また一生かけて準備さ
れる。
God prepare people for his work and for making us to be his vessels of blessing. It may take a long time. But as he did for
Gideon, God prepares us over 20 years and over our lifetime.
●感謝なことは、その間にも、即ち、未完成の訓練中にも、主は私たちを通して御業を進め、また私たちを
用いてくださることである。ハレルヤ。
The most blessing fact is that even during the process, that is, during our unfinished,trainingperiod,Godcarriesonhisworkandusesusforhiswork.
Alleluia.
13
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
5
File Size
411 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content