close

Enter

Log in using OpenID

プラネタリウム投影プログラム「スターズライフ」制作報告

embedDownload
大阪市立科学館研究報告 26, 111 - 114 (2016)
プラネタリウム投影プログラム「スターズライフ」制作報告
渡部
義弥 *
概 要
「スターズライフ」は、2015年 6 月 ~8月 に公 開したオリジナルのプラネタリウム番組 である。番 組は、生
解 説 で使 用 し、投 影 担 当 者 がパーツとなる映 像 演 出 を実 行 し解 説 を加 えていく形 式 である。番 組 では
「変 わった」五 種 類 の星 をとりあげ、それぞれの解 説をするというオムニバス形 式 の進行 演 出 とし、最 後 に
それらの天 体 の分 布 を天 球 にマップし、「変 わった」星がどの程度あるのかを述べてまとめとした。
1.はじめに 
られるようにはなっている。たとえば彦星=わし
プ ラ ネ タ リ ウ ム で 最 も 観 覧 者 を ひ き つ け るのは 、
座アルタイルの形状などもとらえられるようにな
満天の星空である。それを形作る恒星は、星座と
ってきている(図1 )、し かし素人に 実 物 の 映 像 で
し て 分 布 や 名 前 が 印 象 づ け ら れ 、色 も 言 及 さ れ る 。
目 を 引 い て も ら う にはほ ど遠い状態である。
しかし、この恒星そのものをテーマとして取り上
げることはあまりない。なぜだろうか?
逆にテ
ーマとして取り上げられやすい天体から考えてみ
る。それは、次のようなものがあげあれる。
1.探査機で詳しい様子が分かっている惑星とそ
の衛星。
2.望遠鏡などで拡大するとカラフルで複雑な姿
が う か ん で く る 、メ シ エ 天 体 が 多 数 あ る 星 雲 、
星団、銀河。
3.望遠鏡ではその詳細は見えないが、その物理
的特性が非常にミステリアスで魅力的な、ブ
ラックホール
図1 .ジョ ージ ア州立 大 学の CHARA 干渉望遠 鏡が
と ら え た 彦 星 の 表 面 形 状 ( c ) John Monnier,
いずれも、イメージを喚起するビジュアルが豊
University of Michigan
富にそろっているのが特徴である。このほか、天
体ではないが、オーロラや宇宙探査機や望遠鏡な
一 方 、 恒星をプラネタ リウム番組でとらえると
どの観測機器もとりあげられることが多いが、い
なると、その「進化」といわれる一生のステージ
ずれも映像が豊富に用意できることはかわらない。
の紹介が一般的である。太陽のような恒星も、生
一方で、恒星については、太陽をのぞいては、
まれたり死んだりすることもある。というだけで
映像が豊富とはいかない。太陽以外の恒星は遠距
なく、特に質量の大きな恒星の死は、超新星爆発
離にあるが、サイズは星雲や星団のように大きく
という非常に派手な現象であり、映像として見栄
なく、美麗な映像が望みにくいからである。近年
えがする。また、星の誕生や死は星雲や星団とか
は、観測技術の発達によって高解像度の画像も得
かわるため、これも映像的に見栄えがするものが
使える。
 *
大阪市立科学館
e-mail:[email protected]
しかし、夜空の輝いている恒星そのものは、
stable な状態であり、拡大すると基本的には太陽
- 111 -
渡部
義弥
と同様になる(図 2 )。し か も 、映 像 と し て 見 栄 え
ぼ変化しないということを示す。
がするのは細かな様子であり、実際の映像として
は 図 1 が いまま で に 人 類 が 得 た 最 高 画 質 で あ り 、
2.一部の恒星はその常識とはちょっとずれてい
これ以上には見えない。
るものがあることを示し5種類の変わった恒星
を紹介する。
3.標準的な恒星と、やや変わった恒星がどうい
う風に分布しているのかを、夜空の星にマーク
して示す。
以上のうち、最も比 重が大きいのが2の部分ある。そ
こを言う前に、1と3についてかんたんに述べる。
1については 図 2のような太 陽 の映 像 と恒 星 の一 般
的 な一 生 の グ ラフィ ック の 映 像 を 使 っ て、 stable な恒
星 の状 態 がどんなものであるかをイントロ的 に述 べた。
このさい、太 陽 は 全 天 周 映 像 を 使 い、オッと 思 わせる
効果をねらった。
3については、2で取り上 げた星がどう分 布 するのか
をマーク で示 すと いう 形 に した。そ して、全 体 と しては
図 2 . PROBA2 衛 星 に よ る 太 陽 の X 線 画 像
stable な星が多く、太陽もそうした恒星の一生のなかで、
(c)ESA/SWAP PROBA2 science centre
そうした安定したステージにいるというのを結論とした。
そして、2では5種 類 の恒 星 をとりあげ、それぞれの
一方で、恒星は 他 の 天 体 に 比 べ 輝 度 が 高 いため、
スペクトル観測や変光の観測によって、物理的描
特徴を語っていくことにした。この部分を次の節で詳述
する。
像が相当にあきらかになっている。一見1つに見
えても複数の恒星がまわりあっている連星系や、
2.スターズライフでとりあげた5種類の恒星
近接しているため相互作用をする恒星。恒星から
スターズライフでは、夜 空に肉 眼 で見 える、あるいは
ガスが吹き出している様子。太陽の50分の1し
見えうる恒星のなかで特に特徴的な5種類の恒星につ
かない白色矮星や、逆に500倍以上ある赤色超
いて述 べることと した。基 本 的 には変 光 星 について述
巨星など、話題にことかかない。
べることとなった。ただ、変光 星を紹介するというのでは
そこで、本プラネタリウム番組「スターズライ
フ 」 で は 、 ふ だ ん 見 上 げ て い る 星 が 、 実 は どんな
なく、夜 空の星について詳しくみると、ちょっと変わった
星があるという流れで紹介したかった。
ものであるかを伝える。というのをプログラムの
当 初 は、5種 類 をどういう順 番 でとりあげてもよいよう
主眼とした。つまり、スターズライフは、恒星の
にしようと考 えた。いろんな星 がでてくる意 外 性 をねら
一生の最も激しい誕生と死「以外の」パートのお
ったが、それではストーリーがわかりにくく、解 説 しにく
もしろさを伝えることを主眼にして考えたプログ
いという意 見が多かったので。順 番を固 定 することにし
ラムである。スターズライフは「星の一生」では
た。
なく、
「星の暮ら し 」と い う イ メ ー ジ で つ け たタイ
トルである。英語にしたのは、星「での」暮らし
さらに、 解 説 上 の 工 夫 として、5種 類 をキャッチフレ
ーズで最初から図3に示すタイトルボードで示した。
ととらえてほしくなかったためである。
1.ためいきをつく
2.スターズライフの全 体 構 成
これは、はくちょう座χ型変 光星のことであり、恒星
スターズライフは、次のような構成をとった。
表 面から断続 的にガスや塵 が吹き出る恒星 である。非
常い大きくかつガクっとした変 光をするのが特 徴である。
1.恒星についての一般的な情報を示す
代 表 星 としては、はくちょう座 χのほか、エータ・カリー
そこで、恒星は、とてつもないエネルギーを放
ナ(りゅうこつ座η星)がある。
っている太陽と同じ種類の天体であること。一
スペクトルに 恒 星 から近 づく 成 分 と 遠 ざかる成 分 が
方でふだん見ているような時間スケールではほ
同 時 にでてくることから異 常 さがわかり、それが恒 星 か
- 112 -
プラネタリウム投影プログラム「スターズライフ」制作
ら吹 き出 たガスや塵 が 恒 星 の光 を反 射 することによっ
融 合 を起 こすにいたって発 光 するのである。この過 程
てもたらされたことがわかったものである。
はちょっと複雑なので、アニメーションで示したが、ぴっ
これを表 現 するために、バーチャリウムのスクリプトを
たりくる映像にならなかった。
利 用 した簡 単 なアニメーションを作 った。ただ 、描 像 が
ちゃちになってしまい、改 良 をしたが映 像 としての魅 力
5.星のドキドキ
を最後まで出すことができなかった。
恒 星 がふく らんだり縮 んだりすることで明 るさが 変 化
する、脈 動 変 光 星 の紹 介をした。ただ、ここでは、見 栄
えがする現 象 としてライトエコーで恒 星 のまわりのガス
が 波 紋 の ように 光 る 映 像 で 紹 介 した 。た だ 、この 映 像
はプラネタリウムドームでは、画 質 調 整 をしても見 栄 え
がしなかった。一 方 で、脈 動 を示 したアニメーションは
試 作 段 階 で評 判 がよくなかったので意 見 をくんで取 り
下げることにした。
3.投影公 開 途 中での変更 点
タイトルボードはしばらく使っているうちに、表現のイメ
ージが伝 えにくいという声 があったので、途 中 から図 4
の様 に差 し替 えた。より直 接 的 な表 現 に1と3を差 し替
えている。
図3. 5種類 の 変 わ っ た 恒 星 の タ イ ト ル ボ ード
ここ でそれ ぞ れ の 恒 星 に つ い て 述 べ る 。
2.「あの星」のすがお
回転によって平べったく変 形 した恒 星を紹 介 した。代
表 星 として彦 星 (わし座 アルタイル)があり、またレグル
ス 、アケ ルナ ルと いった 一 等 星 が あ げられる 。観 測 映
像 のほか、3Dモデルをつかって、太 陽 よりはるかに巨
大 な 星 が 高 速 回 転 に よ っ て 変 形 している 様 子 を 示 し
た。
さらに回 転 によって恒 星 表 面 から円 盤 上 にガスがは
がれるような様子を全 天 周 映 像 で示して紹 介した。
図4.差し替えたタイトルボード
3.なかよし!
映 像 については、一 部 チラツキなどがどうしてもとれ
非 常 に 近 距 離 にある 2つ の 恒 星 が 、互 いに まわりあ
なかったものがあったが、途 中 で前 のオブジェクトが消
い、互 いを隠 すことがある食 変 光 星 をとりあげた。代 表
え ていなかっ たとか 、ムービー映 像 の 再 生 レ ート が 最
星として、こと座の織 姫 の次 に明 るいβ星 をあげた。ま
適でなかったといったテクニカルな問題がわかったため
た、極 端 な例 としておおぐま座 W星 をあげ「キスをして
に、逐 次 修 正 した。スクリプトベースで動 画 を多 用 した
いる星」という表現で紹 介 した。
ときの問 題 点 であり、このあたりはノウハウを得 ていき、
かつ共有をする必要があろう。
4.新星
また、最 終 的 に全 天 に5種 類 の恒 星 の分 布を映 すと
はくちょう座に1975年に現 れた新 星(はくちょう座V1
いうシーンは 、総 合 変 光 星 カタログから明 る い恒 星 の
500)を代 表 星 としてとりあげ、星 座 の形 が変 形 してし
みをピックアップして行ったが、肉眼で見えるだけでも2
まうように現 れる恒 星 の紹 介 とした。 必 要 に応 じて、日
000個 程 度 あった。これらを全 て表 示 すると 画 面 がち
本 の 高 校 生 が 発 見 したと いったエピソード もあ わせ て
らついたり、表 示 がスムーズにできないといった問 題 が
紹介した。
あった。そこで、しきい値 をみなおし、800 個 程 度 にお
新 星 については、白 色 矮 星 と巨 星 の近 接 連 星 系 で、
として表現するようにした。
巨 星 からあふれたガスが白 色 矮 星 の表 面 にたまり、核
- 113 -
渡部
義弥
4.まとめ
プラネタリウム番 組 「 スターズライフ 」では、夜 空 に 見
える星について、さらにその正 体 を詳 しく知 るというコン
セプト で製 作 を した 。恒 星 の 世 界 の おも しろさの 一 端
はなかなか伝 える機 会 がないので、そのジャンルで勝
負をしてみた作品である。
ただ 、映 像 が 豊 富 に ないと いう 点 は 、簡 易 アニ メー
ションや想 像 画 で補 おうとしたが、想 像 以 上 にちょうど
よい絵 が少 なく、解 決 しきれなかったためにいくつかの
パートでわかりにくいものになってしまった。
最 後 の 全 天 の 恒 星 のプロ ットについても、技 術 的 な
問題もあり全ての対 象 天 体 をプロットしきれないで概念
的な紹介となってしまったのも残 念 である。
さらに、5種 類 の恒 星 を話 しきるには、やはりどうして
も15分 間 では 、解 説 時 間 が 不 足 がちになった のもい
なめない。ただ4~5種 類 ないと「色々」というイメージに
はならないので、これはどうしても 譲 れない線 でもあっ
た。
こ のように 多 々問 題 が ある 試 みと なってしまっ たが 、
夜空の恒星が実際 どんなものか? という切り口はけし
て腐 らないもの だと考 える。上 記 の ような問 題 を 、プラ
ネタリウム以 外 でも紹 介 しつつ、ネタをあつめて、次 回
はよりよいものを提 供 できるように考 えていきたいと思う。
それまでは、やはり映 像 があるものを中 心 にプログラム
を作 り、そこに平 素 の今 夜 の星 空 の紹 介 で使 うための
ミニクリップなどを少 しずつ作 りためるなど、少 しずつの
挑戦で映 像 制作 技 術 や映 像 のストックをしていくことに
なろう。
最 後 に、今 回 と同 様 なテーマではいくつか優 秀 な書
籍がでている。本 プログラムの企 画 はそれらにインスパ
イアされたものである。原 作 というわけではないが、アイ
デアとして参照したものを参 考 文 献として示す。
参考文 献
岡崎彰、1994年 、奇 妙な 42 の星たち―宇 宙の秘密
教えます、誠 文 堂 新 光 社
パトリック・ムーア、1992年 、星 ・物 語 ―100 億 光 年の
かなたから、丸 善
- 114 -
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
1
File Size
524 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content