close

Enter

Log in using OpenID

じん肺管理区分について

embedDownload
じん肺管理区分について
Q
じん肺管理区分2で、現在非粉じん作業(事務職)に従事している社員について。
6 年前までは、管理区分 1(レントゲンは 0 型:0/1)としてきましたが、3 年前に管理区分 2 と判
定して申請しましたところ、地方じん肺審査医の判定でも管理区分 2 となり、以後管理区分2とし
てフォローしてきました。
ところが、昨年度より管理区分2以上の人は、年 1 回胸部 CT の実施が義務化され、それに沿
って、昨年、今年と CT を実施したところ、CT ではじん肺所見は認められないとのことでした。現に CT を見ても、
私には確かに認識できませんでした。
本年は、3 年毎の通常のじん肺健診の年であり、胸部単純レントゲンも同時実施しますと、やはり管理区分2(レ
ントゲンとしては 1 型:1/0)として妥当と思われる所見でした。そこで、単純に考えますと CT の方がより細かい所
見が分かるような印象ですので、単純レントゲンより CT を重視して管理区分は 1(レントゲンの型は 0 型:0/1)と
判定して、CT を添えて変更申請をしました。ところが、胸部単純レントゲンを重視するとのことで、管理区分は 2 の
ままで戻ってきました。CTは肺がんの見落としを防ぐために義務化されており、じん肺健診の管理区分はあくま
でも胸部単純レントゲンによるものであるため、とのことです。
現行のじん肺法では上記コメントの通りかと、半分納得しましたが、やはり理論的には CT の方が優先されるべき
と思います。その場合、じん肺でもないのに、じん肺と診断しているのではという疑問が残っています。どのように
したらよいのか、教えてください。
A
じん肺の程度は胸部 X 線写真で判
定するのが原則です。ILO は CT の
ても判断にずれが生じてしまいます。じん肺の審査に
当たって、その点で問題が出れば見直しをするように
標準フィルムを作成しておりますが、
日本にはまだありません。したがって、
胸部 CT はあくまでも参考ですが、現
実には PR1/0 と 0/1 の差が極めて小さいので、どうし
23
なっておりますので、意見をつけて再提出されてはい
かがでしょうか。再検討される可能性はあると思います。
特に肺がんが合併症と認められるようになり、審査は
より厳密に行なわれるようになっています。
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
20
File Size
44 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content