close

Enter

Log in using OpenID

授業科目名 環境と技術 (Environment and Tech nology) 必修の区分

embedDownload
授業科目名
環境と技術 (Environment and Tech
nology)
必修の区分
※
単位数
2.0
開講年次
1
講師名
福井 啓介
鈴木 道隆
岸肇
前田 光治
所属
工学研究科
オフィスアワー・場所
※
連絡先
※
講義目的及び到達目標
工業とそれにともなう経済の発展により,CO2の排出に起因する温暖化現象に代表され
るように地球規模での環境問題が深刻化しつつある。文化,社会,科学,技術,さま
ざまな分野で環境問題が論じられ政策や対策が提言されている。本講では,技術的な
視点にたち,エネルギー技術,大気汚染問題や汚染物質の除去,水質浄化,高分子と
リサイクルなど科学的・技術的な現状とそれへの対策について講述する。
到達目標
エネルギーと環境の問題,大気汚染や汚染物質の除去問題,水質汚染の現状,高分子
とリサイクルなどに対する科学的・技術的現状と対策を理解すること。
講義内容・授業計画
科目の位置付け,教育内容・方法
経済成長に伴う科学技術の発展は、化石燃料の大量消費を加速的に増加させ、エネル
ギー問題、水圏・気圏での環境破壊をますます深刻化させている。技術的な視点に立
ち、その問題点と解決策の現状と将来について、学習する。授業計画の1∼3は前田が
、4∼6は本田が、7∼9は福井が、10∼12は鈴木が、13∼15は岸が担当する。
授業計画
1.バイオエネルギーの紹介とメタン発酵 2.バイオエタノール技術
3.バイオディーゼル技術 4.エネルギー資源と環境問題
5.自然エネルギーの利用技術 6.水質汚染の現状と対策
7.ものの収支
8.大気の運動
9.環境関連政策
10.浮遊粉塵の現状と対策
11.浮遊粉塵の集塵技術
12浮遊粉塵の測定技術
13.高分子材料の特徴
14.高分子とリサイクルⅠ
15.高分子とリサイクルⅡ
テキスト
使用せず,資料・プリントを配布する。
参考文献
成績評価の基準
講師の担当分野ごとに、レポート提出と小テストを実施し、全分野の総合的理解度(
合計100点)で評価する(全講師の評価合計が60点以上を合格とする)。
履修上の注意・履修要件
環境問題に対する公害防止や保全に関する図書にて、予習・復習を行うこと。
備考
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
23
File Size
5 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content