close

Enter

Log in using OpenID

宮崎市公共事業コスト構造改善プログラムの概要(改訂版) (PDF 128KB)

embedDownload
「宮崎市公共事業コスト構造改善プログラム」の概要(改訂版)
1、コスト縮減の取組み背景
限られた財源
コスト縮減
公共事業の効率化
社会資本の着実な整備
2、これまでの行動計画の推移
・平成 10 年 4 月「宮崎市公共工事コスト縮減推進委員会」を設置
・平成 11 年 2 月「宮崎市公共工事コスト縮減対策に関する行動計画」の策定
・平成 14 年 6 月「宮崎市公共工事コスト縮減対策に関する新行動計画」の策定
・平成 17 年 7 月「宮崎市公共事業コスト構造改革プラン」の策定
3、旧プラン(コスト構造改革プラン)によるコスト縮減額・縮減率の推移
年間実績
年度別のコスト縮減額・縮減率
実績縮減率
目標縮減率
25
9.5
8.7
縮 20
減
額 15
19.97
18.12
7
6
4
3.1
2
5.05
0
H17
H18
H19
年 度
1
H20
縮
減
率
%
)
)
5
16.37
(
(
億 10
円
8.3
10
9
8
7
6
5
4
3
2
1
0
4、新しい取組み(コスト構造改善)の考え方
①
コスト縮減のみを重視したこれまでの取組みから、コストと品質の両面を
重視した取組みに転換する。
② VFM 最大化を重視する「コスト構造改善」を推進する。
③ これまでの「総合的なコスト縮減」の取組みに加え、新たに「コスト構造
改善」の取組みを導入し、「総合的なコスト構造改善」を推進する。
これまでの取組み(コスト縮減)
・工事コストの縮減
新たな取組み(コスト構造改善)
+
・計画・設計の最適化
・事業便益の早期発現
・民間技術の技術革新による
コスト構造の改善
・施設の長寿命化によるライフサイクル
・将来の維持管理費の縮減
コスト構造の改善
・環境負荷の低減効果等の社会
的コスト構造の改善
※
VFM(Value for
Money)とは、経済性にも配慮しつつ、公共事業の構想・
計画段階から維持管理までを通じて、投資に対して最も価値の高いサービスを
提供すること。
④
取組み期間は、平成 21 年度から平成 27 年度までの 7 年間とし、最終計
画年度の改善率目標を7%に設定
⑤ 基準年度を平成 16 年度から平成 20 年度に変更
⑥ 具体的施策数は、旧プラン(構造改革プラン)の 247 施策から改善プロ
グラムでは 22 施策にまとめている。
⑦ 改善率は、
「工事コストの改善」効果、
「ライフサイクルコスト構造の改善」
効果、「社会的コスト構造の改善」効果の 3 効果から算定する。
5、フォローアップ
・ 具体的施策の着実な推進を図るため、
「宮崎市公共事業コスト構造改善推進
委員会」において、フォローアップを行い、その結果及び代表事例を市の
ホームぺージに公表する。
2
6、具体的施策リスト
施策番
施策名
基本的な取組み施策
具体的施策
種別
号
【1】
合意形成・協議手
進
続きの改善
社会的コスト構造の改善
A.事業のスピードアップ
計画段階からの合意形成手続きの積極的導入・推
施策 1
関係機 関等との 調整によ る協議手 続きの迅速
施策 2
化・簡素化
施策 3
【2】
事業の重点化・集
中化
事業評価の厳格な実施による透明性の向上
重点的な投資や事業の進捗管理の徹底による事
施策 4
業効果の早期発現
【3】
【2】
【3】
施策 5
公共事業に係る計画的な用地取得の推進
施策 6
新技術基準類の積極的な活用
施策 7
技術基準の弾力的運用(ローカルルールの設定)
施策 8
合理的な計画・設計の推進
施策 9
工事における事業間連携等の推進
施策 10
建設副産物対策等の推進
施策 11
施工の効率化及び品質確保の推進
化
計画・設計の見直
し
施工の見直し
民間技術の積極
公共工事等における新技術活用システム(NETIS)
施策 12
的な活用
等を通じた民間技術の積極的活用
ライフサイクルコスト
低減
社会的コスト構
の一層の推進
構造の改善
社会的コストの
造の改善
工事に伴う CO2 排出の抑制による地球温暖化対策
施策 13
【4】
工事コスト構造の改善
B.計画 設・計・施工の最適化
【1】
用地・補償の円滑
社会的影響の低減(騒音・振動等の抑制、工事に
施策 14
よる渋滞損失の低減、事故の防止)
C.維持管理の最適
化
【1】
民間技術の積極
施策 15
新技術の活用による維持管理技術の高度化
的な活用
施策 16
施設の長寿命化を図る為の技術基準類の活用
戦略的な維持管
施策 17
効果的な維持管理システムの構築による公共施
【2】
施策 18
地域の実情や施設特性に応じた維持管理の推進
施策 19
総合評価落札方式の試行継続
施策 20
企業の持つ技術力・経営力の適正な評価
調達の見直し
複数年にわたる工事の円滑な執行のための手続
施策 21
き改善
【2】
積算の見直し
施策 22
市場を的確に反映した積算方式の整備
3
工事コスト構造の改善
D.調達の最適化
【1】
設の長寿命化の推進
理
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
1
File Size
128 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content