close

Enter

Log in using OpenID

めざせ ! アジアのアニメーション文化と産業の活性化

embedDownload
ACCu PROGRAmmE
文化の多様性を促進するために
めざせ ! アジアのアニメーション文化と産業の活性化
文:
大貫 美佐子(文化協力課 課長)
去る7月16日から18日の3日間、日本動画協会(AJA)との共催、東京大学の協力のもと「アニメーション文化・産業に関するアジア太平洋リー
ジョナルセミナー∼文化多様性推進のために∼」を開催しました。これは、昨年の第1回のアジア・パシフィック アニメ国際会議に引き続き企
画したものです。猛暑の中、東京で開催されたセミナーには、フィリピンやインドネシアなど8か国から若いクリエーターを含め合計20名が集
まり、熱い議論が繰り広げられました。
文化の表現ツールとしてのアニメ
アニメ業界をささえる日本の企業の方々
「宮崎監督にはどうやったら会えるの
発展の可能性」
、
「動画配信の現状と展
に「アニメの力」
「新メディアによるアニメ
今後のフォローアップは
何をすべきか ?
でしょうか?」
「
『崖の上のポニョ』をぜ
望」などをテーマに講義いただきました。
今後 ACCU は、現代文化推 進のた
ひ観たい」インドネシアや韓国の参加者
現場見学では、ジブリ美術館を訪問し、
めのいくつかの試験的なプロジェクトを
は、来日するなり目を輝かせて質問をし
アニメーション美術館としてプレゼンテー
計画しています。そのなかで、現代文化
てきました。シンガポールからは、自費
ションのノウハウを見学し、また、アニメ
コンテンツ事業の青写真を描く必要があ
参加を含め 4 名が参加するなど熱心ぶ
ーションプロデューサー育成を研究して
ること、発展途上国の文化をプロデュー
りがうかがえます。
いる東京大学七丈直弘准教授のグルー
スするための人材育成などが課題である
このセミナーの目的は、アジアからア
プの講義を受け意見交換しました。
と思いました。しかしアニメーション制作
ニメーションの制作関係者、研究者、行
最 終日には参加者とともに宣 言を採
技術取得には、他の伝統的職人と同様
政官を招聘し、それぞれの立場で日本
択し、アニメーション作品と産業を各国
に長い年月の訓練が必要で、後継者不
を中心としたアニメ文化とビジネスの状
政 府が文化政策によって支援すること
足などの問題も抱えています。人材の育
況を学ぶことにありました。そしてもうひ
が強く求められていること、専門家や産
成は長期的計画に基づく必要がありま
とつは、ユネスコが 2005 年に採択した
業界と協力して地域におけるアニメ産業
す。ACCU は、文化の多様性に関係す
「文化の多様性条約」※ 1 について、内容
を企画し、政策的なプランをたててさら
る新サイトを立ち上げ、アニメセミナーの
がよく理解できない、自国の文化産業に
に発展させていくことが必要であること
参加者のネットワーク構築、セミナーの
どういった利点があるのか、といったア
を確認しました。また、アジア太平洋地
アウトプットを共 有する予定です。その
ジア各国からの質問に配慮し、ニーズに
域諸国間の情報共 有ネットワークの必
後、サイトを利用して条約関連の情報、
応えていく必要があると考えていたから
要性から、AAA(Association of Asia
各国の文化政策の情報、アニメーション
です。
Animation Network) を設立しそれを運
教材などの配信を行っていきたいと考え
自国の文化コンテンツをどうやって活
営することなどが具体的に盛り込まれま
ています。
性化させ、国内外にプロモーションして
した。
最後に、期間中ご協力いただいた講
いくか。これは特にアジアの発展 途 上
師、講演者の方々、そして日本政府関係
国に必要なノウハウといえます。例えば、
者にこの場をかりてお礼を申し上げます。
カンボジアの伝統的な舞台芸能を現代
芸術の受け入れやすさと融合させ、それ
をどのように国内外に伝えるかということ
もそのひとつかもしれません。その結果
として、カンボジアの多様な文化が世界
に認識され、一辺倒でない価値観が広
がっていくことになり、それがカンボジア
の観光をはじめとする産業などにも影響
をおよぼすことになるでしょう。
いまやアニメは日本を代表する最も元
気な輸出産業のひとつといえます。例え
ば、ポケットモンスターは、世界の 70 近
い国と地域で放映されていて、特にアメ
リカでの大ヒットは、日本のキャラクター
がトップクラスの世界的展開力をもつこと
を証明しています。今回のセミナーでは、
真剣に講義を聞く参加者
8
※ 1 Convention on the Protection and Promotion of the Development of Cultural Expressions のこと。
2008 年 7 月 18 日現在、批准国はアジアでインド、中国、バングラデシュ、ベトナム、カンボジア、
ニュージーランド、モンゴル、ラオスの 8 か国。
ACCUニュース No.369 2008.9
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
1
File Size
534 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content