close

Enter

Log in using OpenID

マタイ福音書の「イエスの幼児期」(1)

embedDownload
8 月 11 日
マタイ福音書の「イエスの幼児期」(1)
マタイ福音書は、ユダヤ人のキリスト者が多数だった地方教会で編集された
と一般に思われます。その福音書には、ルカがふれない二つのエピソード、す
なわちヘロデのメシア・イエス
の迫害と聖家族(ヨセフ、聖母
マリアとイエス)のエジプトの
滞在が記されています。主の迫
害は、
「占星術の学者たち」が
エルサレムに着いたところか
ら始まります。旧約聖書を読ん
でいた信者たちは、メシアを受
け入れるのはユダヤ人だけで
はなく、唯一の神と神が遣わさ
れたメシアを捜し求める多く
の異邦人がいることを知っています(イザヤ 45.14-16、20-25 49.6 55.3
-5 参照)
。ペトロとパウロの宣教の結果(使徒言行録 10.44-48 13.44-49
など参照)
、教会の異邦人の信者は非常に多くなりました。マタイの地方教会の
ユダヤ人の信者たちは、ある異邦人は神のしるしを見て、メシアを捜すために
遠くからエルサレムに来たのは当然だとも思ったでしょう。
メシア・イエスが生まれた場所についてヘロデに相談すること、また、メシ
アに出会った後、ヘロデに報告することなどは、私たちに至極納得しにくいこ
とでしょう。三人の息子と二人
の妻を殺したヘロデは、ライバ
ルと考えた新しい「ユダヤ人の
王」を容赦するはずはありませ
ん。しかし、マタイの共同体の
ユダヤ人はヘロデの残酷さに
ついてそれほど細密に知らな
かったでしょう。または、素直
すぎたあの学者たちがヘロデ
の従犯者にならないように、最
終的には神から助けを得ると
思ったのかもしれません。
ヘロデの最終決定はいかにもヘロデらしかった。占星術学者から何の報告も
なくて、彼らに裏切られた(または馬鹿にされた)と思った彼は、ベツレヘム
の 2 歳以下の男の赤ちゃんすべてを殺すように命じました。ヘロデは紀元前 4
年に死にましたが、マタイ福音書を見ると、イエスが生まれたのは西暦の元年
ではなく、紀元前 6 年(または 5 年)となります。ここはそれを説明する余裕
がないのですが、イエスの誕生と西暦の間に 6 年間のズレがあります。幼き殉
教者の殺害が史実だとすれば、当時短かったベツレヘムで殺された赤ちゃんた
ちは 20 人まで及ばなかったでしょう。
幼き殉教者が何人かは別として、マタイ福音書を読んでいる人に次の疑問が
起こりうると思います。
「占星術の学者の物語」の
史実は何でしょうか。確かに、Klaus Berger を
引用する教皇ベネディクト 16 世が書き記した書に
(Iesu von Nazareth スペイン語訳 Planeta 2012,
124 頁)
、
「福音著者は読者をごまかすつもりがなく、
史実そのものを伝えるつもりがあったと、当然思わ
なければなりません。ただ、疑問を感じるので、内
容の史実性を否定するということなら、歴史学者の
あらゆる権利を上回る態度です」
。それにもかかわ
らず、マタイ福音書の「主の幼児期」の解釈におい
て問題がないとは言えないでしょう。先ずその時代
から福音書の編集まで 80 数年が経ちましたし、30
年ごろ教会ができてから 50 年以上も経っています。
確かに、全教会に広がっていた主の教えがマタイ福
音書にも表れますが、そのほか編集者の個人意見と出来事のまとめ、また、住
んでいる地方教会の影響もあります。
以上のことを見ると、史実であるデータと、熱心な信仰から加えられたとこ
ろを別々にするのは、なかなか難しいことでしょう。実は、多くの二次的な点
について聖書専門家の論争が長く続きますが、ある点に限って、確かな結論に
至るのは困難でしょう…
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
6
File Size
373 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content