close

Enter

Log in using OpenID

筋肉と筋(すじ)の違いとは

embedDownload
理学療法士
鈴木 徹大
暦上では春ですが、朝晩はまだ冷えますね。この時期は少しずつ
運動意欲も出てくる頃でなないでしょうか。私もランニングを始め
ようかと思っています。今回は、みなさんがよく口にする「筋(す
じ)」ついてお話ししたいと思います。分かりやすいように、筋肉と
比較していきながら説明します。
まずは「筋肉」についてです。筋肉とは、筋線維と呼ばれる糸の
ようなものが集まり束になったものです。その束は筋膜という膜に
覆われています。縮んだり伸びたりする性質を利用して、関節を動
かしています。
次に「筋(すじ)」ついて述べていきます。皆さんが筋という言葉
を使うときは、
「筋を痛めてしまった」
・
「筋を伸ばしてしまった」な
どが多いと思います。私自身も、臨床上そのようなフレーズをよく
耳にします。ここでいう筋とは一体どこを指しているのでしょうか。
一般的に筋とは、筋肉と骨を繋いでいる腱という部分や、骨と骨と
を繋ぐ靭帯を指しています。
腱は筋肉と骨をつないでいる組織であり、腱自体の伸長性は乏し
いとされています。腱が切れるということでよく知られているのは
足の「アキレス腱断裂」や肩の「腱板断裂」などです。柔軟性がな
く無理に伸ばすと切れてしまうこともある腱ですが、筋にしっかり
と結びついているので、強く引っ張られても骨と腱の接続部分が抜
けてしまうことはないと言われています。また、腱は筋肉の柔軟性
を助ける役割もあります。私たちが日頃、体を動かしたりストレッ
チを行うには筋肉の柔軟性だけでは不十分です。それを補うのが筋
肉と腱をつなぐ筋腱移行部だと言われています。
医療法⼈社団めぐみ会
南大沢メディカルプラザ
リハビリテーション科
靭帯は筋肉と違って柔軟性や弾力性がなく、硬い組織です。この
硬さは体を守る上では非常に重要です。簡単に言えば、骨と骨との
仲介役で、身体が異常な方向に動かない様にしてくれているのです。
野球のグローブに例えると、革紐がなければグローブの形を保つこ
とは出来ません。この革紐が靭帯と同じ役割を果たしています。ま
た、靭帯は身体が異常な方向に動かない様にしてくれていると述べ
ましたが、腱と同じように、身体の許容範囲を越えて無理に力を加
えると靱帯が引っ張られ、重度であれば断裂してしまいます。靱帯
断裂で有名なものは、膝の「前十字靭帯断裂」などがあります。
「筋(すじ)」と「筋肉」では同じ漢字を書きますので、中には同
じものだと思っている方もいるかと思います。しかしこれまで述べ
たように、皆さんがよく口にする「筋(すじ)」は筋肉とは別物です。
このような正しい知識を持つことは、運動意欲を高め、運動への興
味を引き出す材料にもなってくれると思います。また、怪我をして
しまい、病院でどこを痛めてしまったのかを伝えなければならない
場面においても、少しの知識があればより正確に伝えることができ
ます。正しい運動方法を身につけることも大切ですが、正しい知識
を覚えることも大切です。知識を生かした運動を行い、運動効果を
実感してみましょう。
医療法⼈社団めぐみ会
南大沢メディカルプラザ
リハビリテーション科
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
31
File Size
226 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content