close

Enter

Log in using OpenID

事業評価調書

embedDownload
事業評価調書
◎基本情報
年度
2012
一般会計
会計コード
10
事業コード
20566
事業名 清掃車両等管理費
評価担当 所属コード 環境局環境事業部業務課
課
担当者名 小林
電話番号 011-211-2916
政策名
主 6-9 環境局【内部管理】
施策名
副
事業の性質 ● 経常経費 [ ● 内部管理 ○ 内部管理以外 ]
○ 臨時的経費
ごみ収集作業の安全を確保するとともに、円滑な作業を推進するため、ごみ収集車両等の計画
的な整備を実施する。
事 目的と
業 取組の
内 内容
容
主たる受益者
市民
清掃事業を円滑に運営して行くためには、清掃車両が常に良好な状態で運行できる体制を確
保する必要がある。
事業の
必要性
開始 1956
実施期間 ○ 単年度
● 単年度継続
○ 複数年継続
実施形態 ○ 直営 ○ 一部委託
● 全部委託 ○ 補助・助成 ○ その他
年度
終了
年度
関連法令
他都市
の状況
他都市はごみ収集車を概ね10年で更新している。また、業者委託や収集車両のリース化も検討
している。
関係HP
新まちづくり計画 ○ 対象
● 対象外
関連計画
スリムシティさっぽろ計画(一般廃棄物処理基本計画)
その他関連計画
計画コード
短縮コード:20566
◎事業費
(単位:千円)
22年度決算
事業費(A)
特
定
財
源
国・道
市 債
その他
一般財源
人工
人件費(B)
計(A+B)
事業費の
内訳
237,408
0
0
0
237,408
23.8
183,260
420,668
23年度決算
229,936
0
0
0
229,936
23.8
180,880
410,816
24年度予算
282,101
0
0
0
282,101
15.8
116,920
399,021
24年度決算
265,585
0
0
0
265,585
15.8
116,920
382,505
25年度予算
282,063
0
0
0
282,063
11.8
86,140
368,203
ごみ収集作業の安全を確保するとともに、円滑な作業を推進するため、ごみ収集車両等の計
画的整備を実施する。
1清掃車両整備費(車検・定期点検整備及び臨時整備、車両部品)
(24決算146,951千円・25予算172,860千円)
2清掃車両燃料費(24決算102,757千円・25予算102,906千円)
3その他管理費(24決算15,878千円・25予算6,297千円)
◎指標
指標名
ごみ収集車両等整備件数
車両整備計画車検整備・定期整備及び臨時整備の件数。
設定理由 ごみ収集車(101台)
指
と
その他車両(73台)
標 結果分析
1
目標・実績
21年度実績
2,879件
22年度実績
2,537件
23年度実績
2,535件
24年度目標
2,604件
24年度実績
2,702件
21年度実績
22年度実績
23年度実績
24年度目標
24年度実績
21年度実績
22年度実績
23年度実績
24年度目標
24年度実績
21年度実績
22年度実績
23年度実績
24年度目標
24年度実績
21年度実績
22年度実績
23年度実績
24年度目標
24年度実績
指標名
設定理由
指
と
標 結果分析
2
目標・実績
指標名
設定理由
指
と
標 結果分析
3
目標・実績
指標名
設定理由
指
と
標 結果分析
4
目標・実績
指標名
設定理由
指
と
標 結果分析
5
目標・実績
◎検証(振り返り)
【事業所管局】
短縮コード:20566
内部事務的経費のため記載省略
市民自治の
観点からの
評価
内部事務的経費のため記載省略
事業成果
内部事務的経費のため記載省略
事業水準
の妥当性
内部事務的経費のため記載省略
事
業
事業手法
の
の適切性
検
証
内部事務的経費のため記載省略
選択項目
による検証
内部事務的経費のため記載省略
課題
1 清掃車両等整備費については、走行に支障ない軽微な破損等について、車検整備時や定
期点検時に整備をまとめて実施するなど欠車が発生しないよう計画的な整備を実施し委託車
等の経費の削減をする。
2 清掃車両等燃料費は燃料単価の高騰が続いているが、ハイブリット車両等の導入により経
今年度予算で
費の軽減について今後検討していきたい。
の見直し内容
自己評価
○A
●B
○C
整備業務の外注化を継続する。
○D
○ 評価省略対象事業
A:効果的・効率的
に行い、十分な成
果が出ている
B:部分的な改善・
見直しが必要
C:全体的な改善・
見直しが必要
D:廃止を含めた
あり方の検討が必
要
次
年
度
予
算
に
向
け
て
○ 拡充
● 現状維持 ○ 縮小
○ 休止・廃止 ○ その他
人員削減により、車両整備を全面外注化したため、今後はほぼ同じ歳出になると考えてい
る。
どのよう (工場閉鎖に伴い施設維持費は減少が見込まれる。)
な取組
にするか
(方向性)
改善
内容
これまで取り組んできた改善・見直しの内容
【全庁的な視点による検討課題の提起・外部評価からの指摘】
【上記指摘に対する改善・見直しの検討結果】
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
1
File Size
14 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content