close

Enter

Log in using OpenID

授業科目名 コミュニティ文化論 (Cultural Com munities) 必修の区分

embedDownload
授業科目名
コミュニティ文化論 (Cultural Com
munities)
必修の区分
※
単位数
2.0
開講年次
2
講師名
石倉 和佳
所属
環境人間学部
オフィスアワー・場所
※
連絡先
※
講義目的及び到達目標
近代市民社会の成熟とともに成立したさまざまな文化的コミュニティについて、特に
イギリス近代における事例を中心として考察する。コミュニティ形成プロセスへのさ
まざまな文化の関与について基本的な理解力を養い、人間集団と文化とのかかわりに
ついて探究する。
講義内容・授業計画
価値観や情報を共有する人々が形成したコミュニティが、どのような文化的、社会的
機能を持ち、どのように経済や政治上の状況とかかわっているのかについて考える。
1.はじめにコミュニティとは何か−文化形成の視点から
2.ロンドンの歴史とシティのコミュニティ
3.コーヒーハウスとイギリス近代(17世紀)
4.コーヒーハウスとイギリス近代(18世紀)
5.近代における出版と都市
6.「失われたコミュニティ」について
7.産業社会の発達とユートピア思想
8. 新しいコミュニティ建設
9・ 移民と社会
10.イギリス18世紀の社会
11.イギリス19世紀の社会
12.アーツ・アンド・クラフツ運動
13.映像資料によるイギリスの田園
14.映像資料によるイギリスの都市文化
15.まとめと到達度の評価
テキスト
授業中にシラバスとプリント資料を配布する。
参考文献
授業中に提示する。
成績評価の基準
毎回のミニレポート、課題レポート(二回)、および最終レポートにより総合的に評
価する。
履修上の注意・履修要件
備考
担当教員はイギリス文学の研究を行っている。この講義は、担当教員の専門分野を含
むイギリス文学・文化学全般を研究する上で必要なイギリス文化史を、コミュニティ
の観点から解説するものである。
※本学の配付資料を参照して下さい。
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
26
File Size
5 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content