close

Enter

Log in using OpenID

Page 1 メルスモン注射剤についてのご説明 陸療機閱名 市839

embedDownload
メル スモ ン注射剤 についての ご説明
医療 機 関名
I慇
メル スモ ン注射剤 は、昭和 31年
0956り
に承認 され た 医療 f111で す。
畷 辣
翁
勒
TЁ ∫λ麗ぱl<恩 [RdL鈍
凡
リ
f轟
国内 の 、安全 な ヒ ト胎盤 を減 量 とした注射薬 で 、多種 のア ミノ酸 を含有 してい ます。
発売以来 、重大 な副作用 はあ りませ ん。安 全 に ご使 用 いただ けます。
◎次 の よ うな病気や症状 の改善 に¨
更年期 障害 に よる諸症 状 (の ぼせ 。冷 え 。不眠 。イ ライ ラ感 。頭痛 ・ 疲 労・ 肩 こ り 。腰痛 な ど)の 改善。
又 、産後 、平L汁 分布 が少 ない方 の治療 に使 われ ます。
◎次 の よ うな副作用 が あ ります。
注射部位 の疼痛 、発赤等や 、悪寒 、発熱 、発疹等 が起 こ る こ とが あ ります。
そ の場合 は医師 にお 申 し出下 さい。
◎ ウィル スや 細菌 な どに対 す る安全性
胎盤 1つ ず つ について ウィル ス検 査 を実施 し、HBV、 HCV、
HIV陰 性 であ るこ とが確認 され た安全 な胎盤 を原料 と してい ます。
さらに、製造 の最終段 階 に 121℃ 。30分 間 の高圧蒸気減 菌 を実施 してお り、 ウィル ス・ 細菌 の感染予 防対策 を とつてお ります。
これまで、本斉Jに よると思われ るウィルス感染 の発生報告はあ りません。
◎変異型 ク ロイツ フェル ト・ ヤ コブ病 (vCJD)*に 対す る安全性
1980年 代 ∼ 2000年 代 まで英 国 を中心 に狂牛病 が流行 し、そ の 肉の摂取 が 関連す る と思 われ る変異型変異型 ク ロイ ツ フェル ト・
ヤ コブ病
(vCJD)の 発症 が報告 され ま した。
は、 この狂牛病 が流行 した時期 に、それ らの地 域 に滞在経験 が ある方の胎盤 は原料 として使用 してお りませ ん。
メル スモ ン注射斉」
さ らに、製造 工程 にお きま して、塩 酸 に よる高熱処理 を実施 してい るた め、ホル モ ン及 びたん 白質 は分解 され てい ます。
*ク ロ ツフェル ・ コブ病
イ
ト ヤ
(vCJD)と は、異常プ リタ ンたん 白が脳 内 に蓄積 し、進行性痴呆や運動 障害 な どの脳 症状 をお こ
す極 めて稀 な病気 です。狂牛病 が原 因 と考 え られ てい るもの を変異型 と称 しています。
◎ 献 血 制度 及 び臓 器 提供制 限 に つ い て
に よる と思われ る vCJDの 感 染報
世界 では輸 血 や移植 に よる感 染 が疑 われ る報告 もあ ります が、 これ まで、 メル スモ ン注射斉」
告 はあ りませ ん。 しか しなが ら、理論 的 な vCJD等 の伝播 の危 険性 を完全 には否 定で きませ ん。 このた め、メル スモ ン注射剤 を含
む人胎盤 由来 医薬 品の使 用者 は、献血 は出来 ませ ん。臓器移植提供 は原則 と して控 えるこ とが求 め られ ています。
但 し、llt器 提供 の場合 、移植希望者 が移植 医か ら適切 な説 明 を受 けた上 で 、提供 を受 ける意 思 を明 らか に してい る場合 の提供 は可
能 です。
院
長
殿
このたび、メルスモン注射薬に よる治療を受けるにあた り、そ の内容について担当の医師か ら
説明を受け、了解 しま したので、治療 に同意致 します。
年
月
日
患者 氏名
実施 内容
メル スモ ン注射薬 に よる治療
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
6
File Size
641 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content