close

Enter

Log in using OpenID

セネガル共和国カザマンス地域

embedDownload
難民数:
セネガル共和国カザマンス地域
14,257 人がセネガル国内に居住
21,801 人の避難希望者がセネガル
避難民発生の原
因:
社会的疎外及び独立
への要求がカザマン
ス地方における避難
Courtesy: IDMC の主原因である。
彼らはインフラ、物的、経済的な
どにおいて、相応の利益を供与さ
れずに搾取されていると感じてい
る。
また、カザマンス地方の独立をめ
ぐってセネガル政府とカザマンス
民主勢力運動(MFDC)の間で、
1982年以来小規模の内戦が続いて
いる。1982年のMFDCリーダーの逮
捕は、セネガル軍からの弾圧と一
層の抵抗という悪循環の呼び水と
なった。
自然災害も同地域における避難の
原因となった。
難民キャンプ:
国内に (出典UNHCR)
同地域には認定されたキャン
プがないので、彼らは地域の
村に住み着いている。IDPは、
概して帰還する意図である。
国内避難民(IDP)の数:
24,000人
歴史
必要とされる支援:
多くが難民とIDPのキャンプが必要
とするものである。たとえば、保
護と緊急援助、水、食料、健康、
衛生、教育、トレーニング、保
安、生産的な活動、社会的組織、
コミュニティ管理、インフラ及び
持続性のある解決策である。
カザマンスはセネガルの最南
東端に位置し、ガンビアとギ
ニアビサウの間に横たわる。
カザマンス地方は独立運動の
長い伝統を持つジョラ族に
よって支配されている。
1982年:
捕
MFDCリーダーの逮
1990年: MFDCはセネガルの
軍事施設やビルを攻撃するこ
とにより、報復を開始する。
1997年:
る。
休戦が調印され
支援:
2001年: セネガルのアプ
ドゥライ・ワッド大統領が平
和協定に同意し、捕虜を解
放、地雷を除
去し、難
民を帰還させた。

MFDC内部抗争と分裂

RIJは農業訓練、自然資
源の管理、送水ポンプ
の設置、水管理訓練な
どを含む様々なプロ
ジェクトを支援。
UNHCRでは帰還の機会
がないセネガル避難民
の、現地社会との融合
を支援している。
2005年:
交渉再開
2006年:
突
MFDC分裂派間の衝
2010年: カザマンス向けと
疑われるイランからの不法な
www.refugeesinternationaljapan.org
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
2
File Size
608 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content