close

Enter

Log in using OpenID

PM news17

embedDownload
年に同地にて没したことが断片的に知られ
プランタン印刷所
ています。
ブリューゲルがアントワープ最大の版画工
房「四方の風」
で版画の下絵制作に携わっ
ていた1
5
5
4年以降の短い期間に初代プラ
ル ー ベ ン ス 、 オ ル テ リ ウ ス 、 メ ル カ ト ル 、 ブ リ ュ ー ゲ ル
ンタンとの接点があったとされます。初代プ
ランタンがそこから受け取った銅版画のリ
最盛期を彩る人々
ストにブリューゲルの名前が掲載され、また
二人はアントワープ内の同じキリスト異端分
派に属し、精神性の共有という部分でも深
い関係にあったようです。
交流のあった人々を見ただけでも、Officina Plantiniana
(プランタン印刷所)
の
華やかな歴史がわかります。ルーベンス、オルテリウス、メルカトル、ブリューゲル
―4人の文化人はプランタン印刷所最盛期を飾る3代の当主とどのような関係に
あったのでしょうか。
2005年4月から始まる
〈プランタン=モレ
③地図の間
トゥス博物館展 印刷革命がはじまった:
グーテンベルクからプランタンへ〉
(仮称)
ではプランタン印刷所がいかに時代の最
年に当主になります。同年からルーベン
ルーベンスとバルタザール
しい時期にありました。ピーテル・ブリュー
先端で重要な役割を果たしていたかをご
覧いただけます。
スはプランタン印刷所の公式下絵画家に
メルカトルはオルテリウスと共に従来の
ゲル
(父)
は、当時の世相を見事に版画の
なりますが、仕事を引き受けたのはバルタ
古い地球観から地理学を解放した学者とし
中に表現しています。ブリューゲル版画の
プランタン=モレトゥス博物館1階にある
ザールとの友情の証かもしれません。二
て知られます。以前は地図といえば地誌や
テーマは二つの言葉に要約できるでしょう。
豪華な
〈大客間〉。壁には12枚の油絵が
人の関係はルーベンスの健康が悪化す
旅行者の経験的知識をまとめた非科学
一つは「寓意」で、農民の生活、子供の遊
並びます(写真①)
。多くがピーテル・パウ
る1637年まで続きました。ルーベンスは
的なものでしたが、メルカトルは地球を直
戯や諺を通して描かれました。もう一つは
ル・ルーベンスによるものです。17世紀の
バルタザールが出版した聖務日課書やセ
線で区切った地図法
〈正角円筒投影図法〉
「風景」で、日常見慣れた光景や大自然の
ヨーロッパ画壇を代表するルーベンスは
ネカ
『著作集』
など多くの書籍向けに挿絵
を発明しました。メルカトル図法と呼ばれる
移ろいを絵にしました。ブリューゲルの生年
この図法は、現在も広く使われています。
や出生地ははっきりとわかっていませんが、
②ルーベンスによるタイトルページ原画
故郷アントワープに工房を構え、たくさん
を 描きましたが、中でもタイトルページに
のバロック絵画を世に送り出しますが、
あるバロック様式の絵は世間の注目を集
オランダ語、スペイン語、英語、イタリア語)
幼馴染みのバルタザール・モレトゥス1世
めました
(写真②)
。
で出版されます。地図出版事業としては
彫刻家、科学用具の製作者として力をつけ
家として加入したこと、1552年∼5
3年に
16世紀最大規模でした。プランタン印 刷
ました。地図帳発行ではオルテリウスに20
イタリアに滞在したこと、
1
5
6
3年に結婚して
所は1579年以降『世界の舞台』本文を
年先行されましたが、オルテリウス自身、
ブリュッセルに移住したこと、そして1
5
6
9
印刷するとともに、販売面でも大きな役割
メルカトルのおかげで地図帳発行を思い
を果たし、書籍商として書籍や版画、写本、
ついたと述べているように、当時メルカト
迷路のような2階展示室奥にひっそり
地図を売買していたのです。私たちはとかく
ルの地図は画期的な存在でした。
とたたずむ 小 部 屋 が〈 地 図 の 間 〉です
生産することに目を向けがちですが、商品
両肩に地球をのせたギリシア神話の
(写真③)。有名な地図製作者が作った
として販売することが何よりも大事なの
神アトラスが扉絵に描かれていますが、
地 球 儀 や 地 図 が ずらりと並びます が 、
は今も昔も変わりません。当時のアント
地図=
「アトラス」
という言葉はここに由来す
特筆すべきはアブラハム・オルテリウスの
ワープには商人や航海者が集まり、世
るとされます。プランタンはメルカトル地図
地図帳です。オルテリウスはギリシア語、
界地図の需要が高まっていたので、初
帳をパリやフランクフルトの市場に販売す
ラテン語、数学を修得した多才な学者で
代プランタンや2代目ヤンは毎年フランク
る書籍商として関わっていました。
すが、何と言っても彼の名を有名にした
フルトに行き、国際的書籍市で地図を
のは1570年刊『世界の舞台』でしょう。
仕 入れてはアントワープや 他 都 市で 販
世界最初の地図帳である同書はあまり
売していました。
のために多数の油絵や挿絵用下絵を残
しました。プランタン印刷所3代目バルタ
ザールは、初代プランタンの死後、2代目
当主ヤン・モレトゥス1世に続き、1612
大航海時代が生んだ
世界最初期の地図帳
にも好評だったので、出 版 年 に4回も
①大客間
5
のがメルカトルの地図帳です
(写真⑤)
。
メルカトルはフランドル 地 方 出 身 で、
文:中西保仁(印刷博物館学芸員)
1551年にアントワープの聖ルカ組合に画
④オルテリウス肖像
「寓意」と
「風景」
地図帳を表わす「アトラス」
という言葉、
増刷されました。1612年までに42版、
皆さん、耳にしたことがあるのではないで
初代プランタンが生きた1
6世紀のフランド
7言語(ラテン語、フランス語、ドイツ語、
しょうか。
「アトラス」の誕生に深く関係した
ル地方は、宗教や政治で混迷を極める厳
⑤メルカトル地図帳
4
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
6
File Size
457 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content