close

Enter

Log in using OpenID

クローバー牧場のスタッフ

embedDownload
名
1 .日 時
さ
ん
前
7月27日(土)∼28日(日)夕方まで
か
2.参加する人
5歳
す
ず
小学生
き
り
く
う
鈴木陸空
た
じ
ま
り
(5歳)
な
べ
あ
な
べ
ゆ
し
な
か
の
ん
稲葉花音
(1年生)
(5歳)
立木熙人
(5歳)
保阪心柚
(5歳)
山海真凛
つ
い
き
ひ
ろ
と
(1年生)
ほ
さ
か
こ
ゆ
(1年生)
い
田邊結衣
よ
ば
や
田邊杏弥
た
な
こ
田島莉子
た
い
や
ま
う
み
ま
り
ん
(1年生)
が
吉永はるか(5歳)
中学生
や
ぎ
た
き
り
お
ん
鈴木漓音
し
な
じ
お
(2年生)
ん
保科侍臣
き
だ
ず
ほ
み
く
(2年生)
か
八木紀美花(2年生)
よ
す
よ
し
な
が
吉永あすか(2年生)
み
依田拓己
(3年生)
お
お
き
し
ん
の
す
た
じ
ま
ま
こ
田島真子
し
クローバー牧場のスタッフ
し
む
ら
ひ
ろ
ゆ
き
志村裕行【シムシム】
(38歳)
い
ざ
わ
し ゆ う
へ
い
伊澤秀平
す
な
だ
し
ん
い
ち
(37歳)
ろ
う
砂田信一郎 (21歳)
け
大木臣之輔(3年生)
も
ざ
わ
み
ゆ
(3年生)
な
下澤美有奈(5年生)
3.場
所
山中湖クローバー牧場
4.泊まるところ
クローバー牧場の放牧場
5.お風呂
石割の湯
6.お食事
カレー
パンサンド
自分たちでも作ってみよう
7.持ち物
品
量
品
お仕事用シャツ
2枚以上
筆記用具
お仕事用ズボン
2
お絵かき道具
ぼうし
1
パレット
1個
水入れ
1個
1枚
軍
名
手
数
2つ以上
名
数
量
1セット
くつ(乗馬・仕事用)
1
布
レインコート(上下)
1セット
筆
2~3本
くつ下
2つ以上
絵 の 具 ( 青・赤・黄・白)
1本ずつ
タオル(汗ふき用)
2枚以上
保 険 証 ( 原 本 or コ ピ ー )
適宜
適宜
タオル(お風呂用小)
1枚
水
タオル(お風呂用中)
1枚
ビニール袋(大)
1~2枚
洗面道具(ふくろも)
1
ビニール袋(中)
2~3枚
寝 間 着( ジ ャ ー ジ 等 可 )
1
テント
あれば
防 寒 具( ト レ ー ナ ー ・ フ リ ー ス 等 )
1
寝袋・マット
1つずつ
ゴムスリッパ等
1
薬(虫除け・常備薬等)
懐中電灯
1
1日目昼食
ね
ま
筒
き
適宜
1
※保険証の提出については各ご家庭のご判断にお任せします。
な お 、提 出 さ れ る 場 合 は 個 人 情 報 保 護 の た め 封 筒 に 入 れ た う え で 、志 村 に ご 提 出 く だ さ い 。
最終日に返還いたします。
※飲み物・コップ等は牧場で用意します。
※絵の具はやっぱり各自でお持ちください。
※ オ リ ジ ナ ル 仕 事 用 ポ ロ シ ャ ツ ・ 帽 子 を 販 売 し ま す の で 、よ ろ し け れ ば お 買 い 求 め く だ さ い 。
なお軍手の販売はなくなりましたので必ず各自で御用意ください。
8.予
定 (予定は未定
1日目
時
天候やその他の理由で変更になる場合もあります)
7月27日(土)
間
活
9:00
集
合
9:30
仕事開始
動
の
顔合わせ会
予
定
グループ作り
馬出し→馬の手入れ(ブラッシング・蹄そうじ)→馬房そうじ
→エサ作り
11:00
乗馬・引き馬
12:00
昼
食(各自のお弁当)
13:00
乗
馬・引き馬
15:00
飯ごう炊爨(カレー作り)
ご飯を作りながらテント設営、馬房もどしもおこないます
18:00
夕
食
19:30
温
泉へ
20:30
夜の会
21:00
夜のエサやり
21:30
就
寝
2日目
時
7月28日(日)
間
活
動
の
6:00
起
床
朝のエサやり
7:00
朝
食(サンドパン)
8:00
仕事開始
予
定
テント片付け
自分たちで作りましょう
馬出し→馬の手入れ(ブラッシング・蹄そうじ)→馬房そうじ
→エサ作り
馬の勉強会
10:00
乗
馬・引き馬
12:00
昼
食(流しそうめん)
13:00
馬のお絵かき教室
14:30
乗
16:00
お楽しみ会(スイカわり)
17:00
馬房もどし
17:45
お疲れさん会・解
馬・引き馬
散
さ
ん
か
9.参加するみんなへ
ぼ
く
じ よ う
う
シムシムより
ま
さ
ん
か
クローバー牧場の馬キャンプに参加してくれてありがとう。
た
の
お
も
で
す
こ
お
と
な
ち
か
楽しくて思い出にのこって、そしてみんなが少し大人に近づい
き
ぶ
ん
た気分になるようなキャンプになったらいいなと思います。
う
ま
か ら だ
て
い
う
馬の体の手入れをしますよ。
じ よ う
ま
ご
や
馬小屋をそうじをしますよ。
ば
う
ま
乗馬もしますし、エサだってみんなが馬たちにあげるのです。
は
ん
た
の
じ
ぶ
ん
ち か ら
あ
つ
く
ご飯も自分たちで力を合わせて作ってみましょう。
な
が
わ
た
い
か
い
お楽しみの流しそうめん、そしてスイカ割り大会だってやっち
ゃいましょう。
し
ば
た
み
ち
こ
せ
ん
せ
い
ま
ね
う
ま
え
き よ う
し
つ
さらに、芝田美智子先生をお招きして、馬のお絵かき教室も
ひ
ら
い
ま
え
か
開きます。どんな絵が描けるかな?
た
の
今から楽しみですね。
も
く
ひ よ う
き
このキャンプでの目標を決めましょう。
ち よ う
せ
ん
な
どんなことに挑戦したいですか?
に
何をがんばりたいですか?
た
できるようになってみたいことは?
も
どんなことでもいいです。下の
ほ
の
楽しみたいことは?
く
ひ よ う
か
に目標を書きましょう。
か
も
く
ひ よ う
お
し
そして、シムシムや他のみんなにその目標を教えてください。
も
く
ひ よ う
た
つ
せ
い
この目標が達成できたかどうか?
お
お
し
キャンプが終わるとき、教えてください。
た
の
今から楽しみですね。
げ
ん
き
え
が
お
ぼ
く
じ よ う
あ
元気な笑顔で、クローバー牧場で会いましょう!!
10.保護者の皆様へ
シムシムより
クローバー牧場の馬キャンプにお子様を参加させていただき、ありがとう
ございます。
今年で創設3年目の小さな馬牧場ですががんばっています。
特に、子どもたちの成長に一助になることを願い、お仕事体験・乗馬体験
の機会を提供しています。
今回のキャンプでは日常の仕事・乗馬体験のアップグレード版として二日
間の活動を組みました。
スタッフの、そしてボランティアでお手伝いくださる方々の心構えを以下
に示します。
①大人はお手伝いをし過ぎないこと
→本来は子どもが大人を手伝うもの
②こんせつていねいに教え過ぎないこと
→子どもが考え、創意工夫し、知恵を働かせる時間を
③成功を演出し過ぎないこと
→子どもには失敗する権利がある
④1つの作業を分担させること
→空き時間、作業しない時間をできるだけ少なく
⑤1つの作業を協同協力させること
→他者との交わり・コミュニケーションを
⑥ほどよく疲れさせること
→充実感・満足感・達成感を
子どもたちによりよい経験とよりよい教育をと、そう強く願うとき、同時に
私たち大人が戒めなければならないのが①∼③です。
クローバー牧場の教育は『子どもの生きる力を育む』ことを目的としてい
ます。
「それぐらい自分(たち)でやってごらんなさいよ」
「それぐらい自分(たち)で考えてごらんなさいよ」
「残念だったね。失敗しちゃったね」
一見、冷たく思えるこれらの言葉が子どもの生きる力を育てるのです。
また、馬という生き物とのコミュニーションは、実は、人間とのコミュニケ
ーションにも通じるところがあります。
「思い通りに動いてくれない」馬をどうにかしてがんばったら「思い通りに
動いてくれた!!」一方的な想いだけでは相手には届かないけれど、心構
え を 少 し 変 え た り 、 相 手 の 気 持 ち を 深 く 考 え て み た ら ・・・・・・、 届 く こ と っ
てありますよね、私たち大人でも。
そんなコミュニケーションハウツーの一端を学ぶことができる動物。それ
が馬なのです。
子どもたちがこの二日間でどのように成長するのか?楽しみですね。
よろしくお願いいたします!
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
31
File Size
421 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content