close

Enter

Log in using OpenID

アクリル絵の具の色の範囲

embedDownload
平成28年度 シラバス
教科 芸術
科目 美術Ⅰ
授業計画
特進Sコース
教 科 書
1学年
単位数
2
履修区分
選択履修
期
高校美術 1 (日本文教出版KK)
副教材・参考文献
様々な表現素材を学習しながら、ものごとを計画的に進めることや発想力をひろ
げ、基礎的な造形能力や表現力を養うことを主眼とする。更に感性を高め、美術を
愛好する豊かな情操を育てる。
科目のねらい
前
期
美術Ⅰでは基本的な構成原理や要素についてわかり易く説明し、基礎的なトレー
ニングを多様に設定し、造形要素の理解を深め、構成力や発想力をひきだし個性
を活かせるようにする。
授業内容とすすめ方
参考作品を鑑賞の上、課題の条件を説明し、条件にそった内容を考えさせる。意識
的かつ計画的に進める姿勢を養わせたい。
学習上の留意点
作品に関しては、課題内容の理解と形や色を意識的に扱えているか。表現力や完
成度も見る。学習活動の面では、作品制作に取り組む姿勢、試行錯誤の様子、完
成に向かう努力の様子も評価に入れる。
成績評価の方法・基準
備 考
後
期
週
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
月
4
単 元
内容
テスト範囲
オリエンテーション
学習内容と心構え
構成の基本原理と要素 ・点による構成
の学習
・線による構成
動きの表現
・矢印の形による動き
の表現
着 眼 点
・点や線を意図的に
配置構成させる
・動きの様々な表情を
表現させたい
5
(中間試験)
6
7
8
形の構成表現
・使う形を一つ決めそ
の形だけで構成する
・あまり複雑な形でな
くて良い
色の構成表現
・4色程度にしぼって
配色を考えてみる
・色は混ぜて作った色
を組み合わせる
文字の形による構成
・レタリング文字部位
の形による構成
(期末試験)
・明朝体の部位の形を
使い多様に表現させる
9
アクリル画(静物)
・アクリル絵の具の特
徴と技法的な説明
・油彩的・水彩的な多
様な表現を試みさせた
い
イメージ表現
・カラフルというイメ
ージの表現を考える
・道具を与えその形を
分割し配色する
10
11
(中間試験)
12
立体感のある表現
・斜投影図法を用いて
立体感をもたせる
1
2
・作図方法を理解させ
立体感の表現を工夫さ
せる
(3年期末試験)
色鉛筆による表現
・グラデーション表現
(期末試験)
3
・グラデーションによ
る微妙な変化の表現を
試みる
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
1
File Size
130 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content