close

Enter

Log in using OpenID

1013(後期スタート)

embedDownload
誠実⇔心にまっすぐ生きる
よく考え 助け合って やりぬく
2015.10.13
No.27
北陵中学校生徒指導通信
学校電話 0572-27-6068
「節目があるから、竹は強い」前期終業式で、加知教務主任が話された中での言葉です。今日、後
期がスタートしました。前期と言う節目を終え、新しい節目へと向かう大事な1日です。どんな心持
(こころもち)で、後期スタートを迎えましたか?
安藤校長先生は、節目の日にあたり、2つの本を紹介してください
ました。(内容は共に「BOOK」データベースより)
『頭がよくなる 青ペン書きなぐり勉強法』 相川秀希(著)
難しいルールは一切なし。青ペンでノートに書きなぐるだけ。記憶
力がアップする。勉強すればするほど、やる気がわいてくる。コミュ
ニケーション力が底上げされる。何歳からでも、脳が若返る。
「青ペン
書きなぐり勉強法」が、あなたの潜在能力を解き放つ!
『夢をかなえる「そうじ力」』舛田 光洋(著)
そうじには、人生を変える“力”がある!あなたの部屋は、あなた自身です。誰にでも簡単にできる「そ
うじ」には、空間をキレイにするだけではなく、人生を好転させるパワ ーがあるのです。これを「そ
うじ力」と名付けました。このそうじ力を使って成功し、夢の国をつくり上げているところがありま
す。それは、600 人の清掃スタッフを配備しているディズニーランドです。あなたも、そうじ力で運
命の大逆転をはじめましょう。
後期生徒会執行部である中田龍之介会長は、
前期できなかった、やりきれなかったことを後期で克服す
るには、
①『目的と目標を創ることが必要』である。そのために、
②『生徒会執行部や委員会活動が目的を示して取組を行う』、
そうすると
③『意欲的に活動がつくられる』ことにつながる。
それが、『前期の弱点を 克服し、一人ひとりが目的意識を
もった学校づくり』となっていく。また、
④『目標とは、ゴールであり、良い結果を得 るためには、ゴ
ールを設定することは必要なこと』
ということを話してくれました。
今日から、後期がスタートです。 3年生は『進路の実現』
、2年生は『最高学年に 相応しい
心と力』に、1年生は『憧れる先輩といわれるだけの心と力』が目標 、つまり、ゴールです。
そこに向けて、一人ひとりが目的をもって、一日一日を誠実に過ごす、そんな後期にしましょう。
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
3
File Size
303 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content