close

Enter

Log in using OpenID

人口動態調査 - www3.pref.shimane.jp_島根県

embedDownload
(様式5)
活動評価シート(評価対象年度:14年度)
評価責任者氏名・電話番号
①活動の目的等
<Plan>
活動の
目的等
活動の
概要
活動の
根拠
⑥活動の必要性・公共関与の妥当性(Planに対する評価)
人口動態調査
活動の名称
健康福祉総務課長 野村純一・0852-22-5326
評価項目
(1)対象
(∼に対して)
出生、死亡、婚姻、離婚、死産の届出をした者
(2)目的
(∼ために)
出生等の人口動態事象を把握する
(3)手段
(∼をする)
市町村長が作成した人口動態調査票を収集し、厚生労働省へ送付する
(4)活動指標
調査回数
(1)担当係名
企画情報係
(2)活動の開始時
期
明治5年(人口動態調査令に基づくようになったのは昭和21年)
(3)執行方法
(4)その他
(1)この活動は上位の事務事業
の目的を達成するための『手
段』として妥当でしたか。
必要性 (2)この活動は県民に必要な活
動でしたか。
(1)法令に基づく
義務的活動
(2)根拠法令等の
名称
統計法第3条
162400-15-01-09
総合評価 高い A・B・C・D 低い
評 価 (判断と判断理由)
<Check1>
総合評価
出生・死亡・死産・婚姻・離婚に関する毎月の動態を調査するものであり、統計法に基づき国が全国統一
的に行ったものであるので妥当であった。
国や県での政策の企画立案にとって重要な基礎データを得るための調査であり、県民にも必要な活動で
あった。
A
(3)この活動を中止、休止した 県内の人口動態について経年的なデータが残せなくなる為、県の保健動向について中・長期的な分析はで
場合、どのような影響が想定さ
きなくなる。また、全国の人口動態も把握することができなくなる。
れますか
(1)直接執行
(2)委託 【 1 市町村 ・ 2 民間 (2-1 県出資団体 ・ 2-2 NPO ・ 2-3 企業 ・ 2-4 その他 )】
(3)補助 【 1 市町村 ・ 2 民間 (2-1 県出資団体 ・ 2-2 NPO ・ 2-3 企業 ・ 2-4 その他 )】
(4)その他
(1)活動の分類
活動の整理番号
(1)法令に基づく義務的活動 (2)法令に基づく選択的活動 (3)条例に基づく義務的活動
(4)条例に基づく選択的活動 (5)任意の活動
(1)この活動を県が行う理由は
何ですか。
公共関
与の妥
当性
法に基づき都道府県知事が行うことが義務付けられている。
A
(2)今後も、この活動は県が行
法で義務付けられているものであり、求める統計数値の性格上、広域的観点に立って、県内全域に於いて
うことがもっとも効率的で、効
統一的手法・手続きで調査することは県が行うことが効率的・効果的である。
果的ですか。
②上位の事務事業の目的等
保健福祉情報の収集・提供事業
上位の事務事業名
162400-15-01
国・県
(1)対象
目的
整理番号
(2)意図
(対象をどのような
状態にしたいのか)
⑦活動の効率性等(Doに対する評価)
保健福祉情報の収集・提供
③活動指標・コスト等の推移
<Do1>
(単位:千円、人)
区分
活動指標 (a)
評価項目
13年度実績
14年度計画
1
単位:回
活動の総コスト(b)=c+d
14年度実績
13年度との比較
0
15年度計画
1
1
11,545
11,545
10,582
3,071
3,071
2,300
3,071
3,071
2,300
傾向
1
総合評価 高い A・B・C・D 低い
評 価 (判断と判断理由)
(1)活動は当初計画したとおり
に実施できましたか。
実施できた
(2)活動量に対してコストは過
大ではなかったですか。
59市町村を対象に出生・死亡・死産・婚姻・離婚の動態を把握する調査であり、年間19000件を超える
件数を処理しておりコストは適切であった
国庫支出金
総合評価
B
効率性
事業費(c)
<Check2>
(3)財源、手段等の見直しによ
り、コストの削減や総コストに
占める県の負担を軽減すること 出来なかった
ができましたか。
県 債
(4)活動の進行管理は十分でし
たか。
そ の 他
市町村からの報告の遅れや疑義照会に時間を要したが、国への報告は期日厳守で報告できた。
一般財源
貢献度 この活動は、事務事業の目的達 貢献できた。
職員給与費(d)
人 役
単位当たりのコスト=b/a
④14年度事業費(実績)の内訳
項目
決算額
<Do2>
8,474
8,474
8,282
0.963
0.963
0.963
11,545
11,545
10,582
⑤15年度事業費の内訳
説明
項目
予算額
旅費
936
旅費
818
庁費
1,149
庁費
382
市町村交付金
986
59市町村
市町村交付金
成に貢献しましたか。
<Do3>
⑧活動の改善策
説明
1,100
14年度の活動の実施状況を振り返っ
て、活動の有効性、効率性を高めるため なし
の改善策を記入してください。
(何をどうするのか)
計
3,071
計
2,300
A
<Action>
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
1
File Size
15 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content