close

Enter

Log in using OpenID

あるピエロの物語

embedDownload
中学校第2学年
道徳学習指導案
指導者
1
主題名
「真の友情」
2-(3)
2
資料名
「あるピエロの物語 」(出典:かけがえのないきみだから山梨県版
○○
○○
友情・信頼
2年
学研)
3
主題設定の理由
(1)ねらいとする価値
損得利害を超えた豊かな人間関係は,人生にとって貴重である。決して,境遇や性格,趣
味や思想の一致からくる自然の親愛の情にただ流されるだけの関係からだけでは,真の友達
はみつからない。真の友情は,お互いに相手を独立した人間として認め合い,心から信頼で
きることであり,信頼が友情の成り立つ最も基本的な条件であることに気付かせたい。
相手の人間的な成長を願い,自分を犠牲にすることさえもいとわない深い人間関係を築く
ことが,お互いの心を豊かにし高めあっていけることを深く感じ取らせたいと考える。
(2)ねらいにかかわる生徒の実態
生徒たちにとって友達は,ときとして親や先生よりも重要な存在となる。そして互いに心
を許し合える友達を求める心情も切実である。しかしその反面,自分と同じでない異質とし
ての相手を認めない関係や,相手を自分のための手段として扱うような相手の人格を尊重す
る態度に欠けるなど,表面的なつき合い,都合のよい相手,単なる遊び友達関係も生徒の中
には存在するはずである。
そこでこの学習をとおして,友達の内面的なよさに目を向け,相手の成長を心から願って
互いに励まし合い,忠告し合える信頼関係の大切さについて深く考えさせたい。
(3)資料について
性格の異なるサムとトムの友情を軸にした物語である。真に相手のことを思って心を開い
て忠告し合い,互いに高めあっていくことの難しさが端的に示されている。
改めて自分の問題として「信頼・友情」のあり方について考え,真の友情を築くためには
何が大切なのかに気付かせたい。
4
5
本時のねらい
友達に忠告することのできない心の弱さを実感するとともに,表面的な友達関係ではなく互い
に励まし合い信頼し合える真の友情について考えを深める。
展開
課程
導
学習の様子を見取る視点
指導上の工夫・留意点
1
これまでの経験を想起する。
◇これまでの経験を想起し ○友達に注意することの難
○仲のよい友達が悪いことをして
心の弱さについて考えて
しさに気付かせたい。
いる場面にぶつかった時,どの
いる。
ような気持ちになったか。
2
資料「あるピエロの物語」を読
んで考える。
○サムは炊事長からトムに対して ◇わかっているけど忠告で ○友達を怒らせて,自分か
忠告するように勧められたとき
きないサムの気持ちに共
ら離れていっては困ると
どのような気持ちを抱いたか。
感している。
いう不安感に気付かせた
い。
入
展
開
前
段
学習活動と主な発問
-1-
○トムに忠告しなかったサムは, ◇サムに注意して欲しかっ ○「どうせ説教されるなら
トムから責められた時,どんな
たトムの気持ちに共感し
お前にしてもらいたかっ
気持ちだったか。
ている。
たぜ」というトムの心情
を的確に把握させたい。
展
○ピエロになって人気が上昇して ◇有頂天になったサムの自 ○本当にサムのことを思っ
きたサムに忠告したトムに対し
分勝手さに気付いてい
て忠告したトムの気持ち
てサムはどう感じていたか。
る。
に気付かせたい。
開
前
◎トムの無実が判明した時,トム ◇トムは本当はサムに事実 ○一時的な感情に流され
はサムにどうしてほしかったの
について聞いて欲しかっ
ず,忠告し合い信じあ
だろうか。
た。そして信じてほしか
える関係が本当の友情
ったことに気付いている。 を築くことにつながる
という思いを深める。
段
☆期待する姿が見られなかった場合の指導
・自分が「トム」の立場だったら,どう感じるだろうか。
○サムは姿を消したトムになんて ◇無実の罪を背負ったトム ○サムの後悔の念に共感す
声をかけただろう。サムの心の
を失ったサムの切ない気
ることで,本当の友達を
声の部分に,考えられるセリフ
持ちに共感している。
つくるには,何が大切な
を入れてみよう。
のかに気付かせたい。
展
開
後
段
終
末
3
仲のよい友達が悪いことをして ◇自分の今までの経験を振 ○多くの考えを出し合って
いる時,それを正そうとすること
り返り,これからの生活
深めていきたい。
をためらってしまうのはなぜだろ
にどう生かしていていけ
うか。
るのかを考えている。
4
教師の体験談を聞く。
○教師の話を聞きながら価値につ ◇表面的な友達関係ではな ○学習した価値について自
いて振り返る。
く,真の友情を築くこと
覚させるとともに,価値
○心のノート46ページ「太陽み
が,人生のたからものだ
の実現に向けての意欲が
たいにきらきら輝く」の詩を黙
ということに共感してい
もてるような説話をす
読する。
る。
る。
6
本時の評価(期待する姿)
・忠告することのできないサムの弱い心や,サムに信じてほしかった切ないトムの思いに共感し,
自分の今までの生活を振り返ることで,その場限りの享楽的な友達関係を打破し,真の友情を
築くための手立てについて考えを深めている。→(授業中の発言やつぶやきなど)
7
継続する事後指導
・「心のノート」47ページの記入を折に触れて行う。
・学活(自己理解,他者理解を題材にしたエンカウンター),行事(遠足や宿泊学習後の係や班
活動の体験)などと関連づけ,生徒の身近な問題として考えさせていく。
-2-
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
33
File Size
101 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content