close

Enter

Log in using OpenID

亜細亜大学 Hospitality Wedding 活動報告書 - JAFIT

embedDownload
日本国際観光学会論文集(第18号)March, 2011
《太田記念国際観光懸賞論文 奨励賞》
亜細亜大学 Hospitality Wedding
活動報告書
山東 友紀・浅見 幸恵
亜細亜大学経営学部ホスピタリティ・マネジメント学科2年
This is a report on the wedding ceremony held at the school festival of Asia University on October 31, 2010.
Why did we plan this campus wedding? There are three reasons why we pursued this activity. 1)We wish to work for the bridal
industry in the future. 2)We wanted to acquire the advantage of experience and some skills before we join the bridal industry,
particularly in light of the difficult job market. 3)We wanted to plan and stage an original wedding on campus reflecting our own
unique ideas.
We started this project with the search for a bride and bridegroom who planned to be married in the near future. With luck and
effort, we succeeded in finding a couple who were Asia University graduates and planned to marry in November 2010.
Through our experiences on this project, our desire to work for the bridal industry has become stronger than before we started.
はじめに 一つ目は筆者が将来ウエディングプラン
た人との出会いはまさに一期一会で、本当
筆者は亜細亜大学経営学部ホスピタリテ
ナーという職業に憧れを持ち、ブライダル
に人との出会いや繋がりは大切にしようと
ィ・マネジメント学科に在学しており、同
業界に就職を希望しているということであ
思うことができるようになった。
大学の平成22年度の学園祭「アジア祭」に
る。ブライダル業界に就職したいという思
この報告書はそうした企画の総括を目的
て卒業生の結婚式を企画運営した。この企
いが強く、そのための勉強もしていきたい
としている。その実施要項や詳細は以下の
画は筆者が在籍するホスピタリティ・マネ
と考えているのだが、残念ながら亜細亜大
とおりである。
ジメント学科生の有志を募り、実際の新郎
学にはブライダルについて学べる機会は少
新婦を探すことから始まった。参列者は新
ない。
「それならば自分で学んでしまおう」
1.概要
郎新婦の親族や友人はもちろんのこと、当
と思ったのが、この企画の一番の始まりで
1−1 実施内容
日「アジア祭」に来ている一般客でも自由
ある。
本企画は亜細亜大学の第52回アジア祭
に参観できる形をとった。当日は台風接近
二つ目は就職活動するにあたり自分をア
での企画の一部として行った。当日は台風
により予定時間を変更するなどのハプニン
ピールする自信がないということである。
接近のため、予定していた時刻を変更し実
グも起きたが、無事行うことができた。
厚生労働省などが発表した2010年10月1
施することになった。
企画名は名付けて「ホスピタリティウエ
日時点の就職内定率は57.6%という過去最
ディング」である。
「ホスピタリティ」と
低の記録を出している現在、何か自分に強
開催日時場所:2010年10月31日
(日)
は
“おもてなし”
や
“おもいやり”
という意味
みを持たなければならないと考えた。
[挙式]亜細亜大学体育館前屋外ステージに
を持ち、サービス業界では話題の言葉であ
また三つ目は、大学は自由だからこそ自
て(予定)11:00 ∼→
(実施)15:3 0 ∼
る。筆者が在籍する学科では、そんなおも
分達で自覚し行動を起こす事で色々な事を
[披露宴]亜細亜大学2号館4階244教室にて
てなしの心を日々学んでいる。そんな学生
吸収できるはずだ、何か自分達で企画運営
が作り上げる結婚式ということで「ホスピ
し様々なことを吸収しようと思ったのであ
タリティ」と「ウエディング」を合わせた
る。以上三つのことから、筆者は「亜細亜
アジア祭とはその名の通り、亜細亜大学
のが、この企画名の由来である
(英文とし
大学で、学生だからこそできる手作りの結
の学園祭である。亜細亜大学5大祭のうち
てはやや違和感があるとの指摘もあるが、
婚式」を作ろうと考えたのである。
でも大規模な祭りで、4日間を通し様々な
筆者はこの名称にこだわりたい)
。
結果として、
「ウエディングプランナー
イベントが行われる。例年、アーティスト
なぜこの企画を行おうとしたのか。経緯
になりたい」という思いは、この企画を終
ライブ・タレントトークショー・芸人ライ
は三つある。
えた今の方がはるかに強くなっている。ま
ブなども行われる。他にも、屋外ステージ
−145−
(予定)12:00 ∼→
(実施)16:30 ∼
日本国際観光学会論文集(第18号)March, 2011
でユニークなイベントやサークルや団体に
よる屋台や屋内発表などが行われ、盛大に
盛り上がる。
1−2 新郎新婦について
今回私たちの企画に協力して頂いた新郎
新婦のお二人は亜細亜大学の卒業生であ
る。お二人と筆者らの出会いは、JR武蔵
境駅前にある
“すきっぷ通り商店街”
に新郎
新婦募集のポスターを貼り、それを見た新
郎新婦のご友人が新郎新婦に企画を紹介し
てくれたことがキッカケである。
新婦
(左)
:中川亮子さん
平成17年度亜細亜大学
経営学部卒業生
新郎
(右)
:丸山浩輝さん
(写真 -1)新郎新婦
て2010年10月31日本番を迎える。
平成15年度亜細亜大学
披露宴は10月31日ということでハロウ
ィンをテーマにした。ハロウィンは、収穫
経営学部卒業生
3.当日進行表
感謝祭がカトリックに取り入れられたもの
まず今回の結婚式全体のテーマは”亜細
とされ、このような意味から、今後の新郎
2.主な活動内容
亜大学で挙げる亜細亜大学らしい結婚式”
新婦の結婚生活の収穫
(子宝や食など)
が豊
本格的に行動を開始し始めたのは2010
ということを頭に入れておいて頂きたい。
作となるようにという意味を込めた。お色
年6月下旬のアジア祭説明会からである。
挙式のスタイルには神前式、キリスト教
直しで再入場する際はジャックオーランタ
その後、先生などからご指導を受け企画書
式、仏前式、人前式という4つの種類があ
ンというかぼちゃの提灯を各テーブルに置
の作成を行ったり、学科生から有志を募り、
る。2000年以降最も人気である挙式スタイ
いていきキャンドルサービスのようなもの
打ち合わせをしたりする。
ルはキリスト教式だと言われている。また
をする。このジャックオーランタンは悪い
夏季休暇前には亜細亜大学の最寄り駅で
2000年以降人気が上昇したと言われてい
霊を追い払うためにハロウィンの晩に家の
あるJR武蔵境駅前にある
“すきっぷ通り商
るのは人前式である。人前式はキリスト教
戸口に置くという習慣があるため、このよ
店街”
に「新郎新婦募集」のポスターを貼る。
式に次ぐ人気の挙式スタイルになった。キ
うなことから新郎新婦の幸せな結婚を守る
夏季休暇中には先生のご紹介で、実際のウ
リスト教徒ではない二人が、宗教上の神で
という意味でジャックオーランタンを取り
エディングプランナーの方とお会いし、企
はなく、列席者や互いの両親に結婚の誓い
入れた。
画についてのアドバイスを貰ったり、商店
を立てる。セレモニーの内容を自由に組み
また披露宴の中にも亜細亜大学らしさを
街のポスターがキッカケで新郎新婦となる
立てられるということが人気上昇の理由の
いれようと思い、新郎新婦が行うファース
お二人から連絡が来たりし、新郎新婦との
一つだと言える。
(堂上昌幸、2006)
トバイトには学内の学食で何年間も不動の
打ち合わせも行う。
そこで今回挙式は人前式のスタイルをと
人気を誇る
“唐揚げ丼”
を使用し、またトラ
また企画を宣伝するために大学内の広報
った。基本の挙式の流れ
(指輪交換や誓い
ベル分野を専攻する学科生によるハネムー
課に相談し、学内新聞の一部に企画の記事
のキス等)をベースにし、その中にも新郎
ン旅行の企画のプレゼンテーションを行う
を載せてもらうことが決まる。
新婦が在学中の思い入れが強い校歌を取り
などした。
夏季休暇が終了してから、今度は商店街
入れるなど、亜細亜大学らしさも取り入れ
最後には
“ホスピタリティ”
の気持ちを込
のポスターをキッカケにブライダルフォト
た。また新郎新婦は2010年10月31日の時
め、参列者や学科生からの祝いの言葉や感
会社の方から連絡が入り、本番は無償でプ
点では入籍はしていないということで、実
謝の言葉を収めたアルバムを新郎新婦には
ロのカメラマンに写真を撮ってもらえるこ
際に役所に提出する婚姻届に署名をするこ
サプライズでプレゼントした。以下が当日
とが決まる。
とで、それを結婚の証明書として取り扱っ
の進行表である。
それからは本番に向けての打ち合わせや
た。その婚姻届は2010年11月22日に実際
※実際は台風接近のため、進行表の時間は
リハーサル、道具の準備などを行う。そし
に役所に提出された。
実際の時間と異なる。
−146−
日本国際観光学会論文集(第18号)March, 2011
Hospitality Wedding 進行表
2010年10月31日
挙式11:00 ∼ 11:45《体育館前 屋外ステージ》披露宴12:00 ∼ 13:00《244教室》
《予備242教室》
総合役割
プランナー:浅見 ディレクター:山東 アテンダー:森 司会:田中・住沢 受付:影山・田久保 ビデオ:松木 写真:中村・本園
当日までの流れ
★10月20日 18:00 ∼ 244教室にて当日の流れの確認
★10月27日 18:00 ∼ 20:00 屋外ステージ・244教室にてリハーサル
★10月30日(前日準備)
9:00 ∼ 16:30 244教室にて教室準備・アーチなどの作成
17:00 ∼ 17:45 屋外ステージにて通しのリハーサル
18:00 ∼ 20:00 244教室にて通しリハーサル
当日本番まで
9:00 スタッフ全員集合
・ホスピルームにて新婦ドレスに着替え、ヘア・メイク
・屋外ステージまで道具を運ぶ
・最終確認 ・・・etc
↓
当日挙式<体育館前屋外ステージ>
時間
10:50
BGM
↑
11:10
11:15
↓
11:20
↑②↓
11:22
↑
11:23
スケジュール
会場セッティング
受付開始
内容 *準備するもの
*受付台*レッドカーペット*ウェルカムボード*アーチ*椅子
(30脚)
*証明台の用意
受付で招待客にしおり・シャボン玉を渡す
招待客入場
誘導係を中心に招待客に着席してもらう。
式スタート
司会式の説明
新郎新婦入場
新郎は上手
(右)
、新婦は下手
(左)
より登場
互いにプロポーズする
1新婦から新郎へ 2新郎から新婦へ *マイク
婚姻届にサイン
婚姻届に2人がサインする *婚姻届
承認の拍手
先ほど書いた、婚姻届を見せながら2人の結婚に賛成の方に拍手をしてもらう。
指輪交換
*指輪とリングピロー つけた指輪を観客に向かい見せる。
ベールアップ・誓いのキス
新郎新婦とも右に顔を傾けキスをする。
亜大校歌を歌う
新郎あいさつ
第一学生歌の1番を歌う
*歌詞を書いた模造紙(小池・森)
*マイク
招待客レットカーペットへ並ぶ
*受付で渡したシャボン玉
or
11:25
③
11:26
11:28
↓
11:29
↑
校歌
11:35
↓
↑
①
or
11:37
退場バブルシャワー
招待客・新郎新婦記念撮影
新郎新婦が退場するところで招待客にシャボン玉を吹いてもらう。
スタッフは記念撮影時、会場の片づけをする。出したものは責任を持って自分が片付ける。
写真撮影後、新郎新婦は即242教室で待機
招待客244教室へ
11:45
↓
招待客一般客を中心にお客様を誘導する。
−147−
日本国際観光学会論文集(第18号)March, 2011
披露宴<244教室>
あらかじめ、セッティングは終わっている。
時間
11:40
BGM
スケジュール
244教室で招待客を迎える
内容 *準備するもの
受付
受付に来た方に、新郎新婦へのメッセージを書いてもらう。*ペン
披露宴スタート
12:00
Halloween×weddingの説明
新郎新婦入場
12:02
それまでの間新郎新婦は242教室で待機
乾杯
12:05
12:06
お友達に乾杯の音頭
からあげ丼の
ファーストバイト
からあげ丼を「あーん」して食べさせ合う。*からあげ丼・スプーン
ホスピの説明
ホスピの説明
(丸山)
*プロジェクター
トラベルハネムーン
ハネムーン企画のプレゼンテーション対決
(小池・小林)
*プロジェクター
VTR
この間に、新郎新婦がこっそり退場 *プロジェクター
新婦新郎が再入場
仮装した新郎新婦が再入場 *仮装道具
各卓にあるジャックオーランタンに明かりを灯す。*ジャックオーランタン
12:10
12:15
12:25
12:31
サプライズ☆
アルバムのプレゼント・披露宴会場にいる全員から「御結婚おめでとうございます!」
*アルバム
新郎新婦から一言
おひらき
〆の一言
新郎新婦・招待客・ホスピで記念撮影
12:45
12:55
4.当日の様子
4−1 挙式
挙式は屋外ステージで行った。ステ
ージには手作りの署名台を置き、参列
者の間には赤いヴァージンロードを敷
き、その先には風船で作ったアーチを
置いた。屋外で行ったこともあり、観
客が多くいる中で行われた。
(写真 -2)指輪交換・大勢の観客
(写真 -3)学生歌(校歌)斉唱
(写真 -4)バブルシャワーの中退場・風船で作成したアーチ
−148−
日本国際観光学会論文集(第18号)March, 2011
4−2 披露宴
ンがテーマということで会場全体をオレン
装飾したり、楽しく明るい感じに作り上げ
露宴は屋内の教室内で行った。ハロウィ
ジや紫の色に統一したり、かぼちゃなどを
た。
(写真 -5)ハロウィンをテーマに作り上げた披露宴会場
(写真 -6)学食で大人気の“唐揚げ丼”でファーストバイト
(写真 - 7)トラベル専攻の学生によるハネムーン旅行のプ
レゼンテーション
(写真 -8)お色直し後のジャックオーランタン点灯
5.アンケート結果
Ⅲ.Ⅱの理由
Ⅴ.Ⅳの理由
披露宴終了後、参観者を対象にこの企画
「学生の頑張りがとても伝わってきたか
もっとも投票数が多かった「③婚姻届に
についてのアンケートを行った。評価の理
ら」
「亜細亜大学らしさや新郎新婦らしさ
サイン」
「⑥学生歌斉唱」の理由を載せる。
由に対しても問いを立てたのだが、意見が
がとても出ていたから」
「心がこもってい
③は「貴重な瞬間に立ち会えて感動した
偏ったものが多かったので、筆者なりにま
る手作り感満載の結婚式だったから」とい
から」
「大学で婚姻届を書くなんて以外だ
とめてみることにする。以下がアンケート
う嬉しい意見が多く頂けた。
ったから」という意見が多かった。
結果である。
⑥は「式場に集まった人の一体感を感じ
Ⅳ.挙式で印象に残ったものは?(複数回
答可)未回答:4名
回答数:27名
Ⅰ.性別
①男
②女
①新郎新婦入場
11
16
Ⅱ.全体的評価
①大変良い
24
②良い
3
③まぁまぁ
0
④悪い
0
⑤大変悪い
0
2
②プロポーズ
8
③婚姻届にサイン
13
④指輪交換
5
⑤誓いのキス
5
⑥学生歌斉唱
15
⑦退場
5
⑧全部
6
⑨印象に残るものなし
0
⑩その他
1
−149−
たから」
「この2人でこの場所でしかできな
い演出でとても感動し、
盛り上がったから」
という意見を頂けた。
日本国際観光学会論文集(第18号)March, 2011
Ⅵ.披露宴で印象に残ったものは?(複数
回答可)
未回答:1名
実際商店街へ貼りに行ってみると、一般の
えても実際は裏方仕事なのだということに
人たちからの意見に、詰めが甘かったと実
気がついた。うまくいかない事やハプニン
感する。ダメ元でポスターを貼り、もし新
グがあっても、それをお客様の前で見せる
郎新婦が見つからなかった場合は、模擬で
ことは絶対に出来ない。主役の新郎新婦に
もいいからこの企画を実施しようと考え直
不安を与えてはいけないのだ。
す。
裏で走り回り、終わるころには足が棒の
①ハロウィンというコン
セプト
3
②新郎新婦入場
1
③ご友人の挨拶
1
④唐揚げ丼のファースト
バイト
16
不安な気持ちを抱えながら夏季休暇に入
ようになった。しかし、結婚式が終わった
⑤学科紹介
3
り間もなくの頃、亜細亜大学の卒業生から
後には辛いこと大変なこと以上に素晴らし
⑥ハネムーン旅行企画
7
連絡があった。その連絡をくれたのが新郎
い達成感がある。だからこそどんな辛い準
⑦フリータイム
0
の丸山さんである。商店街のポスターをキ
備期間も報われる。
⑧全部
5
ッカケに連絡してくれたという。そして新
「ウエディングプランナーになりたい」
⑨印象に残るものなし
0
郎新婦のお二人とすぐに会い、企画の説明
という思いは結婚式をし終えた今の方がは
⑩その他
1
をしたところ、お二人とも快くこの企画に
るかに強くなっている。
賛成してくれたのである。
嬉しいことにこの企画を行うに当たって
Ⅶ.Ⅵの理由
お二人と出会ってからは企画の内容も濃
は、先生方が現役のウエディングプランナ
もっとも投票数が多かった④唐揚げ丼の
くなっていった。お二人が卒業生で、亜細
ーの方を紹介して下さり、また私達のため
ファーストバイトについての理由を載せる。
亜大学が大好きということで、まさに亜細
にWBJ「認定ウエディングプランナー」
参観者の中には新郎新婦の大学時代の友
亜大学でこのお二人でしかできないような、
を取得できる講座を開設して下さった。
人も多くいたので、
「このような形で唐揚
結婚式を作ることを目標にすることができ
ウエディングプランナーになる夢を叶え
げ丼を見ることができるとは思わなかった
た。ここで初めて、やっと亜細亜大学の学
るために、今後も講座の聴講に力を入れ、
から」
「楽しませてもらった!」
「亜細亜大
園祭で結婚式を挙げる意味が明確に見えて
業界誌購読など独自の勉強もして頑張り続
学らしくてよかったから」などの意見を多
きたと言っても過言ではない。
けたい。また人との出会いや繋がりを大切
く頂いた。
その他にも専門学校に通う筆者の友人が
にしていき、充実した実りのある学生生活
ウエディングブーケを作ってくれたり、ヘ
をこれからも送っていきたいと考えている。
アンケート結果を全て見てみると、やは
アーメイクをしてくれたり、ブライダルネ
り印象に残ったものというものは結婚式で
イルをしてくれたり、また知人がウエルカ
は予想外であるような奇抜なものが答えと
ムボードを作ってくれたりなど、当日や当
して挙げられるようだ。しかし奇抜だけで
日までの準備を手伝い運営してくれた学科
・ 厚生労働省:平成22年度大学等卒業予定
は悪い印象にも成りかねない。今回はその
生の友人をはじめ、たくさんの方々に協力
者の就職内定状況調査
(平成22年10月1
ようなことはなかったが、オリジナル性を
して頂いた。
「持つべきものは友」という
日現在)について ∼大学卒業予定者の
求められる際にはそのようなことにも注意
言葉があるように、友達や人との繋がりは
内定率は過去最低の水準∼ http://www.
してプランニングしなければならないとい
大切にしよう、また様々な人たちとの出会
mhlw.go.jp/stf/houdou/2r9852000
うことを学んだ。
いも大切にしようと思った。
000weq7.html
結婚式前日から当日にかけて台風が接近
参考文献
・ 堂上昌幸「よくわかるブライダル業界」
6.企画を終えて ―― 今後の展望
してしまい、もしかしたら学園祭自体が中
冒頭に述べたとおり、筆者はウエディン
止になるかもしれないという問題も起きた。 ・ 粂美奈子「最新ブライダル業界の動向と
グプランナーという職業に憧れている。そ
幸いなことに台風は前日に通り過ぎ、当日
カラクリがよ∼くわかる本」秀和システ
のための勉強もしていきたいと考えている
は天気の心配もなく行うことができた。し
ム
のだが、残念ながら亜細亜大学にはウエデ
かしそれに伴う時間の変更などが多くあり、
2008年 88,89,132,133項
ィングについて学べる機会は少ない。
「そ
それによっての連絡ミスなどハプニングも
れならば自分で学んでしまおう。
」と思っ
起きた。この体験を通じて、結婚式とは、
たのが、この企画の始まりだった。
関わる全ての人との連携ができていないと
とは言っても何から始めていいのかもわ
様々な問題が出てくるということを痛感し
からず、先生方に相談した。また武蔵境駅
た。
前の「すきっぷ通り商店街」に新郎新婦募
また、結婚式を終えてみて、ウエディン
集のポスターを貼ることを決めた。しかし
グプランナーという職業が一見華やかに見
−150−
日本実業出版 2006年 4項
日本国際観光学会論文集(第18号)March, 2011
−151−
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
2
File Size
402 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content