close

Enter

Log in using OpenID

“かた”から“かたち”の間に光は定義される

embedDownload
居住環境デザイン第 9 回「光について」
作成者:井上、瀧田
“かた”から“かたち”の間に光は定義される
■はじめに
き出し、自らを演出しつつも、光自身が空間に還
“かた”、“かたち”とは、菊竹清訓の「か・かた・
元される。ここでは光が空間で、物質が石である。
かたち」のことである。それについてはここで述
また、石が空間でもあり、光が物質でもある。
べることは避け、第 3 章を参照していただきたい。
□ロンシャン教会(色の光)
私たちは、光は一概に定義できないものであると
ロンシャン教会は光の窓と言われる小礼拝堂の
して考え、建築をかたちづくるさまざまな光につ
トップライトが石灰質の仕上げで受け止め、内部
いて考えていきたい。
空間に光のグラデーションを与えている。コルビ
ュジェはロンシャン教会で光と影という空間構成
■光について
を時代に対し発し、再確認させた。ロンシャン教
先述したように、私たちは光を“かた”から“かた
会の光は微妙な差異により、グラデーションが生
ち”の間で定義されるものだと考えている。その事
まれ、それはあたかも一枚のキャンバスに彩色し
例を作品を挙げ以下で述べ、考察する。
ていくかの如く、色を重ねるように光は存在して
□パンテオン(天の光)
いる。
ドームの頂点から光を空間に導き、闇の中に差
□日本建築の光(陰の光)
す一筋の光が我々にあたかも天空世界と繋がって
日本建築の光を語る上で、谷崎潤一郎の陰翳礼
いるように思わせる。
『この光によって球状の閉ざ
讃は無視できない存在である。その本のなかで、
されたミクロコスモスがマクロコスモスに連続す
谷崎は『われわれの座敷の美の要素は、この間接
ることが可能にさえ感じる』と磯崎新は評し、こ
の鈍い光線に外ならない』と述べ、日本建築の光
の光の意義を説明した。西欧の礼拝堂やホールに
はバウンス・ライトすなわち、反射する光である
多用されるこの光の使い方は、差し込む光の形式
とした。前述したような西欧の強い光によって導
的な定番であり、その光は内部空間を天界へとつ
かれる影ではなく、屋根の下にできた曖昧な陰で
なぐようなという
あり、かげりである。それは庇、縁側といったも
かた
の間に定義される。
□ル・トロネ修道院(空間の光)
のに対し、光を反射させ内部に取り込んでいるか
粗い石を用い、徹底的に装飾を排除したことで
らで、屋内に行くにつれ光は弱まり、陰(=さえ
素材への還元と光の体験を主題とした建築である。
ぎられて光が直接当たらないところ)の空間とな
光に照らされた石が我々の身体に密着してくるよ
っていく。このように日本建築での光は、陰の空
うな存在感を醸し出し、そこにいる人を光の幻想
間をつくるために用いられる。
的な体験へ導く。
『この光が壁の厚みを通り抜ける
□ユダヤ博物館(歴史の光)
間に、変質し、密度を増し、目に見える空間のか
ユダヤ博物館の光は残虐なユダヤ人の歴史を感
たちと化すのである』とルイス・I・カーンは評し、
じさせるために用いられている。通路を歩かせて、
光が石の素材へ還元されている様を説明した。光
光と影のバランスで感じさせ、建築自体が博物館
は石という素材の粗さ、肌理、表情を最大限に引
となっている。光は暗いヴォイドの空間をユダヤ
人の絶望と沈黙という歴史を体感させている。
□光の教会(記号の光)
建築の要素を徹底的に削ぎ落とし、限られた開
口部から差し込む光にすべてが集約されるような
空間を意図している。光は記号として存在し、そ
れは
かたち
になって、はじめて定義される。
□サヴォア邸(衛星の光)
「光は快適な暮らしへのカギである」このよう
に述べているようにコルビュジェは光の衛生面の
影響を説いた。サヴォア邸では屋上から光を取り
込み、日光の良くあたる住宅としている。そこに
は屋上庭園という概念とともに、光の衛生面に配
慮した設計計画が見受けられる。
□中野本町の家(存在の光)
中野本町の家を代表するパースペクティブがあ
る(別紙参照)。これは鮮明な一筋の光が空間に差
し込み、一つの椅子を照らしている。これは夫を
亡くした妻と子供二人のために、夫の記憶を絶や
さないようにしている。そこには常に夫の記憶が
存在し、生活の中に在り続ける。中野本町の家は
存在の光であり、それは今は亡き夫の記憶を表現
している。
■おわりに
以上のように建築における光は多岐に渡る。そ
れは一概に「光とはこうである」と定義できるも
のではなく、建築作品、用途、時代、地域によっ
てそのニュアンスが異なる。“かた”から“かたち”へ
と変化するとき、つまり、形態へ建築を変換する
ときに初めてその建築での光が定義される。
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
4
File Size
347 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content