close

Enter

Log in using OpenID

恐竜-本当に恐ろしい動物?

embedDownload
恐竜-本当に恐ろしい動物?
15 さあ、河馬を見よ。これはあなたと並べてわたしが造ったもの、牛のように草を食
らう。
16 見よ。その力は腰にあり、その強さは腹の筋にある。
17 尾は杉の木のように垂れ、ももの筋はからみ合っている。
18 骨は青銅の管、肋骨は鉄の棒のようだ。
19 これは神が造られた第一の獣、これを造られた方が、ご自分の剣でこれに近づく。
(ヨブ記40:15-19)
巨大な動物の話の代表格は、昔はガリバー旅行記でしたが、今は SF 小説や漫画など
に様々な巨大生物が登場します。例を挙げると、畳一畳もの大きさをした肉食植物、人
間より大きいトンボ、ジェット機大の恐ろしい毒蜘蛛などだけでなく、巨大動物の代表
として恐竜が登場します。これら巨大生物はすべて架空の存在でしょうか?それとも実
在したのでしょうか?実は全部ではないにしても、又誇張された作り話ほどでなくても、
それら多くの巨大な生物の化石が発見されており、かつて実在したことが証明されてい
ます。哺乳類にもクマ、ラクダ、ヒョウ、ブタ、サイ、ゾウ、トラ、オオカミなど、現
在の二倍もある巨大な類似型が発見されています。巨大な鳥の化石と巨大な昆虫(羽を
広げると 50-80 センチメートルにもなるトンボ)の化石が共に発見されています。そし
て、爬虫類の中では、巨大なカメと共に巨大な恐竜の化石が発見されています。
1820 年代、珍しい形をしたいくつかの歯と骨が岩石層から発見され、1841 年までに
約 9 種類の変わった爬虫類の化石が発掘されました。巨大な骨から連想されて「恐ろし
いトカゲ」と命名された化石の一つはイグアノドンで、その骨格を復元すると、体長9
メートル、体重 4.5 トンにもなりました。その後、様々な大きさの恐竜の化石が世界各
地で発見されました。
恐竜は昔々、実際に生
存していたのです。
恐竜はその名前の通
りに、恐ろしい動物だ
ったのでしょうか?発
見された化石から類推
される恐竜の特徴を少
し述べましょう。広く
流布されている恐竜の
想像上の姿に反して、
1
実に様々な大きさのものがいました。ニワトリ位の小さいものから、体重 80 トン、体
高 12 メートル以上の、大きさだけを言うなら恐竜の名に恥じないものもいました。形
態はほとんどの爬虫類と足の付き
方が大きく違っています。ワニな
どの足は身体から横に出ていて腹
這いをして歩くのに対し、恐竜は
身体から足がまっすぐ下に伸びて
おり、ウシのように身体を下から
支えて歩く体型をしていました。
恐竜は何を食べていたのでしょ
うか?肉食だったでしょうか?映
画や漫画で残忍に描かれているよ
うに、恐竜は鋭い歯を持っているので、人間や動物を食いちぎって、口から血を滴らせ
て食べていたのでしょうか?一般には、肉食恐竜は、哺乳類、草食恐竜、トカゲ、屍肉、
昆虫などを食べていたのに対し、果実、針葉樹、広葉樹、ソテツ、シダなどを食べてい
た草食恐竜が、雑食恐竜と共に多く生存していたとされます。また、肉食であるか草食
であるかということと、身体の大きさとは全く関係がなかったようです。
それでは、今日生存している鋭い歯をもつ動物を考えてみましょう。ある種のクマや
パンダなどは鋭い歯を持っていますが草食であり、果物や植物に穴をあけたりすすった
りするのにその歯を使います。
ちなみに、すべての動物(恐竜や現在肉食であるライオンやトラなども含め)は、草
食動物として創造されたことが創世記に書かれています。創世記に海の巨獣と書かれて
いる海竜は創造の第5日(創世記 1:21)に、陸の恐竜は第6日(創世記 1:24)に創造され
たと考えられます。それは約 6,000 年前のことでした。ヨブ記(40:15-19)に「河馬」と
翻訳されている動物は、腰と腹の筋肉は強く、杉の木のような尾が垂れており、骨は青
銅の管、肋骨は鉄の棒
のようだと描写され
ており、まさに現在恐
竜と呼ばれている巨
大な動物、例えばブラ
キオサウルス(体長
21 メートル、全高
12.6 メートル、体重
80 トン)そのもので
あることが分かりま
す。
2
次回以降に、恐竜はいつ、どのようにして出現したのか、いつまで生存していたのか、
どのようにして化石が出来たのか、何故絶滅したのかという点について、お話します。
3
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
4
File Size
327 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content