close

Enter

Log in using OpenID

REIT ウィークリー・ニュース

embedDownload
REIT ウィークリー・ニュース
2016 年 8 ⽉ 31 ⽇
パフォーマンス
* 2016 年 8 ⽉ 30 ⽇現在
現地通貨ベース(課税前分配⾦込み)
1 ヶ⽉
年初来
1年
3 年 (年率)
5 年 (年率)
S&P Global REIT
-3.16%
13.54%
20.61%
16.06%
14.48%
S&P United States REIT
-3.87%
13.74%
22.56%
15.89%
13.75%
S&P Europe REIT
0.12%
0.39%
2.28%
14.41%
12.46%
S&P United Kingdom REIT
1.30%
-6.18%
-6.48%
12.00%
12.06%
S&P Australia REIT
-2.03%
19.98%
26.37%
20.02%
19.94%
S&P Hong Kong REIT
-1.49%
24.14%
37.58%
20.35%
19.50%
S&P Singapore REIT
0.85%
14.15%
14.76%
9.01%
10.12%
-1.56%
7.54%
15.49%
15.69%
17.71%
S&P Japan REIT
(出所:S&P Dow Jones Indices のデータに基づき AMP キャピタル・インベスターズ作成)
ファンダメンタルズ
* 2016 年 7 ⽉ 29 ⽇現在
銘柄数
時価総額
(億⽶ドル)
S&P United States REIT
(億円)
分配利回り
国債 10 年物
(課税前)
利回り
155
8,480.57
869,130.82
3.49%
1.45%
S&P United Kingdom REIT
21
568.03
58,214.15
3.59%
0.68%
S&P Australia REIT
29
983.27
100,770.79
4.06%
1.87%
9
222.37
22,789.15
4.00%
0.96%
S&P Hong Kong REIT
S&P Singapore REIT
30
328.65
33,681.98
5.69%
1.80%
S&P Japan REIT
51
1,102.69
113,008.77
2.88%
-0.20%
(出所:S&P Dow Jones Indices、Bloomberg のデータに基づき AMP キャピタル・インベスターズ作成)
>> 分配利回り & 国債 10 年物利回り
⽶国
⾹港
10%
10%
分配利回り
国債10年物利回り
分配利回り
スプレッド
6%
6%
2%
2%
11年01⽉
12年01⽉
13年01⽉
14年01⽉
15年01⽉
16年01⽉
英国
10年01⽉
分配利回り
国債10年物利回り
12年01⽉
13年01⽉
14年01⽉
15年01⽉
16年01⽉
10%
スプレッド
分配利回り
6%
6%
2%
2%
-2%
国債10年物利回り
スプレッド
-2%
11年01⽉
12年01⽉
13年01⽉
14年01⽉
15年01⽉
16年01⽉
豪州
10年01⽉
11年01⽉
12年01⽉
13年01⽉
14年01⽉
15年01⽉
16年01⽉
⽇本
10%
分配利回り
国債10年物利回り
スプレッド
10%
分配利回り
6%
6%
2%
2%
-2%
10年01⽉
11年01⽉
シンガポール
10%
10年01⽉
スプレッド
-2%
-2%
10年01⽉
国債10年物利回り
11年01⽉
12年01⽉
13年01⽉
14年01⽉
15年01⽉
16年01⽉
国債10年物利回り
スプレッド
-2%
10年01⽉
11年01⽉
12年01⽉
13年01⽉
14年01⽉
15年01⽉
16年01⽉
(出所:S&P Dow Jones Indices および Bloomberg のデータに基づき AMP キャピタル・インベスターズ作成)
REIT ウィークリー・ニュース // 2016 年 08 ⽉ 31 ⽇
先週のトピックス (2016.08.22~ 2016.08.26)
⽶州
中国政府系デベロッパー緑地集団がバイオテック・インダストリアル・パーク合弁事業に投資
中国の政府系のデベロッパー、緑地集団は今週、アジャイル・グループ、ピンアン・トラスト、ポリー・サイノ・キャピ
タルと共同でサンフランシスコ南部にあるバイオテック・インダストリアル・パークに 10 億⽶ドル以上投資すると発表
した。上海に拠点を置く同社は、投資先となる 21 万平⽅メートル相当のプロジェクトにおいて最⼤の投資家となり、今
回の投資を通じてバイオテックの研究及び開発を中国と⽶国で協⼒して拡⼤したい考えを強調した。今回の投資⽐率の内
訳は、ピンアン・トラストとアジャイル・グループがそれぞれ 36%、10%だったの対し、緑地集団はプロジェクトの
49%を保有する。また、事業⽤地は 1 億 7,100 万⽶ドルで取得された。
⽶国
欧州
英国の住宅価格の減速がロンドン及び南部で顕著
最近のホームトラック社の英国都市住宅価格指数によると、ここ 3 ヵ⽉の住宅価格の伸び率は著しく減速しており、特にロ
ンドン及び英国南部の⾼級住宅街の鈍化が影響している。7 ⽉の 20 都市における住宅価格指数は年率で 9%と、過去 1年間
の急成⻑から減速した。その要因は、4-6 ⽉期の英国南部の多くの都市において成⻑が失速したことによる。7 ⽉までの 3
ヵ⽉間のロンドンの住宅価格の伸び率は 2.1%に留まり、2015 年 2 ⽉以来の低⽔準となった。さらに、この 12 カ⽉で最も
急成⻑したブリストルでさえ、2016 年 5 ⽉の 5.0%という⾼い上昇率からここ 3 ヵ⽉で 2.6%まで減速している。
インターコンチネンタル・グループがドイツへの投資を加速
英国
インターコンチネンタル・グループがドイツでの事業拡⼤を予定している。同ホテルチェーンはすでにドイツに 64 件の
ホテルを運営しているが、インターコンチネンタル・グループによると、33 件のホテルが既に開発中となっており、う
ち 5 件がホリデイ・イン及びホリデイ・イン・エクスプレスとして新たな地域に展開される予定で最近契約が締結され
た。バーデン=ヴュルテンベルク州、ノルトライン=ヴェストファーレン州、バイエルン州には、2019 年までに次世代
デザインホテルが開業予定となっており、プフォルツハイム、マンハイム、オーバーハウゼン、レーゲンスブルクでの建
設が計画されている。
アジア・パシフィック
欧州
ウールワース系列のマスターズが閉店予定
ウールワースが系列のマスターズをオーナー企業ホーム・コンソーシアムに売却することで、ホーム・コンソーシアムは
⼩売⼤⼿のハービイ・ノーマンを上回る豪州最⼤の⼩売店舗のオーナー企業となる⾒込み。全部で 61 店舗、合計約 70
万平⽅メートルを有するマスターズは、今週アラム・グループやスポットライト・グループ、ケミスト・ウェアハウスな
どを傘下に持つホーム・コンソーシアムに 8 億豪ドルで買収され、12 ⽉ 11 ⽇までに順次閉店する予定。
⽇本の⼈⼝減が問題となる中、ニセコ町の⼈⼝が増加
豪州
⼈⼝減少問題は世界第 3 位の経済⼤国である⽇本に重くのしかかっており、政府は今後の⼈⼝⾒通しに警鐘をならしてい
る。また、⼀部の地⽅ではゴーストタウン化が起きている。そんな中、北海道のスキーリゾート地であるニセコ町では⼈
⼝動態に悩みつつも⼈⼝が増えている。ニセコ町ではある意味⽇本政府が積極的でなかった移⺠の受け⼊れを⾏ってお
り、その結果、同地域は⾼級ホテルやレストラン、ショップなどの投資が活発化し、⽇本⼈や海外からの移住者を引き寄
せて好景気に沸いている。ニセコ町の⼈⼝は昨年 2.9%増加し 4,952 ⼈となった。これは 2010 年の⽔準で、過去 40 年間
で最⾼の伸び率となった。⼀⽅で⽇本全国の⼈⼝の伸び率は同期⽐で-0.7%となっている。
FM Global が損失防⽌トレーニング・オペレーションセンター建設に着⼿
⽇本
商⼯業財産保険会社の FM Global は、シンガポールの研究・開発・技術の中核拠点であるシンガポール・サイエンス・
パークで、新たな損失防⽌トレーニング・オペレーションセンターの建設に着⼿した。6 階建て 12 万 5,000 平⽅フィー
トの施設には、アジアで同社初、そしてアジア⼤陸で初の実践型トレーニング施設を運営する FM Global アジア・サイ
ムゾーンが⼊居する。8,000 万シンガポール・ドルの建物は、事業スペース・ソリューションのアジア⼤⼿のプロバイ
ダーであるアセンダス・シンブリッジによって建設され、2019 年から運営が開始される⾒通し。
シンガポール
重要事項:この⽂書に含まれる情報は⼀般的な情報の提供のみを⽬的として AMP Capital Investors Limited(ABN 59 001 777 591, AFSL 232497)(以下「AMP キャピタル」とい
います。)が作成したものです。これは現地において適⽤される法令諸規則や指令に反することとなる地域での配布または使⽤を意図したものではなく、かつ、特定の投資ファンドまたは投資戦略への
投資を推奨、提案または勧誘するものではありません。読者は、この情報を法的な、税務上の、あるいは投資に関する事項の助⾔と受け取ってはなりません。読者は(この情報を受領した地域を含
む)特定の地域において適⽤される法令諸規則その他の要件に関して、並びにそれらを遵守しなかったことにより⽣じる結果について、専⾨家に意⾒を求め、相談しなければなりません。この⽂書の
作成に当たっては細⼼の注意を払っていますが、AMP キャピタルあるいは AMP リミテッドのグループ会社は、予測を含むこの⽂書の中のいかなる記述についても、その正確性または完全性に関して表
明⼜は保証をいたしません。脚注に⽰される通り、この⽂書中のいくつかの情報は、当社が信頼できると判断する情報源から取得しており、現在の状況、市場環境および⾒解に基づいています。
AMP キャピタルが提供した情報を除き、当社はこの情報を独⽴した⽴場で検証しておらず、当社はそれが正確または完全であることを保証することはできません。過去の実績は将来の成果の信頼で
きる指標ではありません。この⽂書は⼀般的な情報の提供を⽬的として作成したものであり、特定の投資家の投資⽬的、財務状況または投資ニーズを考慮したものではありません。投資家は、投資
判断を⾏う前に、この⽂書の情報の適切性を考慮し、当該投資家の投資⽬的、財務状況⼜は投資ニーズを考慮した助⾔を専⾨家に求めなければなりません。この情報は、その全部または⼀部で
あるかを問わず、AMP キャピタルの書⾯による明⽰の同意なく、いかなる様式によっても、複製、再配布あるいはその他の形式で他の者が⼊⼿可能な状態に置いてはなりません。
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
1
File Size
647 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content