close

Enter

Log in using OpenID

営業チーム - MofficeSoft

embedDownload
営業チームに活用できるCRM
CRM導入のハードルは、新規システム導入で実務者が新しい環境に適応することです。それぞれの業務ス
タイルがあるので、統一されたシステムを利用するには反発が激しいでしょう。また、導入しても業務が楽に
ならないと判断して使用を拒否する要因など、さまざまな問題が存在します。しかし、ハンビロCRMは、他のC
RMと差別点を持っています。単に経営者、管理者に便利なシステムではなく、実務者にも便利に使用するこ
とができるハンビロCRM。なぜハンビロCRMが営業チームに活用できるのでしょうか?











営業自動化システム
メール自動分類
CTIシステム
顧客の等級に基づいた営業
メール送信システム
大量の SMS 送信システム
営業案件管理
必修営業活動の自動分類
予約送信システム
競争で勝ち抜く力、競争他社の管理
簡単な見積書の送信&管理
ㅣ営業自動化システムㅣ
ハンビロ CRM を使用すると、自動的に皆様に営業活動を進めなければならない対象とともに通知を受け取
ることができます。
サービス延長通知
サービスの期限が切れる前に設定した「満了前通知期限」に基づいて営業担当者と顧客にSMS&メールが
自動的に送信されます。また、営業担当者は必修営業活動を自動的に割り当てます。
新規顧客の自動営業通知
潜在顧客と顧客誘導対象者に営業活動が設定された期間中、何の営業活動がない場合は営業担当者に
「必修営業活動」の業務が割り当てされ、顧客をケアする基本的な業務が自動に作成されて顧客を無視する
などの失敗を最小限に抑えることができます。
Win-back自動営業通知
解約顧客or失敗した潜在顧客は、いつでも発生する可能性があります。しかし、それらをそのまま逃すことで
はなく、将来の再獲得の可能性に対して、再連絡を行う設定して再度顧客化を行うことができます。
顧客維持活動通知
顧客といえ、すべてが同じ顧客ではありません。顧客にも様々な等級を設定して、ブランドのロイヤリティに
基づいて差別化管理を実施すべきです。顧客の等級に基づいて電話/ FAX /メールの営業活動の最小活
動数を期間に合わせて調節し、営業活動数が足りない顧客が発生した場合、営業担当者の必修営業活動
に自動的に割り当てられます。
顧客を維持するための最小限の活動を担当者に自動的に割り当てて、顧客がいつも常に優遇されている気
持ちを感じるようにします。
ㅣメールの自動分類ㅣ
顧客と送受信したすべてのメールに関して履歴管理が可能となります。
メールが自動的に活動履歴に保存される原理は、次のとおりです。
実際使用する場合、以下のようなプロセスで顧客に送受信された入力が自動的に残ります。
*メールはCRM内に送受信されなくても、すべての履歴に残ります。
ㅣCTIシステムㅣ
ハンビロCRM CTIは、電話を通じた顧客接点が発生した場合、お客様の名前と担当者名をPCにポップアップ
させ、顧客の詳細情報がリアルタイムで提供されます。
* CRMに顧客の連絡先を登録した場合、ハンビロCRM Callが顧客を先に認識できるようにサポートします。
新規顧客の場合
既存の顧客である場合
<業務とチケットの違い>
ㅣ顧客等級に基づいて営業ㅣ
皆様に 10 万円の売り上げを上げた顧客と 100 万円の売り上げを上げた顧客とは差別化されたサービスが
必要です。ハンビロ CRM は、差別化された顧客サービスを提供するための分析情報を提供します。
ハンビロ CRM は、営業担当者または担当者が最小限にしなければならない営業活動を設定することができ、
設定された期間中に活動ができなかった場合、担当者に「必修営業活動」に自動登録されます。
自動営業割り当てプロセス
顧客の等級に基づいて電話/ FAX /メールの営業活動の最小活動数を期間に合わせて調節することができ
ます。自動営業割り当てプロセスを通して、営業担当者の顧客維持のための営業活動不足を最小限に抑え
ることができます。
*顧客のロイヤルティを高めることができる様々な戦略を立ててブランドロイヤリティの確保が可能
*最小の活動を設定して、顧客の離脱防止
*クロスセリング/アップセリング誘導可能
顧客等級別、必修営業活動の設定例
顧客等級別、マーケティングキャンペーンを活用
顧客等級別、キャンペーンを行うことができ、実行したキャンペーンを各顧客別に営業活動に自動的に保存さ
れます。
ㅣ大量メールl送信、電子メールマーケティングㅣ
特定の問題により、顧客、潜在顧客、顧客誘導対象者に大量のメールを送信する必要がある場合がありま
す。ハンビロCRMで顧客グループ別、商品別、誘導経路別のメールマーケティングを行うことができます。
ㅣ大量のSMS送信ㅣ
ㅣ営業案件の管理ㅣ
営業案件には、2つのスタイルで運営する方法があります。
Type1. 顧客管理中心の場合
顧客管理中心の事業運営形態の場合、既存顧客にアップセリング/クロスセリングで追加営業件を確保し、
顧客との取引範囲を拡大することができます。
Type2. 件数営業中心の場合
件数営業を中心に事業が運営される場合、営業案件をプロジェクト単位で活用して進行状況などを簡単に管
理することができます。
ㅣ必修営業活動の自動分類ㅣ
営業チームは、毎朝、自分が今日進行しなければなら営業件について調べて確認する必要があります。ど
のような顧客に会うのか、どのような顧客に電話をすべきか、しかし、一週間前の会議の予定、1ヶ月前の要
請に対するフィードバックなど、誤って忘れてしまい場合は、たまに、生じたりします。ハンビロCRMを導入す
る場合、必修営業活動についてこれ以上失うことなく、営業活動を広げることができます。
ㅣ予約送信システムㅣ
定期的に顧客にメール、SMS、FAXを送信する場合があります。忙しい時期、顧客にメールを送信しようとす
る場合、事前に準備して顧客に皆様のニュースを伝えましょう。
ㅣ競争に勝つ力、競合他社の管理ㅣ
営業案件の成功するまで、様々なハードルが存在します。その中で最も大きな要素である「競合他社」との
競争状況があります。ハンビロCRMでは、競合他社の情報履歴で成功率を向上させることができます。
競合他社との競争は、「潜在顧客」を顧客化する場合、「既存顧客」に追加営業を行う場合、営業案件が発
生します。既存顧客や潜在顧客を密着管理して競合他社との競争に勝つようにします。
ㅣ簡単な見積書送信及び管理ㅣ
見積書をいつ、どのような項目で送信したのか覚えていますか。ハンビロCRMを使用すると、すべての見積
書リストを1か所で管理することができ、各顧客の詳細情報に送信された見積書が自動的に履歴に残ります。
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
5
File Size
721 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content