close

Enter

Log in using OpenID

事業評価調書

embedDownload
事業評価調書
◎基本情報
年度
2005
10
一般会計
会計コード
事業コード
23644
事業名 札幌ドーム運営管理費
評価担当 所属コード 観光文化局スポーツ部施設課
課
担当者名 石山
電話番号 211-3045
政策名
主 スポーツを取り巻く環境の充実
施策名
副
事業の性質 ● 経常経費 [ ○ 内部管理 ● 内部管理以外 ]
○ 臨時的経費
札幌ドームの管理運営を受託する株式会社札幌ドームへの管理運営業務委託料。
(1)札幌ドームで開催するアマチュアスポーツ大会のアマチュア利用料金と基本料金の差額を補
てんすることにより、全道大会クラスの試合が札幌で多く行われ、アマチュアスポーツの振興に寄
与する。
事
(2)札幌ドームでの草野球利用及びサッカー練習場・トレーニング室等のドーム維持管理経費の
業 内容 差額分補てんにより、市民が直接利用できる施設となり、スポーツの普及振興及び集客交流の場
内
として貢献している。
容
なお、施設の管理運営に係る上記以外の経費は、株式会社札幌ドームの利用料金収入及び自
主事業収入で賄っている。
主たる受益者
事業の
必要性
市民一般
札幌ドームの設置目的であるスポーツの普及振興のため、ドームで開催するアマチュアスポーツ
大会開催費は通常よりも低廉な料金を設定することにより、市民が利用しやすいようにしており、
そのニーズは大変高いものがある。また、公の施設という施設の性格に加え、幅広い集客交流を
目指すために、サッカー練習場やトレーニング室を整備するなど、さまざまな形で市民の直接利
用の要請に応えており、その目的を果たすために当事業は必要不可欠である。
実施期間 ○ 単年度
● 単年度継続
○ 複数年継続
実施形態 ○ 直営 ○ 一部委託
● 全部委託
○ 補助・助成
札幌ドーム条例、札幌ドーム条例施行規則
関連法令
開始
年度
終了
○ その他
同様の規模のドーム施設を持ち、公設民営で運営している都市は他にはない。
他都市
の状況
http://www.sapporo-dome.co.jp/
関係HP
新まちづくり計画 ○ 対象
● 対象外
基本目標
重点戦略課題
施策
関連計画
基本事業
札幌市スポーツ振興計画
その他関連計画
○ 対象 ● 対象外 目的
環境保全
目標
事業
指標
○ 対象 ● 対象外 目的
環境負荷
目標
事業
指標
計画コード
監視測定結果
監視測定結果
年度
短縮コード:23644
(単位:千円)
◎事業費
15年度決算
事業費(A)
特
定
財
源
国・道
市 債
その他
一般財源
人工
人件費(B)
計(A+B)
事業費の
執行内容
◎指標
指標名
指
設定理由
標
1
目標・実績
指標名
指
設定理由
標
2
目標・実績
指標名
指
設定理由
標
3
目標・実績
128,520
0
0
0
128,520
1.0
8,300
136,820
16年度決算
17年度予算
110,237
0
0
45,268
64,969
1.0
8,000
118,237
129,549
0
0
45,212
84,337
1.0
8,100
137,649
17年度決算
110,237
0
0
45,584
64,653
1.0
8,000
118,237
18年度予算
134,335
0
0
0
134,335
1.0
8,000
142,335
札幌ドーム管理運営業務委託費(110,237千円)
・アマチュア大会実施
・草野球等利用管理
・サッカー練習場利用管理
・トレーニング室利用管理など
草野球等利用実績(人数)
健康の維持向上やスポーツの普及振興への貢献度として
14年度実績
15年度実績
16年度実績
17年度目標
4,150人
3,490人
3,603人
−
サッカー練習場利用実績(人数)
健康の維持向上やスポーツの普及振興への貢献度として
17年度実績
3,770人
14年度実績
15年度実績
16年度実績
17年度目標
5,050人
13,710人
14,252人
−
トレーニング室利用実績(人数)
健康の維持向上やスポーツの普及振興への貢献度として
17年度実績
18,701人
14年度実績
4,991人
15年度実績
12,397人
16年度実績
15,549人
17年度目標
−
17年度実績
18,464人
14年度実績
15年度実績
16年度実績
17年度目標
17年度実績
14年度実績
15年度実績
16年度実績
17年度目標
17年度実績
指標名
指
設定理由
標
4
目標・実績
指標名
指
設定理由
標
5
目標・実績
補足説明
◎検証
短縮コード:23644
【事業担当部局】
平成17年度は当初予定どおり実施
実施前との 平成18年度は指定管理者制度が導入され、指定管理者が事業を行うが、内容に変更はない。
事業内容
変更点
受益の
視点で
の
改善点
妥
当
性
・
必
要
性
の
検
証
利用者は着実に増加しており、特に屋外サッカー練習場の利用については非常に人気が高
い。改善についての要望も特になく、現状では受益の視点での改善点はない。
平成18年度からの指定管理者制度の導入により、草野球等利用管理、サッカー練習場利用
管理、トレーニング室利用管理については、札幌ドームの利用料金及び指定管理者の自主事
経
コストの
業収入で賄うこととしており、コストは大幅に削減されている。
常
視点で
的
の
経
改善点
費
・アマチュア大会の実施回数の減少
事
の業
影費
響縮
小
実施に
よるプラ
スの効
果
臨
時
的
経 事業を
費 行わな
かった
場合の
マイナス
の影響
特になし。
課 題
○ 拡充
今
後
の
方
向
内容
● 現状維持
○ 縮小
○ 休止・廃止 ○ その他
当該委託料は、ドームに託した市民スポーツの普及・振興という本市の施策を委託するもので
あり、市民利用施設の性格を担保するとともに、集客交流事業の要としても、さらに本市への
貢献度を高めていく。
○ 増加
● 増減なし
○ 減少
○ 予算なし
○ その他
歳出 指定管理者制度の導入により、指定管理者は平成18年度から平成21年度までの4年間の
見通し 管理を行うことから、その間に歳出の増減は基本的にはない。
備 考
短縮コード:23644
【2次評価】
【外部評価】
【改善・見直しの検討結果】
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
1
File Size
17 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content